« 拘留中に同室男性も感染 渋谷署、結核集団感染 (22日)日経 | トップページ | 【熊本地震】被災地狙い相次ぐ「火事場泥棒」 警察当局、県外からも応援投入で取り締り強化 盗犯捜査員、覆面パトカーも(22日)産経 »

2016年4月22日 (金)

自衛隊に「がんばり賞」=小5女児が感謝の手紙-熊本・西原村(22日)時事

熊本地震で甚大な被害が出た熊本県西原村。体育館で避難生活を送る小学5年の武田智美さん(10)が友達と一緒に、活動を続ける自衛隊員に手紙を書いた。「夜おそくまではたらいているみなさんをわたしはそんけいしています」「ここにがんばり賞をしょうします」。家族に温かい食事や風呂を用意してくれた隊員に感謝の気持ちを伝えたかった。
 西原村では16日未明の震度7の地震で1400軒超の建物が全半壊し、5人が死亡した。両親がイチゴ農家を営む武田さんの家も半壊し、庭には大きな地割れができたという。「すごく揺れて怖かった。家の壁がはがれて1階と2階が分かれちゃって、階段を下りたらいきなり外だった」。家族と一緒に逃げ込んだ体育館で、初めての避難生活が始まった。
 武田さんは雨の日もおにぎりやみそ汁を作ってくれた自衛隊にお礼をしようと、一緒に避難した小学校の友達3人と、こっそり手紙を作る計画を立てた。準備中に隊員が見回りに来ると、「隠して、隠して」。消灯時間の後、周りの大人にも内緒にし、友達にもらった折り紙で手紙と表彰状を作って、隊員2人に渡したという。
 運動が得意で、カードゲームの「ウノ」が好き。小学校のスポーツテストを楽しみにしていたが、地震で中止になったのが残念という。「余震は怖くないけど、ここにいたら友達と遊べないし、学校にも行けない」。今やりたいことを聞くと、「遠い所に遊びに行ったりしたい」と笑顔を浮かべた。(2016/04/22-05:20)

« 拘留中に同室男性も感染 渋谷署、結核集団感染 (22日)日経 | トップページ | 【熊本地震】被災地狙い相次ぐ「火事場泥棒」 警察当局、県外からも応援投入で取り締り強化 盗犯捜査員、覆面パトカーも(22日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊に「がんばり賞」=小5女児が感謝の手紙-熊本・西原村(22日)時事:

« 拘留中に同室男性も感染 渋谷署、結核集団感染 (22日)日経 | トップページ | 【熊本地震】被災地狙い相次ぐ「火事場泥棒」 警察当局、県外からも応援投入で取り締り強化 盗犯捜査員、覆面パトカーも(22日)産経 »