« 2016年4月23日 | トップページ | 2016年4月25日 »

2016年4月24日

2016年4月24日 (日)

2人組みの男に財布奪われたか(24日)NHK青森

23日夜遅く、青森市で、20歳の男性から「2人組の男に体を押さえつけられ財布を奪われた」と通報があり、警察は強盗事件として捜査しています。
警察によりますと、23日夜11時55分ごろ、青森市合浦で、近くに住む会社員の20歳の男性から「財布を奪われた」などと通報がありました。男性は警察に対し「散歩から帰宅する途中、体育館の駐車場で、2人組の男に、突然、体を押さえつけられ、現金およそ1万円が入った財布を奪われた」と話しているということです。
また、1人は身長170センチ程度、もう1人は身長175センチ程度で、いずれも20代と見られ、黒っぽい服装をしていたということです。男性は、指に、すり傷を負った程度で、大きなケガはありませんでした。男らは財布を奪った後、現場から走って逃げたと見られ、警察は、強盗事件として、2人の男の行方を捜査しています。
警察によりますと、現場は、青森市民体育館の駐車場で、近くの合浦公園は、日中から花見客などでにぎわっていたということです。

News_pic1_7
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6084809901.html?t=1461499220129

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本地震、25日に激甚指定 補助率かさ上げで復旧支援 (24日)日経

政府は25日の持ち回り閣議で、熊本、大分両県を中心に大きな被害が出た地震を激甚災害に指定する。被災自治体が行う工事に対する国の補助率をかさ上げし、復旧を後押しする。
 指定を受けると、道路や堤防などの公共土木施設、農道や用水路などの農業施設の復旧事業で、国の補助率が通常より1~2割引き上げられる。
 今回の地震では、熊本県南阿蘇村などで起きた土砂災害からの復旧や損傷した道路のほか、熊本城周辺の公園施設などが対象となる見込みだ。
 激甚災害については熊本県の蒲島郁夫知事が15日、テレビ会議で安倍晋三首相に早期指定を要請。安倍首相が指定に向けた作業を急ぐよう関係省庁に指示していた。
 近年では東日本大震災や2014年の広島市の土砂災害、15年の関東・東北豪雨が指定された。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS24H27_U6A420C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

南阿蘇村の避難所を消毒、ノロ集団感染の疑い (24日)TBS

本地震の避難所となっている南阿蘇村の中学校で、ノロウイルスの集団感染の疑いが出ています。感染拡大を防ぐため、大規模な消毒が行われました。
 ノロウイルスの集団感染が疑われているのは、およそ400人の人が避難生活を送っている南阿蘇村中学の体育館です。感染拡大を防ぐため、24日午後、大規模な消毒が行われました。
 この体育館では、避難していた男性からノロウイルスが検出され、これまでに少なくとも25人が感染している疑いがあるということです。
 「下痢、嘔吐の患者が多くなったということで、それがノロウイルスの感染であれば、非常に恐ろしいこと。大がかりな消毒を行っています」(日本赤十字社 中大輔医師)
 村役場では、当初、避難所にいる一部の人を別の施設へ移すことも検討していましたが、現在は見合わせていて、引き続き衛生対策を強化していく方針です。
 一方、南阿蘇村では、24日も自衛隊と消防、警察が550人態勢で行方不明者の捜索を行っています。依然、2人の行方がわからなくなっていて、二次災害のおそれがあり、人が入れない場所には遠隔操作ができる無人の重機を投入し、行方不明者の発見を急いでいます。(24日17:30)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2757753.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本と大分で地震活動続く 震度1以上870回超(24日)NHK

