« 2016年5月7日 | トップページ | 2016年5月9日 »

2016年5月8日

2016年5月 8日 (日)

台東区女性殺害 逮捕の長女、教育熱心な母親に不満? 教室では1人で黒板に絵(8日)産経

同居の母親を殺害した疑いで警視庁に逮捕された東京都台東区の高校1年の長女(15)は、事件当時通っていた中学校で「1人で教室の黒板に絵を描いていた」と同級生らが話すなど、周囲になじめずにいた。一方、母親は教育熱心で知られ、英語を学ばせるために留学も検討していたという。事件後、進学した高校に通常通り通学していたという長女。専門家は「親に反発できず、『殺さなければ解放されない』と考えた可能性がある」と指摘する。
 捜査関係者によると、同居する父親は仕事で不在がちで、長女は母親と2人で過ごすことが多かった。
 近所の住民らによると、長女は千葉県内の私立小学校に通い、ピアノや水泳を習っていた。系列の中学には進学せず、受験をして都内の私立中学に入学した。
 中学時代の同級生らは、長女について「教室の黒板に1人で絵を描いていた。友達と一緒にいるタイプじゃない」「親しい人がいるかもよくわからない」などと話していた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

結核情報放置し拡大=解剖医、署員ら32人感染-健診では判定できず・警視庁(8日)時事

警視庁渋谷署で発覚した結核の集団感染はその後の調査で、留置場で死亡し、感染源とみられている男性の遺体を解剖した医師や他の署の警察官ら計32人に拡大していたことが確認された。同署は昨年8月に男性の死因を結核と把握していたが、直近の健康診断で異常の報告がなかったため特別な検査などを行わず、感染拡大につながった。
 渋谷署によると、昨年2月11日に留置中だった男性=当時(63)=が死亡し、翌12日東京大医学部で解剖が行われた。東大は同年6月30日付で男性の死因は肺結核だとする報告書を作成。同署は8月25日に受領したが、いずれも保健所には報告しなかった。
 東大は「警察から依頼された解剖だったので、報告は不要と考えていた」と釈明。渋谷署は死亡男性と接触があった署員らについて、前月までに実施した健康診断で異常がなく、不調の訴えもなかったことから、感染はないと判断したという。
 しかし、同12月に留置場担当の職員が体調不良を訴え、今年1月に結核と判明した。調査の結果、留置場で接触したり解剖に立ち会ったりした署員計20人と、男性と数日間同室だった男性1人が感染し、うち7人が発症していた。
 東大の医師7人と、同じ部屋で行われた解剖に立ち会った本富士署の4人も感染していたことが判明した。 
 保健所によると、結核菌はせきやくしゃみで広がる。感染の有無は通常の健康診断では判定できず、特別な血液検査を受ける必要がある。東京都福祉保健局によると、病巣を開く手術や解剖などは菌に近くなるため、通常より感染のリスクが高まるという。(2016/05/08-14:21)

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・水戸市 男性が乗用車に約400m引きずられ重傷 (8日)TBS

茨城県水戸市で交通トラブルから44歳の男性が、乗用車にしがみついたままおよそ400メートル引きずられ重傷を負いました。警察は殺人未遂容疑で逃げた車の行方を追っています。
 午前10時半すぎ、水戸市元吉田町で「車が交通トラブルで話しかけてきた人を引きずったまま走り出した」と、目撃者から110番通報がありました。
 警察によりますと、水戸市に住む運転手の男性(44)が軽乗用車を運転中、後ろを走っていた乗用車とトラブルになり、双方が停車して話をしていたところ乗用車が発進したということです。男性は乗用車の運転席のドアにしがみついたまま、およそ400メートル引きずられ、ろっ骨を折るなどの重傷です。
 乗用車は黒っぽい色で、20歳から50歳くらいの男2人が乗ったまま逃走していて、警察が殺人未遂容疑で行方を追っています。(08日19:21)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2769188.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「私たちは幸せです」 性的少数者のパレードに5千人(8日)朝日

性的少数者への理解を求める大規模なパレードが8日、東京都渋谷区であった。主催したNPO法人「東京レインボープライド」によると、約5千人が参加。性の多様性を象徴するカラフルな旗や垂れ幕を持ち、渋谷駅前のスクランブル交差点など約3キロを歩いた。

