« 2016年6月24日 | トップページ | 2016年6月26日 »

2016年6月25日

2016年6月25日 (土)

「報酬はマリファナだ」男が振り込め詐欺に勧誘か(25日)テレビ朝日

マリファナなどの薬物を報酬にして振り込め詐欺の見張り役を勧誘していたとみられる20歳の男が逮捕されました。
 横浜市中区の職業不詳・モトワニ・アカシ容疑者は2月、東京・足立区に住む69歳の女性に次男を装って電話を掛け、現金をだまし取ろうとした疑いが持た れています。警視庁によりますと、この事件の見張り役として逮捕された19歳の少年が「モトワニ容疑者から『オレオレ詐欺の見張り役をしてくれないか。報 酬はマリファナだ』と誘われた」と供述したことから関与が浮上しました。取り調べに対し、モトワニ容疑者は容疑を否認しています。警視庁は、薬物を報酬と して詐欺の見張り役や受け子を集める組織的な犯行とみて背後関係を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077825.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“不発弾撤去”で緊迫の住宅街 周辺封鎖300人避難(25日)テレビ朝日

埼玉県本庄市の市道で、太平洋戦争中に投下されたとみられる不発弾が見つかり、自衛隊などが周辺を封鎖して撤去作業を行いました。
 先月、本庄市共栄で道の改修工事中に不発弾が地下に埋まっているのが見つかりました。25日午前9時半から不発弾の撤去作業が始まり、万が一に備えて周囲には土嚢(どのう)が積まれました。半径300メートル以内が立ち入り禁止になり、約300人の住民が避難しました。
 近所の人:「(Q.怖さなどありますか?)あります。万が一ね、70年も経っているからもうそんなことはないと思うけど」
 この爆弾は、長さ1メートルほどで太平洋戦争中にアメリカ軍が投下したものとみられています。約1時間後に撤去されて立ち入り禁止や交通規制は解除されています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077822.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅八重洲口地下でぼや=消防車など15台、けが人なし(25日)時事

 

25日午後1時55分ごろ、東京都千代田区丸の内の東京駅八重洲口地下1階の分電盤室から煙が出た。消防車など15台が出動し、約30分後に消し止め た。けが人はいなかったが、同フロアにはカフェやレストランが入る商業施設があり、一時騒然となった。(2016/06/25-18:00)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062500236&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

準強制わいせつ容疑 院長の不起訴「不当」(25日)共同

仙台市若林区の病院で産婦人科を受診した女性患者の下半身を触ったとして、準強制わいせつの疑いで送検された70代の院長の男性医師について、仙台検察審査会は24日までに、仙台地検が不起訴とした処分について「不起訴不当」と議決した。
 審査会は「検察官は『女性の証言が変遷し信用できない』と判断したが、一字一句同じ証言を求めるのは形式的過ぎる」と指摘。院長の供述が事実と異なる点を挙げ、「被害者は多数おり、女性の証言は信用できる」と判断した。
 さらに「このまま医師として患者に接すれば、再発の危険性が高い」と異例の付言で再捜査を求めた。
 院長は2012年10月下旬、産婦人科を受診した30代の無職女性=仙台市=の下半身を触ったなどとして、14年11月、準強制わいせつ容疑で仙台南署に逮捕された。
 院長は「触診や検査の際に触れてしまう可能性はあるが、意図的にわいせつ行為をしたことは一度もない」と容疑を否認。審査会は「院長の供述は一般論に終始し、具体的ではない」と退けた。
 地検は15年4月、院長を不起訴処分としたが、関係者が処分を不服として審査を申し立てた。地検は審査会の議決を踏まえ、再捜査するとみられる。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160625_13048.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームで高校生が電車に接触 「歩きスマホ」か(25日)NHK