今月14日に熊本県で震度7の激しい揺れを観測した地震が起きて以降、熊本県と大分県では活発な地震活動が続き、震度1以上の地震の回数は870回を超えました。気象庁は引き続き激しい揺れを伴う地震が起きるおそれがあるとして警戒を呼びかけています。
 熊本県では今月14日の夜、益城町で震度7の激しい揺れを観測する地震が発生したあと、今月16日未明には益城町と西原村で震度7の揺れを観測する地震が発生しました。
午後7時前に熊本県阿蘇市などで震度3の揺れを観測する地震が発生するなど、午後7時までに熊本県や大分県で震度3を観測した地震は合わせて7回発生しています。
一連の「熊本地震」で熊本県と大分県で震度1以上の揺れを観測した地震の回数は、午後7時までに872回に上っています。1日当たりの回数は、15日から17日までの3日間がいずれも100回を超えたほか、その後も1日数十回観測されていて、22日は41回、23日が28回、24日は午後7時までに29回となっています。また、午後6時半ごろには熊本県阿蘇市などで震度3の揺れを観測する地震がありました。
気象庁は「地震の回数が減ったように感じられるかもしれないが、24日も震度3を観測する揺れが発生するなど、全体的には回数が比較的多い状態とやや少ない状態を繰り返しながら活発な状態が続いている」としています。
震度別では、最大震度7が2回、震度6強が2回、震度6弱が3回、震度5強が3回、震度5弱が7回、震度4が76回などとなっています。
気象庁によりますと、熊本県や大分県の被災地の雨はほぼやんで、25日は晴れるところもあると予想されていますが、その後は雨が降りやすい状態が続く見込みです。気象庁は揺れが強かった地域では地盤が緩んでいるため、引き続き地震の揺れや雨による土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

News_pic1_6
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160423/k10010495941000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

地震避難中の家で窃盗か 男を逮捕 熊本・益城町(24日)テレビ朝日

熊本県益城町で、地震で避難している女性の家に侵入し、タブレットなどを盗んだ疑いで51歳の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、福岡県糸島市の自動車整備工・石橋勝也容疑者です。警察によりますと、石橋容疑者は15日午後10時ごろ、益城町の63歳の女性の家に忍び込み、タブレットなど4点を盗んだ疑いです。この日の午後11時ごろに避難所に支援物資を届けにきていた男性が、夜間に被災した住宅付近を低速でうろつく不審な車がいると通報し、事件が発覚。警察が石橋容疑者の車を発見し、車内からタブレットなどを確認したということです。石橋容疑者は容疑を認めていて、14日の地震の後、熊本県に入ったと話しています。熊本県警によりますと、14日の地震以降、避難所や被災者の住宅などを狙った窃盗事件が23日時点で18件、発生しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073379.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)
人権を無視する犯罪だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011753 顔見知りの10代の少女を連れ去り、半年以上も自宅に監禁していた26歳の県立職業訓練校の職員が静岡県警に逮捕された。昨年8月から行方不明になっており、保護者から届け出を受けて行方を捜していたところ、男と一緒にいるという情報があり、自宅に踏み込んで少女を保護した。
 富山県に住む女子中学生を誘い出して自宅に連れ込んだとして、25歳の男とその母親が県警に逮捕されている。
 埼玉県朝霞市の女子中学生が、男に監禁され2年ぶりに発見された事件も含めて、やたらと少女誘拐が目に付く。朝霞市の事件で犯人は「女性を社会から隔離して監禁状態に置くとどうなるか観察したかった」と身勝手な犯行を供述しているという。
 そう言えば、幻冬舎から出された「女子高校生誘拐飼育事件」という文庫本があった。昭和40年に東京・椎名町の路上から17歳の女子高生が略取された。男は43歳の自称翻訳家。女子高生は男に性的関係を強要され温泉地などを連れ回されるなどしており、女子高生が無事に保護されたのは約半年後だった。当時、この事件は「飼育事件」とか「籠の鳥事件」と言われた。
 この事件は、映画『コレクター』をヒントにしたものだった。1965(昭和40年)年に制作されたイギリスとアメリカの合作映画で、ジョン·ファウルズの同名小説『コレクター』を映画化したもの。孤独な男の女性に対する倒錯した愛情を描いた作品。
 近年の事件もやはり「監禁して観察したかった」など、身勝手な理由で若い少女の人生をもてあそぶという卑劣な犯罪だ。
 こうした路上で略取・誘拐される事件はいつどこで起きても不思議でない。
 警察庁によると今年3月までの認知件数は47件で埼玉の8件、東京の6件、大阪、兵庫、福岡の3件など。
 検挙率が高いのがせめてものの救いだ。全国平均が97.9%。100%以上が20道府県警に及んでいる。
 平成12年1月、新潟県警柏崎署で発見された少女は9年前に同県三条市で不明になっている少女だった。監禁されていた民家は、地元では早くから不審に思っていたが、警察は動いていなかった。検挙率の高さに身代金目的の犯罪が消えて10年以上になる。抑止にはやはり検挙が大事だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