 白いタキシード姿で参加した埼玉県和光市の会社員、吉弘彩七(あやな)さん(24)は身体的には女性だが、心の性が「男性寄り」だという。白いドレス姿の米国人パートナー、マルティネス・リンさん(29)と参加した。吉弘さんは、「差別や偏見で大変というイメージがあるけど、『私たちは幸せ。ラブラブです』というところを見せたい」と話した。
 代々木公園に設けられたステージには、米国のケネディ駐日大使も登壇。「誰もが愛する人と結婚できるようになるべきだ」とあいさつし、大きな拍手を受けた。その後の朝日新聞などの取材に対し、「米国でも時間をかけて少しずつ、同性婚の合法化を実現してきた。日本でも運動は前進しており、支援していきたい」という考えを示した。残り:70文字/全文:511文字

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡のオートバイが事故、少年2人死亡(8日)読売

8日午前0時半頃、福岡県古賀市中央の国道3号交差点で、県警粕屋署の覆面パトカーに追跡されていた2人乗りのバイクが、乗用車と出合い頭に衝突し、バイクの土木作業員占部英吉さん(17)と高校生梅林尚哉さん(16)(ともに福岡県宗像市)がいずれも頭を打って死亡した。

                             
 乗用車の会社員男性(29)も軽傷を負った。
 発表によると、事故の約5分前、現場から約4キロ離れた同県新宮町で、騒音を出しながら走るバイクをパトカーが発見。サイレンを鳴らして停止を求めたが、従わなかったという。同署は「無理な追跡はしておらず、適正な職務執行だった」としている。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160508-OYT1T50036.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

落石で女子大生死亡 専門家らが地質の状況など確認(8、9日)テレビ朝日

島根県で軽乗用車に乗っていた女子大学生が死亡した落石事故で、専門家による現場調査が行われました。片側1車線を走っていた道路に突然、岩がぶつかりました。岩は直径約1メートルで法面の30メートル上から落下したとみられます。現場では落石の危険性が指摘されていたにもかかわらず、防止するネットなどは設置されていませんでした。
 事故現場では8日、専門家ら20人が地質の状況などを確認しました。県の調査で、現場一帯は落石危険箇所に指定されていましたが、事故があった幅50メートルの範囲には落石防止のネットが設置されていませんでした。島根県によりますと、もともと斜面にある木の根元に挟まっていた岩が、何らかの原因で落下したとみられています。
 一方、死亡した山口大学1年生の栗原優奈さん(18)の通夜が7日、営まれ、同級生ら約400人が突然の別れを惜しみました。
 高校の同級生:「(事故を)新聞で知って涙が出た。明るくて正義感がある人でした」
 県は、週明けにも事故防止委員会を設置し、原因の究明と再発防止に取り組む方針です。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000074314.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
大人だろう必要なら自分で取りに来い
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011748 「母の日」の8日、東京・西東京市で子どもたちが振り込め詐欺にあわないよう呼びかけた。西武新宿線田無駅前で行われたもので、地元の小中学生や保護者など50人が、駅の利用者や買い物に訪れた女性などに、「振り込め詐欺にあわないようにして下さい」と呼びかけたていた。
 振り込め詐欺のなかでも劇場形犯罪と言われたオレオレ詐欺。その手口はこうだった。
 あれは平成16年の話しである。サラリーマンが出勤して数時間後に自宅に電話がかかる。電話に出た奥さんに、こう切り出す。
 「○○さんの奥さんですか?こちらは○○警察署です。ご主人が痴漢をして被害者に突き出されたので、逮捕しようと思っているのですが…」
 電話口の向こうで、男が「勘弁して下さいよ~」と泣きわめいている。
 「そこで奥さん、相手の女性が弁護士を呼んでいまして、奥さんと話しをしたいと言っているのですが、よろしいでしょうか」
 こう言って弁護士役が電話に出る。泣き声が聞こえない。
 「○○さんに依頼をうけた弁護士の○○です。実は被害者が大変な精神的ダメージを受けておりまして…これからの人生で大変な苦痛を背負って行くことになります。そこで、被害者本人の考えなのですが、今後の精神的なケアもあり、慰謝料も含めて示談したと申しておりますが…」
 ここで、警察官に電話を代わる。再び泣き声…
 「もしもし、今、お聞きになったと思いますが、実は我々もご主人さんをこのまま逮捕しても良いのですが…そうなるとマスコミに知れることになり、お仕事に影響を与えるのではないかと…幸い女性の方が示談にしたいと言っており、弁護士先生もおられることであり、示談では如何でしょうか…」
 こう言われると、報道されて会社を首になるかも知れないし、学校に行っている子供への影響。さらには近隣の人たちの目も気になることから、示談に応じてしまおうと考える。そのタイミングをみはらかって、主人役が電話に出る。そして泣きながら
 「○○子!頼むよ!俺…会社に行けなくなるもの…」
 奥さんは、夫の泣きながらの声でもあり別人とは思わない。そしてさらに弁護士と代わり、こうだめ押しする。
 「ご主人さんもそう望んでおり、警察も音便に扱うと言っているので、示談でよろしいですね。それでは精神的な慰謝料も含めて20万円ではいかがでしょうか?」
 そして警察に代わる。
 「それでは示談ということでよろしいですね。示談金が相手に渡って完全に示談が終われば我々はご主人さんにこのまま帰ってもらうことにします」
 そして弁護士が振り込む口座番号を伝える。
 警察庁によると今年3月までのオレオレ詐欺の認知件数は1339件で前年同期と比べて98件の減少。被害額は37億2933万4774円で同4億4114万5442円も少ない。
 形態は「痴漢口述」は消え、台頭しているのが「横領事件等示談金名目」と「妊娠中絶費用等名目」や「借金等の返済名目」だ。
 やはり、精神的な慰謝料となれば、痴漢で100万円などは請求できずに少額になってしまう。そこで高額請求できる形態に変わったものとみるのが妥当と思われる。
 被害者にしても内容が恥ずかしいことから打ち明けることなく被害に遭ってしまうのでないかと思われ、さらに被害に遭っても届けない人もいると言われている。
 相談員の現役の時、大阪の叔母さんから言われた言葉が忘れられない。
 「第一ね!子供や孫をあまやかすからそうなるのよ。うちなんて『なにやってんだよ!お前も大人だろう。金ほしいのなら受け取りに来い』と言ってやるのさ…」
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強盗、刃物出し9千円奪う 東京・高田馬場から逃走(8日)産経

