« 2016年5月30日 | トップページ | 2016年6月1日 »

2016年5月31日

2016年5月31日 (火)

全国の警察に警戒強化指示 岡山の死亡発砲事件受け(31日)テレビ朝日

岡山県で指定暴力団神戸山口組系の幹部が何者かに射殺された事件を受け、警察庁は、山口組との対立抗争がさらに激しくなり、市民に被害が出るのを防ぐため、警戒を強化するよう全国の警察に指示しました。
 31日午前9時50分ごろ、岡山市のマンションの駐車場で、指定暴力団神戸山口組池田組の高木忠幹部(55)が何者かに銃撃されて死亡しました。この事件を受けて、山口組と神戸山口組の抗争がさらに激しくなり、市民に被害が出る恐れがあることから、警察庁は「特定抗争指定暴力団」の指定に向けて、全国の警察に警戒と情報収集を強化するよう指示しました。去年10月には長野県で神戸山口組系に移った組員が撃たれ、死亡しています。警察庁は3月に山口組と神戸山口組が抗争状態にあると認定し、その後、発砲事件などは13都道府県で27件起きていましたが、認定後に死亡者が出るのは初めてです。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075998.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生に集団暴行 容疑の高1少年4人を逮捕 京都府警(31日)産経

同級生に集団で暴行したとして、京都府警は31日、暴力行為法違反(集団的暴行)の疑いで、京都府舞鶴市や福知山市に住む、いずれも15歳の公立高校1年の少年4人を逮捕した、と発表した。府警によると、4人とも、おおむね容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月中旬、共謀し、宿泊施設などで、同級生の男子生徒(15)=舞鶴市=の脇腹を殴ったり、足を蹴ったりするなどの暴行を加えたとしている。
 府警によると、当時は、高校の課外活動中で、男子生徒が現場で110番して発覚した。男子生徒と、少年のうち2人は中学校の同級生。男子生徒は中学時代から暴力を受けるなどしていたと話しているという。http://www.sankei.com/west/news/160531/wst1605310079-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

副業サイトで詐欺疑い 男ら逮捕、10億円超被害か(31日)東京

インターネットのサイトを運営し、女性を狙って副業で稼げるとかたり、アクセスしてきた女性からネット通販のギフト券をだまし取ったとして、千葉県警が詐欺の疑いでサイト運営に関わった男ら数人を逮捕したことが31日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、男らは過去に同様のサイトを複数運営しており、被害額は全国で10億円を超えるとみられる。「会員になり、メールで男性の相談に乗れば報酬が得られる。会員になるにはギフト券の購入が必要」などと持ち掛ける手口だったという。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016053101001909.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車いすテニス選手を逮捕=国内2位、建造物侵入容疑-群馬県警(31日)時事

試着中の女性を盗撮する目的で衣料品店に侵入したとして、群馬県警高崎署などは31日、建造物侵入容疑で同県伊勢崎市茂呂南町の車いすテニス選手西村祐亮容疑者(29)を逮捕した。同署によると、「ストレスを発散したかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月2日午前、試着中の30代女性を盗撮する目的で、同県高崎市内の衣料品店に侵入した疑い。
 同署によると、西村容疑者はカメラのレンズを上向きにして入れた手提げかばんを、試着室の扉と床の約40センチの隙間に差し入れたとされる。店内の防犯カメラには差し入れる様子が映っていたという。女性がカメラに気づき、同署に届け出た。(2016/05/31-19:55)

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の米軍属ら4人逮捕 覚醒剤取締法違反などの疑い(31日)朝日

 覚醒剤を密輸したなどとして、沖縄県警は米国籍で米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)に勤める軍属の男2人と、日本人の男女2人を覚醒剤取締法違反や大麻取締法違反の容疑で逮捕し、31日発表した。4人はすでに起訴されている。
 県警によると、米軍属ミルトン・リッチモンド・キングセカンド被告(51)=沖縄県沖縄市=を覚醒剤取締法違反容疑、米軍属ブレボン・ケントレル・キー被告(23)=同=を大麻取締法違反容疑で4~5月にそれぞれ逮捕した。2人は嘉手納基地内の店舗で販売員として働く同僚という。
 キング被告は4月2日、米国から自宅宛ての国際郵便で、覚醒剤28グラム(末端価格約196万円)を輸入したとされる。「自分で使う目的だった」と供述しているという。キー被告は4月12日、自宅で乾燥大麻23グラムを所持したとされる。同市の飲食店従業員ロバートソン・太陽ジェフ被告(24)=大麻取締法違反罪で起訴=から「譲り受けた」と供述しているという。
 県警の説明では、沖縄地区税関の通報を受け、キング被告と知人で同市の無職宮城アミナアンサー被告(31)=覚醒剤取締法違反罪で起訴=を4月に逮捕。携帯電話の履歴から、キング被告がキー被告らと薬物に関するやりとりをしていたのが分かったという。
 県警によると、今年薬物事件で検挙された米軍関係者は、今回を除き4月末までに8人に上るという。(井上怜)