25日昼すぎ、神奈川県藤沢市にある小田急線の駅で、高校3年生の女子生徒が電車に接触し、軽いけがをしました。警察は、女子生徒が歩きながらスマートフォンを使用していた可能性が高いとみて、詳しい状況を調べるとともに、注意を呼びかけています。
25日午後1時40分ごろ、藤沢市にある小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅の上りホームで、高校3年生の女子生徒がホームに入ってきた電車と接触し、頭を打つ軽いけがをしました。
警察は、防犯カメラや目撃者などの話から、女子生徒は電車と接触するまで、下を向き、歩きながらスマートフォンを使用していた可能性が高いとみて、詳しい状況について調べています。
この事故の影響で、小田急江ノ島線は一部の区間の上下線でおよそ40分間にわたって運転を一時見合わせました。
スマートフォンを巡るトラブルについて、JR東日本の調査では、ことし4月から先月にかけて首都圏のエリアで線路への落下物が原因で列車の運行が遅れたケースのうち、落下物がスマートフォンなどの携帯電話だったのが23.5%を占めていました。
警察では、ホームを歩きながらスマートフォンなどを操作をしないよう注意を呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160625/k10010571891000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル) 
たとえ1件でもあってはならない

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012012

 複数の女性を暴行したとして逮捕され、大阪地裁で懲役9年の判決を受けた男が控訴。2審の前に保釈されたが、保釈中に別の女性に暴行したとして逮捕されてしまった。
 さらに今度は、強姦未遂に問われ懲役4年を求刑された男に対して、東京地裁は懲役3年、うち6月を保護観察付き執行猶予2年とする判決を言い渡した。「保護観察下で専門の治療を受けるのが相当」と判断したようだ。
 この男は平成25年11月に強制わいせつ罪で懲役1年6月、執行猶予3年の判決が確定しており、執行猶予中の再犯者だったのだ=産経電子版。
 平成22年度中になるが、全裁判所で勾留された被告人数は6万4176人。このうち保釈が許可されたのは1万1539人で保釈率は、約18%。
 古い数字(平成12年)になるが、仮出獄者が、保護観察中に再度犯罪を犯して入所する確率は殺人が3.1%で最も高いが、強姦が2.5%、強制わいせつが1.7%と性犯罪が続いている。(法務省)
 平成21年の数字では強制わいせつで刑務所に入ってきた人物が釈放後に再び同じ罪名で刑務所に帰ってくる確率は20.0%にも及ぶという。
 性犯罪は、被害者の人格や尊厳を侵害する犯罪であり、たとえ1件でも再犯が行われてはならない。被告人の人権も考慮する必要があるだろうが、平穏に暮らしている人たちの人権もある。
 しかしストーカー行為などで「警察に相談していたが救えなかった」と同様に完全な押さえ込みは難しいが
問われるのは結果論だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒を飲んで参院選の政党ポスター破る 50歳男を書類送検、警視庁(25日)産経

22日公示、7月10日投開票の参院選の政党ポスターを破いたとして、警視庁参院選違反取締本部は25日、公職選挙法違反(自由妨害)の疑いで、住 所・職業不詳の男(50)を書類送検した。今回の参院選をめぐる都内での摘発は初めて。取締本部に対し、「覚えていない」と供述している。当時は酒を飲ん でいたという。
 送検容疑は23日午後10時50分ごろ、東京都豊島区の民家の壁に張られていた参院選の比例区への投票を呼びかける政党ポスターを破り、選挙の自由を妨害したとしている。
 近くにいた目白署員が目撃し、器物損壊容疑で現行犯逮捕していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/160625/afr1606250014-n1.html  

| コメント (0) | トラックバック (0)

クラブ、新ルールを周知 改正風営法施行、福岡県警立ち入り調査(25日)西日本

音楽に合わせて客が踊るクラブが、23日の改正風営法施行で早朝まで営業できるようになった。そこで福岡県警は25日未明、規制が緩和されて初めて 迎える週末に合わせ、福岡市・天神地区を中心に県内一斉の立ち入り調査を実施。75店のうち30店が許可を得ずに営業していたため、改正内容を説明して改 善を求めた。
 「今、手続きしようとしているところ」「経営者がいないから分からない」。クラブやライブハウスが集まる天神地区。警察官が特定遊興飲食店に該当しそうな店を訪れると、天神だけで26店が許可を取っていないことが分かった。
  風営法は従来、酒類を提供するクラブの営業を原則午前0時までに規制していた。改正により、店内の明るさが映画館の休憩時間帯と同程度の10ルクスを超え るなど、条件を満たした店舗に「特定遊興飲食店営業」を許可。県内では、福岡市や北九州市など繁華街7地区で午前5時まで開店できるようになった。
 ただ、周知が徹底していないケースもあり、この日も警察官が改正内容を説明した上で、速やかに許可申請や営業内容の改善を行うよう指導していた。
 現在、県内で許可を取得または申請しているのは9店舗。このうち天神地区にあるクラブは早朝まで若者でにぎわっていた。客の男性(34)は「前より明るくなった気はするが、雰囲気は変わらない。きちんと届け出をすれば営業が延びるのでプラス」と歓迎した。
  クラブを巡っては地域との騒音トラブルも起きている。改正法は店舗と住民、警察などが話し合う場を設けるよう求めており、天神地区では新たに風俗環境保全 協議会が発足した。県警生活保安課の沖則行課長補佐は「規制緩和で深夜の風俗環境が悪化する恐れがある。問題が出てくれば地域と協力して解決していきた い」と話す。=2016/06/25付 西日本新聞夕刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/254310