7日午後9時50分ごろ、東京都新宿区高田馬場で、タクシーに乗車していた男が男性運転手(63)に刃物を突きつけ「金を出せ」と脅し、現金9千円を奪って逃走した。警視庁が強盗事件として捜査している。
 警視庁戸塚署によると、男は20~30代で身長約160センチのやせ形。黒色スーツを着てマスクをしていた。練馬区内から乗車し、精算時に突然包丁を突きつけたという。http://www.sankei.com/affairs/news/160508/afr1605080002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「車盗むのが俺の仕事」…被害5・5億円裏付け(8日)読売

茨城県警古河署や県警捜査3課などの合同捜査班は6日、古河市関戸、無職水越英明被告(33)(自動車運転死傷行為処罰法違反などで公判中)が茨城など5県で自動車盗など326件(被害総額約5億5840万円)に関与していたことを裏付けたと発表した。
 「車を盗むのが俺の仕事。トラックを見るとぞくぞく、わくわくする」と話しているという。
 発表によると、水越被告は2010年11月から15年5月にかけ、ドライバーなどの工具や盗難防止装置を解除する電子機器「イモビカッター」を使ってトラックやダンプなどの自動車盗314件や倉庫荒らしなどを繰り返し、茨城、栃木両県のヤード(自動車解体作業場)に1台当たり約50万円で売りさばいたとされる。
 県内の被害は、水戸市など24市8町で201件あり、栃木88件、千葉23件、埼玉12件、群馬2件。車を売った金は遊興費や覚醒剤購入費などに使われたという。
 水越被告は14年10月、古河市高野の県道で乗用車を無免許運転中に無理な追い越しで対向車と衝突。対向車の40歳代女性らに重傷を負わせ、女性の長女(当時20歳)を死亡させたとされるが、退院後に失踪し、15年5月に古河署に出頭した。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160507-OYT1T50179.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「母の日」に詐欺注意呼びかけ (8日)NHK首都圏

