« 2016年4月22日 | トップページ | 2016年4月24日 »

2016年4月23日

2016年4月23日 (土)

警視庁・本富士署員も結核に…集団感染と関連か 東大病院で遺体解剖立ち会い(23日)産経

東京都文京区の東大病院で昨年2月、遺体の解剖に立ち会った警視庁本富士署の男性署員1人が結核に感染していたことが23日、同署への取材で分かった。同署によると、男性署員は発症していないが、投薬治療を受けている。
 東大病院では同じ昨年2月、警視庁渋谷署に留置中に肺結核で死亡した60代男性の解剖を実施。解剖した医師や立ち会った渋谷署員ら計27人が集団感染した問題が明らかになっている。本富士署などは関連を調べる。
 本富士署によると、昨年2月、渋谷署と同時期に別の男性1人の遺体解剖を東大病院で行っていた。今年3月、地元の保健所から解剖に立ち会った署員を検査するよう連絡があった。署員4人を対象に検査した結果、うち1人で感染が確認され、2人は感染の疑いだったという。http://www.sankei.com/affairs/news/160423/afr1604230025-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車の床下に遮断機の棒挟まる 男が折って踏切に置く? 往来危険容疑で捜査 名古屋鉄道(23日)産経

23日午後1時半すぎ、愛知県岩倉市の名古屋鉄道岩倉駅に到着した赤池発岩倉行き普通電車の床下に竹製の遮断機の棒が挟まっているのが見つかった。約4キロ離れた北名古屋市の踏切で遮断棒が折れていた。男が棒を揺らしていたとの目撃情報があり、西枇杷島署は往来危険の疑いで調べている。
 男は40歳ぐらい。同署は、男が棒を折って踏切に置いたとみて、行方を追っている。乗客約35人にけがはなかった。
 同署によると、乗客から「変な音がする」と駅員に通報があり、岩倉駅で床下を確認すると、約5メートルの折れた遮断棒が挟まっていたという。http://www.sankei.com/west/news/160423/wst1604230078-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工事関係先を捜索へ=10人死傷橋桁落下事故-兵庫県警(23日)時事

神戸市北区の新名神高速道路工事現場で橋桁が落下し作業員2人が死亡、8人が重軽傷を負った事故で、兵庫県警捜査1課などは23日、業務上過失致死傷容疑で工事関係先を近く家宅捜索する方針を固めた。作業手順や安全対策に過失や不備がなかったか確認し、刑事責任の有無を調べる。
 事故は22日午後4時半ごろ発生。ジャッキなどに仮設置された新名神高速上り線の橋桁(長さ約100メートル、重さ約1350トン)の東側をクレーンでつり上げ、西側をつり上げる準備をしていた際、西端が突然約15メートル下の国道176号上に落下、作業員が死傷した。
 西端を支えていたジャッキなどが壊れていたことから、何らかの理由で重みが片寄ってジャッキが壊れ、落下したとみられる。同課は壊れたジャッキなどを検証するとともに、作業員らから事情聴取。家宅捜索で工事関係資料などを押収し、原因究明と刑事責任の有無の解明を進める。
 工事は西日本高速道路が発注。三井住友建設と横河ブリッジの共同企業体が請け負い、現場工区は横河ブリッジが担当していた。(2016/04/23-18:28)

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京の妊産婦自殺、10年で63人 原因の最多は「産後うつ」 (23日)TBS

妊娠中または出産から1年以内に自殺した女性が、東京23区で過去10年間に63人いたことがわかりました。産後の自殺の場合、原因として最も多かったのは「産後うつ」でした。
 順天堂大学と東京都などの共同研究によりますと、東京23区で2014年までの10年間に自殺した妊娠中または産後1年以内の女性は63人いたということです。
 このうち産後の自殺は40人でしたが、6割は精神疾患をもっていて、その半分が「産後うつ」と診断されていました。こうした妊産婦の自殺は、妊娠や出産に関する病気などで亡くなる確率のおよそ2倍だということです。
 「(自殺は)産後うつ病が最も多い原因、周産期メンタルヘルスの充実が非常に大事だと思っています」(順天堂大学 竹田省教授)
 日本産科産婦人科学会では、「産後うつ」などを早期に発見できるよう、診療ガイドラインの見直しを進めています。(23日17:30)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2757233.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性警部補「場が盛り上がる」と女性警官触る(23日)読売

