« 役員刺傷で工藤会事務所捜索(7日)NHK | トップページ | 放火殺人、2審も無罪…「合理的な疑い残る」(7日)読売 »

2016年6月 7日 (火)

警察官対象のクマ対策研修会(7日)NHK滋賀

県北部でクマの目撃情報が相次いでいることから、警察官がクマの生態などを学ぶ緊急の研修会が長浜市で開かれました。
6日、木之本警察署で開かれた研修会には、約20人の警察官が参加しクマの生態や対処法を学びました。
このなかで、講師を務めた県の担当者は、クマは、基本的に臆病なので出くわした時は、鈴や車のクラクションを鳴らして、山に追い返すこと。
この時期のクマは、繁殖期で子グマの近くには親のクマがいるので子グマを見つけても近寄らないこと。
そしてえさを探しにクマが人里に現れることもあるので、畑の野菜の管理や住宅の周辺に生ゴミなどを放置しないことも大切だとアドバイスしました。
滋賀県によりますと、ことしに入り今月1日までに長浜市と隣の米原市であわせて7件のクマの目撃情報が寄せられていて去年の同じ時期と比べて、件数は少ないものの先月後半から目撃情報が急に増えているということです。
木之本警察署の吉井弘明次長は、「市などと連携してクマが出没したら住民に知らせて注意を呼びかけていきたい」と話していました。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2065795991.html?t=1465254610158

« 役員刺傷で工藤会事務所捜索(7日)NHK | トップページ | 放火殺人、2審も無罪…「合理的な疑い残る」(7日)読売 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63742916

この記事へのトラックバック一覧です: 警察官対象のクマ対策研修会(7日)NHK滋賀:

« 役員刺傷で工藤会事務所捜索(7日)NHK | トップページ | 放火殺人、2審も無罪…「合理的な疑い残る」(7日)読売 »