« 2016年6月17日 | トップページ | 2016年6月19日 »

2016年6月18日

2016年6月18日 (土)

電車で寝込んだ女性を自宅に監禁 容疑で派遣社員を逮捕 現場周辺では同様被害5件(18日)産経

電車で寝込んだ面識のない女性を自宅に連れ込み丸1日閉じ込めたとして、神奈川県警相模原署は18日、監禁の疑いで、相模原市中央区清新、派遣社員、栗田良文容疑者(33)を逮捕した。
 同署によると、栗田容疑者は黙秘。現場周辺では昨年末以降、同様の被害が5件ほどあるといい、関連を調べている。
 逮捕容疑は4~5日、自宅アパートで東京都足立区の女性会社員(28)を監禁した疑い。
 女性は4日早朝、飲酒後に都内のJR線で寝てしまい、5日早朝に気付くと栗田容疑者宅の布団の上にいた。部屋には栗田容疑者もいたが、隙を見て玄関から逃げ、近くの小売店の店員を通じて同署に連絡したという。

http://www.sankei.com/affairs/news/160618/afr1606180026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

落下物で遅延、2割がスマホ JR東が注意呼びかけ(18日)日経

JR東日本の電車の遅れにつながった線路への落とし物のうち2割は、スマートフォン(スマホ)などの携帯電話だったことが同社の集計で分かった。歩 きながら操作する「ながらスマホ」に関する苦情も相次いでおり、JR東は20日からのキャンペーンで、乗降時のスマホ操作をやめるよう呼び掛ける。
 JR東が集計の対象にしたのは茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨の1都6県の駅。4~5月、落とし物のため運行が1分以上遅れた229件のうち、原因が携帯電話だったのは、全体の23%に当たる54件だった。他に、傘や帽子、靴などもあった。
 乗降時やホームを歩いている際に落としたケースが多い。落とし物は駅員が専用の器具を使って拾い上げるが、後続の電車が迫っている場合は運行をいったん止めざるを得ず、遅れにつながってしまう。
 また、スマホを扱いながら乗り降りする人に関し「前を見ていないため、ぶつかった」「急に立ち止まって危険」などの苦情も寄せられており、キャンペーンでは、駅のポスターや放送、車内画面でやめるよう訴える。
 車内でリュックサックを背負ったままでいることにも「体に当たって痛かった」「混雑に拍車が掛かる」といった声が出ているため、前に抱えたり、網棚の上に載せたりすることも求める。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HAS_Y6A610C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・文京区 雑居ビルのベランダ焼ける (18日)TBS

18日昼ごろ、東京・文京区の雑居ビルの8階から火が出て飲食店のベランダが焼けました。
 18日午前11時半ごろ、文京区湯島で「ビルから火が出ている」と110番通報がありました。
 東京消防庁のポンプ車など21台が出動し、火はおよそ40分後に消し止められましたが、9階建てビルの8階の飲食店のベランダ5平方メートルが焼けました。この火事によるけが人はいませんでした。
 「最初は黒い煙。そのあとすぐに炎がバーっと(出てきた)」(目撃者)
 現場は、東京メトロ千代田線・湯島駅の近くで当時、飲食店には誰もおらず、ドアの鍵もかかっていたということです。また、ベランダにはごみが置かれていたということで、警視庁が出火原因を調べています。(18日17:01)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2801077.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

訪問看護師「暴力受けた」が半数 利用者や家族・親族に(18日)共同

            
             

 利用者の自宅でケアをする兵庫県内の訪問看護師を対象にした調査で、50%が「暴力」を受けた経験があると回答したことが18日、分かった。暴力を振るったのは、利用者が7割超で、家族・親族も約2割あった。調査した神戸市看護大のグループが明らかにした。
 調査では、身体的な暴力だけでなく、言葉での侮辱や威圧的な態度なども「暴力」としている。
 訪問看護現場の暴力を調べた研究は少ない。グループの林千冬教授(看護管理学)は「自分の対応が悪かったのが原因と思い、暴力と認識しない場合もあり実際にはもっと多いはず。行政の相談窓口設置など対応が必要だ」と指摘している。

http://this.kiji.is/116808039815923189?c=39546741839462401

            
         

| コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症で病院搬送 32都府県の178人(18日)NHK