「母の日」の8日、東京・西東京市で、子どもたちが母親世代の女性などに振り込め詐欺にあわないよう呼びかける催しが行われました。

 この催しは、「母の日」に合わせて行われ、東京・西東京市の西武新宿線田無駅前には、地元の小中学生や保護者など合わせておよそ50人が集まりました。
子どもたちは駅の利用者や買い物に訪れた女性などに、「振り込め詐欺にあわないようにして下さい」と声をかけながら、お守りを配って注意を呼びかけました。
警視庁によりますと、ことし都内で起きた振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害はおとといまでに592件、被害額は17億円余りに上り、被害にあった人のおよそ7割が60歳以上の女性だということです。
参加した小学6年生の女の子は「家族の中で合言葉を決めて、振り込め詐欺にあわないようにふだんから心がけています」と話していました。
51歳の女性は「きょうは母の日で、いい機会なので母親に電話をしてだまされないように声をかけようと思います」と話していました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160508/5124201.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港 帰国ラッシュがピーク(8日)NHK

成田空港では、大型連休を海外で過ごした人たちの帰国ラッシュがピークを迎え、大きなスーツケースを持った家族連れなどで混雑しています。
 成田空港会社によると帰国ラッシュのピークとなる8日、1日で、およそ4万4000人が海外から到着する見込みです。
空港では海外からの便が次々と到着し、到着ロビーはスーツケースやサーフボードをカートに載せた家族連れなどで午前中から混雑しています。
ことしは長い休みが取りやすかったことなどから、先月28日から8日までの11日間で成田空港を利用する人はおよそ81万4000人と、去年の同じ時期よりも8.4%増えると見込まれています。また人気の旅行先は、台湾や香港、それにオーストラリアなどで、ヨーロッパ方面は相次ぐテロ事件の影響で控える傾向がみられたということです。
カップルでタイを旅行した30歳の男性は「平日を2日間休んで、10連休を取りました。タイでは、寺院を回ったり、リゾート地の島でダイビングをしたりしてゆっくりと過ごしました。あしたから仕事を頑張ります」と話していました。また、家族でスペインを訪れた77歳の女性は「スペインを8日間で回りました。世界遺産の教会や町並みがとてもきれいでした。ふだんの疲れもとれてリフレッシュできました」と話していました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160508/k10010512461000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

「母親が息をしていない」15歳長女を“殺害”で逮捕(8日)テレビ朝日

今年2月、東京・台東区のマンションの一室で41歳の女性が首を絞められて殺害された事件で、警視庁は8日午前、高校1年生の15歳の長女を殺人の疑いで逮捕しました。
 15歳の長女は2月、台東区の自宅マンションで、41歳の母親の首をタオルのようなもので絞めて殺害した疑いが持たれています。長女は両親と3人で住んでいましたが、父親は仕事で外出していました。警視庁によりますと、長女は当時、中学3年生で、母親を殺害して学校に行き、帰宅後に自ら「母親が息をしていない」と119番通報したとみられています。室内に物色された跡や母親が激しく抵抗した跡はなく、マンションの防犯カメラには不審な第三者が出入りする姿は映っていませんでした。取り調べに対して長女は黙秘しています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000074307.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小1児童に反安保法の署名求めるチラシ 公立小で配布 千葉・松戸 「チェック不十分」(8日)産経

千葉県松戸市立の小学校が安全保障関連法廃止の署名を求めるチラシを1年生の児童94人に配布していたことが7日、分かった。同法廃止を訴える女性団体から配布の依頼を受けたが、校長や教頭による内容確認が不足していたという。市教委が明らかにした。
 学校は保護者に書面で謝罪。市教委は「学校に政治的な意図はなかったものの、チェック不足で偏った内容のチラシを配布した」として週明けにも校長らを厳重注意する方針。
 市教委によると、団体から4月12日の入学式に配布したいと依頼があり、いったんは断ったものの、再度要請があった後に教頭が受け取り、校長の許可を得て入学式の翌日13日に配布したという。市教委の担当者は「同じようなことが二度と起きないよう、チェック体制の徹底に努めたい」としている。http://www.sankei.com/affairs/news/160507/afr1605070022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