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASJ50571WJ50TIPE02V.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知のコンビニATMで不正引き出し容疑、男2人逮捕 (31日)TBS

今月15日、全国のコンビニエンスストアのATMでおよそ14億円が不正に引き出された事件で、愛知県警は窃盗の疑いで県内に住む男2人を逮捕しました。
 逮捕された小牧市の建設作業員・中園竜男容疑者(28)と春日井市の電気工事作業員・佐橋克哉容疑者(28)は今月15日、愛知県小牧市と名古屋市のセブンイレブンのATMで偽造カードを使って120万円を不正に引き出した疑いが持たれています。2人は現金の引き出し役とみられ、いずれも容疑を認めているということです。
 警察は、大規模な犯罪グループが関与しているとみて調べています。(31日17:23)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2786302.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(31、1日単位・レベル)
ついに5億円の被害が…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011947 振り込め詐欺で5億7000万円というとてつもない額の被害が出てしまった。被害者は大阪府内に住む80代の女性経営者。証券会社社員などを装う手口で、今年2月から5月まで20数回にわたり振り込んだもので全国で過去最高額となった。
 またマイナンバー詐欺の被害も多く徳島県内に住む80代の女性が4月下旬から5月中旬まで1200万円をだまし取られたという。
 国民生活センターには平成26年10月からマイナンバー制度に関する相談が寄せられ、27年になると制度をかたる不審な電話や訪問の相談になり、東海地方の80歳代の女性が数千万円をだまし取られる事件も発生していた。
 この特殊詐欺だが、警察庁によると認知件数は横這いだが被害額が平成26年に比べて27年は減少に転じたという。それでも482億円もある。
 減少傾向に転じたのは犯行拠点の摘発で検挙人員が増加したことと見られている。
 平成27年の検挙人員は2506人で前年より521人の増加。平成16年が548人で約5倍の検挙人員となった。検挙件数も4112件で857件増え、過去5年間で最も多かった。
 その要因となった犯行拠点の摘発は前年より19カ所多い60カ所。343人を検挙している。前年より177人も多かった。
 しかし、残念なことに今回の5億円被害のように被害は高齢者(65歳以上)が中心になっている。なかでも資産を標的とした特殊詐欺の被害件数は1万0641件にも及んだ。
 オレオレ詐欺全被害者のうち94.5%、還付金詐欺では93.6%、金融商品等取引では85.4%がお年よりなのだ。
 特殊詐欺の抑止策は官民挙げて各県で実施しているが、福岡県で防止活動をしているのが「ニセ電話気づかせ隊」。なんとこの気づかせ隊には県内の8599団体、29万人が参加しているという。
 幼稚園や保育園建設に反対する地域住民もいるなかで、みんなで助け合う心を持つという、民度の高い県民が多いのですね。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

5億7千万円特殊詐欺被害=80代女性、過去最高額-大阪(31日)時事

大阪府警捜査2課は31日、府内に住む会社経営の80代女性が、証券会社社員などを装った振り込め詐欺の手口で、現金計5億7000万円をだまし取られたと発表した。1人に対する特殊詐欺の被害額としては、全国で過去最高という。
 同課によると、女性宅に1月、実在する証券会社や製薬会社の社員、金融庁職員を名乗る男数人から電話があった。「名義貸しをしたら犯罪になる」「資産を没収される可能性があるので管財人に預けなさい」などと言われ、女性は2~5月、現金700万~4000万円を二十数回にわたり、指定された住所に宅配便で送付した。(2016/05/31-16:56)

     

【社会記事一覧へ】  【アクセスランキング】

| コメント (0) | トラックバック (0)

