« 2016年5月19日 | トップページ | 2016年5月21日 »

2016年5月20日

2016年5月20日 (金)

診療報酬詐取で会社役員を追送検 被害総額3・3億円に(20日)産経

指定暴力団住吉会系組長らによる療養費や診療報酬の詐取事件で、療養費をだまし取っていたとして、警視庁組織犯罪対策4課は20日、詐欺容疑で、会社役員、早川和男被告(39)=同罪で起訴=を追送検した。同課によると、容疑を認めているという。
 一連の事件の被害総額は平成21年5月以降の5年超で、療養費と診療報酬をあわせて約3億3千万円に上ることも判明した。
 送検容疑は22年7月~25年6月、東京都品川区の接骨院など4つの接骨院で、施術をしていない患者を施術したと偽って世田谷区などに療養費を請求し、計約235万円をだまし取ったとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/160520/afr1605200048-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大手町でスポーツ自転車盗難か (20日)NHK

東京・大手町のオフィス街で、1台10万円相当のスポーツタイプの自転車を盗んだとしてベトナム人の男が逮捕され、警視庁は周辺で同じような自転車およそ50台が盗まれていることから、関連を捜査しています。
調べに対し、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、千葉県松戸市に住むベトナム人のブイ・タイ・ナーン容疑者(30)で、警視庁によりますと、5月6日、東京・千代田区大手町のオフィス街にある駐輪場で、会社員の男性が通勤に使っていた「ロードバイク」と呼ばれるスポーツタイプの自転車を盗んだ疑いが持たれています。
この自転車は1台10万円するもので、警視庁は防犯カメラの映像などからブイ容疑者が関わっている疑いがあるとして逮捕しました。
警視庁によりますと、調べに対しブイ容疑者は「とっていません」と容疑を否認しているということです。
千代田区内の駐輪場などでは、ことしに入って会社員が通勤に使っていたスポーツタイプの自転車およそ50台が盗まれていることから、警視庁が関連を調べています。

News_pic1_6
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160520/5473701.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎町キャバクラ店、「店外デート」勧めぼったくり(20日)TBS

東京・新宿区歌舞伎町のキャバクラ店で客にホステスとの店外デートを勧め、高額な料金を支払わせたなどとして、経営者らが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、新宿区歌舞伎町のキャバクラ店経営・日高和政容疑者(34)ら4人です。去年12月、客の男性2人に対し、「1時間6000円」と店に誘い、「うちは女の子を連れ出す店」などと言って料金を請求し、現金7万2000円を支払わせたなどの疑いが持たれています。
 この店は、客にホステスとの店外デートを勧め、実際に連れ出すとホステスが行方をくらますという手口でぼったくりを繰り返し、去年11月からおよそ2400万円を売り上げていたとみられています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2778322.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

公用車でラブホテルに入り女性呼ぶ 被災地派遣の市職員(20日)朝日

 被災地支援のため派遣されていた佐賀県武雄市の30代の男性職員が、公用車で熊本市内のラブホテルに入り、派遣型風俗店の女性を呼んでいた。武雄市への取材でわかった。小松政市長は「支援に水を差す行為で、被災地の皆様におわびするとともに、厳正に対処したい」と話した。
 武雄市によると、6日午後6時半ごろにホテルに入る車を目撃した住民から、市に電話があった。「体をリフレッシュしたかった」と話したという。職員は2~9日に熊本県西原村に派遣され、避難所の運営などに従事していた。市は処分も検討する。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ5N6GQQJ5NTTHB00M.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

レインボーブリッジ支柱に登る ドイツ人少年逮捕(20日)NHK

東京・お台場のレインボーブリッジで、高さ120メートルの支柱に登ったとして、ドイツ人の19歳の少年が建造物侵入の疑いで警視庁に逮捕されました。少年は観光目的で日本を訪れていて、調べに対し「景色を撮るためだった」と供述しているということです。
  逮捕されたのはドイツ人の19歳の少年で、警視庁の調べによりますと今月14日、東京・お台場のレインボーブリッジで、勝手に支柱に登ったとして、建造物侵入の疑いがもたれています。支柱は高さ120メートルほどで、通りかかった人から「支柱の上に人がいる」と110番通報があり、駆けつけた警察官が20分後に確保しました。
これまでの調べで、少年は一般道の部分から工事用の足場などを使って先端までよじ登ったとみられています。警視庁によりますと、少年は観光目的で日本を訪れていて、調べに対し「カメラで景色を撮るためだった」などと供述しているということです。
また友人で18歳のウクライナ人の少年も現場で確保されていて、警視庁は任意で調べを進めています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160520/k10010529091000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| コメント (0) | トラックバック (0)