この暑さで熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は、32の都府県で少なくとも178人に上っています。
 NHK が各地の放送局を通じて午後5時現在でまとめたところ、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は、東京都が17人、千葉県と沖縄県が16人、埼玉県が 14人、大阪府が12人、茨城県と兵庫県がそれぞれ9人など、全国の32の都府県で少なくとも178人に上っています。
このうち岡山県瀬戸内市では、室内で作業していた70代とみられる男性が意識不明となって病院に運ばれ、消防は熱中症の可能性があるとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160618/k10010561071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

水上バイク事故、後絶たず…無免許操縦も横行 (18日)読売

夏のレジャーとして人気が高まっている水上バイクによる事故が後を絶たない。
 小型で動きが速いうえ防護用のおおいなどもない水上バイ クの事故は、他の船舶事故に比べ、死傷者が出る割合が3・5倍に上るという。無免許での操縦も横行しており、12日には岐阜県羽島市の木曽川で4人が死傷 する事故が起きた。第4管区海上保安本部(名古屋市)は「操縦者には船長としての自覚を持ってほしい」と注意喚起している。
 同本部によると、愛知、三重両県の沿岸で昨年までの5年間に事 故を起こした水上バイクは54隻に上る。昨年8月には、愛知県蒲郡市沖の三河湾で、停止中の水上バイク(2人乗り)に、仲間の1隻が横付けした際、2人の うち後部座席に乗っていた30歳代の男性が足をはさまれて骨折するという思わぬ事故があった。ほかにも、海水浴場で遊泳者にニアミスしたり、水上バイクが 引くゴムボートが障害物に衝突したりする事故も少なくないという。
 事故は夏に集中。事故形態としては、54隻のうち衝突(15隻)が最も多く、機関故障(11隻)、推進器障害(9隻)などが続いている。
 数日で免許を取得できることなどから、若者を中心に人気を集めているが、時速80キロほどのスピードを出せるほか、急発進や急旋回が可能なため、操縦を誤れば大きな事故につながる危険性を伴う。
 水上バイクによる事故については、国の運輸安全委員会が 2009~14年に全国の海や川などで起きた281件の事故を分析したところ、死傷者が出たのは243件(86%)を数え、他の船舶事故(24%)の3・ 5倍に上った。けがをするのは操縦者自身よりも、振り落とされた同乗者や衝突された遊泳者の割合が高いという特徴もみられる。
 分析対象となった水上バイクなど291隻のうち、無免許だったのは13%にあたる38隻(38人)で、うち少なくとも4人は初めての操縦。12人は無免許操縦を繰り返していた。
 水上バイクを含む小型船舶の事故を減らすため、国土交通省は7 月1日から、操縦者の処分の厳格化に踏み切る。現行の違反項目は、酒酔い操縦や危険操縦、救命胴衣の着用義務違反などだが、さらに操縦者による「見張りの 実施」と、エンジンや燃料確認といった「出港前点検」を追加。違反点数は現行の違反と同じ2~3点だが、合計で5点以上になると、自動車運転の免許停止に あたる業務停止処分となる。
 木曽川での事故を受け、海上保安庁としても改めて注意を促しており、悪質な違反は厳しく取り締まる方針。第4管区海上保安本部交通部の遠藤富士穂係長(36)は「操縦者は自分の技量と危険性を認識し、安全に楽しんでほしい」と話している。(菊池宏一郎)
 ◆水上バイク=船舶の一種で、推進力としてウォータージェットを使い、ハンドルバーの操作と体のバランスで操縦する。「特殊小型船舶操縦士」の免許が必要で、沿岸から2カイリ(約3.7キロ)以内で航行できる。2015年度末時点で国内に約6万2000隻、免許取得者は124万人。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160618-OYT1T50051.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日 単位・レベル) 
家族ってなんなの?
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012013