甘利氏と元秘書らを不起訴処分 現金授受問題で東京地検(31日)朝日

甘利明・前経済再生相をめぐる現金授受問題で、東京地検特捜部は31日、あっせん利得処罰法違反などの疑いで告発されていた甘利氏と元秘書2人について、不起訴処分(嫌疑不十分)にしたと発表した。

 甘利氏や元秘書2人については2013年~14年、千葉県の県道千葉ニュータウン北環状線工事の用地をめぐり、工事を担う都市再生機構(UR)と補償交渉中の建設業者「薩摩興業」の総務担当、一色武氏らから現金計600万円を受け取っていたことが判明。弁護士や大学教授のグループが、UR側に口利きする見返りに現金を受け取ったなどとして、甘利氏や元秘書2人を同法違反と政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いで地検に告発していた。 特捜部は4月、URや薩摩興業、一色氏の自宅などを家宅捜索し、一色氏や元秘書らから事情を聴いた。今月末には甘利氏本人にも聴取したが、罪に問えるような証拠はなかったとしている。http://www.asahi.com/articles/ASJ50424PJ50UTIL01G.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上トラブルで韓国人男性死亡 通報した23歳男逮捕(31日)テレビ朝日

東京・池袋で、路上でのトラブルから韓国人の男性に暴行を加えて死亡させたとして23歳の会社役員の男が逮捕されました。
 佐野恭平容疑者は3日深夜、豊島区池袋の路上で、韓国人の姜春守(カン・チュンス)さん(当時53)に暴行を加え、頭蓋骨骨折などのけがをさせて死亡させた疑いが持たれています。佐野容疑者は自転車に乗っていた姜さんとぶつかり、トラブルになったということです。「姜さんが殴り掛かってきたので、よけたら転んだ。自分は一切、手を出してない」と容疑を否認しています。事件直後、「男性が倒れている」と佐野容疑者が119番通報していましたが、その時は姜さんとトラブルになったことなどは話していませんでした。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075925.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

手術中、布に火 女性患者やけど レーザーメス使用 東京医科大(31日)産経

東京医科大学病院(東京都新宿区)で今年4月、レーザーメスを使った手術中に30代の女性患者に掛けられていた布に火がつき、女性がやけどを負っていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁新宿署は業務上過失傷害の疑いで調べている。
 同署によると、4月15日に同病院でレーザーメスを使用する手術をしていたところ、手術用ドレープ(掛け布)に火がつき、麻酔で意識のない女性患者がやけどを負った。職員がすぐに消火したが、女性は現在もやけどの治療で入院している。命に別条はない。
 レーザーメスは、光線の熱の作用で止血しながら切開する。同署は医師による誤使用や機器の不具合の可能性もあるとみて、原因の究明を進めている。http://www.sankei.com/affairs/news/160531/afr1605310015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

清原和博被告に懲役2年6月、執行猶予4年 覚せい剤取締法違反罪 東京地裁判決(31日)産経

覚醒剤を使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(使用、所持、譲り受け)の罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の判決公判が31日、東京地裁で開かれた。吉戒純一裁判官は、清原被告に懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。弁護側は、専門家が更生を指導する保護観察付き執行猶予判決を求めていたが、認められなかった。
 清原被告は17日に開かれた初公判で、起訴内容をいずれも認め、「心の隙間を埋めるためだった」などと動機を語っていた。
 検察側は論告で、「覚醒剤の使用は許されず、動機に酌量の余地はない。再犯の可能性も高い」と指摘。弁護側は「人の役に立つことが償いだ」と主張した上で、通常の執行猶予判決より厳しいとされる保護観察付きの執行猶予判決を求めていた。
 検察側の論告によると、清原被告は2月、東京都港区内で覚醒剤を使用した上、自宅で覚醒剤約0・2グラムを所持。また昨年9月ごろ、群馬県みどり市の無職、小林和之被告(45)=同罪(譲渡)で公判中=から同1・2グラムを8万円で購入したとされる。http://www.sankei.com/affairs/news/160531/afr1605310022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【北朝鮮情勢】「ムスダン発射」再び失敗か 4発目「エンジンに根本的な欠陥」(31日)産経

