« 爆破予告の書き込みで、貝塚市役所周辺を立ち入り制限(13日)産経 | トップページ | 警察庁長官「入魂の警備を」=サミット会場視察-三重・賢島(13日)時事 »

2016年5月13日 (金)

東京五輪招致で巨額支払い、日本側「適正なコンサル料」 (13日)TBS

東京オリンピック招致をめぐる疑惑です。フランスの検察当局は、日本側からIOC=国際オリンピック委員会の有力者側に2億円あまりが振り込まれていたとして捜査を開始しました。日本側は「適正なコンサルティング料だった」としています。
 おととし9月、ブエノスアイレスのIOC総会で東京オリンピックの開催が決まり日本は歓喜にわきました。
 しかし・・・
 「招致において贈収賄があった疑いがある」。
 フランス検察は東京での開催が決まる前後に日本の銀行からIOCの有力な委員だったディアク氏の息子が関係する銀行口座に、巨額の金が振り込まれていたと発表しました。その額、あわせて280万シンガポールドル、日本円で2億2300万円。フランス検察は、汚職などの疑いで捜査を開始したとしています。
 振り込み先の口座は、シンガポールの銀行にあった「ブラック・タイディング社」の法人口座です。ディアク親子と親しいコンサルタントが開設に携わったこの口座に、オリンピックの東京開催が決まった前後の2013年7月と10月に日本の銀行から振り込みがありました。この問題を最初に報じたイギリス・ガーディアン紙によれば「2020年東京五輪招致」との記載があったということです。
 疑惑の発端は去年3月。ロシアの陸上ドーピング問題隠蔽の見返りに金銭を受け取ったとして、当時国際陸連の会長だったディアク氏に対する捜査がフランス検察によって行われました。その際に使用されていたのが、今回問題になった口座で、捜査の過程で日本からの入金がわかったというのです。
 浮上した東京オリンピック招致をめぐる「裏金疑惑」に対し、鈴木大地スポーツ庁長官が取材に応じました。
 「これは招致活動のうえでのコンサル料であり、コンサルティングに対する対価だとの報告を聞いている」(鈴木大地 スポーツ庁長官)
 鈴木長官は支払いを認めた上で、「コンサルティング会社に対するクリーンな支払いだ」と述べました。またJOC側はコメントを出し、支払いは招致委員会からディアク氏と親しいとされるコンサルタントの会社に対するものだと認めた上で、「何ら疑惑をもたれるような支払いではない。フェアな招致活動で全く潔癖だ」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2773350.html

« 爆破予告の書き込みで、貝塚市役所周辺を立ち入り制限(13日)産経 | トップページ | 警察庁長官「入魂の警備を」=サミット会場視察-三重・賢島(13日)時事 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京五輪招致で巨額支払い、日本側「適正なコンサル料」 (13日)TBS:

« 爆破予告の書き込みで、貝塚市役所周辺を立ち入り制限(13日)産経 | トップページ | 警察庁長官「入魂の警備を」=サミット会場視察-三重・賢島(13日)時事 »