「好き」「可愛い」男性教師が教え子にLINE2900通(20日)テレビ朝日

教え子に2900通以上のメッセージをLINEで送っていました。
 横浜市によりますと、3月、市立中学校に女子生徒の保護者から「補習授業で先生に体を触られた」と相談がありました。学校が調べたところ、42歳の男性教師が去年10月と11月に女子生徒に抱き付いたり手を握るなどしていたことが分かりました。他にも、この女子生徒を含む3人に対し、去年の春ごろからLINEで「好き」「可愛い」などと2900通以上のメッセージを送っていたということです。男性教師は、「コミュニケーションの一環で軽い気持ちでやった」と話しています。男性教師は20日付で退職しました。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075229.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
さぁ武器はもらった
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011812 司法取引や通信傍受の対象犯罪の拡大などを盛り込んだ刑事司法改革関連法案が参院法務委員会で可決された。ようやくである。
 この結果、通信傍受の範囲がこれまでの組織的殺人や薬物犯罪、銃器犯罪などから殺人事件や強盗、窃盗、誘拐、詐欺などに拡大する。
 特に、これまでひとつの自治体の予算に匹敵するような被害額が出ていた特殊詐欺捜査にとっては大きな〝武器〟になる。
 詐欺集団にとって〝3つの凶器〟のひとつと言われていた携帯電話機。捜査側にとっては厄介な物だった。
 官民が抑止にやつきになってきたが、利用される携帯電話機の闇取引があり、いかんともできなかった。
 そんな最中での通信傍受は携帯だけでなく「貸しオフィス」の固定電話の不正利用にも効果が出るだろう。
 問題は傍受のしかただ。これまでのスポット傍受ではせっかく対象犯罪が拡大しても使い勝手が悪いのでは猫に小判。令状に基づいてやっているのだから、のべつまくなしできる傍受をやれ
 ざるで水をくむような法律でどうする!

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

武藤貴也衆院議員が急停車の車に追突 70代夫婦軽傷 東京・南麻布(20日)産経

18日午前5時半ごろ、東京都港区南麻布の明治通りで、武藤貴也衆院議員(36)が運転していたワゴン車が、乗用車に追突していたことが20日、警視庁麻布署への取材でわかった。乗用車に乗っていた70代の夫婦が首を打撲する軽傷を負った。
 同署によると、夫婦の乗用車の前にタクシーが車線変更してきたため、乗用車が急停止。後続の武藤議員が急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。武藤議員は1人で運転していた。
 現場は片側3車線の緩やかな右カーブ。同署が詳しい経緯を調べている。

http://www.sankei.com/affairs/news/160520/afr1605200017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自称イラン人、覚醒剤“大量所持” 違法に入国か(20日)テレビ朝日

自称・イラン人の男が覚醒剤を大量に所持したとして逮捕されました。偽造されたパスポートを所持していて、警視庁公安部が入国の経緯などを調べています。
 自称、ファルザリザデ・バヒド容疑者(31)は18日、東京・中野区の駐車場で、覚醒剤約52グラム、350万円相当を所持していた疑いが持たれています。1月ごろに「入国の経緯が不審な外国人がいる」という情報提供があり、逮捕に至りました。「私の物ではなく、友人の物だ」と容疑を一部否認しています。ファルザリザデ容疑者は、偽造とみられるアイルランドのパスポートを所持していました。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075216.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長時間労働繰り返した「ブラック企業」を初公表(20日)読売

違法な長時間労働を繰り返したとして、厚生労働省は19日、棚卸し代行業のエイジス(千葉市)に是正勧告を行ったと発表した。
 違法な長時間労働を繰り返す大企業の名前を行政指導の段階で公表する新基準が昨年5月にできており、今回初めて公表された。
 厚労省によると、同社の社員は約700人で、スーパーなどの小売店が行う帳簿の数量と実際の在庫を突き合わせる棚卸し業務を代行している。千葉県などにある同社の事業所4か所で、計63人が1か月あたりの法定労働時間を100時間超えて働いていたとして、昨年5月以降、4回の是正勧告を受けていた。
 同社は「指導を真摯(しんし)に受け止めている。長時間労働削減のため、業務の効率化を進めたい」とコメントした。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160520-OYT1T50021.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