折れたクラブで義理の息子刺した疑い 愛知、50歳男逮捕 (8日)日経

愛知県警豊田署は7日、折れたゴルフクラブで義理の息子の胸を突き刺すなどして殺害しようとしたとして、職業不詳の鈴木幸雄容疑者(50)=同県豊田市東山町2=を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。
 息子の無職、善則さん(48)=同市=は病院で死亡し、同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。
 同署によると、近隣住民からの110番を受け、同署員が幸雄容疑者の自宅がある県営住宅の駐車場に駆け付けると、善則さんが軽乗用車の運転席で胸や顔から血を流して倒れていた。
 逮捕容疑は7日午後4時45分ごろ、善則さんの胸にクラブを突き刺すなどして殺害しようとした疑い。現場近くでクラブを所持していた幸雄容疑者が署員に「俺がやった」と話したという。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H9N_X00C16A5CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

1.6m下の側溝に男児転落、意識不明の重体 (8日)TBS

新潟県長岡市で7日午後、道路から1.6メートル下の側溝に小学1年生の男子児童が転落しているのが見つかり、男の子は意識不明の重体です。
 意識不明の重体となっているのは、長岡市の小学1年生・藤堂琉翔くん(6)です。琉翔くんは7日午後5時ごろ、自宅近くにある道路脇の側溝で倒れていました。
 警察によりますと、側溝は道路からおよそ1.6メートル下にあり、近くには琉翔くんが乗っていた自転車が止められていたということです。
 周辺の道路では自転車の破片など遺留品は確認されておらず、警察は琉翔くんが側溝に落ちた原因を調べています。(08日04:06)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2768782.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

覆面パトカー追跡のバイクが車に衝突、1人死亡 福岡(8日)朝日

8日午前0時半ごろ、福岡県古賀市中央2丁目の国道3号と県道が交わる交差点に、県警粕屋署の覆面パトカーに追跡された2人乗りのバイクが赤信号で進入、青信号で直進してきた乗用車に衝突し、バイクの男性1人が死亡した。
 署によると、騒音を出してバイクが走っていたため覆面パトカーが追跡を開始。バイクが信号無視をしたので停止を求めたが従わなかったため、追跡を続けたという。バイクのもう1人の男性と乗用車を運転していた男性もけがをした。
 粕屋署の川崎寿久副署長は「亡くなられた方のご冥福をお祈りします。事故については調査中です」とのコメントを発表した。(鈴木峻)http://www.asahi.com/articles/ASJ5815YDJ57TIPE02Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

寝ないとオバケが出るぞ…怖がらせるしつけっていいの?(8日)朝日

わあ、もう夜10時だ。3歳のわが娘はベッドにも行っていない。「もう寝る時間でしょ」と怒るとグスグス泣く。こんな時に一言。「あ、オバケがあそこに」。サッと表情が変わって「ベッド行く」とボソリ。効果てきめん、助かった。だけど、こんな脅しみたいなしつけで本当にいいの?

 母子手帳を開くと、育児の解説があった。3歳ごろの叱り方について「なぜいけないのかを丁寧に伝えましょう」と書いてある。怖がらせて言うことを聞かせるのは、きっと違う。
 でも、世間の親たちも困っているみたい。言うことを聞かないと恐ろしい形相のオニから電話がかかってくるスマホアプリがはやったり、生々しい地獄絵で「悪いことをするな」と説いた絵本がしつけに効くと話題になったり。共にここ数年のことだ。
■「なまはげ」は巧妙だった
 独りで悩んでいてもらちがあかない。専門家に聞いてみることにした。
 「なまはげを例に考えてみましょうか」。大日向雅美・恵泉女学園大学長(発達心理学)は、「泣ぐ子はいねがあ」と、恐ろしい化け物に扮して家々を回る民俗行事で説明を始めた。
 「子どもはなまはげが来るとおびえますが、両親や祖父母がそばでぎゅっと抱きしめてくれます」。悪いことをすることへの怖さを教えると同時に、守ってくれる身近な人への信頼感が増し、「この人の言うことは聞かなきゃ」となる。巧妙な構造だというのだ。
 では、駄々をこねる子どもの目の前に、オニのアプリを親がぬっと突きつけるのはどうか。「親が恐怖を与えるだけの存在になってしまっては、子どもは誰を頼ったらいいんでしょう」
 そうは言っても、電車やバスではすぐ静かにさせないと白い目で見られる。大日向さんは「いまの親は大変だと思います。日本社会全体がすぐ結果を出すよう求め、じっくり言い聞かせるのを待ってくれない」。
■親の都合で押しつけてないか

