« 2016年4月28日 | トップページ | 2016年4月30日 »

2016年4月29日

2016年4月29日 (金)

“連続不審火”網戸など焼く 住民に不安 広島(29日)テレビ朝日

広島市のアパートで、網戸などが燃える火事がありました。周辺では不審火が相次いでいます。
 29日午前1時20分ごろ、広島市のアパートで、住民から「すだれが燃えている」と消防に通報がありました。火は約10分後に消し止められましたが、アパート一室の網戸やすだれなどが燃えたということです。周辺では去年11月からバイクや落ち葉などが燃える火事が12件相次いでいて、警察は同一犯による放火の可能性が高いとみて調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073799.html

2009_1229_211958annlogo1_5

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗まれた狛犬、戻る 男2人「売れると思い…」(29日)テレビ朝日

売ってお金にしようとしたのでしょうか。神社から盗まれた狛犬(こまいぬ)が3カ月ぶりに戻ってきました。実は岡山県では去年7月ごろから狛犬の盗難が相次いでいて、これまでに9件の被害が確認されています。警察は、逮捕された2人が他の盗難についても関わったとみて調べを進めているということです。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073800.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

下半身に“機械押し付け” 同僚の腸に穴開くけが(29日)テレビ朝日

同僚の下半身に機械を押し付け、腸に穴が開くけがをさせたとして21歳の男が逮捕されました。
 毛利拓容疑者は愛知県東海市の工場で、同僚の男性の下半身に圧縮された空気を出す機械を服の上から押し付け、腸に穴が開くけがをさせた疑いです。機械は作業着のほこりなどを取り払うためのものでした。毛利容疑者は「そのようなことをした覚えはない」と容疑を否認しています。警察で2人の間にトラブルがなかったなどを調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073801.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーとタクシー衝突=4人軽傷、緊急走行中-警視庁(29日)時事

29日午後1時50分ごろ、東京都千代田区丸の内の交差点で、緊急走行中のパトカーとタクシーが衝突した。タクシーに乗っていた4人が首の打撲などで軽傷とみられ、警視庁丸の内署が詳しい事故状況を調べている。
 同署によると、赤色灯をつけサイレンを鳴らしたパトカーが赤信号の交差点に進入したところ、左側から青信号で直進してきたタクシーの右側面にぶつかった。けがをしたのは40~50代の運転手と客3人でいずれも男性。
 パトカーは同署地域課の男性巡査部長(54)が運転しており、助手席にも地域課の警察官が乗っていたが、けがはなかった。(2016/04/29-17:42)

| コメント (0) | トラックバック (0)

踏切事故で異例の対応 はねられ死亡の会社員を書類送検(29日)NHK

去年、東京・板橋区の東武東上線の踏切で、遮断機をくぐって立ち入った当時28歳の会社員が電車にはねられて死亡し、警視庁が電車に脱線などの危険を生じさせた疑いで、会社員を書類送検していたことが分かりました。踏切内の事故で歩行者が書類送検されるのは異例です。
 去年12月、東京・板橋区徳丸の東武東上線の踏切で、近くに住む当時28歳の会社員が下りていた遮断機をくぐって線路に立ち入り、急行電車にはねられて死亡しました。
警視庁の調べによりますと、当時、会社員は酒に酔っていて、運転士が急ブレーキをかけましたが間に合わなかったということです。
警視庁は、捜査の結果、現場は緩やかなカーブになっていて、会社員が立ち入ったことで急ブレーキによる脱線や、乗客の転倒につながるおそれがあったと判断し、先月1日、電車の運行に危険を生じさせたとして、過失往来危険の疑いで会社員を容疑者死亡で書類送検していたことが、警視庁への取材で分かりました。
警視庁によりますと、踏切内の事故で電車の運行に危険を生じさせたとして書類送検されたケースは、平成23年以降、ほかに5件ありますが、いずれも車やバイクが電車と接触していて、徒歩で立ち入った人の書類送検は過去に例がないということです。
警視庁は、今後も、踏切事故については捜査結果を踏まえて個別に判断するとしていますが、無理な横断は絶対にしないよう呼びかけています。