企業ロゴ付けた偽コスチューム販売 35歳女を逮捕(20日)テレビ朝日

勝手に企業ロゴを付けた女性用の偽のコスチュームを実際のキャンペーンで使用されたものと偽り、東京都内に住む男性に販売したとして35歳の女が逮捕されました。
 林真里亜容疑者は1月、自分で作った女性用のコスチュームを携帯電話会社のキャンペーンで使用されたものと偽り、インターネットのオークションサイトを通じて都内に住む40代の男性に2万8500円で販売した商標法違反の疑いが持たれています。警察によりますと、林容疑者は、中国から6000円ほどで仕入れたコスチュームに企業ロゴを勝手にプリントしたシールをアイロンで貼り付けていたということです。警察の取り調べに対し、林容疑者は「家計の足しにしたかった」と容疑を認めています。警察は、林容疑者がこれまでにコスチュームを600着ほど販売していたとみて余罪を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075163.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボートレーサー学校で死亡事故 (20日)NHK

19日、柳川市にあるモーターボート選手の養成学校で、訓練生が乗ったボートどうしが衝突し、一方のボートを操縦していた19歳の女性が死亡しました。
19日午前10時半すぎ、柳川市大和町の「日本モーターボート競走会やまと学校」で、模擬レース中、訓練生の水城佑理さん(19)が操縦するボートが前を走っていたボートに接触し、横向きになったところに、後ろからさらに別のボートが衝突しました。
この事故で水城さんがボートから投げ出され、すぐに救助されましたが、衝突の際に体を強く打つなどしていて、およそ6時間後、病院で死亡が確認されました。
警察や学校によりますと模擬レースはいずれも訓練生が乗った6艇で行われ、全員、ヘルメットや、プロテクターを兼ねた救命胴衣をつけていたということです。
この学校はボートレースの選手を養成する全国で唯一の学校で、水城さんは去年10月に入校し、校内にある寮で生活しながら1年間の訓練を受けていたということです。
学校を運営する日本モーターボート競走会の小池保夫会長は「若く尊い命が失われ、残念でなりません。事故が再び起きないよう競走会をあげて努めます」と話しています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20160520/5461391.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自動運転タクシー 2020年までに実用化へ(20日)NHK

政府は自動運転の技術を使ったタクシーなどの乗客を運ぶサービスについて、万が一、事故が起きた場合には事業者がすべての責任を負うことなどを条件に、2020年までに実用化を認めることになりました。
 世界中で開発競争が進む自動運転を巡っては、大手自動車メーカーだけでなく、IT企業なども無人のタクシーやバスなどの実用化を目指しています。
こうした自動運転技術を使った乗客を運ぶサービスについて、政府は一定の条件を満たせば、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに実用化を認めることになりました。
具体的には万が一、事故が起きた場合は事業者側がすべての責任を負うことに加え、運転席に人が乗らない代わりに遠隔で車両を監視して、問題が起きたときには走行を止めることができるシステムなどを導入して、安全を確保することを求めるとしています。
政府は今後、道路交通法を改正するなど必要な対策の検討を急ぐとともに、国家戦略特区に指定された地域の公道などで、サービスの導入を目指す事業者による実証実験を進めることにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160520/k10010527761000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

サミット会場周辺 最高レベルの警戒態勢に(20日)NHK

「伊勢志摩サミット」の開催まで1週間を切り、警察は首脳会議の会場となる三重県志摩市の賢島周辺の警戒レベルを20日から最高レベルの5に引き上げ、厳重な警戒に当たっています。
 今月26日から2日間、三重県で開かれる「伊勢志摩サミット」で、警察は首脳会議が開かれる志摩市の賢島やその周辺などに全国から応援部隊を派遣し、最大2万3000人の態勢で警備に当たることにしています。
警察では、ことし3月以降、会場やその周辺などで警戒レベルを段階的に引き上げてきましたが、20日からは最高レベルの5に引き上げ、厳重な警戒に当たっています。
賢島のある英虞湾は複雑なリアス海岸が広がり、浅瀬も多いため、警察では陸上に加え海の警備が重要と位置付け、小型ボートなどで警戒に当たっています。
また、小型無人機、ドローンを使ったテロなどを防ぐため、警察はドローンを飛ばすことができるような空き地などでの警戒も強化しています。
三重県警察本部の森元良幸本部長は「交通規制などで市民生活に影響が出るおそれがあるが、サミットの成功に向け、協力をお願いしたい」と話しています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160520/k10010527871000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

