« 神戸児童殺傷から19年、淳くんの父親「もう関わり合いたくない」(25日)TBS | トップページ | 鍵穴に接着剤、防衛省職員逮捕=女性宅、損壊容疑-神奈川県警(25日)時事 »

2016年5月25日 (水)

「会えるアイドル」身の安全に課題 刺傷事件受け交流会中止の動き (25日)日経

 アイドル活動をしていた大学生、冨田真由さん(20)が刺された事件を受け、ライブ会場の警備強化や交流会中止の動きが相次いでいる。ただ、ファンとの交流を人気につなげるのが主流になった最近のアイドルにとって、接触の機会を減らすのは本来、避けたい事態。「会いに行けるアイドル」は、安全確保とファン対応の両立というジレンマに直面している。
 「ご不便をおかけします」。東京・秋葉原にある劇場では24日夜、アイド…
会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO02742030V20C16A5CC1000/

« 神戸児童殺傷から19年、淳くんの父親「もう関わり合いたくない」(25日)TBS | トップページ | 鍵穴に接着剤、防衛省職員逮捕=女性宅、損壊容疑-神奈川県警(25日)時事 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63680679

この記事へのトラックバック一覧です: 「会えるアイドル」身の安全に課題 刺傷事件受け交流会中止の動き (25日)日経:

« 神戸児童殺傷から19年、淳くんの父親「もう関わり合いたくない」(25日)TBS | トップページ | 鍵穴に接着剤、防衛省職員逮捕=女性宅、損壊容疑-神奈川県警(25日)時事 »