« 2016年6月20日 | トップページ | 2016年6月22日 »

2016年6月21日

2016年6月21日 (火)

「KAT‐TUN」などのチケット販売装い現金詐取 容疑の少女ら逮捕(21日)産経

アイドルグループ「KAT‐TUN」や「NEWS」のコンサートチケットを販売すると嘘をつき現金をだましとったとして、警視庁少年事件課は詐欺容 疑で、住居不定、無職の少女(17)と東京都板橋区のアルバイトの少女(18)を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めている。
 逮捕容疑は3月17日、ツイッター上に「ライブチケット売ります」などと投稿して購入者を募集。千葉県や神奈川県内の女性3人に2枚ずつ販売すると偽って、計5万6千円を口座に振り込ませたとしている。
 同課によると、少女らは昨年10月から同様の手口で86人から約201万円をだまし取ったとみられる。2人は家出しており、だまし取った金は「宿泊代や洋服に使った」などと話しているという。

http://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生活保護制度悪用、C型肝炎新薬を無料で入手 容疑の男女ら逮捕 警視庁(21日)産経

生活保護制度を悪用し、無料でC型肝炎の新薬「ソバルディ」の処方を受けたとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は21日、詐欺容疑で、神奈川県藤沢市辻堂大平台の職業不詳、森川洋容疑者(42)ら男女3人を逮捕した。全員容疑を認めている。
 ほかに逮捕されたのは、東京都町田市小山町の無職、岡村鉄哉(48)と、同居の無職、北島亜矢子(38)の両容疑者。
 同隊によると、岡村容疑者は生活保護を受けているC型肝炎患者。森川容疑者が岡村容疑者に「ソバルディは高く売れる」と持ちかけ、転売目的で処方を受けたとみられる。
 逮捕容疑は1~3月、3回にわたり、相模原市内の病院で医師にソバルディ84錠(計約519万円相当)を処方させ、だまし取ったとしている。

http://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小4女児殺害、秋田県「予測困難だった」 施設から一時帰宅中に…(21日)産経

秋田市のアパートで20日、児童養護施設から一時帰宅していた市立高清水小4年、千葉愛実(めぐみ)さん(9)の遺体が見つかり、殺害したとみられ る母親(40)が自殺を図り重傷を負った事件で、秋田県子育て支援課の土田元課長は21日、「予測は困難だった」との見解を示した。
 土田課長などによると、県中央児童相談所が母親の精神状態などから「家庭での養育が困難」と判断。愛実さんは平成23年7月から児童養護施設「感恩講児童保育院」に入所し、25年からは施設から高清水小に通っていた。
  児相は母親の様子を見た結果、愛実さんの一時帰宅を許可。今年5月の大型連休も自宅で過ごしたという。17日午後から一時帰宅し、20日になっても戻らな かったため、施設が警察に届けた。感恩講児童保育院の佐藤章和施設長は「迎えに来たとき、母親に普段と違う様子はなかった。信じられない」と話した。
 高清水小の越中谷俊悦校長は保護者宛ての文書で「いつも明るく、元気いっぱいのあいさつを交わしてくれた姿が今も忘れられません」と愛実さんをしのんだ。
 事件は20日午後4時5分ごろ、秋田市八橋大沼町、アパート「アネックス八橋」101号室で愛実さんが死亡しているのを秋田中央署員が見つけた。そばに母親が倒れており、一時意識不明となった。
 同署によると、愛実さんの首に圧迫された痕があり、死因は窒息死。母親が愛実さんを殺害して自殺を図った可能性があるとみて殺人容疑で捜査。回復を待って事情を聴く方針だ。

http://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

都知事選の選挙違反取締本部 警視庁が設置(21日)テレビ朝日

東京都知事選挙に向けて、警視庁は選挙違反の取締本部を設置しました。期間中、約2000人態勢で取り締まりにあたります。
 東京都知事選挙は7月14日に告示され、31日に投開票が行われます。これを受け、警視庁は21日、刑事部長を長とする選挙違反の取締本部を設置しまし た。警視庁によりますと、前回の都知事選ではポスターを破るなどしたとして3件を摘発し、133件を警告しました。警視庁はインターネットによる選挙運動 などの違反に警戒を強めていて、期間中、約2000人の態勢で取り締まりにあたります。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077496.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本大雨、死者6人に 宮崎の川で大学生不明(21日)NHK