| コメント (0) | トラックバック (0)

落雷が原因?繊維工場などの火災相次ぐ 静岡(25日)テレビ朝日

 

全国的に大気の状態が不安定になっています。
 静岡県では、落雷が原因とみられる火事が起きています。25日午前5時すぎ、静岡県磐田市で、織物工場から火が出ているのを近所の人が見つけ、消防に通 報しました。火は約3時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての工場が全焼しました。さらに、この1時間後には数百メートル離れた別の工場でも火事が ありました。午前4時ごろに地域の住人が雷が落ちる音を聞いていて、警察は落雷が原因とみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077815.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

徳島・阿南市の住宅で火事、2人死亡 (25日)TBS

 

25日早く、徳島県阿南市の住宅で火事があり、焼け跡から住人とみられる2人の遺体が見つかりました。
 午前5時20分ごろ、徳島県阿南市で、「住宅から火が出ている」と新聞配達をしていた女性から消防に通報がありました。火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅およそ45平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。
  警察によりますと、この家には山下絹子さん(80)と70代の男性が2人で暮らしていましたが、現在、2人と連絡が取れなくなっているということです。警 察は、遺体は山下さんと同居していた男性の2人とみて、身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。(25日11:51)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2806117.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DVやセクハラなどに悩む女性の電話相談 東京(25日)NHK

DV=ドメスティックバイオレンスや職場でのセクハラなど、女性が抱える悩みについて弁護士や専門の相談員が無料で応じる電話相談が東京で行われました。

この取り組みは、今月23日からの男女共同参画週間に合わせて全国各地の弁護士会が実施し、東京では3つの弁護士会が共同で行いました。
25 日は「離婚をしたいが、夫が貯金がないと言って財産を分与してもらえない」とか「親からの暴力を受けているが、親との関係を断つことはできるのか」といっ た相談が寄せられ、弁護士などが「調停で夫の財産を確認する手続きがある」などと具体的なアドバイスをしていました。
また、今回はLGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちからの相談も積極的に応じていて、「パートナーから暴力を受けている」といった相談が寄せられていました。
担当の土田清子弁護士は「個々によって事情が異なるので、インターネットで情報を調べるだけではなく、専門家に相談してほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160625/k10010571541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

目黒の切断遺体、脚に手術ボルト…女性と断定(25日)読売

 

東京都目黒区の

碑文谷

ひもんや

公園にある弁天池で切断遺体が見つかった事件で、警視庁は25日、DNA型鑑定により性別は女性と断定されたと発表した。
  右太ももには骨折の手術で使われるボルト2本があったといい、同庁はこうした特徴やDNAを行方不明者の記録などと照合し、身元の特定を進める。
 同庁幹部によると、遺体は50~70歳代、身長1メートル48~55の女性で、死後約1~3週間。刃物で切断された頭部や両手足などは水面に浮遊していたが、あばら骨や背骨などは池の北東側に一緒に沈んでおり、近くの橋などから投げ込まれた可能性が高い。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160625-OYT1T50061.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

