« 東京駅保管の忘れ物から異臭 危険ドラッグ? 警視庁が持ち主捜す(2日)産経 | トップページ | コンビニATM狙う犯行の一部始終 100人超が全国で一斉に (2日)TBS »

2016年6月 2日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
駅員に対する暴行増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011938 人間が何かの行動を起こす場合はそれぞれの理由がある。ところが理由無くして暴力を振るうなどは、精神的になにがしかの欠陥がある人間と言っても過言ではないだろう。
 鉄道の駅員に暴力を振るう事件が増加傾向にあるという。
 全国の大手私鉄16社のまとめによると乗客による駅員や乗務員などに対する暴力事件やトラブルは昨年度、225件あった言う。
しかもそのうちの35%が理由なくしての暴力だというから始末におえない。
 警察庁によると平成26年の罪種別に発生場所をみると駅での暴行事件は1793件。駅員のみならず一般乗客同士もあって多いのだろう。勿論、最も多いのは街頭における暴行事件で26年は1万0320件もあった。 
 参考までに今年4月までの街頭での暴行事件は4452件、傷害は2956件、恐喝254件、強制わいせつ930件。それぞれのランキングは以下の通り。
 【暴行】①東京919件②神奈川463件③埼玉318件
 【傷害】①東京451件②大阪447件③神奈川233件
  【恐喝】①東京53件②大阪44件③愛知35件
  【強制わいせつ】①大阪142件②東京133件③千葉81件
 ほとんどが前年同期に比べて減少しているなかで、駅員に対する暴行が増加している。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 東京駅保管の忘れ物から異臭 危険ドラッグ? 警視庁が持ち主捜す(2日)産経 | トップページ | コンビニATM狙う犯行の一部始終 100人超が全国で一斉に (2日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63721763

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 東京駅保管の忘れ物から異臭 危険ドラッグ? 警視庁が持ち主捜す(2日)産経 | トップページ | コンビニATM狙う犯行の一部始終 100人超が全国で一斉に (2日)TBS »