« 紙袋に爆弾見え隠れ=「凝ってる」「二度見した」-テロ対策ポスター好評・警視庁(9日)時事 | トップページ | 古物店窃盗 不審な2人目撃 (9日)NHK北海道 »

2016年4月 9日 (土)

【栃木・今市女児殺害】“もろ刃の剣”の取り調べ録音・録画 可視化時代の審理への課題に(9日)産経

勝又拓哉被告に無期懲役を言い渡した宇都宮地裁の裁判員裁判判決は、車の走行記録や遺体の付着物などの状況証拠を慎重に検討した上で、殺害などに関する被告の自白に「具体性、迫真性がある」として被告の無罪主張を退けた。
 決め手となる物証がない中で、検察側は被告と犯人を結び付ける事情を多角的に示そうとしたが、状況証拠による立証に課されたハードルは高い。
 最高裁は大阪母子殺害放火事件をめぐる平成22年4月の決定で「状況証拠で認められる事実の中に、被告が犯人でないなら合理的に説明できない事実関係が含まれていることが必要」との基準を示した。判決はこれを踏まえ、車の走行記録や遺体に付着した猫の毛などの状況証拠は被告が犯人である可能性を示すものの、犯人と認定することまではできないと判断した。

« 紙袋に爆弾見え隠れ=「凝ってる」「二度見した」-テロ対策ポスター好評・警視庁(9日)時事 | トップページ | 古物店窃盗 不審な2人目撃 (9日)NHK北海道 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63459483

この記事へのトラックバック一覧です: 【栃木・今市女児殺害】“もろ刃の剣”の取り調べ録音・録画 可視化時代の審理への課題に(9日)産経:

« 紙袋に爆弾見え隠れ=「凝ってる」「二度見した」-テロ対策ポスター好評・警視庁(9日)時事 | トップページ | 古物店窃盗 不審な2人目撃 (9日)NHK北海道 »