【エジプト機墜落】「テロの懸念」増幅 半年前には露機爆発(20日)産経

【カイロ=大内清】パリ発カイロ行きのエジプト航空機墜落は、原因が特定されていない段階ながら、テロの脅威にさらされるフランスとエジプト両国や域内外の各国に新たなテロ発生の懸念を植え付けた。
 エジプトでは昨年10月、東部シナイ半島の保養地シャルムシェイクを出発したロシア機が爆発、墜落する事件が発生。エジプト側は原因特定に慎重な姿勢を示しているが、欧米やロシアでは爆発物が持ち込まれた可能性が高いとの見方が強まり、航空機を狙ったテロへの警戒が高まった。
 一方、今回の墜落については、19日午後(日本時間同日深夜)現在、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)などからの犯行声明は確認されていない。機体の整備不良などが原因だった可能性もある。
 ただ、エジプトのファトヒ民間航空相が早い段階からテロの可能性に言及するなど、テロであることを否定もできない状況だ。
 仮にテロであった場合、ISが犯行声明を出している昨年のパリ同時多発テロに続いてフランスが標的となった可能性があるほか、政情不安やテロの頻発で観光客数が激減しているエジプトにとっても大きな打撃となるのは間違いない。
 エジプトやフランス当局は今後、関係国と連携して機体の回収や原因特定を急ぐ考えだ。
 だが、今回の墜落がエジプトだけで半年余りで2回目となることや、同時多発テロの記憶も生々しいパリが絡んでいることは、中東や欧州の「空の安全」への懸念を強めることにつながるとみられる。http://www.sankei.com/affairs/news/160519/afr1605190037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県警警部補、家宅捜索先で女性のわいせつ写真盗む(20日)産経

家宅捜索で訪れた住宅に侵入し、女性のわいせつ写真を盗んだとして、兵庫県警捜査1課は19日、窃盗容疑で、同県警灘署組織犯罪対策課の警部補、福井孝弘容疑者(55)=同県猪名川町白金=を逮捕した。「写真がほしかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は14日午後8時半ごろ、神戸市内の男性(52)宅に侵入し、2階の居間にあった女性のわいせつ写真1枚を盗んだとしている。
 県警によると、福井容疑者は同日正午すぎから約3時間、同僚の捜査員5人と覚せい剤取締法違反容疑で男性宅を捜索し、その際に写真を発見。業務終了後の帰宅途中、施錠されていない玄関から、当時無人だった男性宅に侵入した。
 福井容疑者は犯行を終えて男性宅を出た際、路上で男性の友人と遭遇。窃盗の発覚を恐れ、同日夜に上司に「現場に忘れたWi-Fi(ワイファイ)ルーターを取りに無断で住宅に入った」と申告したため県警が住居侵入容疑で捜査していた。写真は19日、福井容疑者の車の中で見つかった。
 県警の町祐紀首席監察官は「県民の信頼を裏切る行為であり、深くおわび申し上げる」とするコメントを発表した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

刑事訴訟法改正案、参院委員会で可決(20日)TBS

録音・録画の義務付けや『司法取引』の導入などを盛り込んだ、刑事訴訟法などの改正案が参院法務委員会で可決されました。今国会で成立する見通しです。
 刑事訴訟法の改正は、2009年に厚生労働省の村木厚子元局長が逮捕され、無罪が確定した事件をきっかけに、供述に依存しない捜査や公判を目指し、検討が進められました。
 改正案では、裁判員裁判対象事件と特捜部などが扱う検察の独自捜査事件で『取り調べの録音・録画』を義務付けるほか、新たな捜査手法として、いわゆる『司法取引』の導入や、『通信傍受の対象拡大』などが盛り込まれています。
 法案はこの後、参院本会議の採決を経て衆院に送付され、今国会で成立する見通しです。(20日00:57)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2777935.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不明女性の遺体見つかる、死体遺棄容疑で米軍属逮捕 (20日)TBS

