« 風俗嬢30キロ尾行の秋田大職員起訴 ストーカー規制法違反罪 大学側「司法の判断待つ」(13日)産経 | トップページ | 女子高校生「嘱託殺人」事件 同級生を少年院送致(13日)NHK »

2016年5月13日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)
さすが世界に冠たる日本警察
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011808 犯罪抑止の勢いが止まらない。世界に冠たるニッポン警察の威名が復活したようだ。
 警察庁によると今年4月現在の刑法犯認知件数は31万2437件で、戦後最も少なかった平成27年の同期より2万8554件も少ないのだ。
 しかし、検挙人員は7万1658人で、こちらも936人少ない。認知件数は少ないほうが良いが、検挙件数と人員だけは増加が望ましいのだが…
 窃盗犯が2万3692件も減らして22万7595件。中でも非侵入盗は1万1890件も減らしている。
 その他、粗暴犯も477件減らして1万9230件。凶悪犯も-164件で1738件になったが特に強盗が-68件、放火の-61件が目立っている。
 ところが、頂けないのが知能犯だ。803件も増やし認知件数は1万4405件。最も多かったのは+540件の詐欺で1万2898件だった。
 例によって認知件数のランキングでは東京の4万2883件、大阪の3万8242件、愛知の2万2245件、埼玉の2万1930件、神奈川の1万8579件の順。
 認知件数を減らしたのは大阪の-3839件、東京の-3350件、福岡の-2907件、愛知の-2232件、兵庫の-1849件がベスト5。
 これに対して増加したのは宮城の+138件、新潟の+87件、秋田の+17件と3県のみが増加している。う~ん…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 風俗嬢30キロ尾行の秋田大職員起訴 ストーカー規制法違反罪 大学側「司法の判断待つ」(13日)産経 | トップページ | 女子高校生「嘱託殺人」事件 同級生を少年院送致(13日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63623576

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 風俗嬢30キロ尾行の秋田大職員起訴 ストーカー規制法違反罪 大学側「司法の判断待つ」(13日)産経 | トップページ | 女子高校生「嘱託殺人」事件 同級生を少年院送致(13日)NHK »