16歳少女買春容疑で35歳小学校講師を逮捕 愛知・豊明 出会い系アプリで知り合う(24日)産経

愛知県警港署は24日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、同県豊明市立中央小の常勤講師、浦田伸五容疑者(35)=同県瀬戸市川端町=を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年10月29日ごろ、名古屋市中川区のホテルで18歳未満と知りながら、当時16歳だった専門学校の女子生徒に2万円を渡し、みだらな行為をした疑い。
 港署によると、浦田容疑者は「18歳未満とは知らなかった」と容疑を否認している。2人はスマートフォンの出会い系アプリで知り合った。捜査員が昨年11月、一般人を装ってアプリを通じ女子生徒に接触、事情を聴いて発覚した。http://www.sankei.com/affairs/news/160424/afr1604240019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

老人ホームの76歳男が女性職員切りつける 神戸(24日)共同

神戸市須磨区の老人ホームで女性職員を刃物で切りつけたとして、須磨署は24日、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで、この老人ホームに入所する男(76)を逮捕した。
 逮捕容疑は23日午後8時15分ごろ、同ホームの洗濯場で、女性職員(42)の腹部を果物ナイフ(長さ約9センチ)で切りつけた疑い。女性職員は長さ5センチ程度の切り傷を負い、軽傷。
 同署によると、男は同じ老人ホームで暮らす女性に話しかけた際、女性職員からたびたび注意されることに腹を立てていたという。ナイフは自分の居室から持ち出し、1人で洗濯をしていた女性職員に切りかかったとみられる。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201604/0009019424.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

強姦容疑で市議逮捕=小学女児を買春-茨城県警(24日)時事

小学生の女児を暴行したとして、茨城県警ひたちなか署は24日、強姦(ごうかん)と児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、同県鹿嶋市議高村典令容疑者(46)=同市旭ケ丘=を逮捕した。県警によると、「弁護士を通して話す」と供述している。
 逮捕容疑は2015年10月12日、県内のホテルで13歳未満と知りながら当時小学校高学年だった女児に携帯音楽プレーヤーを渡し、性交した疑い。(2016/04/24-16:12)

| コメント (0) | トラックバック (0)

九州道、月内に全線復旧 石井国交相が表明 (24日)日経

石井啓一国土交通相は24日、熊本地震で一部が通行止めになっている九州自動車道について、月内に全線復旧する見通しになったと明らかにした。政府の非常災害対策本部会議後、首相官邸で記者団に述べた。
 九州道は熊本県内の植木―八代インターチェンジ(IC)の56キロが通行止めとなっている。このうち、植木―益城熊本空港の19キロは、物資輸送車や高速バスなどに限って通行可能だったが、一般車も通れるようになる。
 嘉島ジャンクション(JCT)―八代の33キロなどは、今週前半に通れるようになると発表済み。
 九州道の全線復旧により、九州の高速道路の不通区間は、大分道の湯布院―日出JCTの17キロだけとなる。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040004_U6A420C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本 美里町 避難勧告を一部で解除(24日)NHK

熊本県美里町は、一連の地震や雨で大井早の山瀬地区の4世帯9人に出していた避難勧告を午後3時に解除しました。一方、下中郡地区の69世帯、207人には、引き続き避難勧告が出ています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160424/k10010496501000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

続きを読む "熊本 美里町 避難勧告を一部で解除(24日)NHK"

| コメント (0) | トラックバック (0)

激しい黒煙が…スクラップ置き場で火災 船橋市(24日)テレビ朝日

千葉県船橋市のスクラップ工場で火事が起きています。
 24日午後1時前、船橋市潮見町で「スクラップ置き場が燃えている」と119番通報がありました。積まれているスクラップから激しく黒煙が上がっていて、消火活動が続いています。けが人がいるかどうかなどは分かっていません。現場は東京湾に面していて、海岸で遊んでいる人が避難するなどしています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073367.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【熊本地震】地震の募金盗んだ無職44歳男を逮捕 現金1500円入りペットボトル 大分(24日)産経

