« 塾合宿中に大量窃盗容疑、ホテル元従業員を再逮捕へ(14日)朝日 | トップページ | 貸し切りバス、35%に違反 抜き打ち街頭監査 (14日)日経 »

2016年4月14日 (木)

交通事故審理、迅速化へモデルを作成…最高裁(14日)読売

交通事故の当事者らが訴訟費用の心配をしないで済む弁護士保険の普及によって、全国の簡易裁判所で物損事故などを巡る訴訟が急増し、審理も長期化している問題で、最高裁は審理の迅速化のための対策に乗り出した。
 争点を絞り込みやすい訴訟の進め方や判決のモデルを作成し、不必要に訴訟を長引かせる主張や立証に歯止めをかけるのが柱。モデルは裁判官や弁護士の参考資料になるよう、今年秋頃に報告書としてまとめる予定だ。
詳細は以下をクリック

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160414-OYT1T50008.html?from=ycont_top_txt

« 塾合宿中に大量窃盗容疑、ホテル元従業員を再逮捕へ(14日)朝日 | トップページ | 貸し切りバス、35%に違反 抜き打ち街頭監査 (14日)日経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故審理、迅速化へモデルを作成…最高裁(14日)読売:

« 塾合宿中に大量窃盗容疑、ホテル元従業員を再逮捕へ(14日)朝日 | トップページ | 貸し切りバス、35%に違反 抜き打ち街頭監査 (14日)日経 »