九州各地の記録的な大雨で、土砂崩れに住宅が巻き込まれて心肺停止状態で見つかった熊本市北区の橋谷信人さん(87)の死亡が21日午後に確認され た。自宅が土砂崩れに遭い、行方不明になっていた熊本県宇土市の草津信子さん(53)も死亡。大雨による死者は計6人となった。宮崎県延岡市では大学生が 川に流され行方不明となった。
 熊本県は地震と大雨で地盤が緩んでいるとみられ、県は一部地域で土砂災害警戒情報を継続。気象庁も九州北部では22日明け方から23日にかけて、非常に激しい雨となる恐れがあるとして注意を呼び掛けた。
http://this.kiji.is/117920074965581831?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ防げなかった 女子大学生刺傷事件から1か月(21日)NHK

東京・小金井市で芸能活動をしていた女子大学生が刃物で刺された事件から21日で1か月です。警視庁は、今後、入院中の女子大学生の回復を待って話を聞き、事件の再発防止につながる最終的な対策を取りまとめることにしています。

この事件は1か月前の先月21日、芸能活動をしていた大学3年生の冨田真由さん(20)が、東京・小金井市のライブの会場近くでナイフで刺され、警視庁は京都市の会社員、岩埼友宏容疑者(27)を逮捕し、殺人未遂などの疑いで捜査しています。
この事件では、地元の警察署が事前に相談を受けながら、結果的に事件を未然に防ぐことができず、警視庁は再発防止のための検証作業を続けています。
こ れまでの検証で、3年前に岩埼容疑者について別の警察署で調べた情報が警視庁のシステムに登録されず、共有されていなかったこと、冨田さんから事前に相談 を受けた内容が、ストーカー対策の専門部署に伝えられていなかったこと、さらに事件当日も冨田さんから110番通報を受けた際にミスがあり、現場の特定が 遅れたことなど、複数の問題点が浮かびあがっています。
警視庁は入院中の冨田さんのけがの回復を待って話を聞き、事件の再発防止につながる最終的な検証結果と対策を取りまとめることにしています。

詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160621/k10010565081000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

4人に切りつけ、1人死亡1人重体…男逮捕(21日)読売

21日午後3時15分頃、北海道釧路市の「イオンモール釧路昭和」で、男が突然、刃物のような物を振り回し、近くにいた女性4人に切りつけるなどした。
 うち1人の死亡が確認され、1人が重体、2人が軽傷という。男はその場で、警備員に取り押さえられ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。道警釧路署で調べている。
 道警釧路署によると、男は自称、釧路市内の30歳代。「自分がやったことに間違いはありません」と容疑を認めており、「人を殺して死刑になれば自分の人生を終わらせられると思った」などと話しているという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160621-OYT1T50095.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫に毒入り焼酎、殺人未遂の妻に実刑判決 宇都宮地裁(21日)朝日

 夫に毒入りの焼酎を飲ませて殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた宇都宮市の無職鹿毛陽子被告(33)の裁判員裁判で、宇都宮地裁は21日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。二宮信吾裁判長は「焼酎60ミリリットルで半数致死量になる。悪質かつ危険だ」と述べた。
 判決によると、鹿毛被告は別居中の夫から振り込まれた生活費が減額されたのを直接のきっかけに、昨年10月29日午後3時ごろ、夫の自宅に入り、夫が常飲していた焼酎紙パック内に植物のトウゴマから抽出した猛毒リシンを混入。夫に焼酎を飲ませて殺害しようとしたが、夫は焼酎を飲まずに未遂に終わった。(山下裕志)

http://www.asahi.com/articles/ASJ6P5RKNJ6PUUHB010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル) 
外国人犯罪は減少傾向にあるのだが…

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012015

 難民に該当しないのに認定制度を悪用しようとして、在留や就労が認められなかった外国人が半年余りで160人以上に上るという(法務省入国管理局)。
 このほど偽造した在留カードを中国の密売人に注文し国際郵便で受け取ったとして、茨城県内に住む中国人の男女2人が出入国管理法違反の疑いで逮捕されるという事件があった。
 警察庁によると今年5月までに全国の警察が検挙した外国人は184人。前年に比べて4人の増加。
 国籍別で最も多いのは中国人で33人。以下、ベトナム人25人、フィリピン人17人、ベラジル人15人、韓国、スリランカ人12人と続く。
 このうち重要犯罪の検挙人員は95人で前年より7人減っている。内訳は強制わいせつが最も多く33人。このなかには中国人が5人でスリランカ人4人、インド人3人などが含まれる。
 続いて多いのは強盗で32人を検挙。ベトナム人13人、ブラジル人8人が含む。凶悪な殺人事件の検挙で最多は中国人4、ベトナム人3人、韓国人2人など。
 この他に検挙された外国人は南北アメリカ州やアフリカ、オセアニア州などの国もある。
 来日外国人犯罪の検挙者の年間推移を見ると平成16年には2万1842人あったが、27年には1万0042人と半減するなど減少傾向にあり、今年5月までは昨年を647人も少なくなっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性陸士長、同僚のカード使い懲戒免職(21日)産経

