« 山口組系組長、中国から偽造印紙200万円分を密輸 国際宅急便を悪用、大阪府警が逮捕(8日)産経 | トップページ | 事前に防犯カメラの向きを変えて強盗か 千葉(9日)テレビ朝日 »

2016年4月 8日 (金)

甘利氏事務所問題 東京地検特捜部 URなど強制捜査(8日)NHK

甘利前経済再生担当大臣の事務所が、UR=都市再生機構と補償交渉をしていた建設会社側から口利きの見返りに現金を受け取っていたとして、告発された問題で、東京地検特捜部は、事実関係を解明するため、これまでに甘利氏の元公設秘書から任意で事情を聴くとともに、URや建設会社などを捜索し、強制捜査に乗り出しました。
   捜索を受けているのは、千葉県印西市にあるUR=都市再生機構の千葉業務部や、千葉県白井市の建設会社「薩摩興業」などです。
この問題は、甘利氏の事務所が平成25年から26年にかけてURと補償交渉をしていた千葉県白井市の建設会社の元総務担当者から現金を受け取っていたもので、先月、東京の弁護士の団体が、口利きの見返りに報酬を受け取ることを禁じた、あっせん利得処罰法違反の疑いがあるとして、東京地方検察庁に告発状を提出しています。
東京地検特捜部は、URの担当者や建設会社の元総務担当者から任意で事情を聴くなどして捜査を進めていましたが、関係者によりますと、これまでに新たに甘利氏の元公設秘書からも任意で事情を聴いたということです。
さらに、事実関係を解明するため、URなどの関係先を捜索し、強制捜査に乗り出しました。
この問題で、甘利氏の元公設秘書は平成25年8月に建設会社の元総務担当者から現金500万円を受け取っていたことが分かっているほか、ほかの元秘書らとともに甘利氏の事務所などでURの担当者らと12回にわたって面会し、補償交渉などについてやり取りしていたことが、URが公表した資料で明らかになっています。
特捜部は元秘書が現金を受け取った際の詳しい状況や補償交渉の経緯などについて捜査を進めるものとみられます。
ことし1月に甘利氏が行った会見によりますと、元秘書は「補償金額の交渉には介入していない」などと口利きを否定していたということです。
甘利氏の事務所は、先月告発された際にコメントを出し、「あっせん利得処罰法に当たるような事実はない。早期に解決していただくよう、真摯(しんし)に捜査に協力していく」などとしています。
URは「捜査に協力していることは事実ですが、それ以上はお答えできません。今後も引き続き捜査に協力してまいります」とコメントしています。

« 山口組系組長、中国から偽造印紙200万円分を密輸 国際宅急便を悪用、大阪府警が逮捕(8日)産経 | トップページ | 事前に防犯カメラの向きを変えて強盗か 千葉(9日)テレビ朝日 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63458257

この記事へのトラックバック一覧です: 甘利氏事務所問題 東京地検特捜部 URなど強制捜査(8日)NHK:

« 山口組系組長、中国から偽造印紙200万円分を密輸 国際宅急便を悪用、大阪府警が逮捕(8日)産経 | トップページ | 事前に防犯カメラの向きを変えて強盗か 千葉(9日)テレビ朝日 »