« おにぎりに1時間並んだ 救援物資、避難所に届かず(18日)朝日 | トップページ | 熊本城の被害拡大、修復は数十年単位での検討必要(18日)TBS »

2016年4月18日 (月)

本部社員から激しいパワハラ フランチャイズ、悩む店主(18日)朝日

コンビニに塾、ファストフード。今や身近なフランチャイズ(FC)ビジネスでは、多くの店主が働く。本来は本部と「対等」な関係のはずだが、「上下関係」や過労に悩まされる店主が少なくない。
 コンビニ最大手「セブン―イレブン」の店主だった埼玉県川越市の大家史靖さん(42)は、「本部社員のパワハラに悩まされた」と話す。
 「練馬南大泉5丁目店」(東京都)の店主になったのは2007年。事前に「1日の売り上げはすぐに70万円になる」と説明されたが、「自分は届かなかった」。人件費を削ろうと、ほぼ毎日出勤。夜通しの勤務も週3日ほど入った。
 本部に払う「ロイヤルティー」は、「売上総利益」の半分以上。12年4月の損益計算書をみると、その額306万円。従業員の人件費などを引いて手もとに残った利益は14万円足らずだった。
 「店舗経営相談員」と呼ばれる本部社員の日々の来店指導も厳しかった。返品作業にミスがあると、商品のドライフルーツの袋を壁に投げつけて怒鳴ったという。社長の視察が決まると、事前に店を訪れ、鍋焼きうどんの食品棚を片足で指し「何で空いてんだよ」と客前でなじったという。
 13年5月、出勤途中に車を引き返し、山へ逃げた。数日後、病院に行くと「適応障害」と診断され、店主を辞めた。「弁護士に相談しても、雇用関係にないから難しい、といわれた。辞めるしかなかった」
 セブン&アイ・ホールディングスは「店への指導で多少強い口調になったかもしれないが、ものを投げたり商品を足で指したりなどはしておらず、パワハラはなかった」としている。
■ノウハウ提供、ほとんどなし
 個別指導塾を全国展開するFCに07年に加盟した男性は、「本部からのノウハウ提供がほとんどなかった」と振り返る。
 本部から指導員が来るものの、指導といえば「窓が汚れている」「売り上げが低い」といったことばかり。それも、毎年のように担当者が代わった。
 教え方のマニュアルもなし。テキストは市販の問題集の表紙を替えただけだったという。講師の採用も、自分で人材会社に広告料を支払って募集した。ロイヤルティーは年間売り上げの11~12%で、数百万円に上った。このほかにも、生徒が20人増えるごとに50万円、毎月の「広告分担金」1万5千円などの支払いもあった。13年秋、ロイヤルティーに見合ったサービスを受けていないと感じ、「きちんと指導してほしい」と本部にメールすると、年明けに社長や法務担当社員らが教室にやってきた。メールについて「本部への文句である」と断じ、いきなり「オーナーを辞めてほしい」と告げた。不信感が募り、退会して自分で塾を開くことにした。(疋田多揚)
■FC規制法が必要
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.asahi.com/articles/ASJ3Y6FD1J3YUTFK011.html

« おにぎりに1時間並んだ 救援物資、避難所に届かず(18日)朝日 | トップページ | 熊本城の被害拡大、修復は数十年単位での検討必要(18日)TBS »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63502210

この記事へのトラックバック一覧です: 本部社員から激しいパワハラ フランチャイズ、悩む店主(18日)朝日:

« おにぎりに1時間並んだ 救援物資、避難所に届かず(18日)朝日 | トップページ | 熊本城の被害拡大、修復は数十年単位での検討必要(18日)TBS »