« ツイッターに支援求める投稿相次ぐ(16日)NHK | トップページ | 愛媛の銀行員、高速逆走か…正面衝突し死亡(16日)読売 »

2016年4月16日 (土)

熊本「本震」M7・3…6強続発、死者37人に(16日)読売

地震が相次いでいる熊本県を中心に16日午前1時25分頃、大きな地震が発生し、熊本市中央区や同県南阿蘇村、菊池市などで震度6強を観測した。
 大分県別府市で震度6弱、福岡県久留米市、佐賀市などで震度5強を記録するなど、九州の広い範囲で強い揺れに見舞われた。その後も震度6強を含む強い地震が断続的に発生。熊本県で同日、28人の死亡が確認された。行方不明者も複数いる。14日夜に最大震度7を観測した地震と合わせた死者は計37人。大分、宮崎、佐賀、福岡県などでも負傷者が出た。
 気象庁によると、午前1時25分頃に発生した地震の震源は熊本県熊本地方で、震源の深さが約12キロ。地震の規模を示す推定マグニチュード(M)は7・3で、1995年の阪神大震災と同規模。九州内陸部の地震では過去100年で最大級という。同庁は14日夜の地震(M6・5)が「前震」で、今回のM7・3の地震が「本震」とみている。
 また午前3時55分頃、同県阿蘇地方を震源とする地震が発生して最大震度6強を観測。14日夜以降の震度1以上の地震は16日午後6時現在、312回に達した。

 地震に伴い、阿蘇地方では大規模な土砂崩れが発生し、南阿蘇村では、渓谷にかかる全長約200メートルの阿蘇大橋が崩落した。同村では、東海大農学部の学生アパートが壊れて12人が下敷きになり、2人が死亡した。八代市ではアパート火災が発生して1人が死亡。14日に震度7を観測し、複数の死者が出た

益城

ましき

町でも再び死者が出た。
 熊本県内では午後2時半現在、686か所の避難所に約9万人が避難している。住宅や公共施設など936棟が、全半壊や一部損壊の被害を受けた。
 警察庁によると、南阿蘇村では午後6時現在、河陽地区や長野地区で土砂崩れなどによって道路が寸断され、ペンションや民家5~6軒が孤立。このうち1軒と連絡がつかない。
 最大震度6弱の大分県でも土砂崩れや建物の倒壊が発生し、17人が負傷。同5強の福岡県でも14人、佐賀県でも6人がけがをした。
 気象庁は「今後1週間程度、震度6弱以上の地震が起きる可能性がある」と、警戒を呼びかけている。2016年04月16日 19時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160416-OYT1T50096.html?from=ycont_top_txt

« ツイッターに支援求める投稿相次ぐ(16日)NHK | トップページ | 愛媛の銀行員、高速逆走か…正面衝突し死亡(16日)読売 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本「本震」M7・3…6強続発、死者37人に(16日)読売:

« ツイッターに支援求める投稿相次ぐ(16日)NHK | トップページ | 愛媛の銀行員、高速逆走か…正面衝突し死亡(16日)読売 »