« 3月の訪日外国人200万人突破 月間で過去最高(20日)NHK | トップページ | 熊本の2テレビ局の事件報道、BPO審理入り(20日)朝日 »

2016年4月20日 (水)

逮捕の父、殺意を完全否認…男児窒息死1週間(20日)読売

奈良県生駒市で2歳の男児がプラスチック製の衣装ケースに閉じ込められて窒息死した事件は、18日で1週間が過ぎた。
 殺人容疑で逮捕された父親の井上祐介容疑者(39)は「しつけのために入れたが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認。落ち着いた様子で淡々と調べに応じているというが、いつから、どんなきっかけで衣装ケースに閉じ込めるようになったのかといった詳細は明らかになっていない。
 閑静な住宅街にあり、子育て世代が多く住むというマンションで事件は起きた。井上容疑者は10日午後5時50分頃、居間でテレビをたたくなどして騒いでいた長男の幸也ちゃん(2)と長女(3)を隣の和室に抱えて連れて行き、ぬいぐるみやCDが入った灰色の衣装ケース(幅約80センチ、奥行き約40センチ、高さ約30センチ)に2人を20~30分間閉じ込めた疑いが持たれている。幸也ちゃんの上に長女を乗せる形で入れて蓋を閉め、留め具で中からは開けられないようにしたという。
 井上容疑者は「これまでにも何度か入れた」と供述。当時、台所で食事の支度中だった妻(35)も「前にもあったので大丈夫だと思った」と話しており、幼い子どもを狭いケースに閉じ込めるという虐待が日常化していたらしい。
 一方、井上容疑者を知る会社の上司らは「昨年、福井県の恐竜博物館に子どもを連れて行った、と楽しそうに話していた」「子煩悩で、このゴールデンウィークにも家族を連れて里帰りすると、にこにこして話していた」と打ち明ける。事件直前も、職場では特に変わった様子はなかったといい、「今回のような事件を起こすとはとても思えない」と驚きを隠さない。
 井上容疑者は取り調べに対し「幸也には申し訳ない。それしかない」と話す一方で、殺意については完全に否認しているという。捜査関係者は「家族だけの密室で起きた事件。供述以外に、客観的な証拠を見つけ出すのは難しい」と話す。
 奈良県警は今後、犯行に使われた衣装ケースと同じものを使って実況見分を行い、医師らの意見を聞くなどして慎重に捜査を進める。(小沢亮介)

« 3月の訪日外国人200万人突破 月間で過去最高(20日)NHK | トップページ | 熊本の2テレビ局の事件報道、BPO審理入り(20日)朝日 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕の父、殺意を完全否認…男児窒息死1週間(20日)読売:

« 3月の訪日外国人200万人突破 月間で過去最高(20日)NHK | トップページ | 熊本の2テレビ局の事件報道、BPO審理入り(20日)朝日 »