« 男児、手がかり見つからず…消防「難しい捜索」(31日)読売 | トップページ | 【現場×記者】痴漢捜査同行 女子中生、勇気出し捜査協力(31日)産経 »

2016年5月31日 (火)

清原和博被告にきょう判決 覚醒剤使用など(31日)NHK

覚醒剤を使った罪などに問われている、元プロ野球選手の清原和博被告(48)に、31日午後、東京地方裁判所で判決が言い渡されます。検察が懲役2年6か月を求刑したのに対し、弁護士は執行猶予の付いた判決を求めていて、裁判所の判断が注目されます。
元プロ野球選手でタレントの清原和博被告は、ことし2月、東京・港区のホテルで覚醒剤を使ったなどとして、覚醒剤取締法違反の罪に問われています。
今月17日に東京地方裁判所で開かれた裁判で、清原被告は起訴された内容を認め、「プロ野球を目指す少年を裏切ってしまい申し訳ない」などと謝罪しました。弁護側の証人で、日米の野球界で抑え投手として活躍した友人の佐々木主浩さんは、立ち直りに協力すると証言し、清原被告は涙を拭いながら聞いていました。
検察は「引退後もタレントとして注目される存在でありながら、違法な行為をしていた」として、懲役2年6か月を求刑しました。
一方、弁護士は執行猶予の付いた判決を求めました。
判決は31日午後1時半に言い渡される予定で、裁判所が覚醒剤の使用状況や立ち直りに向けた取り組みなどを踏まえて、刑の重さをどう判断するか注目されます。

逮捕から裁判にかけての経緯

清原和博被告は、今月17日に開かれた裁判で、事件後初めて公の場に姿を見せ、謝罪しました。
清原和博被告は、甲子園で活躍し、プロ野球では2000本安打を達成したほか、歴代5位の通算525本のホームランを打つなど、プロ野球界を代表するスター選手でした。
しかし、ことし2月、東京・港区の自宅で覚醒剤を隠し持っていた疑いで逮捕され、多くの野球ファンや球界関係者に衝撃を与えました。
続く

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160531/k10010540661000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

逮捕から45日目に保釈されましたが、その直後に入院し、今月17日に開かれた裁判で、事件後初めて公の場に姿を見せました。
清原被告は覚醒剤を使うようになった時期を問われると、「引退後まもなく」と説明し、現役時代の使用は否定しました。
また、覚醒剤を使った理由については、「9歳からずっと野球をやっていて、その中のストレスやプレッシャー、不安は野球で解決できたが、社会の中のストレスや不安は解決法がなく、薬物に手を出したのだと思う」と話しました。
さらに「ファンには本当に申し訳ない。プロ野球を目指す少年に対しても裏切ってしまい申し訳ない」とことばを詰まらせました。
一方、覚醒剤を使っていた頻度や、これまでにいくら払ったかについては、「よく覚えていません」などと具体的には説明しませんでした。
今後については「自分の罪を野球でというのは、野球に対して失礼だ。まずは自分の心と体を健康にして、野球に向き合いたい」と、ことばを選びながら話しました。
法廷には、日米の野球界で抑え投手として活躍した友人の佐々木主浩さんが、弁護側の証人として呼ばれました。佐々木さんが「野球のことをやらせるのがいちばんだと思いますし、僕のできることをやっていきたい。2回目はないと信じています」などと述べると、清原被告は涙を拭いながら聞いていました。
清原被告は、最後に「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、審理は1日で終わりました。

« 男児、手がかり見つからず…消防「難しい捜索」(31日)読売 | トップページ | 【現場×記者】痴漢捜査同行 女子中生、勇気出し捜査協力(31日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清原和博被告にきょう判決 覚醒剤使用など(31日)NHK:

« 男児、手がかり見つからず…消防「難しい捜索」(31日)読売 | トップページ | 【現場×記者】痴漢捜査同行 女子中生、勇気出し捜査協力(31日)産経 »