陸上自衛隊第11旅団(札幌市)は21日、同僚のクレジットカードを無断で使ったとして、第11後方支援隊に所属する20代の男性陸士長を懲戒免職処分にした。
 第11旅団によると、陸士長は誤って渡された郵便物に入っていた同僚のクレジットカードを着服。昨年9月6日~10月3日、自家用車のガソリン代の支払いや買い物に使った。
 不正に使った総額は計約7万4千円で、同僚に利用明細書が届き発覚した。詐欺容疑で書類送検されたが、既に不起訴処分になったという。
http://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【独自】「いい仕事がある」と“不正引出し”依頼が(21日)テレビ朝日

全国のATMで18億円以上が不正に引き出された事件で、暴力団組員に引き出しの依頼を受けたという男性がANNの取材に応じました。
 引き出しの依頼を受けた男性:「(先月)14日の土曜日に『バイトをしてくれないか、いい仕事がある』と言われて、ATMから現金を引き出してほしい」
 福岡県内に住む男性は、全国で不正引き出しが相次いだ前日の先月14日、知人男性から「白いカード」で現金を引き出すよう依頼を受けたと証言しました。
 引き出しの依頼を受けた男性:「同じATMで何回もおろす作業。作業っていうふうな感じで言われました。『暗証番号とかどうする』と聞いたら、マジックでカードに4桁書いてあるから」
 依頼をしたのは暴力団関係者の男で、男性は依頼を断りました。福岡県では同様の手口で170万円を不正に引き出したとして、25歳の「出し子」の男が15日に逮捕されています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077450.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

組員へ本の差し入れ禁止…「否認促す」地裁決定(21日)読売

市民への襲撃事件などで逮捕され、勾留中の特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)の最高幹部ら組関係者約20人について、福岡地裁が、本や雑誌など書籍類の差し入れを禁じる決定を出していたことが分かった。
 否認や黙秘を促すような書き込みなどが確認されたことから、「証拠隠滅を図る恐れがある」と判断した。組関係者らには接見禁止の措置が取られているが、書籍類の受け取りまで禁じられるのは異例という。
 捜査関係者などによると、対象は北九州市の元警部銃撃事件 (2012年)、福岡市の看護師刺傷事件(13年)などで逮捕、起訴された組関係者。期間は初公判(期日未定)が始まるまでで、同会トップで総裁の野村悟 被告(69)(殺人罪などで起訴)ら最高幹部も含まれている。(ここまで325文字 / 残り572文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160621-OYT1T50024.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

ジャニーズのチケット販売装う、2少女を詐欺容疑で逮捕(20日)朝日

 ジャニーズのアイドルグループなどのコンサートチケットを売ると偽り、代金をだまし取ったとして、警視庁は、住居不定の無職少女(17)と東京都板橋区のアルバイトの少女(18)を詐欺容疑で逮捕し、21日発表した。ともに容疑を認めているという。
 少年事件課によると、2人の逮捕容疑は今年3月、ツイッターに 「KAT―TUN」「NEWS」「GENERATIONS」のコンサートチケットを、それぞれ2枚ずつ1万8千円~1万9千円で譲ると書き込み、女性3人 から計5万6千円を口座に振り込ませて詐取したというもの。いずれのチケットも持っておらず、食事や宿泊費などに使っていたという。

 2人は様々なアイドルのチケットがあるとツイッターに書き込んでいたといい、昨年10月以降、同様の手口で86人から計約200万円を得ていたとみて同課が調べている。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6P3VTQJ6PUTIL01G.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