 もう「家族愛」なんて死語なのだろうか。情けない世の中になってしまった。
 15日夜、大阪府八尾市南の民家で、80代の男性が菜箸で首を刺されて死亡する事件があり、50代の息子が大阪府警に殺人容疑で逮捕された。
 13日には睡眠導入剤を混入したみそ汁を夫に飲ませて殺害したとして、63歳の妻が栃木県警に。10日には横浜市の団地では、79歳の妻を殺害したとして、81歳の男が神奈川県警に逮捕された。
 夫婦間の事件だけではない。さいたま市では、生まれたばかりの次男に脳挫傷など全治2か月の大けがをさせたとして、国家公務員の男とその妻が埼玉県警に逮捕されるなど、このところ家族間の事件が目立っている。
 警察庁によると平成26年の数字になるが、刑法犯全体の発生件数35万9433件のうち配偶者間での事件は6374件あり、うち5890件が女性被害者と圧倒的に多い。また親子関係では実父母が最も多く1555件。
 罪種別の殺人では934発生のうち配偶者間の事件が149件あり、うち88件の被害者が女性だった。実父母は106件。
 さらに嬰児殺人は11件あり、実子が圧倒的に多く9件、養子1件、その他1件と続いた。
 暴行事件は2万4297件のうち配偶者間が2953件あり、うち2775件が女性が被害者。実父母は535件だった。
 この数字を見ると「家族」ってなんなのだろうか?と首を傾げたくなる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野自動車道・立峠トンネル内で車両火災(18日)TBS

長野自動車道のトンネルで車両火災事故があり、トンネルの中に一時、およそ20台の車が取り残されました。警察によりますと、2人がけがをしましたが、命に別状はありません。
 18日午前9時10分ごろ、長野県筑北村の長野道下り線・立峠トンネルで車が燃えていると警察に通報がありました。燃えたのは乗用車とみられ、火は1時間あまりで消し止められました。
 警察によりますと、トンネルの中には一時、20台ほどの車が取り残されましたが、午前11時すぎまでにすべてトンネルの外に出たということです。2人が煙を吸うなどして病院に運ばれましたが、命に別状はありません。
 この事故の影響で、長野道下り線は安曇野インターと麻績インターの間が一時、通行止めとなりました。(18日14:00)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2800846.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅床に穴開け女性宅に侵入し…51歳独身男の恋の末路は? 「彼女は人生の全てだった…」(18日)産経

平成27年10月、茨城県つく ば市の自宅アパートの床に穴を開けて階下に侵入し、当時39歳の女性を襲ってけがをさせたとして、強姦致傷と建造物損壊、住居侵入の罪に問われた住所不 定、無職の男(51)の裁判員裁判が今年5月、水戸地裁で行われた。思いを寄せる女性の真上の部屋にわざわざ引っ越し、犯行に及んだこの男。証人尋問や被 告人質問では、男の一方的で、そして情熱的な片思いの全貌が明らかになった。(水戸支局 上村茉由)
  10年ぶりの「再会」

 「恋愛感情を抱いていた。彼女は人生の全てだった」
 男が吐露した愛の告白は、法廷の静寂に溶けて消えた。10年間かけて温めた思い。直接伝えることは、ついぞかなわなかった。
  平成8年、インフラ整備会社に務めていた男が茨城県に赴任した際、同僚の男性に連れられて入った飲食店で、アルバイトをしていたのがその女性だった。しか しその後、男は東京都内へと転勤。18年に再び茨城県内の営業所に戻り、女性と10年ぶりの再会を果たしたことで、男の恋の歯車は回り出した。
 女性はクラブや小料理屋など、数軒の飲食店のオーナーになっていた。はじめの3カ月ほどは、女性から誘われて女性の経営する店に足を運んでいた男だったが、そのうち自ら通うようになった。週末に1~2回訪れ、一度に3万~5万円を支払っていたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速 静岡県内で追突・転落事故 通行止め続く(18日)NHK

18日朝、静岡県裾野 市の東名高速道路で、大型トラックが中型トラックに追突され、ガードレールを突き破っておよそ8メートル下の山林に転落する事故があり、双方のトラックの 2人が軽いけがをしました。この事故の影響で、御殿場ジャンクションと沼津インターチェンジの間の下り線は、およそ8時間にわたって通行止めが続いていま す。

