« 室内に練炭と七輪数個 子どもら3人の遺体 心中か(12日)テレビ朝日 | トップページ | 子をおんぶして自転車、法的問題は? 安全面どうすれば(12日)朝日 »

2016年5月12日 (木)

不正請求、元タレント女性医師が起訴事実認める(12日)読売

診療報酬の不正請求事件で、詐欺罪に問われた元タレントで医師の脇坂英理子被告(37)の初公判が11日、東京地裁(林直弘裁判官)であり、被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。
 起訴状では、脇坂被告は2012~14年、会社役員の早川和男被告(39)(詐欺罪で公判中)らと共謀し、経営していた美容内科などのクリニック(閉院)で患者の治療回数を水増しするなどして、診療報酬約155万円をだまし取ったとしている。
 検察側は冒頭陳述で、脇坂被告が11年5月以降、ホストクラブで散財し借金を重ねたと指摘。12年8月に診療を始めたクリニックに患者が集まらず、約2か月後から早川被告が紹介した患者の診療報酬を不正請求し、報酬の半分を早川被告に渡していたと主張した。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160511-OYT1T50236.html

« 室内に練炭と七輪数個 子どもら3人の遺体 心中か(12日)テレビ朝日 | トップページ | 子をおんぶして自転車、法的問題は? 安全面どうすれば(12日)朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63616571

この記事へのトラックバック一覧です: 不正請求、元タレント女性医師が起訴事実認める(12日)読売:

« 室内に練炭と七輪数個 子どもら3人の遺体 心中か(12日)テレビ朝日 | トップページ | 子をおんぶして自転車、法的問題は? 安全面どうすれば(12日)朝日 »