大分南署は23日、熊本地震の被災者のための募金約1500円を盗んだとして、窃盗容疑で大分市田尻、無職、岡田健二容疑者(44)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は同日午前6時半ごろ、大分市内のガソリンスタンドで、熊本地震被災者への義援金として募った現金約1500円が入った2リットルサイズのペットボトルを盗んだ疑い。
 同署によると、店から「募金箱が盗まれている」と通報があり、防犯カメラの映像などから岡田容疑者を割り出した。http://www.sankei.com/affairs/news/160424/afr1604240014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新名神高速の橋桁落下 警察が関係先を捜索(24日)NHK

22日、神戸市の新名神高速道路の建設現場で橋桁が落下し、作業員2人が死亡、8人が重軽傷を負った事故で、警察は事故の原因などを調べるため、兵庫や大阪の施工業者の関係先を業務上過失致死傷の疑いで捜索しています。
 捜索を受けているのは、22日、橋桁が落下した新名神高速道路の建設工事を請け負っていた「横河ブリッジ」の大阪工場や、下請け業者で兵庫県尼崎市にある「汐義建設工事」などです。
このうち「汐義建設工事」には午前9時前、兵庫県警察本部の捜査員数人が段ボールや荷台などを持って捜索に入りました。
この事故では、神戸市の建設現場で長さおよそ120メートル、重さおよそ1350トンの橋桁の西側の部分が、橋脚からおよそ15メートル下の国道に落下して、作業員2人が死亡し、8人が重軽傷を負いました。
これまでの調べで、橋桁を支えていた西側の4つのジャッキのうち2つが崩れ落ちていたことが分かり、警察は工事中の橋桁が何らかの理由でバランスを崩し、ジャッキごと落下したとみています。
警察は押収した資料を分析して事故の原因を調べるとともに、作業の手順や安全管理に問題がなかったか捜査を進める方針です。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160424/k10010496261000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社役員の28歳男出頭 “ひき逃げ”2人死亡(24日)テレビ朝日

茨城県つくば市で男性2人がワゴン車にはねられて死亡したひき逃げ事件で、警察は出頭してきた会社役員の男を逮捕しました。
 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、つくば市の会社役員・菊地正和容疑者(28)です。菊地容疑者は23日午前2時すぎ、つくば市の交差点で、運転していたワゴン車を軽乗用車に衝突させ、運転代行会社の従業員・匂坂秋好さん(57)とアルバイトの小柴直樹さん(35)の2人を死亡させ、現場から逃走した疑いが持たれています。菊地容疑者は現場に車を乗り捨てて逃走していました。警察によりますと、夕方、菊地容疑者が出頭して事件への関与を認めたため、過失運転致死とひき逃げの疑いで逮捕したということです。調べに対し、菊地容疑者は「事故を起こして怖くなって逃げた」などと供述しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073354.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッキ2基が崩落 神戸・橋桁事故で現場検証(24日)中日

神戸市北区の新名神高速道路の工事現場で橋桁が国道に落下し、作業員の男性2人が死亡、8人が重軽傷を負った事故で、橋桁の西側を支えていたジャッキ4基のうち2基が橋桁と共に崩落したことが23日、西日本高速道路への取材で分かった。
 橋桁は橋脚の南側に落下しており、兵庫県警は崩れたジャッキ側に不具合が生じるなどしてバランスが保てず、ずれ落ちた可能性があるとみて、同日午後も現場検証した。24日に業務上過失致死傷容疑で関係先を家宅捜索し、全容解明を進める。

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き巣被災者ピリピリ、熊本地震 自警団結成の地域も(24日)西日本