遺族団体代表「送検は疑問」

鉄道事故の遺族などで作る団体の代表、加山圭子さんは、今回の書類送検について、疑問に感じると話しています。
加山さんは11年前、駅の係員のミスによる踏切事故で母親を亡くしていて、「踏切で亡くなったというだけで悲惨なことなのに、さらに書類送検が重なると、家族としては非常につらいと思います。本当に脱線の危険性があったのか、過失往来危険という罪に問うべきなのか、疑問に感じます」と話していました。
そのうえで、「無理な横断をした人に責任がないと言うつもりはないが、その人だけを責めて根本的な踏切の安全対策が問われないままになってしまうのではないかと心配している」と話していました。

詳細は以下をクリックhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160429/k10010503821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

非番の警察官、いきなり背後から抱きつき体を…(29日)テレビ朝日

警察官が女子大学生にいきなり抱き付いたとして逮捕されました。
 神奈川県警三崎警察署の巡査長・渡辺一世容疑者(36)は22日午後10時ごろ、神奈川県横須賀市の路上で、歩いて帰宅していた女子大学生(20)の後ろから抱き付き、体を触った疑いが持たれています。警察によりますと、防犯カメラの映像から渡辺容疑者が浮上しました。事件当日、渡辺容疑者は非番でした。周辺では1月から同様の被害が数件あり、警察が関連を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073802.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
背後に暴力団関係ないのか
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011789 野球の勝敗で金を賭けると刑法(185条)の賭博罪にあたり逮捕される。勝ったほうが昼食をおごるなどのお遊び的な賭けは良く見られるが、なんと、プロ野球の現役当時に本格的な賭博をしていたとして警視庁に逮捕された。
 逮捕したのが警視庁組織犯罪対策4課。逮捕されたのは飲食店経営者(38)と巨人元投手(25)の2人。元投手は他の選手を斡旋した幇助容疑だ。
 昭和の古い時代は「トトカルチョ」と言って高校野球の甲子園大会の優勝校を当てる賭けをしたものだった。今では、とんと、聞かなくなった。
 刑法185条の賭博罪−昭和50年の検挙人員は1万5900人もあった。以後、減少傾向を示したものの57年には再び1万5381人。59年には9859人と1000人台に減少。
 10年前の平成17年には1771人から20年に1358人となるなど年々減り続けている。そして27年には923人と1000人を割っている。
 「賭博」=「博打」−任侠道の時代から存在しており、日本人がギャンブルに費やす金額は平均で年間30万円と言われているらしく博打好きなのかも知れない。
 今回のプロ野球選手の野球賭博だが、組織犯罪対策が担当しており、なんとなく背後に暴力団関係者が見え隠れしている。当局には徹底解明を期待したい。
 それにしても全日本スキー連盟強化指定のスノーボード選手が大麻を使用していたり、違法カジノ店に出入りしていたバトミントンの日本代表選手がいるなどスポーツ界は汚れきっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

巨人の笠原元投手ら2人を逮捕 野球賭博問題で警視庁(29日)産経

プロ野球巨人の4投手が野球賭博をしていた問題で、警視庁組織犯罪対策4課は29日、賭博開帳等図利幇助(ほうじょ)の疑いで、巨人元投手で飲食店経営の笠原将生容疑者(25)=同市東区香住ケ丘=を、賭博開帳図利の疑いで、日本野球機構(NPB)が野球賭博常習者と認定していた無職の斉藤聡容疑者(38)=福岡市中央区春吉=を逮捕した。同課によると、ともに容疑を認め、笠原容疑者は「間違いありません」と供述している。
 組対4課は、斉藤容疑者の背後に胴元として暴力団関係者がいたとみている。賭客として参加していた巨人の松本竜也(23)と、高木京介(26)の両元投手についても任意で事情聴取しており、賭博などの疑いで立件する方針。NPBが野球賭博常習者と認定した大学院の男性についても捜査を進めている。
 斉藤容疑者の逮捕容疑は平成26年3月~27年8月、笠原容疑者、松本、高木両元投手から手数料を徴収してプロ野球10試合と高校野球5試合に現金を賭けさせて、野球賭博を開帳したとしている。笠原容疑者はプロ野球10試合の申し込みを仲介するなどして、斉藤容疑者を手助けしたとしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

巨人元投手の笠原容疑者ら2人を逮捕 野球賭博問題(29日)朝日速報

プロ野球・巨人の元投手らによる野球賭博問題で、警視庁は29日、笠原将生容疑者(25)ら2人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