沖縄県うるま市の女性が行方不明になっていた事件で、警察は、アメリカ軍属の男を死体遺棄の疑いで逮捕しました。
 「まことに残念なことに、本日被疑者の自供により、島袋里奈さんと認められるご遺体を発見し、米国籍男性を死体遺棄罪で緊急逮捕しました」(渡真利健良刑事部長 19日午後10時半すぎ)
 この事件は、沖縄県うるま市の会社員、島袋里奈さん(20)の行方が先月28日から分からなくなっていたものです。
 警察によりますと、死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、沖縄県与那原町に住むアメリカ軍属、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)で、先月28日午後8時ごろから翌日の午前2時40分ごろの間に、島袋さんとみられる遺体を沖縄本島北部の雑木林の中に遺棄した疑いがもたれています。
 シンザト・ケネフ容疑者は、アメリカ軍嘉手納基地でインターネット関連の仕事をしていたということです。
 「おとなしそうな感じだった。見た感じは。体はそんなに大きくはない」(容疑者宅付近の住民)
 「“こんにちは”とあいさつを交わしただけで。(Q.向こうは?)“こんにちは”と。(Q.日本語で?)はい」(容疑者宅付近の住民)
 シンザト・ケネフ容疑者は、「動かなくなった女性を雑木林の中に捨てました」と容疑を認める供述をしているということで、殺害をほのめかしてもいるということです。2人に面識はなかったということです。
 「沖縄県の知事としては、何よりも県民の命と財産、子や孫の幸せを願うものなので、大変残念であります」(沖縄県 翁長雄志知事)
 沖縄県の翁長知事は、日米両政府に基地負担の軽減と事件の再発防止を求める考えを強調しました。(20日04:01)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2777941.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

騒音トラブルが原因か 母娘死傷で男逮捕 兵庫(20日)テレビ朝日

兵庫県尼崎市で親子が男に襲われ、娘が死亡して母親が意識不明の重体です。警察は男を現行犯逮捕しました。
 19日午後4時半ごろ、「包丁とハンマーを持った人が暴れている」と110番通報がありました。警察が駆け付けたところ、西初子さん(61)と娘の足立千春さん(33)が路上に血を流して倒れていて、足立さんは胸などを複数刺されて死亡、西さんは意識不明の重体です。西さんと同じ集合住宅に住む豊島速夫容疑者(67)が犯行を認め、部屋から血の付いた凶器が見つかったため、警察が現行犯逮捕しました。
 近所の人:「(母親は)頭とか腕とか切り付けられていた。娘さんはその時、刺されて横たわっていた」「孫の足音がドンドンすると言って、時々、苦情が入ったと聞いていた」
 警察は、騒音トラブルが原因になったとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075192.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡の殺人・放火 遺産相続トラブルとの関連捜査(20日)NHK

盛岡市で男性が殺害され、全焼した住宅から男性の弟の遺体が見つかった事件で、遺産相続を巡って、男性と弟の間にトラブルがあったことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は、弟が一連の事件に関わったとみて、遺産相続を巡るトラブルとの関連を調べています。
  18日、盛岡市西松園の吉田光男さん(65)の住宅が全焼し、庭先で吉田さんが頭を強く殴られて死亡していたほか、住宅の1階では、吉田さんの弟が遺体で見つかりました。
周辺では吉田さんの住宅を含めて4件の火事が相次いでいて、遺体で見つかった弟の吉田幸男容疑者(60)の車からは複数のカセットコンロ用のガスボンベと、石油を入れる容器が見つかったことなどから、警察は弟が一連の事件に関わったとみて殺人と放火の疑いで捜査しています。
さらに吉田さんの妻の話などから、親の遺産相続を巡って、以前から吉田さんと弟の間でトラブルがあったことが捜査関係者への取材で新たに分かりました。
警察は遺産相続を巡る兄弟間のトラブルが一連の事件の背景にある可能性もあるとみて、関連を調べています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160520/k10010527911000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月19日 | トップページ | 2016年5月21日 »