還付金詐欺で190万円被害(21日)NHK

日光市の70代の男性が「健康保険を余計に納めていて払戻金があります」などとうその電話を受け、話を信じた男性が現金190万円余りをだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、20日、日光市の78歳の男性の自宅に金融機関の職員を名乗る男から「健康保険を余計に納めているので払戻金がある。支店の方の機械は取り扱いが難しいので、最寄りのATMでお願いします」などと電話がありました。
話を信じた男性は、携帯電話で男と通話しながらATMを操作し、自分の口座から男が指定した口座に2回にわたって合わせて現金190万円余りを振り込みました。
その後、男性が金融機関に相談して現金をだまし取られたことに気付き、警察に被害届を出したということです。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、「保険料の戻りがある」とか「ATMに行ってください」という電話はすべて詐欺だとして注意を呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1093330761.html?t=1466464060346

続きを読む "還付金詐欺で190万円被害(21日)NHK"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「山口組」抗争で対策会議(21日)NHK

全国で暴力団の「山口組」と分裂した「神戸山口組」の対立抗争が相次ぐ中、青森県警察本部は、暴力団などの組織犯罪への対策会議を開き、対立抗争に市民が巻き込まれないよう万全を期すことを確認しました。
会議には、県警察本部の刑事部や警備部などすべての部署から幹部およそ40人が参加しました。
はじめに大塚泰博本部長が、「全国的に暴力団の対立抗争が続き、治安の根幹を揺るがす事態になっている。警察が一丸となり組織の弱体化・壊滅をしていかなくてはならない」と訓示しました。
暴力団の対立抗争は去年8月、「山口組」から「神戸山口組」が分裂して以降、双方の傘下団体の関係先で拳銃が発砲されるなど全国で相次いでいて、県警察本 部によりますと、県内でも双方の組であわせておよそ150人の構成員が居住していることが確認されているということです。
会議では、対立抗争に市民が巻き込まれないよう、繁華街や通学路などの安全確保に万全を期すことが確認されました。
さらに暴力団組織の壊滅に向けて▽覚せい剤の密売組織を検挙して資金源を絶つとともに▽拳銃など銃器の密売や流通を阻止するなどの対策を推し進めていくことを申し合わせました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083257931.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

フロリダ銃乱射事件の容疑者、シリア空爆停止を要求 FBIと米司法省、緊急電話の一部公表 (21日)日経

【ニューヨーク=高橋里奈】米南部フロリダ州オーランドの銃乱射事件を巡り、米連邦捜査局(FBI)と米司法省は20日、容疑者からの緊急電話の一 部を公表した。事件が起きた12日未明から早朝にかけての数回にわたる警察への電話で、米軍によるシリアとイラク空爆をやめるよう求め、「ばかなことをす れば爆発物を仕込んだ屋外の車両を爆発させる」と脅した。実際に車両に爆発物はなかったという。
 12日午前2時35分にオマル・マティー ン容疑者は事件現場の同性愛者が集まるナイトクラブから緊急電話をかけ、アラビア語で神をたたえる発言をした後「私はオーランドにいて、銃撃をした」と明 かした。「私は(過激派組織)イスラム国(IS)のバグダディ(指導者)に忠誠を誓う者」と名のった。会話は約50秒で途切れた。

 その後、2時48分から3時24分の間、3回にわたる危機交渉チームとの会話で、「イスラム戦士」であることを明かして空爆停止を求めた。FBIによると外国のテロ組織からの指示による犯行であることを示す証拠はなく、米国内で過激化したとみられるという。

  FBIが公表した事件経過によると、ナイトクラブで複数の銃声が聞こえたのが午前2時2分。次々と警官や特別機動隊(SWAT)が到着し、4時21分に人 質を退避させるために空調設備を窓から取り除いた。5時2分に壁を爆破して突破口を開き、銃撃戦の末、5時15分に容疑者を武装解除した。事件では49人 が死亡、53人が負傷し、容疑者は現場で死亡した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN20H0S_Q6A620C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

青学大箱根優勝メンバーを捜査 「暴行受けた」知人女性が被害届(21日)産経

青山学院大(東京都渋谷区)の陸上競技部の駅伝メンバーだった男性(22)に暴力を振るわれてけがを負ったとして、男性の知人女性が警視庁代々木署 に被害届を提出し、同署が捜査していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。同署は傷害容疑の立件を視野に、男性から事情を聴くなどして詳しい経 緯を調べる方針。
 同署などによると、女性は1月26日夜、男性と都内にある女性宅で口論になり、顔を頭突きされたり、腹部を殴られたりするなどした。女性が以前贈った時計の返還を求めるなどしたところ男性が激高したという。女性は2週間のけがを負い、6月上旬に被害届を提出した。
 男性は1月に開催された東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に出場。チームの2連覇に貢献した。現在は既に同大を卒業している。
http://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本県で記録的大雨、生き埋め現場で救出活動 (21日)TBS

