« 東京メトロ銀座線 レール破損で5時間近く見合わせ(9日)NHK | トップページ | 列車が倒木に衝突、乗客の高校生けが 大分・日豊線(9日)朝日 »

2016年5月 9日 (月)

警察官の志願者増へ、保護者向け説明会も…徳島(9日)読売

徳島県警は、警察官採用試験の「受験者数アップ作戦」に取り組む。
 学生の間に「民間志向」が高まる中、リクルート担当の若手警察官を増員したり、保護者向けや夜間の就職説明会を初めて開いたり、あの手この手で受験者減の食い止めを図る。
 県警警務課によると、直近のピークだった2010年度は635人が受験したが、15年度は461人と約3割減。倍率も13・0倍から6・1倍まで落ちた。景気の回復傾向に伴う企業の採用意欲の高まりなどが背景にあるとみられ、同課は「学生の間に民間企業を目指す傾向が強い」と危機感を募らせる。
 県警は10年度から、学生らに仕事のやりがいを伝える若手警察官を「リクルートリーダー」に指定。人員を当初の10人未満から今年度は過去最多の28人に増やした。4月25日に県警本部であった指定式で、増田武志・警務部長は「悪を懲らしめるだけでなく、人の痛みに寄り添い助けることができる仕事だと伝え、若者の心をわしづかみにしてほしい」と奮起を促した。
 就職説明会にも、足を運んでもらえるよう工夫した。15日には県警察学校(徳島市論田町)で保護者限定の説明会を初めて開き、待遇などを紹介する。親子で警察の仕事を理解してもらう狙いだ。
 18~20日には県警本部で午後6時に始まる夜間説明会「ナイトセミナーTKP」を開催。県運転免許センター(松茂町)では採用情報を提供するブース「魅力発信・ポリスナビ」を13、16、17日の3日間限定で設け、免許更新などに来る若者に訴える。
 警察官の志願者減は全国的な傾向だ。警察庁は、深刻化しているストーカー被害への対応や20年の東京五輪・パラリンピックで警備に多くの人員が必要となることなどを視野に、15年度から3年間で警察官を3000人増員する計画。各都道府県警に採用活動強化の通達を出している。
 県警警務課人事・企画担当の山下義人指導官は「利用しやすい各種説明会や実際の仕事を知る若手警察官との会話を通じて、受験を考えてほしい」と呼びかけている。問い合わせは同課人事係(088・621・2953)。(三浦孝仁)http://www.yomiuri.co.jp/national/20160509-OYT1T50036.html

« 東京メトロ銀座線 レール破損で5時間近く見合わせ(9日)NHK | トップページ | 列車が倒木に衝突、乗客の高校生けが 大分・日豊線(9日)朝日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63604029

この記事へのトラックバック一覧です: 警察官の志願者増へ、保護者向け説明会も…徳島(9日)読売:

« 東京メトロ銀座線 レール破損で5時間近く見合わせ(9日)NHK | トップページ | 列車が倒木に衝突、乗客の高校生けが 大分・日豊線(9日)朝日 »