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.asahi.com/articles/ASJ4V5JSYJ4VUEHF00K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

核テロ防止へ対策強化=改正防護条約が発効(8日)時事

【ベルリン時事】核関連テロを防ぐため、原子力施設の管理強化などを締約国に義務付ける改正核物質防護条約が8日、発効した。各国は今後、情報交換を活発化させながら、核の悪用を画策するテロリスト対策を充実させる。
 1987年に発効した元の条約では、核燃料や放射性廃棄物の国家間輸送時の警戒に主眼が置かれていたが、改正で各国内の原子力施設や核物質も防護義務の対象に加えた。また、テロ組織による核物質入手の試みを念頭に、原子力施設に対する不法行為などの処罰強化を定めた。(2016/05/08-00:04)

| コメント (0) | トラックバック (0)

池袋の路上で倒れていた男性死亡 事件として捜査(8日)テレビ朝日

東京・池袋の路上で男性が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。男性は鼻と後頭部を骨折していて、警視庁は事件に巻き込まれたとみて捜査しています。
 警視庁によりますと、3日深夜、豊島区池袋の路上で韓国人の姜春守(カン・チュンス)さん(53)が顔から血を流して仰向けに倒れているのを通行人が見つけました。姜さんは病院に搬送されましたが、6日午前に死亡しました。姜さんが鼻と後頭部を骨折していたことなどから、警視庁は何者かに暴行を加えられたとみて捜査を始めました。姜さんは近くの飲食店で知人と酒を飲んだ後、1人で自転車で帰ったとみられています。倒れていた場所から数十メートルのところに自転車が止められていて、警視庁が周辺の防犯カメラの解析などを進めています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000074292.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

「母と離れたくなかった」死体遺棄の疑いで女逮捕(8日)テレビ朝日

福岡県久留米市で、母親とみられる女性の遺体を自宅に放置したとして56歳の女が逮捕されました。
 久留米市の無職・八尋敬子容疑者は去年11月から7日までの間に、女性の遺体を自宅に放置した疑いが持たれています。八尋容疑者が7日、通院先の病院で「母が3週間前に亡くなり、放置している」と話したため、警察が自宅を調べて母親とみられる遺体が見つかりました。取り調べに対して「母と離れたくなかったのでそのままにしていた」と容疑を認めています。遺体は死後、数週間が経っているとみられ、目立った外傷はなく、警察は身元の確認を急ぐとともに動機を詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000074296.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北新幹線 人身事故で5時間にわたり高架上に停止(8日)NHK

7日夜、東北新幹線が岩手県内で起きた人身事故の影響で運転を見合わせ、乗客400人余りが乗った列車がおよそ5時間にわたって高架上に停止しました。JRによりますと東北新幹線は8日朝は始発から平常どおり運行しています。
 7日午後9時20分ごろ、東京から新函館北斗と秋田に向かう東北新幹線の下りの「はやぶさ・こまち33号」が、岩手県の北上駅と新花巻駅の間で異常な音を検知し、北上駅からおよそ5キロ離れた高架上で緊急停止しました。
列車は人身事故を起こしていて、警察が現場付近で見つかった遺体の身元の確認を進めています。
この事故の影響で列車は運転を再開した午前2時25分ごろまでおよそ5時間にわたって高架上に停止しました。
17両編成の車内には当時、乗客およそ430人がいて、このうち女性1人が一時、体調不良を訴えましたがその後、回復したということです。
JRによりますとこの事故で合わせて6本の列車が近くの駅などに停止し、乗客およそ1250人に影響が出たということです。
運転再開後、ほとんどの列車は終着駅に向かい、東北新幹線は8日朝は始発から平常どおり運行しています。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160508/k10010512301000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月7日 | トップページ | 2016年5月9日 »