1時間に150ミリという記録的な雨に見舞われた熊本県では、これまでに2人が死亡しました。ほかにも崩れた土砂の生き埋めとなり、救出活動が行われています。現場からの報告です。
 降り続く雨で土砂崩れが発生した熊本市北区津浦町です。こちらでは住宅に土砂が押し寄せ、巻き込まれたこの家に住む80代夫婦が現在、閉じ込められていると見られています。警察や消防、機動隊が捜索に当たっています。
 通報があったのは、20日午後11時45分ごろでした。その時間帯、近くの人は、こう振り返ります。「昨夜は土砂崩れの音が全く聞こえないほど雨が激しかった」ということです。
  熊本では観測史上最も多く1時間に150ミリの雨が降ったと観測されている地域もあります。なお、この辺りは熊本地震の影響でしょうか、亀裂があったとい うような、そういった話も聞こえてきています。事実関係はまだ分かりませんが、そういった情報もあります。20日夜からの大雨で、熊本県では2人が亡く なっています。(21日07:16)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2802637.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児誘拐し監禁疑い、石川・小松 28歳男を逮捕(21日)共同

下校中の女子児童を誘拐したとして、石川県警は20日、誘拐や逮捕監禁などの疑いで、住所不定、無職増井健太郎容疑者(28)を逮捕した。児童にけがはなかった。「間違いない」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5月17日午後3時半ごろ、同県小松市内の路上で、同市に住む女児を近くの空き家に連れ込み監禁した疑い。
 県警によると、監禁から約10分後に女児が大声を出したため増井容疑者が逃走。女児が近くの学習塾に助けを求め、学習塾が学校に通報して発覚した。
 増井容疑者は県内で派遣社員として働いていた。

http://this.kiji.is/117637690227967483?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

<帯広2警官逮捕>揺らぐ信頼「あきれた」 憤慨の市民(12日)共同

飲酒運転根絶を訴えるはずの帯広署の警察官2人が、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕、送検され、市民からは厳しい声が噴出した。署員が酒気帯 び運転容疑で摘発されるのは3年連続で、当て逃げや証拠隠滅の疑いもある。「あきれた」「何回もやっていたのでは」。警察への信頼が大きく揺らいでいる。
 「びっくりした。取り締まる側が飲酒して、当て逃げとは…」。帯広市交通安全推進委員連絡協議会の塚田茂男会長は、驚きを隠さない。道条例で「飲 酒運転根絶の日」と定める7月13日には総決起大会を予定しており、「関係団体に参加を呼び掛けたばかりだったのに」と戸惑う。
 道警によると、地域課巡査の大高一勢(いっせい)(20)、友田圭寿馬(かずま)(20)の両容疑者は18日午後10時ごろから、市内の河原と音 更町内のカラオケ店で計5時間ほど飲酒。大高容疑者が運転し、友田容疑者が同乗した乗用車は19日午前4時20分ごろ、市内の国道交差点で停車中の車に衝 突、逃走した。両容疑者はその後、それぞれ乗用車を運転していたところを署員に発見された。
 同署では酒気帯び運転容疑で2014年に警部補(当時)が逮捕、15年にも巡査長(同)が書類送検されている。市内の無職竹田正男さん(78)は 「見本になる警察官がこれでは市民に示しがつかない」。会社員坂下直也さん(29)も「なんでこんな人が警察官になるのか。自覚が足りない」と憤る。  同署が管轄する音更町内でも、5月下旬に飲酒運転による死亡ひき逃げ事故が起きたばかりだ。帯広市内の会社員岩田卓也さん(34)は「飲酒後の運転がどれだけ危険か、誰よりも分かっている立場の はず」。習字教室主宰の中村竹男さん(82)は「帯広にとって恥ずかしいこと。自家用車で宴席に行くのがそもそも常識外れだ」と突き放す。
 主婦小池しがさん(74)は若い警官の逮捕に「衝突したのに立ち去っており、悪質。一生を台無しにしてしまい、家族や兄弟にも相当の迷惑がかかるだろう」と表情を曇らせた。
 市は3月にまとめた第10次交通安全計画で、市民の「飲酒運転根絶に向けた規範意識の確立」を掲げている。市安心安全推進課は「7月13日の総決起大会に向けて準備をしていたさなかでの事件。あってはならないことで、大変遺憾だ」と話した。(稲塚寛子、米田真梨子)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0284366.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