トランプ賭博で2人免職 327万円受け渡し 陸上自衛隊宇都宮駐屯地(29日)共同

 陸上自衛隊宇都宮駐屯地(宇都宮市茂原1丁目)は28日、駐屯地内でトランプ賭博を行ったとして、第307施設隊の20歳と21歳の男性陸士長を同日付で懲戒免職処分にした。ほかにも複数人が関わっており、陸自は処分を検討している。
 駐屯地によると、2人は2014年4月~15年4月、勤務時間外に駐屯地内の生活施設や娯楽室で金を賭けてトランプを計5日、数十回行い、計327万円の受け渡しをした。
 また20歳の陸士長は今年4月、同期隊員に「たばこの吸い方が悪い」と言い掛かりをつけ暴行。7月には「自分の悪口を言いふらしている」と因縁をつけ別の同期隊員の顔を殴り、左耳に2週間のけがをさせた。
この記事の経過

| コメント (0) | トラックバック (0)

同居女性を殺害容疑=逮捕の69歳「介護疲れた」-大阪府警(29日)時事

同居の女性を殺害したとして、大阪府警此花署は29日、殺人容疑で大阪市此花区伝法、自称韓国籍の無職孫晋慶容疑者(69)を逮捕した。容疑を認め、「介護に疲れた。妻を殺して自分も死のうと思った」と供述しているという。女性は同居していた中村芳子さん(74)とみられ、同署が確認を進めている。
 逮捕容疑は27日ごろ、市営住宅12階の自宅で女性の首を絞め、殺害した疑い。(2016/04/29-11:33)

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の胸触り顔殴った疑い、会社員逮捕 (29日)TBS

東京・目黒区の路上で20代の女性の胸を触ったうえ、顔を殴り、けがをさせたとして、会社員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは目黒区の会社員、内藤健太容疑者(22)です。内藤容疑者は今月6日の深夜、目黒区の路上で帰宅途中だった20代の女性に対し、突然、後ろから胸を触るわいせつな行為をしたうえ、押し倒して顔を複数回殴り、左目にけがをさせた疑いが持たれています。
 取り調べに対し、内藤容疑者は「ムラムラしていた」と容疑を認めているということです。
 事件の直前、現場から数百メートル離れた路上で40代の女性が同じような手口で襲われ、顔にけがをする事件があり、警視庁は内藤容疑者が関与したとみて詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2761198.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

邦人女性ら2人殺害…アルゼンチン首都近郊(29日)読売

【リオデジャネイロ=吉田健一】アルゼンチンメディアが28日報じたところによると、同国の首都ブエノスアイレス近郊のフロレンシオバレラ市で27日、日本人女性が自宅で死亡しているのが見つかった。
 警察当局は遺体の状況などから殺人事件として捜査を始めた。
 在アルゼンチン日本大使館によると、この女性は現地在住の小田美子さん(73)。
 報道によれば、小田さんは、身の回りの世話をしていたアルゼンチン人男性とともに遺体で発見された。2人は手を縛られ、遺体の一部が焼かれていた。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160429-OYT1T50031.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

新東名のトンネル内 多重事故で一時火災 静岡(29日)NHK

29日午前10時ごろ、静岡県掛川市の新東名高速道路のトンネル内で複数の車が関係する事故が起きて一時、火災が発生し、森掛川インターチェンジと島田金谷インターチェンジの間の上り線が通行止めになっています。消防によりますと、けが人はいないということです。
  29日午前10時ごろ、静岡県掛川市にある新東名高速道路・上り線の平島トンネル内で複数の車が関係する事故が起きました。
警察によりますと、この事故で車2台から火が出て消防が消火活動に当たり、およそ40分後に消し止められました。
消防によりますと、けが人はいないということです。警察が事故の詳しいいきさつを調べています。
この事故の影響で、新東名高速道路は、森掛川インターチェンジと島田金谷インターチェンジの間の上り線が通行止めになっています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160429/k10010503411000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】45歳男は女子高生の自転車に密かにGPSを取り付けていた…わずか3センチ四方の手軽さに悪用例続々 規制なく…(29日)産経