奈良県警高田署の40歳代の男性警部補が、同署に勤務していた30歳代の女性警察官の体を触るセクハラ行為をしていたことがわかった。
 県警は近く、警部補を懲戒処分する方針。
 県警関係者によると、警部補は2月、同県橿原市内の飲食店で開かれた署員の送別会で、記念写真を撮影する際、当時部下だった女性警察官の胸を触るなどしたとされる。警部補は「場が盛り上がるかと思った」と事実関係を認めているという。
 送別会には署員二十数人が参加しており、県警は同席していた上司の男性警部も処分する方針。女性警察官は被害届を提出していないという。県警監察課は「厳正に対処する」としている。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160423-OYT1T50081.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮から複数発射の情報 防衛省など分析進める(23日)NHK

関係者によりますと、日本時間の23日午後6時半ごろから、北朝鮮の東岸からミサイルか、ロケットのようなものが複数発射されたという情報があり、防衛省などが分析を進めています。今のところ、日本への直接の影響は確認されていません。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160423/k10010495851000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

死後1カ月超 54歳長男と母か 将来悲観した遺書も(23日)テレビ朝日

室内には、将来を悲観した内容の遺書が残されていました。
 22日、埼玉県戸田市のマンションの一室で、死後1カ月以上が経過し、痩せ細った男性の遺体が見つかりました。また、押し入れからは、ポリ袋で何重にも包まれた遺体が見つかりました。遺体はこの部屋に住む54歳の長男と85歳の母親とみられています。室内からは、将来を悲観した内容の遺書が見つかりました。警察によりますと、長男は無職で引きこもりがちだったということで、母親が死亡した後に生活できなくなり、衰弱死した可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073331.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
春の交通安全運動結果
【治安うんちく】

2009_1228_22521931_2F1011790 今年春の全国交通安全運動期間(4月6日から15日)中の交通事故死者数は110人で前年の同運動期間より1人多かったことが警察庁のまとめで分かった。この結果、今年の累計は1090人となり、昨年同期より42人少ない。
 都道府県別でみると最も多かったのは北海道で7人。埼玉、千葉、長野、福岡がこれに続きそれぞれ6人だった。
 交通事故死者数などはあくまでも発生件数で、人口の比率で言うと全然違ってくる。
 都道府県格付研究所が更新した4月18日現在の人口10万人当たりの交通事故死者数の割合はトップが香川県で8.2人。高知の7.0人、岩手、島根の6.4人、岐阜の5.9人と続いた。
 また自動車1万台当たりの負傷者となるとトップは佐賀の160.7人。以下は福岡の155.9人、静岡の150.9人、香川の146.5人、大阪の128.0人の順。
 事故発生や死者数の抑止効果は何を基準にするかで違ってくるが、要するに発生も死者も無いのが最も良い成績と言えよう。
 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。
 【事件】23日午前2時50分ごろ、東京・北区赤羽の路上で帰宅途中の55歳の男性が後ろから来た2人組の男に首を絞められ、現金2万円などが入ったバッグを奪われる強盗事件が発生した。
 同一犯とは思えないが約4時間前の22日午後10時15分ごろ、埼玉県川口市の路上で帰宅途中の76歳の男性が後ろから来た男に後頭部を殴られ、現金4万円などが入ったかばんを奪われた。いずれも犯人は逃走中だ。
 両現場は荒川を挟んで隣接している。川口では前日にも同様事件が発生しており、広域にならなければよいのだが…なんとなく東京北部の治安悪化を感じる。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【熊本地震】全国の約900万戸は熊本地震級の揺れで倒壊の恐れ どこで起きてもおかしくない まずは身近な対策から…(23日)産経

一連の熊本地震は最大震度7を記録し、家屋が倒壊して住民が下敷きになるなど多数の犠牲者が出た。熊本県益城町では、2階建て住宅の1階部分がつぶれた家屋のすぐそばに、壁の一部が剥がれた程度の軽微な被害で済んだ住宅も目につく。国土交通省は平成7年の阪神大震災を教訓に家屋の耐震化を進めているが、いまなお全国約900万戸は今回と同規模の地震で倒壊する恐れがあるという。有識者は「九州地方などは対策が遅れていた」とも指摘する。(市岡豊大、小泉一敏)
 今回の地震は震源が比較的浅く、家屋倒壊の危険があるとされる震度6弱以上の地震が16日までに7回発生した。熊本県建築課によると、県内約68万戸の耐震化率は25年時点で75%。担当者は「それほど悪い数字ではない」と話すが、27年度末までに達成目標としていた90%には到底及ばない数字だ。
 ただ、今回のような地震について、神戸大の石橋克彦・名誉教授(地震学)は「未知の活断層も多く、全国のどこで発生してもおかしくない」と話す。
 阪神大震災では昭和56年以前の古い耐震基準の住宅で被害が集中したため、震災後には56年以前の建物に耐震診断を義務付ける耐震改修促進法が施行。国交省は改修費用を助成するなどして4年後までに住宅全体の耐震化率95%を目指す。だが、実際には平成15年に約75%だった耐震化率は25年に約82%と10年間で7ポイントしか増えていない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本地震の避難者宅で空き巣容疑 福岡の51歳男逮捕(23日)西日本