熊本地震の被災者が、空き巣被害などに神経をとがらせている。壊れた自宅から運び出せない家財の盗難に不安を募らせており、23日には、熊本県警が被災住宅での窃盗容疑で福岡県糸島市の男を逮捕した。役所には「他県の車がうろついていた」などと不審者情報が張り出され、自警団をつくる地域も出始めている。
 熊本県警によると、地震に絡む窃盗や建造物侵入などの事件は、被害届が出ている分だけで計18件。一時帰宅できていない被災者も多く「被害の全体像は把握できていない」という。
 県警は23日、窃盗と住居侵入容疑で福岡県糸島市加布里の会社員、石橋勝也容疑者(51)を逮捕。地震で壊れた熊本県益城町宮園の女性(63)宅へ15日夜に入り込み、タブレット端末やDVDなど計4点(時価8千円相当)を盗んだ疑いがある。女性は1人暮らしで避難して無人だった。
 支援物資を届けに来た佐賀県の男性が、被災地をゆっくり走る福岡ナンバーの軽乗用車を不審に思い、15日夜、警察の広域緊急援助隊に通報。隊員が職務質問したところ、被害品を持っていたため発覚した。
 住民の警戒心は高まっており、熊本県西原村役場では、家屋の倒壊状況などと一緒に「他県ナンバーの車の男が不審な行動をしていた」などの情報がホワイトボードに張り出されている。本部には1日3、4件の情報が届くといい、消防防災担当職員の倉田英之さん(37)は「避難所の垣根を越えて情報共有し、被災者に伝えている」と言う。
   ◆    ◆
 警察や消防は巡回パトロールを実施しているが、安否不明者の捜索や土砂の撤去作業を優先しているため「あまり見かけない」(同県南阿蘇村の60代男性)のが現状。このため、被災者自ら地域の治安を守る動きが出てきている。
 同村長陽地区では、消防団OB約40人が自警団を結成。午後11時から午前4時半まで、2、3人一組で地域を歩いて見回りしている。北野悦之さん(63)は「緊急事態だからこそ協力し合い、自分たちの身は自分たちで守る」と力を込める。
 益城町や西原村でも、消防団や住民有志によるパトロール活動が行われている。益城町木山の江藤あゆみさん(34)は「地震よりも不審者が怖い。警察や消防の見回りを強化してもらえると心強い」。
 性犯罪被害のうわさも出回っており、熊本市北区役所は23日、避難先での性被害・性暴力を防止する啓発チラシなどを配布した。
 県警生活安全企画課の西橋一裕次席は「治安への不安は警察も認識しており、可能な限り対応する。自主防犯活動には、防犯用のジャケットやヘルメットの貸し出し、パトロールの指導などができる」と言い、支援する構えだ。=2016/04/24付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/240844

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通整理の支援に警察官を派遣(24日)NHK千葉

相次ぐ地震の影響で熊本県では車の通行に支障が出ているため、千葉県警察本部は、交通整理などの応援に当たる警察官18人を現地に向けて派遣しました。

熊本県では、地震の影響で道路に亀裂が入ったり、信号機がつかなくなったりして、車の通行に支障が出ているところがあるということです。
このため千葉県警察本部は、交通整理などの応援に当たる警察官18人を現地に派遣することになり、23日夕方、出発式が行われました。
出発式では小林昇交通部長が「派遣先では余震が続き活動に影響があるかもしれないが、被災者のために全力を尽くしてほしい」と激励しました。
そして、警察官たちがパトカーのほか、白バイを積んだトラックなど6台の車に乗り込み、次々と出発していきました。
派遣された警察官は、信号機がつかなくなっている交差点での交通整理や、支援物資を運ぶトラックの先導、それに道路の危険箇所のパトロールなどを行うということです。
派遣部隊の今村泰弘隊長は「被災した人たちの心に少しでも安心が芽生えるよう任務に当たりたい」と話していました。
今回派遣された部隊は25日午前に現地に到着し、およそ1週間、活動することにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1086950841.html?t=1461451475496

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーが追跡車両に衝突(24日)NHK秋田

23日未明、湯沢市でパトカーが追跡していた交通違反の乗用車がガードレールにぶつかり、パトカーがさらに衝突しました。
この事故で、乗用車を運転していた21歳の男性が大けがをしました。
警察によりますと、23日午前4時ごろ、湯沢市の商業施設の駐車場から出てきた乗用車の運転席と助手席に黒いフィルムが貼られているのを湯沢警察署のパトカーに乗っていた警察官が見つけ、停止を求めました。
乗用車は呼びかけに応じず走り去ったため、パトカーが赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしながら追跡したところ、およそ3キロ離れた湯沢市下山谷の国道で、乗用車がガードレールにぶつかって停止しました。
追跡してきたパトカーはブレーキをかけたものの止まりきれず、乗用車に衝突したということです。
この事故で、乗用車を運転していた21歳の男性が大けがをして、病院で手当てを受けています。
意識はあり命に別状はないということです。
湯沢警察署の佐藤正人副署長は「事故の原因を詳しく捜査するとともに、再発防止のため指導を徹底していきたい」とコメントしています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6014796271.html?t=1461451275585

