« 神奈川・平塚市でひき逃げか、55歳女性が死亡 (15日)TBS | トップページ | 清原被告 17日、初公判…覚醒剤使用時期など焦点(15日)毎日 »

2016年5月15日 (日)

「声をかけやすくなった」詐欺被害防止ポスター(15日)読売

千葉県警四街道署が作成した電話

de

詐欺被害防止の啓発ポスターが、金融機関の取り組みを後押しし、効果を発揮している。
 黒地に赤や黄色で「違ってたらごめんなさい」「全員声かけしています」などの言葉が並ぶ一風変わったデザインは、同署生活安全課の佐藤和明警部補(58)が考案した。
 ポスター作成が決まったのは昨年5月。電話でうそをつき、金を要求する詐欺の被害が、同署管内で立て続けに発生したことがきっかけだった。佐藤警部補は、犯罪抑止を担当する生活安全係としてデザイン考案を始めたが、詐欺の手口を列挙するなどしたこれまでのポスターのようなデザインしか思い浮かばなかった。
 思い悩む中、金融機関の職員らが「利用客の詐欺被害を疑って声をかけるのは、詐欺ではなかったときの反応を考えると勇気がいる」と話していたことを思い出した。そこで浮かんだのが「金融機関の関係者が、声をかけやすい環境をポスターで作れば効果的ではないか」というアイデア。
 1か月後にポスターが完成し、管内の金融機関など20か所で掲示すると、「声をかけやすくなった」と好評だった。掲示後から被害を防止できたケースが増え始め、今年も4月までに12件の被害を未然に防いだ。うち8件は、金融機関で声をかけたことが功を奏した。
 ポスターを掲示している京葉銀行四街道支店の次長は「心の準備ができて声をかけやすくなったという声が、支店内で増えた」という。佐藤警部補は「県内で被害が増加している還付金詐欺の防止ポスターを作り、ATM(現金自動預け払い機)の近くに掲示したい」と、次の策を練っている。(鈴木慎平)http://www.yomiuri.co.jp/national/20160515-OYT1T50023.html

« 神奈川・平塚市でひき逃げか、55歳女性が死亡 (15日)TBS | トップページ | 清原被告 17日、初公判…覚醒剤使用時期など焦点(15日)毎日 »

振り込め対策編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63636703

この記事へのトラックバック一覧です: 「声をかけやすくなった」詐欺被害防止ポスター(15日)読売:

« 神奈川・平塚市でひき逃げか、55歳女性が死亡 (15日)TBS | トップページ | 清原被告 17日、初公判…覚醒剤使用時期など焦点(15日)毎日 »