「いつでも会いにいけるようにした」。女子生徒の自転車に衛星利用測位システム(GPS)発信器を取り付けて行動を見張ったなどとして、ストーカー規制法違反容疑で会社員の男(45)が逮捕された。発信器はわずか3センチ四方の大きさで、専門店からインターネット上の手続きのみで入手したものだった。匿名性の高さや利用料金の安さなどから、GPS発信器がストーカー行為に悪用される例は後を絶たず、捜査関係者は「有効な犯罪ツールという認識が広まりつつある」と警戒している。(三宅令)
  先回りする男
 
なぜ行き先が分かるのだろう-
 女子生徒は昨年5月ごろから、自分の行動範囲に見覚えのある男が待ち伏せしていることに気づいた。アルバイト先、買い物先、学校帰り。見張られているような感覚で気持ちが悪い。「もう来ないでください」。あるとき男に伝えたが、その後も男は行く先々に出没した。
 男は、埼玉県三芳町藤久保の会社員、三浦邦(くに)匡(ただ)容疑者(45)。
 女子生徒はその約3カ月前の同年2月ごろ、ツイッター上で三浦容疑者と知り合っていた。三浦容疑者は音楽ライブのチケットを転売していたといい、女子生徒は複数回購入。用心のために現金の受け渡しはライブ会場の近くで行い、自分の住所や氏名などは明かしていなかった。
 「かわいい子だったので好きになってしまった」。三浦容疑者は、女子生徒が移動に利用していた自転車に目をつけた。サドルの裏側に密かに黒いビニールテープでGPS発信器を取り付けた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大型連休の交通混雑始まる(29日)NHK

大型連休を利用してふるさとや行楽地に向かう人たちの混雑が29日から始まり、高速道路の下り線は朝から渋滞しています。
日本道路交通情報センターによりますと、高速道路の下り線は、午前6時半現在、東北自動車道で埼玉県の久喜インターチェンジ付近を先頭に19キロ、東名高速道路で神奈川県の大和トンネル付近を先頭に14キロ、中央自動車道で、東京都と神奈川県の境にある小仏トンネル付近を先頭に10キロの渋滞となっています。
高速道路各社によりますと、このあと、関越自動車道で午前8時ごろ、埼玉県の高坂サービスエリア付近を先頭に30キロの激しい渋滞が、東北自動車道で午前8時ごろ、埼玉県の久喜インターチェンジ付近を先頭に25キロの渋滞が予想されています。
また、新幹線と国内の空の便は29日が下りの混雑のピークで、このうち、東海道・山陽新幹線と、東北・秋田・山形・北陸の各新幹線は、下りの指定席が午前中ほぼ満席となっています。
ことし3月に開業した北海道新幹線、それに上越新幹線の下りの指定席は、午前中、一部の列車で空席が少なくなっています。
九州新幹線は27日に全線で運転を再開しましたが、混雑の予想は地震の影響で発表されていません。
国内の空の便は、航空各社によりますと、羽田や大阪から各地に向かう便は、29日は終日ほぼ満席となる見通しです。
一方、Uターンの上りの混雑は、高速道路が来月4日と5日、新幹線と国内の空の便が5日にピークとなる見通しです。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160429/k10010503031000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢志摩サミット来月に控え、都庁でテロ対策会議(29日)テレビ朝日

伊勢志摩サミットを約1カ月後に控えて行われた東京都などによるテロ対策会議で、警視総監が鉄道会社など民間事業者に対して協力を求めました。
 高橋清孝警視総監:「昨今の国際テロは首都において発生し、地下鉄などの不特定多数のものが集まる、いわゆるソフトターゲットが狙われました」
 28日午後、東京都庁で鉄道会社やライフライン事業者らを集めたテロ対策会議が開かれました。会議に出席した高橋警視総監は伊勢志摩サミットを来月に控え、鉄道の駅など集客施設の警戒警備体制を強化していると説明しました。さらに、「警察だけでテロの発生を防ぐことはできない」とも述べ、来月のサミットや2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、官民一体となった取り組みやテロに屈しない姿勢を持ち続けるよう事業者らに協力を求めました。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073739.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

田母神容疑者、横領は立件見送り 東京地検が方針 (29日)日経

 2014年2月の東京都知事選に出馬した元航空幕僚長、田母神俊雄容疑者(67)らによる運動員買収事件で、東京地検特捜部は28日、同容疑者の資金管理団体の政治資金を巡る業務上横領容疑について、立件を見送る方針を固めたもようだ。
 田母神容疑者が代表を務める資金管理団体が集めた政治資金計5千万円以上が使途不明になっていることが昨年、発覚。特捜部は3月、業務上横領容疑で関係先を家宅捜索した。
 ただ、資金の…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO00265490Z20C16A4CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転免許試験場で女性の電話番号を盗み見 (29日)TBS