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

九州新幹線 28日にも全線で運転再開(24日)NHK

地震の影響で運転できなくなっている九州新幹線の熊本と新水俣の間について、JR九州は24日にも脱線した車両の撤去作業を終え、早ければ今月28日にも全線での運転再開を目指す方針です。
 九州新幹線は今月14日の地震で回送列車が脱線したほか、防音壁や高架橋などの設備、およそ150か所で損傷が見つかり、全線で運転ができなくなりました。
今月20日に熊本県の新水俣と鹿児島中央の間で運転を再開し、23日、博多と熊本の間で9日ぶりに運転を再開しました。
一方、熊本と新水俣の間は脱線した車両が残されていることなどから、依然として運行できない状態が続いていて、引き続き復旧作業が進められています。
JR九州によりますと、これまでに脱線した6両のうち5両の撤去を終え、残りの1両について、24日にも撤去作業を終える見通しです。
JR九州は熊本と新水俣の間の復旧作業を急ぎ、早ければ今月28日にも博多と鹿児島中央の間の全線での運転再開を目指す方針です。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160424/k10010496211000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮が飛翔体発射 潜水艦発射弾道ミサイルか(24日)テレビ朝日

北朝鮮が日本海でSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)とみられる飛翔体(ひしょうたい)1発を発射しました。
 韓国国防省によりますと、23日午後6時半ごろ、北朝鮮が東北部の咸鏡(ハムギョン)南道・新浦(シンポ)付近の日本海で、SLBMとみられる飛翔体1発を発射しました。日韓情報筋によりますと、飛翔体は空高くまでは上がっておらず、発射実験の目的や実験が成功したかどうかの分析を進めているということです。また、連合ニュースは、韓国政府消息筋の話として「2000トン級の潜水艦が水中から弾道ミサイルを発射した。ミサイルは空中に出た後、本体に点火された」と報じています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000073344.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男殺害容疑の父親を不起訴に 横浜地検 (24日)日経

横浜市港北区の自宅で昨年12月、長男(当時6)の首を絞めて殺そうとしたとして殺人未遂容疑で逮捕、送検された父親(42)について、横浜地検は23日までに、不起訴処分とした。処分理由を明らかにしていない。
 長男は今年1月6日に病院で死亡し、地検は殺人容疑に切り替えて捜査、同12日から刑事責任能力の有無を調べるため約3カ月の鑑定留置としていた。
 神奈川県警港北署によると、昨年12月27日午後11時ごろ、家族が「息子が孫の首を絞めた」と110番し、その場にいた父親が容疑を認めたため、現行犯逮捕した。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H46_T20C16A4000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川さゆりさんら、故郷への支援呼びかけ 公演に募金箱(24日)朝日

熊本地震を受け、熊本出身の演歌歌手石川さゆりさん(58)や漫才師海原はるかさん(67)らが23日、大阪市内でそれぞれ、故郷の被災者への募金を呼びかけた。

 中之島フェスティバルホールで公演した石川さんは「被害の大きさに驚き心配しています」などと記した直筆メッセージをロビーに掲示し、募金箱を設置。親類や知人から被害が広がる様子を聞いているといい、公演では「心が痛い思いでいっぱいです。義援金を持って、早く熊本のみんなの所にいきたいと思います」と語った。
 14日の前震と16日の本震ともに熊本市の実家で被災したはるかさんは、相方のかなたさん(68)らと雨の中、道頓堀の角座広場前で寄付金を募った。16日に大阪に戻ったが、「熊本のことが気になって仕方ない。大阪のパワーを、気持ちを、熊本に届けたい」と話す。24日午後2時過ぎごろからも同じ場所に立つ予定という。(山下奈緒子、松本紗知)

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ4R5H4RJ4RPTFC00S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月23日 | トップページ | 2016年4月25日 »