エアバッグで圧迫され3歳女児死亡か 大阪(21日)NHK

ことし2月、大阪・東住吉区で軽乗用車が電柱に衝突し、助手席に乗っていた3歳の女の子が死亡 しました。この事故で、女の子は、エアバッグが開いた際に胸を強く圧迫され、死亡したとみられることが警察への取材で分かりました。専門家は、幼い子ども の場合、エアバッグが開く衝撃に耐えられないことがあるとして、注意を呼びかけています。

ことし2月、大阪・東住吉区公園南矢田の市道で軽乗用車が道路脇の電柱に衝突し、助手席に乗っていた3歳の女の子が死亡しました。
警 察によりますと、事故は、運転していた30歳の母親が携帯電話を拾おうとしてハンドル操作を誤ったことが原因とみられ、母親にけがはありませんでした。車 は時速30キロほどで、女の子はシートベルトをしていたため目立った外傷はなく、警察が死因を調べたところ、エアバッグが開いた際に胸を強く圧迫され、死 亡したとみられることが、警察への取材で分かりました。
後ろの席にはチャイルドシートが付けられていましたが、母親は「近くまでだったので、助手席に乗せた」と話しているということです。エアバッグが事故 に反応して開く速さは、最高で時速300キロに達するということで、専門家は、幼い子どもの場合、衝撃に耐えられないことがあるとして注意を呼びかけると ともに、後ろの席にチャイルドシートを付けて座らせることが重要だと指摘しています。
警察は、母親が運転を誤って事故を起こし、女の子を死亡させたとして過失運転致死の疑いで書類送検しました。

専門家 幼児はチャイルドシートで後部座席に

自 動車の事故や子どもの安全に詳しい兵庫医科大学の服部益治教授は、「エアバッグは基本的に大人を想定して作られている。作動すると非常に大きな衝撃があ り、幼い子どもは耐えられない。幼い子どもを車に乗せるときは、近距離であっても、チャイルドシートを付けたうえで、必ず、後部座席に乗せてほしい」と話 しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160621/k10010563721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸自演習場での実弾誤射、入力ミスなどが原因(21日)読売

陸上自衛隊

然別

しかりべつ

演習場(北海道

鹿追

しかおい

町)で今年5月、演習中に空包と間違えて実弾を誤射した事故で、陸自は20日、空包を申請する際のパソコン入力のミスや、弾を受領した時の確認が不十分だったことなど、複数のミスが重なって事故につながったと発表した。
 発表によると、事故原因は、〈1〉弾薬の調達担当者が空包を申請する 際、過去の実弾請求書類を参照し、誤った情報をパソコンに入力〈2〉部隊が紙箱に入った弾を受け取った際、箱に記された弾の種類や、弾頭部分を確認しな かった〈3〉隊員は実弾と空包の違いに関する認識が不十分だった――などとしている。
 再発防止策としては、パソコンによる申請システムを改修し、実弾と空包の箱を塗り分ける。射撃訓練の機会が少なかったことが、実弾に気づかなかった原因とみて、訓練回数も増やす。

(ここまで362文字 / 残り231文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160620-OYT1T50141.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「友達と橋へ」被害女性、知人に前夜話す 福岡の転落死(21日)朝日

福岡県八女市で池田麻里さん(当時25)が転落死してから1年余。橋から約60メートル下に落として殺害したとして、県警が佐久田なつき容疑者(29)を殺人容疑で再逮捕した。池田さんの知人は当初から「死に不審な点がある」と感じていた、と取材に話した。

 

 「これから友達と橋に行く」。池田さんと親しかったという20代女性は昨年4月28日の夜、池田さんにそう言われた。女性が知らない名前だったという。
 数時間後の29日午前1時半、LINE(ライン)で「しんどいよー」とメッセージが来た。「あまり無理しないで」と返信したが応答はない。池田さんは同日昼、橋の下で死亡していた。
 女性は池田さんとボウリングやネイルに行く約束をしていた。「悩んでいる様子もなかったし、自殺は考えられない。人なつっこくてすぐ友達ができる明るい子。仲が良かったから悲しい」。 池田さんと佐久田容疑者は一時期、同居していた。2人を知る男性は容疑者について「池田さんが他の女性と仲良くしていると怒ることもあった」と話した。(井上怜、比留間陽介)

http://www.asahi.com/articles/ASJ6N4WRSJ6NTIPE01S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月20日 | トップページ | 2016年6月22日 »