« 14人がエコノミークラス症候群、女性3人重体(19日)読売 | トップページ | 昨年の保育施設事故399件、乳幼児14人死亡 内閣府(19日)朝日 »

2016年4月19日 (火)

熊本刑務所、被災住民を受け入れ…2万食分備蓄(19日)読売

熊本刑務所(熊本市中央区)が施設の一部を開放し、地震で被災した近隣住民を受け入れている。
 法務省によると、17日朝までに、一時最大で約280人を受け入れたという。現在も、近隣の刑務所や法務局などの関係施設から食料や飲料水などの物資が集まっており、同省幹部は「水や食料にはまだ余裕があり、今後も避難者への対応を続けていく」と話している。
 法務省によると、同刑務所には益城町で震度7を観測した翌日の15日夜から、近隣住民が避難のために集まり始めたため、職員用の武道場などを開放し、食事や飲料水を提供したという。
 17日現在で491人の受刑者を収容している熊本刑務所には、元々、受刑者と職員の1週間分の備蓄があったほか、近隣県の刑務所や法務局からは非常食や飲料水などの物資が送付されるなど、約2万食分の備蓄が確保できているという。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160419-OYT1T50000.html?from=ycont_top_txt

« 14人がエコノミークラス症候群、女性3人重体(19日)読売 | トップページ | 昨年の保育施設事故399件、乳幼児14人死亡 内閣府(19日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本刑務所、被災住民を受け入れ…2万食分備蓄(19日)読売:

« 14人がエコノミークラス症候群、女性3人重体(19日)読売 | トップページ | 昨年の保育施設事故399件、乳幼児14人死亡 内閣府(19日)朝日 »