【ソウル=藤本欣也】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は31日午前5時20分(日本時間同)ごろ、日本海に面した東部元山(ウォンサン)付近から弾道ミサイル1発の発射を試みたが、失敗したもようだ。合同参謀本部は新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500~4000キロ)とみている。北朝鮮によるムスダンの試射は4発目で、すべて失敗している。
 中谷元・防衛相は30日、北朝鮮によるミサイル発射の兆候を受け、自衛隊に破壊措置命令を出していた。
 北朝鮮がミサイルを発射するのは今月6~9日に行われた朝鮮労働党大会後初めて。党大会終了後、北朝鮮当局は韓国に対話の再開を呼びかけているものの、韓国は「北朝鮮の核放棄が先だ」として拒否。これに反発した北朝鮮が再び、ミサイル発射などで軍事的挑発を強めていく可能性もある。
 合同参謀本部は31日、「軍は関連の動向を注視しながら万全の態勢を維持している」と表明した。http://www.sankei.com/politics/news/160531/plt1605310016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー事故、乗客の京成電鉄役員が死亡 東京・江戸川(31日)朝日

東京都江戸川区上一色3丁目の都道(環状7号線)で30日午後10時ごろ、タクシーが側道と本線を隔てる分岐点に衝突。乗客として後部座席にいた東京都葛飾区高砂1丁目、京成電鉄取締役の加藤雅人さん(55)が全身を打ち、まもなく亡くなった。千葉県市川市大州3丁目の渡辺文彰運転手(61)も、胸を打つけがで病院に運ばれた。
 警視庁小岩署によると、衝突したのは高さ1メートルのコンクリート製の分岐点。ブレーキの跡はなく、渡辺運転手は「気がついたらぶつかっていた」と話しているという。加藤さんは帰宅中で、京成電鉄によると、昨年6月から取締役グループ戦略部長を務めていた。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASJ502SF5J50UTIL002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“緊急ボタン”すぐ押さず… 女子大生刺傷で警視庁(31日)テレビ朝日

芸能活動をしていた女子大学生が男に刺された事件で、女子大学生から通報を受けた警視庁の担当者が当初、上司に知らせる「緊急ボタン」をすぐには押していなかったことが分かりました。
 冨田真由さん(20)は、事件直前に「助けて、きゃー」と自ら110番通報をしていました。その後の捜査関係者への取材で、通信指令センターの担当者が重大事件の可能性がある場合に上司に知らせる緊急ボタンをすぐには押さずに通報から30秒ほどが経ってから押していたことが分かりました。冨田さんは事件前、岩埼友宏容疑者(27)から執拗(しつよう)な嫌がらせを受けていることを警視庁に相談していました。一方、岩埼容疑者は取り調べに対し、「2年前の夏に冨田さんのことを知った」と話しています。また、去年から数回、ライブに行き、冨田さんに「花束を渡したりした」と話しているということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075950.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドーナツ万引きし店長殴った疑い、50歳男逮捕 (31日)TBS

30日夜、東京・葛飾区の薬局でドーナツを万引きし、取り押さえようとした店長の男性を殴ったとして、50歳の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、葛飾区の無職で自称・小高良市容疑者(50)です。小高容疑者は30日午後9時過ぎ、自宅近くの薬局でドーナツ1袋、200円相当を万引きし、取り押さえようとした店長の男性(45)の顔を殴って逃走した疑いが持たれています。
 店長の男性にけがはありませんでした。小高容疑者は、「間違いない。自分で食べるつもりだった」と容疑を認めているということです。
 この薬局では最近、万引きの被害が相次いでいて、警視庁が余罪についても詳しく調べています。(31日10:48)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2786006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

岡山市で神戸山口組系の組幹部が撃たれ死亡(31日)NHK

31日午前、岡山市のマンションの駐車場で、神戸山口組系の暴力団の幹部1人が拳銃で撃たれ、死亡しました。警察によりますと、当時、現場から走り去るバイクが目撃されているということで、警察は事件との関連を調べています。
 31日午前10時前、岡山市南区豊成のマンションの駐車場で人が倒れていると、警察や消防に通報がありました。
警察によりますと、倒れていたのは神戸山口組系の池田組の幹部の高木忠組員(55)で、胸などを拳銃で撃たれ、意識不明の重体となっていましたが、その後、死亡が確認されました。当時、マンションの駐車場付近で、パンという発砲音がしたあと、走り去るバイクが目撃されているということで、警察は事件との関連を調べています。
現場はJR宇野線の備前西市駅から、およそ3キロ東の会社や住宅などが建ち並ぶ地域です。