運転免許試験場で免許の更新を行っていた女性の電話番号を盗み見していた会社員の男が逮捕されました。男は盗み見た電話番号を元に繰り返し不審な電話をかけていたとみられています。
 横浜市旭区の自動車運転免許試験場に免許更新などの目的がないのに訪れたとして、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されたのは、川崎市の会社員、土屋要容疑者(43)です。
 警察によりますと、去年11月から今月にかけて、この試験場で運転免許の更新を行った女性のもとに、更新をしたときの服装を言い当てたり、「あなたが試験場に居たときの動画がインターネットにアップされていて、投稿したヤツをボコボコにした」などと言ったりする不審な電話が、少なくとも12件相次いでいました。
 警察が試験場で警戒していたところ、28日午後1時半ごろ、土屋容疑者が現れ、女性が書類に書いた電話番号などを盗み見ていたことから逮捕しました。
 取り調べに対し、土屋容疑者は、「女性の連絡先を見るために運転免許試験場にいた」と容疑を認めていて、警察は、不審な電話も土屋容疑者がかけていたものとみて捜査を進めています。(28日19:45)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2761188.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生後まもない赤ちゃんの遺体を放置した疑い、少女ら逮捕 (29日)TBS

生後まもない赤ちゃんの遺体を知人の女の自宅に放置したとして、19歳の少女ら3人が逮捕されました。
 逮捕されたのは、栃木県大田原市の少女(19)と、その母親(42)、知人で壬生町に住む大塚雅代容疑者(47)で、3人は去年11月ごろ、少女が自宅で分娩した生後まもない赤ちゃんの遺体を大塚容疑者の自宅に放置した疑いがもたれています。
 警察によりますと、母親が「娘が死産した。どうしたらいい」などと大塚容疑者に相談していたとみられるということです。
 取り調べに対し、少女は「お母さんに相談して、お母さんの友達の大塚さんに預けたことは間違いありません」などと供述、3人は容疑を認めているということです。(28日23:49)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2761200.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特急サンダーバードがイノシシと衝突 列車ホテルを用意(29日)朝日

 【JR西日本発表】28日午後7時20分ごろ、福井県あわら市のJR北陸線牛ノ谷―細呂木間で、金沢発大阪行き特急サンダーバード(12両編成)が、イノシシと衝突。上下線で計3本が運休し、最大で約3時間10分の遅れが出た。乗り継ぎに間に合わなかった乗客のため、米原駅滋賀県米原市)と大阪駅大阪市)に、いずれも9両編成の特急車両を「列車ホテル」として用意した。米原駅では車内で約70人、大阪駅で約90人が車中泊しているという。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASJ4Y0RZJJ4XPTIL02N.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

倒壊危険家屋、1万棟=調査対象の3割-応急判定で判明・熊本(29日)時事

熊本地震の被災地で行われた建物の応急危険度判定の結果、調査対象の約3割に当たる約1万棟が、余震で倒壊する恐れのある「危険」と判定されことが29日、県の集計で分かった。土砂崩れが相次いだ南阿蘇村などでは調査が困難な地区もあり、危険判定はさらに増えるとみられる。県は他県から判定士の応援を受け全容把握を急いでいる。
 応急危険度判定は二次災害防止の目的で行われ、調査済み家屋には危険度に応じて赤、黄、緑のステッカーが貼られる。延べ約3800人の判定士が、各市町村が緊急性が高いと判断した地区を中心に調査した。
 県によると、27日現在で判定が終わったのは、16市町村の家屋など計3万5780棟。「危険」と判定されたのは9994棟で、内訳は熊本市3543棟、益城町2792棟、西原村1017棟の順。危険判定の割合は西原村が55%と最も高く、南阿蘇村(49%)、益城町(47%)も半数近くに達した。熊本市は17%だった。
 立ち入りに注意を要する「要注意」は1万1437棟、使用可能な「調査済み」は1万4349棟だった。(2016/04/29-05:28)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月28日 | トップページ | 2016年4月30日 »