18日午前4時ごろ、静岡県裾野市富沢の東名高速道路の下り線で、追い越し車線を走っていた中型トラックが、走行車線を走っていた大型トラックに追突しました。
この事故で、中型トラックが横転したほか、追突された大型トラックがガードレールを突き破っておよそ8メートル下の山林に転落し、大型トラックの52歳の運転手と中型トラックの41歳の運転手が、いずれも軽いけがをしました。
現場は、緩やかな下りの右カーブで、警察で事故の原因を調べています。
現場では、転落した大型トラックを引き上げる作業に時間がかかっていて、御殿場ジャンクションと沼津インターチェンジの間の下り線は、およそ8時間にわたって通行止めが続いています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160618/k10010560831000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

客装い立ち読み、一転強盗 大津の書店、40万円被害(18日)朝日

17日午後10時10分ごろ、大津市平 津1丁目の「本のがんこ堂FC石山店」の男性店長(39)から強盗に入られたと110番通報があった。大津署によると、同店に男が押し入り、店長に「金を 出せ」と脅し、レジから売上金など約40万円を奪って逃走したという。当時ほかに客はおらず、店長にもけがはなかった。
 署によると、男は午後9時ごろ入店。立ち読みなどをしていたが閉店時間の午後10時を過ぎて雑誌を持ってレジに来て、トートバッグから包丁を取り 出し、店長に突きつけたという。30~40代くらいで身長約175~180センチ、白色の半袖Tシャツに、黒色のハーフパンツ姿だったという。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6L3353J6LPTJB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【ネパール大地震】「日本で働ける」と被害者から詐取、日本人名乗る男ら逮捕(18日)産経

ネパール警察は17日、昨年4月のネパール大地震の被災者に「日本で働ける」と持ち掛けて計約113万ネパールルピー(約110万円)をだまし取っ た詐欺の疑いで男2人を逮捕した。うち1人は日本人を名乗っているが、身分証明書などを所持しておらず、事実かどうか不明。残り1人はネパール人。ヒマラ ヤン・タイムズ紙などが伝えた。
 男らはコンサルティング会社幹部を名乗り、中部ゴルカ県などのネパール地震の被災者12人に日本での就労あっせんを提案、前金を預かったまま逃亡した疑いが持たれている。PTI通信によると、男らは被災者に「月に20万~30万ルピー稼げる」と声を掛けていたという。
 ネパールでは近年、日本での就労が人気になっており、首都カトマンズなどでは多数のブローカーが仕事をあっせんしているとされる。(共同)

http://www.sankei.com/affairs/news/160618/afr1606180007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性に金属バット振り下ろし逃走 千葉・野田市(18日)テレビ朝日

千葉県野田市の路上で、歩いていた69歳の女性が自転車に乗った男にすれ違いざまに金属バットで足を殴られました。男は逃走中です。
 警察によりますと、17日午後3時前、野田市桐ケ作の路上で、近くに住む女性が1人で歩いていたところ、金属バットを持った男が前から自転車に乗って近 付いてきました。男はすれ違いざまに金属バットを振り下ろし、女性の足を殴り付けて止まることなく逃走しました。女性は足の甲が腫れた程度で、自分で近く の郵便局に助けを求めました。男は年齢20代くらい、身長170センチくらいの小太りで、赤い自転車に乗っていました。この事件の10分ほど前には現場の 近くで別の女性が金属バットを持った男に追い掛けられていて、警察は同一人物とみて行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000077263.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組分裂で「特定抗争」視野に 警察庁長官が訓示(18日)日経

警察庁は17日、全国の警察本部の刑事部長を集めた会議を東京都内で開いた。金高雅仁長官は暴力団山口組と分裂した暴力団神戸山口組の抗争に触れ「(規制がより厳しくなる)特定抗争指定暴力団の指定を視野にいれた捜査を徹底してほしい」と訓示した。
  警察当局は3月、両団体が対立抗争状態にあると認定。5月には岡山市で神戸山口組系の組幹部が射殺される事件が発生するなど抗争の激化が懸念されている。 金高長官は「殺人など重大事件は組織トップの関与なくしてはあり得ない。実行犯の検挙にとどまらず、中枢幹部の刑事責任を追及、解明してほしい」と強調し た。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03776060Y6A610C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドホンで警報音気付かず?踏切ではねられ男性死亡 (18日)TBS

