« 小型機がオーバーラン 乗っていた2人けがなし(7日)NHK | トップページ | 安値販売の激化・価格差… 羽毛布団偽装、業者が示唆(7日)朝日 »

2016年5月 7日 (土)

羽田工事データ改ざん、滑走路の液状化対策で(7日)読売

羽田空港のC滑走路で、巨大地震に伴う液状化現象を防ぐための地盤改良工事で施工不良があり、これを隠蔽する施工データの改ざんが行われていたことが6日、わかった。
 施工した中堅ゼネコン「東亜建設工業」(東京都新宿区)が明らかにした。同社東京支店長(当時)の判断で仕様書通りに施工したかのようにデータを書き換え、発注者の国土交通省に報告していた。
 同省は、C滑走路の通常利用に安全上の問題はないとする一方、現状では液状化対策が取られていないため、同社から原因究明や再発防止策の報告を待ち、再工事の実施を検討する。
 同社や同省関東地方整備局(横浜市)によると、工事は同社が主体の共同企業体(JV)が約33億円で受注し、昨年5月28日~今年3月18日の工期で施工した。
 施工不良があったのは、同社の担当区域のうち、幅60メートルあるC滑走路北西端の長さ計75メートルの地盤。同社は独自工法の「バルーングラウト工法」を採用。滑走路脇から滑走路直下へ地中を斜めに掘削して管を通し、薬液計約1250万リットルを注入する計画だった。薬液を地中に注入すると、地下水がゲル化して直径約2メートルの球状の塊(バルーン)となり、地盤を強固に改良するものだった。

(ここまで517文字 / 残り652文字)http://www.yomiuri.co.jp/national/20160506-OYT1T50118.html?from=ycont_top_txt

« 小型機がオーバーラン 乗っていた2人けがなし(7日)NHK | トップページ | 安値販売の激化・価格差… 羽毛布団偽装、業者が示唆(7日)朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽田工事データ改ざん、滑走路の液状化対策で(7日)読売:

« 小型機がオーバーラン 乗っていた2人けがなし(7日)NHK | トップページ | 安値販売の激化・価格差… 羽毛布団偽装、業者が示唆(7日)朝日 »