山口組の分裂が背景か

今回の発砲事件について、警察当局は指定暴力団、山口組の分裂が背景にある可能性があるとみて、調べています。
国内最大の指定暴力団、山口組と、分裂した神戸山口組を巡っては、双方の傘下団体が関係する事件が全国で相次ぎ、警察庁はことし3月、対立抗争になっていると認定しました。
警察庁によりますと、対立抗争とみられる事件は去年8月の分裂以降、全国で75件起きていて、このうち、拳銃が使われた事件は8件起きているということです。警察当局は山口組の分裂が背景にある可能性があるとみて、調べています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160531/k10010540931000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナンバー名目初の詐欺被害(31日)NHK

「あなたのマイナンバーが流出して悪用されるかもしれない」などといううその電話を受けた県内の80代の女性が、現金およそ1200万円をだまし取られていたことが分かりました。警察によりますと、マイナンバー制度をめぐる詐欺の手口で被害が発生したのは、県内で初めてだということで注意を呼びかけています。
警察によりますと、県西部に住む80代の女性の自宅に、4月下旬、男から、「あなたのマイナンバーが流出して悪用されるかもしれない」という電話がありました。
その後、別の男から、「悪用を止める手続きのためにお金が必要だ。
お金は必ず返す」などと現金を要求する電話がかかってきたということです。
女性は、指示されたとおり5月中旬までの3回にわたり、徳島市のJR徳島駅前で現金を受け取りに来た男に、合わせておよそ1200万円を手渡したということです。
金を返す連絡がないことを不審に思った女性が、県外に住む息子に相談して被害に気付いたということで、警察は詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、マイナンバー制度をめぐる手口で被害が発生したのは、県内で初めだということです。
警察によりますと、県内で、ことしに入ってから29日までに発生した振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害は、この事件を含めて20件で、被害額は6800万円余りにのぼっています。
被害額の95%余りが今回の手口のように身に覚えのない代金を要求する架空請求詐欺だということで、警察は、電話で金の話をされたら詐欺を疑い、すぐに警察などに相談するよう呼びかけています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8025724351.html?t=1464648508131

| コメント (0) | トラックバック (0)

密漁アワビ買い取ろうと逮捕(31日)NHK岩手

久慈市の沖合で密漁されたアワビ、およそ50万円分を買い取ろうとしたとして青森県の水産加工会社の社長が警察に逮捕されました。
社長は「密漁したものとはわからなかった」と容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、青森県階上町の水産加工会社、「マルエス水産」の社長、杉本彰司容疑者(69)です。
警察の調べによりますと、杉本容疑者は、5月9日、久慈市の侍浜沖で密漁されたアワビ53キロ、およそ50万円分を買い取ろうとしたとして県の漁業調整規則違反、ほう助の疑いが持たれています。
警察は、密漁したアワビを所持していたとして逮捕・起訴された青森県の無職の男2人の供述などから、捜査を進めた結果、2人が杉本容疑者の水産加工会社に密漁したアワビを持ち込もうとしていたことがわかったということです。
警察の調べに対し、杉本容疑者は、「密漁したものだとはわからなかった」と容疑を否認しているということです。
杉本容疑者が経営する水産加工会社は魚介類の販売や仲卸を手がけているということで警察は、余罪があるとみて調べています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6045721681.html?t=1464648387566

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ハムカツ切ったら針が出てきた」スーパーの食品数点に縫い針混入 宇都宮 何者かが故意か(31日)産経

宇都宮東署は30日、宇都宮市宿郷、スーパーマーケット「かましんカルナ駅東店」で販売していた食品数点に縫い針が1本ずつ混入していたと明らかにした。
 同署によると、30日夜、男性客が「ハムカツを切ったら針が出てきた」、女性客が「豆腐に針が入っていた」とそれぞれ来店して店に報告。2人にけがはなかった。
 同署員らが調べたところ、他にも牛肉や鶏肉などのパック数点に針が入っていたことが確認された。同署は何者かが故意に混入させた可能性があるとみて調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/160531/afr1605310008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【現場×記者】痴漢捜査同行 女子中生、勇気出し捜査協力(31日)産経