17日午後、埼玉県熊谷市にある踏切で、男性が列車と衝突し、死亡しました。男性はヘッドホンをつけてジョギングをしていて、警報音に気付かなかったものとみられています。
 17日午後2時20分ごろ、熊谷市瀬南にある秩父鉄道・ひろせ野鳥の森駅近くの踏切で、市内に住む32歳の会社員の男性が上り普通列車と衝突し、死亡しました。
 男性は、両耳にヘッドホンをつけ、タンクトップに短パン姿で、警察によりますと、列車の運転士は「男性が小走りで踏切に入ってきた」と話しているということです。
 現場は遮断機と警報器がない踏切で、警察は、男性がヘッドホンで音楽を聴きながらジョギングをしていて、警報音に気付かず踏切に入ったものとみています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2800529.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁が飲酒運転取り締まり、都内で事故急増 (18日)TBS

今年に入って東京都内で飲酒運転による交通事故が急増していることから、警視庁はドライバーに対する飲酒の取り締まりを行いました。
 東京都内では、今年3月、世田谷区で飲酒運転の乗用車が時速160キロで暴走してタクシーに衝突し、4人が死傷するなど、飲酒運転による悪質な事故が急 増しています。こうしたことから、警視庁は16日夜、事故が多発している池袋の高速道路の出入り口付近で飲酒運転の取り締まりを行いました。
 都内では今年に入って飲酒運転による事故が93件と、去年と比べておよそ3割増え、飲酒事故による死者が4人に上っていることから、警視庁が注意を呼びかけています。(18日01:33)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2800826.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山形ではサクランボ被害=クマ目撃情報2.5倍に-好物ブナの実、豊作で増加?(18日)時事

サクランボの生産量日本一の山形県で、クマによるとみられる食害が相次いでいる。昨年、好物のブナの実が豊作でクマが増加したことが一因とされ、出荷最盛期のトラブルに、農業関係者は対応を迫られている。
  「やられたという感じだ」。山形市でサクランボを作る農家の工藤行夫さん(67)は肩を落とす。5日朝、サクランボ畑に収穫に行くと、サクランボの木6本 が折れているのを発見。実も約4キロ分なくなっていた。近くでふんが見つかったことからクマの仕業とみられ、工藤さんは「近くでも被害があったと聞く。同 じクマじゃないか」と悔しそうに話した。
 クマによるとされる同様の被害は県内で相次いでいる。県警によると、5~11日の間に、山形市や寒河江市などで計5件の被害が報告された。クマの目撃情報も3月~今月15日までに県内全域で171件に上り、過去5年の同時期平均66件の約2.5倍になる。
  隣の秋田県ではクマに襲われたとされる男女4人の遺体が見つかっている。クマの生態などを研究する森林総合研究所(茨城県つくば市)は「昨年、ブナの実が 豊作だったためクマの数が増えた可能性がある」と指摘。「冬眠明けのこの時期は腹をすかせている上、母グマが授乳のために栄養を付けようと餌を求め、大き く動き回っていると思われる」と説明した。
 サクランボの出荷は6~7月が最盛期。山形県内の各JAはサクランボ農家に注意を呼び掛けたほか、捕 獲用のわなを設置してもらうなどの対策を取っている。JA山形中央会の丸山浩さんは「クマによるサクランボ被害は過去にもあったが、これほど多くはなかっ た」と頭を抱えている。(2016/06/18-05:25) 【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061800034&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

自称祈祷師を殺人罪で起訴 糖尿病男児の衰弱死事件(18日)共同

            
             

 1型糖尿病を患う宇都宮市の小学2年今井駿君=当時(7)=へのインスリン投与をやめさせ衰弱死させたとして、宇都宮地検は17日、殺人罪で自称祈祷師の建設業近藤弘治容疑者(61)=栃木県下野市=を起訴した。捜査関係者によると、否認している。
 栃木県警が昨年11月に逮捕。地検が同12月から今年6月まで鑑定留置し、精神鑑定の結果、刑事責任能力に問題ないと判断した。
 県警は今年2月、駿君の両親を保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検。地検は17日付で、2人を起訴猶予処分とした。

http://this.kiji.is/116486008964892154?c=39546741839462401

            
         