20代女性、部屋入る直前口ふさがれ…27歳男“強盗”(25日)テレビ朝日

東京・杉並区のマンションで、20代の女性の口をふさいで現金などを奪ったとして無職の27歳の男が逮捕されました。
 勅使河原将容疑者は9日午後9時ごろ、杉並区のマンションの敷地内で20代の女性に後ろから近付き、現金約9000円などが入った財布を奪った疑いが持 たれています。警視庁によりますと、女性は部屋に入る直前に誰かにつけられている気配を感じて後ろを振り向くと、突然、勅使河原容疑者に口をふさがれて バッグの中にあった財布を奪われたということです。周辺の防犯カメラの解析などから勅使河原容疑者が浮上しました。取り調べに対して「覚えていない」と容 疑を否認しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077771.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車のライトまぶしい…男性を殴る 消防局の主査を減給/さいたま(25日)共同

さいたま市は24日、口論になった男性の顔を殴って負傷させたとして、市消防局の男性主査(45)を減給10分の1、1カ月の懲戒処分にした。
 市消防職員課によると、主査は1月9日午前0時ごろ、和光市下新倉の路上で歩行中、対向から来た30代の会社員男性の自転車のライトが顔に当たってまぶしいと口論になり、会社員を素手で1回殴り、顔に軽傷を負わせたとされる。
 主査は駆け付けた警察官に傷害容疑で現行犯逮捕されたが処分保留で釈放され、3月に示談が成立、4月に不起訴となった。主査は「故意にライトを当てられたと勘違いした」と話しているという。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/06/25/04.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅全焼 焼け跡から2人の遺体 徳島・阿南(25日)NHK

25日朝、徳島県阿南市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。警察は、この家に住む80歳の女性と、同居していた男性の2人ではないかとみて、身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。

25日午前5時15分ごろ、徳島県阿南市橘町幸野の無職、山下絹子さん(80)の住宅から火が出ていると消防に通報がありました。
警察によりますと、火は1時間余りで消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟45平方メートルが全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。
この住宅では、山下さんと70代くらいの男性が暮らしていましたが、火事のあと、いずれも連絡が取れなくなっているということです。
警察は、死亡したのはこの2人ではないかとみて、身元の確認を進めるとともに、当時の状況や火事の原因を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160625/k10010571371000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻を殺そうとした疑い、87歳夫逮捕 介護疲れか 埼玉(25日)朝日

 埼玉県警西入間署は25日、坂戸市浅 羽、無職川島太郎容疑者(87)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。同署によると、川島容疑者は同日午前0時40分ごろ、妻のユキさん(85)の鼻や口 を手で強く押さえつけ、殺そうとした疑いがある。川島容疑者は容疑を認めているという。ユキさんは約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 

 同署によると、川島容疑者から「介護に疲れて妻を殺した」と110番通報があり、駆けつけた署員が、介護ベッドの上で呼吸と意識がないユキさんを発見した。ユキさんは足腰が弱く、10年ほど前から川島容疑者が介護していたという。同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6T2JWWJ6TUTNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗傷害で25歳無職男逮捕(25日)NHK佐賀

24日未明、唐津市の住宅に男が侵入し、この家に住む女性を殴ってそのまま逃げた事件で、警察は、25歳の無職の男を強盗傷害の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対し、男は、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、唐津市二タ子の無職、伊藤貴智容疑者(25)です。
警察によりますと、伊藤容疑者は24日午前0時半ごろ、唐津市肥前町の住宅に侵入し、寝室で寝ていた1人暮らしの80代の女性に「金を出せ」と脅し、女性の顔面などを数回素手で殴ったとして強盗傷害の疑いが持たれています。
女性は、病院で手当てを受け、顔と頭に全治2週間のけがをしましたが、命に別状は無いということです。
警察は、現場での鑑識活動などから伊藤容疑者を特定し、24日夜、自宅で逮捕しました。
警察の調べに対し、伊藤容疑者は「やっていません」と供述し、容疑を否認しているということです。
室内を物色した形跡があり、伊藤容疑者と女性は面識が無かったということで、警察は、伊藤容疑者が強盗目的で部屋に侵入したとみて動機や詳しいいきさつを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5083469661.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー強盗 47歳男逮捕(25日)NHK