許されない電車内での痴漢犯罪。その摘発方法の一つに、何度も被害に遭っている女性とともに私服警察官が電車に乗り込み、容疑者に目を光らせる「同行警乗(けいじょう)」がある。被害女性にとっても勇気がいるこの捜査は、どのように行われているのだろうか。今回の現場は「電車」だ。(さいたま総局 菅野真沙美)
  女子生徒は不安な表情
 取材日の朝、記者は埼玉県警鉄道警察隊の女性捜査員2人とともに県東の駅の女子トイレで、痴漢被害に遭っている女子中学生と合流した。
 生徒は一見して不安な様子だった。何度も被害に遭ったため地元の交番に家族とともに相談し、被害届を提出。鉄道警察隊から同行警乗を提案され、協力することを決めたという。
 捜査員は男の特徴を丁寧に尋ね始めた。
 捜査員「相手の身長は」
 生徒「少し高めだったと思います。服は黒か灰色で、薄い水色のマフラーをしていました」
 捜査員「眼鏡は」

| コメント (0) | トラックバック (0)

清原和博被告にきょう判決 覚醒剤使用など(31日)NHK

覚醒剤を使った罪などに問われている、元プロ野球選手の清原和博被告(48)に、31日午後、東京地方裁判所で判決が言い渡されます。検察が懲役2年6か月を求刑したのに対し、弁護士は執行猶予の付いた判決を求めていて、裁判所の判断が注目されます。
元プロ野球選手でタレントの清原和博被告は、ことし2月、東京・港区のホテルで覚醒剤を使ったなどとして、覚醒剤取締法違反の罪に問われています。
今月17日に東京地方裁判所で開かれた裁判で、清原被告は起訴された内容を認め、「プロ野球を目指す少年を裏切ってしまい申し訳ない」などと謝罪しました。弁護側の証人で、日米の野球界で抑え投手として活躍した友人の佐々木主浩さんは、立ち直りに協力すると証言し、清原被告は涙を拭いながら聞いていました。
検察は「引退後もタレントとして注目される存在でありながら、違法な行為をしていた」として、懲役2年6か月を求刑しました。
一方、弁護士は執行猶予の付いた判決を求めました。
判決は31日午後1時半に言い渡される予定で、裁判所が覚醒剤の使用状況や立ち直りに向けた取り組みなどを踏まえて、刑の重さをどう判断するか注目されます。

逮捕から裁判にかけての経緯

清原和博被告は、今月17日に開かれた裁判で、事件後初めて公の場に姿を見せ、謝罪しました。
清原和博被告は、甲子園で活躍し、プロ野球では2000本安打を達成したほか、歴代5位の通算525本のホームランを打つなど、プロ野球界を代表するスター選手でした。
しかし、ことし2月、東京・港区の自宅で覚醒剤を隠し持っていた疑いで逮捕され、多くの野球ファンや球界関係者に衝撃を与えました。
続くdownwardleft

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160531/k10010540661000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

続きを読む "清原和博被告にきょう判決 覚醒剤使用など(31日)NHK"

| コメント (0) | トラックバック (0)

男児、手がかり見つからず…消防「難しい捜索」(31日)読売

北海道七飯町東大沼で行方不明になっている北斗市の小学2年の男児(7)の捜索は、30日も午後7時まで山中で行われたが、行方につながる手がかりは見つからなかった。
 道警函館中央署や消防などは、31日も約130人態勢で捜索を続ける。
 同署や消防によると、30日の捜索は、JR函館線大沼公園駅を中心とした15キロ四方に広げ、約130人態勢で行った。道警などのヘリコプター2機も上空から捜索した。付近の空き家や物置なども1軒ずつ調べたが、発見につながる有力な手がかりはなかったという。同署などは、31日も同じ場所を再度捜索する方針。
 地元消防の幹部は報道陣の取材に、「捜索の範囲が広く、情報もないため、難しい捜索になっている。一日も早く発見したい」と述べた。

(ここまで325文字 / 残り205文字)http://www.yomiuri.co.jp/national/20160530-OYT1T50131.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の危険運転、全国ワースト1は… 法改正1年(31日)朝日