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋田 鹿角 クマ被害防止へ入山自粛の徹底呼びかけ(18日)NHK

クマに襲われたとみられる被害で4人が死亡した秋田県鹿角市の山林で、警察は18日朝から現場周辺の道路に検問を設けるなどして、県や市などと合同で入山自粛の徹底を呼びかけています。

秋田県鹿角市十和田大湯の山林の近くには、18日午前4時半、警察や県、それに市などから合わせておよそ50人が集まりました。鹿角警察署の高橋一署長は「山に入ろうとする人には積極的に声をかけて、被害防止に努めてほしい」とあいさつしました。
十和田大湯の山林では、先月下旬から今月にかけてタケノコ採りの男女4人が相次いで死亡し、いずれもひっかかれたり、かまれたりした痕があることから、クマに襲われたとみられています。
山 林の近くでは今月10日にクマ1頭が駆除され、体内から人の体の一部が見つかりましたが、ほかにもクマがいるとみられることから、市などは山に入らないよ う注意を呼びかけています。しかし、その後も山に入る人が後を絶たないことから、警察は18日と19日の2日間、県や市などと合同で入山自粛の徹底を呼び かけることになりました。
山林周辺の道路9か所に設けられた検問では、警察が通りかかる車を1台1台止めて、ドライバーに行き先を聞き、「タケノコ採りなどで山に入るのはやめてください」と注意を呼びかけていました。
また、山に立ち入る人がいないか見回りも行い、クマによる被害を防ぐことにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160618/k10010560671000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

緊急対策必要な踏切の「カルテ」を公表(18日)NHK

長時間、遮断機が開かない、いわゆる「開かずの踏切」や、事故が多発するなど、緊急に対策が必要な全国1400余りの踏切について、国土交通省などは今後の安全対策を進めるため、踏切ごとに遮断時間や事故の履歴などをまとめた「カルテ」を作成しました。

国 土交通省によりますと、全国の踏切のうち、朝夕のラッシュ時に遮断機が長時間開かない、いわゆる「開かずの踏切」が532か所あるのをはじめ、歩道が狭い 踏切や、過去5年間に複数の交通事故が発生したり、通学路になっていたりするなど、緊急に安全対策が必要な踏切は、合わせて1479か所に上ります。
このため、道路を管理する国や自治体、それに鉄道事業者は、今後の安全対策を進めるため、踏切ごとのデータを「カルテ」としてまとめ、地方整備局や運輸局のホームページで公表しました。
カルテでは、踏切ごとに所在地や幅、長さなどのほか、ラッシュ時の遮断時間や過去5年間の事故の件数、それに対策の方針や今後の工事計画なども盛り込まれています。
国土交通省は「踏切ごとのデータをまとめることで、地域的な傾向の分析や必要な対策の検討に役立つと考えられる。道路管理者や鉄道事業者が安全対策を検討する際の資料として役立ててほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160618/k10010560551000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

「恋愛うまくいかず」31歳、女子会帰りに火つけた疑い(18日)朝日

 横浜市戸塚区で5月、自宅近くのマンション駐輪場にあったオートバイのカバーに火をつけて燃やしたとして、器物損壊罪で起訴された女(31)が、「自分の恋愛がうまくいっておらず、イライラを解消するために火をつけた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。
 女の自宅周辺では、2013年からバイクや自転車が燃やされる不審火が10件発生しており、うち8件で女は関与を認めたという。
 捜査関係者によると、女は当初、「お酒を飲んでいたのでよく覚えていません」と否認していたが、その後、「仕事帰りに職場の後輩女性との飲み会で恋愛の話になった。別れた交際相手のことを思い出すなどしてイライラが募った」と火をつけたことを認めたという。
 職場の「女子会」ではいつも恋愛の話になり、「帰り道に、自転車のカバーなどにライターで火をつけると多少スカッとした」と話しているという。(前田朱莉亜)

http://www.asahi.com/articles/ASJ6K4DCFJ6KULOB017.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月17日 | トップページ | 2016年6月19日 »