18日、弘前市のスーパーマーケットで起きた強盗事件で、警察は、24日、47歳の無職の男を逮捕しました。
逮捕されたのは、住居不定、無職の工藤修一容疑者、47歳です。
警察によりますと、工藤容疑者は、6月18日、弘前市野田のスーパー、「コープあおもり和徳店」に押し入り、レジカウンターの女性店員に刃物のようなものを突きつけて、現金およそ7万円を奪った強盗の疑いが持たれています。
警察が店員の目撃情報などから、工藤容疑者を特定し、全国に指名手配していたところ、24日、岩手県奥州市で万引きをしたとして事情を聴かれていた男が工藤容疑者だと判明しました。
その際、工藤容疑者は、所持金270円で、警察の調べに対し「弘前の強盗は自分がやった」などと、容疑を認める供述をしたということです。
警察は、詳しい動機などを調べています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083457741.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島・いわきの図書館に爆破予告 1200人が一時避難 近くで民進・岡田代表が演説も(25日)産経

福島県いわき市立いわき総合図書館に24日、爆発物を仕掛けたというメールが届き、図書館が入るビル内の利用客ら約1200人が一時避難する騒ぎがあった。不審物は見つかっていない。県警いわき中央署は威力業務妨害事件として捜査している。
 同署などによると、図書館は休館日だったが、職員が爆破予告のメールに気付き、午後3時ごろビルの管理会社を通じて110番通報した。
 JRいわき駅前にあるビルで飲食店や衣料品店などが入っており、全館の利用客を屋外避難させたが、約2時間後に解除した。
 この日は午後1時ごろに民進党の岡田克也代表が参院選の応援演説で近くを訪れたが、同署は関連はないとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/160624/afr1606240026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪の男にも一部猶予 薬物以外で初 東京地裁(25日)産経

東京地裁が強姦未遂罪に問われた男(42)に懲役3年、うち6月を保護観察付き執行猶予2年(求刑懲役4年)とする判決を言い渡していたことが24日、関係者への取材で分かった。22日付。東京地裁で、薬物以外の事件に「刑の一部執行猶予制度」が適用されたのは初めて。
 男は平成25年11月に強制わいせつ罪で懲役1年6月、執行猶予3年の判決が確定しており、執行猶予中の再犯だった。
 今回の判決は、男がこれまで国の再犯防止プログラムを受けた経験がなく、保護観察下で専門の治療を受けるのが相当とした。
http://www.sankei.com/affairs/news/160624/afr1606240028-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員の安全、送迎で確保を 最高裁が事務連絡(25日)日経

 最高裁は24日までに、福岡地裁小倉支部の裁判で元暴力団組員らが裁判員に声をかけた問題を受け、車の送迎などの方法で裁判員の安全を確保するよう求める事務連絡を全国の高裁・地裁に出した。
 これまでも裁判員の希望などに応じて送迎する例はあったが、裁判員への接触の恐れがある事件では送迎で安全に配慮するよう改めて周知した。事務連絡は14日付。
 声かけ問題では、福岡地裁小倉支部が判決期日を取り消し、裁判員と補充裁判員の計5人が辞任。小倉支部が刑事告発し、17日には福岡県警が元組員ら2人を裁判員法違反(請託、威迫)容疑で逮捕した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H8Z_U6A620C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の口ふさぎ財布奪う、強盗容疑で男逮捕 (25日)TBS

東京・杉並区のマンションで、20代の女性の口をふさぐなどしたうえ、現金が入った財布を奪ったとして無職の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは杉並区の無職、勅使河原將容疑者(27)で今月9日夜、杉並区のマンションの通路で住民の20代女性の口を後ろからふさいだうえ、バッグの中から現金およそ9000円が入った財布を奪った疑いが持たれています。
 勅使河原容疑者は現場近くで財布を捨てて逃走しましたが、現金は財布に残されたままで女性にけがもありませんでした。防犯カメラの映像などから勅使河原容疑者の関与が浮上したということです。
 勅使河原容疑者は「覚えていません」と容疑を否認していますが、警視庁が詳しい経緯を調べています。(24日11:35)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2805335.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体は池の北東側から遺棄されたか 東京・目黒(25日)NHK

東京・目黒区の公園の池で、遺体の一部が相次いで見つかった事件で、胴体など複数の部位が池の北東側から見つかったことが、警視庁への取材で分かりました。警視庁は、この付近から遺棄された可能性があるとみて、調べています。