信号無視や一時不停止など、自転車の「危険行為」を繰り返した人に自転車運転者講習(有料講習)を義務づける改正道路交通法の施行から、6月で1年になる。4月末までに各都道府県警で1万件超の危険行為を確認したが、3分の1を占めてワースト1になったのは、大阪だった。取り締まる府警も頭を抱える。
 警察庁によると、昨年6月から今年4月末に講習の対象になった危険行為は全国で1万3455件。大阪は4594件(34・1%)で、東京(3184件)、兵庫(1745件)が続いた。違反別では最多の信号無視が全国で5765件で、大阪はそのうち3074件と半数以上を占めた。
 危険行為はどのようにカウントされるのか。まずは、その行為を目撃した警察官が「指導警告」をする。従わなければ、刑事処分の対象となる交通切符(赤切符)を切る。これで一つの危険行為となる。
 一定期間に危険行為を繰り返すと、有料で講習を受けなければならない。4月末までに全国で21人が講習の対象になったが、このうち大阪が11人だった。府警によると、今後さらに3人の受講が予定されている。
 大阪では男女6人がピスト(競技用自転車)などブレーキのない自転車を繰り返し運転して講習を受けた。府警の調べに「ブレーキを外している方がかっこいいから」などと話したという。府警自転車対策室の居島伸一室長は「急に止まれず、事故のもとになる」と悪質性を指摘する。
 一方、昨年8月と今年1月に2度の信号無視を摘発されて講習を受けた70代女性は「左右から車が来なかった。急いでいた」などと理由を説明したという。 残り:1238文字/全文:1909文字

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ5Z7WX5J5WPTIL02P.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜・山下公園で女性を海に投げ落とす、殺人未遂容疑で男逮捕 (31日)TBS

30日、横浜市の山下公園で43歳の男が交際相手の女性を海に投げ落としたとして逮捕されました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは横浜市に住む無職・関康男容疑者(43)です。
 関容疑者は30日午前11時すぎ、横浜市中区の山下公園で交際相手の女性(55)を海に投げ落とし、殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、通りかかった男性らが近くにあった縄を女性に投げて海から助け出し、女性にけがはなかったということです。
 調べに対し、関容疑者は容疑を認めているということで、警察が事件の経緯を調べています。(31日00:04)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2785848.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の社福法人前理事長、1.1億円を私的流用疑い 13億円不正経理 (31日)日経

高齢者介護施設などを運営する社会福祉法人「桃林会」(大阪府摂津市)の前理事長(69)が、理事会の承認なしに金融機関から融資を受けるなど、少なくとも約13億円に上る不適切な経理処理をしていたことが30日、摂津市などへの取材で分かった。約1億1千万円を飲食代など私的に流用していたという。同会は前理事長を大阪府警に業務上横領容疑などで刑事告訴する方針。
 同市などによると、前理事長は2004年~15年、理事会の承認なしに、府内などの複数の金融機関などから同会名義で融資を受けた。独断で借り入れた負債総額は今年1月時点で約11億9千万円で、他に同会の資金約1億4千万円を流出させており、不適切な会計処理は計約13億4千万円に上るという。
 うち約1億1千万円は、掛け軸などの美術品購入や飲食費など私的に流用していた。約7億1千万円は個人的な事業への投資に充てていたという。
 前理事長が今年1月、桃林会に「内密にしていた負債がある」と不正な融資や流用を説明。同会は内部調査を進め、今月30日までに大阪府と摂津市に調査内容を報告した。前理事長は1月23日に退任した。http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC30H9I_Q6A530C1AC8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺防止、20団体を表彰 福岡「気づかせ隊」1年(31日)日経

福岡県民全体で特殊詐欺の被害を防止する活動「ニセ電話気づかせ隊」が発足から1年となるのを前に、30日、被害の阻止に協力した金融機関の支店やタクシー会社など20団体が県警本部で小川洋知事に表彰された。
 「気づかせ隊」は昨年6月に発足。県内の8599団体、約29万人が参加する。小川知事は「優しさにつけ込む卑劣な犯罪を防ぐ取り組みを続ける」などとあいさつした。
 行橋市にある両徳寺の舟川智也住職は、説法の場で呼び掛ける活動などで表彰された。ニセ電話詐欺は高齢女性の被害が多く、説法を聞いた女性からも「あと一歩で引っかかるところだった」との話をよく聞くという。舟川住職は「交流サイト(SNS)を活用して県内各地の寺とも協力し、呼び掛けを強めていきたい」と話していた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC30H4O_Q6A530C1ACW000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月30日 | トップページ | 2016年6月1日 »