23日、東京・目黒区にある碑文谷公園の弁天池で、人の足や頭、それに腰など、遺体の一部が相次いで見つかり、警視庁は死体遺棄事件として捜査しています。
警視庁によりますと、24日の池の捜索で胴体や腕の一部が見つかるなど、これまでに10の部位が分かれて見つかっていますが、胴体などを中心に複数の部位が池の北東側から見つかったことが、警視庁への取材で分かりました。
警視庁は、この付近から遺棄された可能性があるとみて、公園内の防犯カメラの映像を解析するなどして、不審な人物が写っていないか捜査を進めています。
また、これまでの調べで、遺体は50代から70代の女性とみられ、死後1週間から3週間がたっているということで、警視庁が身元の確認を進めるとともに、死亡したとみられる時期に周囲で行方不明になった人がいないかなど情報の提供を呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160625/k10010571071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

金融業の男性殺害、無期懲役と懲役30年の判決(25日)読売

借金の返済を免れるため札幌市中央区の金融業男性を殺害し遺体を遺棄するなどしたとして、強盗殺人と死体損壊、死体遺棄の罪に問われた東京都豊島区、金融 会社役員桜田充(33)と岡山県津山市、設備会社社長大国慎治(51)両被告の裁判員裁判で、札幌地裁は24日、求刑通り桜田被告に無期懲役、大国被告に 懲役30年の判決を言い渡した。
 中桐圭一裁判長は「強い殺意に基づく残忍な犯行で、殺害の痕跡を消すなど悪質さも際立っている」と述べた。
 判決によると、両被告は共謀して2014年8月、静岡県御前崎 市で工藤幸史さん(当時45歳)をビニールひもで絞殺。桜田被告が工藤さんから借りていた約3000万円の返済を免れた上、遺体を津山市の井戸に隠し、同 9月、切断して燃やすなどして同市内の川に捨てた。桜田被告は工藤さんからの融資で闇金業を営んでおり、大国被告はその顧客だった。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160624-OYT1T50120.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクル店従業員ら殺害、妻に懲役30年判決(25日)読売

福岡県筑後市のリサイクル店の従業員らが暴行されて死亡した事件で、従業員に対する殺人、義弟とその長男に対する傷害致死罪などに問われた同店元経営者の夫婦のうち、妻の中尾

知佐

ちさ

被告(47)の裁判員裁判で、福岡地裁は24日、懲役30年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。
 平塚浩司裁判長は、殺人罪について「殺意の認定は困難」として成立を認めず、傷害致死罪を適用した上で「暴行の常習性は顕著で、他に類を見ない事案」と述べた。
 公判で知佐被告は、3人の死亡について関与を否認し、殺人と傷害致死罪について無罪を主張。夫の伸也被告(49)との共謀や、殺意の有無が争点だった。
 判決は、2004年6月、従業員の日高

たかし

さん(当時22歳)が両被告の自宅で死亡した事件について、「命を奪った最終的な暴行の態様や体の状態などが不明」として殺人罪は成立しないと判断。一方、両被告が暴行を繰り返し、死亡させたことは認めた。

(ここまで406文字 / 残り517文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160624-OYT1T50108.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会系幹部ら起訴 「暴排の店」襲撃、殺人未遂罪(25日)朝日

北九州市で2012年、暴力団排除の標章を掲げた飲食店の役員を殺害しようとしたとして、福岡地検は24日、指定暴力団工藤会系組幹部の田口義高容疑者(50)=組織犯罪処罰法違反罪などで起訴=ら4人を殺人未遂罪で福岡地裁に起訴し、発表した。
 起訴状などによると、4人は12年9月26日未明、小倉北区下到津(しもいとうづ)1丁目のマンション前で、小倉北区内でクラブを経営する会社役員の50代男性の尻や足を刃物で数回突き刺し、殺害しようとしたとされる。地検は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、一部の容疑者が事件への関与を認めているという。
 田口容疑者がナンバー2を務める工藤会の2次団体・田中組が、標章制度への反発から事件を起こしたと地検はみており、工藤会最高幹部らの関与がなかったか捜査を続ける。
 一方、殺人未遂容疑で逮捕された工藤会系組員2人と、田口容疑者らに車を貸したとして殺人未遂幇助(ほうじょ)容疑で逮捕された男性は24日付で処分保留とした。
 捜査を担当した福岡地検小倉支部は「意に沿わない一般人を攻撃することは許されない。(未解決の)同種事件も引き続き捜査する」としている。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6S5GWDJ6STIPE02N.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月24日 | トップページ | 2016年6月26日 »