熊本県警は23日、地震による避難で留守だった住宅に忍び込み、タブレット機器などを盗んだとして、窃盗と住居侵入の疑いで福岡県糸島市、会社員の男(51)を逮捕した。県警によると、男は容疑を認め「地震後、熊本に来た」と供述している。
 県警は、14日以降の地震に乗じた窃盗事件などを県内で18件確認し、捜査を進めている。
 逮捕容疑は、15日午後10時ごろ、震源地に近い熊本県益城町宮園の無職女性宅からDVDなど計8千円相当を盗んだ疑い。
 県警によると、支援物資を届けに来た佐賀県の男性が15日夜、住宅が倒壊した地域をゆっくり走行する不審な車を発見し、近くにいた鹿児島県警の警察官に伝えた。
 連絡を受けた熊本県警は、男を御船署に任意同行。しかし、16日未明の本震で同署が使えなくなり、いったん熊本東署に移したが、地震への対応を優先して帰宅させ、23日朝に逮捕した。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/240715

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅中の男性襲いかばん奪う、埼玉・川口で相次ぐ (23日)TBS

22日夜、埼玉県川口市で、帰宅途中の男性が襲われ、かばんを奪われる事件が2件相次ぎました。
 22日午後10時15分ごろ、川口市並木の住宅街で、帰宅途中の男性(76)が後ろから近付いてきた何者かに後頭部を殴られ、現金4万円などが入ったかばんを奪われました。男性は、右肩を骨折するなど、全治3か月の大けがです。
 その45分ほど前には、およそ1.5キロ離れた川口市西川口の路上で、帰宅途中の男性(50)が後ろから近付いてきた若い男にかばんをひったくられました。
 警察は、同一犯の犯行とみて、強盗傷害事件などとして行方を追っています。
 川口市内では、20日未明にも帰宅途中の男性が現金の入ったカバンをひったくられる事件が起きていて、警察は関連を調べています。(23日11:14)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2757063.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・北区で路上強盗、男2人が首絞めバッグ奪う (23日)TBS

23日未明、東京・北区の路上で、男性が男2人に首を絞められ、現金2万円が入ったバッグを奪われました。
 23日午前2時50分ごろ、北区赤羽の路上で、帰宅途中の公務員の男性(55)がいきなり後ろから男に首を絞められ、もう1人の男に現金2万円などが入った手提げバッグを奪われました。男2人は現場から走って逃げたということです。
 現場は東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅から150メートルほどの住宅街で、警視庁は強盗事件として2人の行方を追っています。(23日11:26)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2757162.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

衝突で運転代行業2人死亡 ワゴン車運転手が逃走(23日)テレビ朝日

23日未明、茨城県つくば市で軽自動車とワゴン車が衝突する事故があり、軽自動車の2人が死亡しました。ワゴン車を運転していた人物は車を放置して逃げていて、警察が行方を追っています。
 午前2時半ごろ、つくば市の交差点で、国道を直進していた軽自動車と左側から来たワゴン車が衝突しました。軽自動車に乗っていた運転代行会社の従業員・匂坂秋好さん(57)とアルバイトの小柴直樹さん(35)が、全身を強く打って死亡しました。ワゴン車を運転していた人物は車を放置して逃げていて、警察は死亡ひき逃げ事件として行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073321.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

G7農相会合 会場周辺で警戒続く 新潟(23日)NHK

来月、三重県で行われる「伊勢志摩サミット」に合わせて行われる閣僚会合の1つ、G7=主要7か国の農相会合が午後から新潟市で始まります。会場の周辺ではテロなどを防ごうと車両の検問が行われるなど警戒が続いています。
 G7=主要7か国の農相会合は23日と24日、新潟市で開かれ、「伊勢志摩サミット」に合わせて行われる閣僚会合では、広島市での外相会合に続く2番目の開催となります。
会場となる新潟市中央区の複合施設「朱鷺メッセ」では施設に通じるおよそ1キロの道路でテロなどを防ごうと警察による検問が行われています。
警察官は道路を通る車を停車させて、ドライバーに免許証の提示を求め、鏡のついた棒を使って車両の底の部分を見たり、トランクを開けたりして、不審物がないか確認していました。
会合が始まるのは午後からで、警察による警戒は施設の中でも行われているほか、会場脇の信濃川でも海上保安本部による警戒が続いています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160423/k10010495271000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻殺害容疑の男承諾殺人で起訴(23日)NHK

先月、日光市の林道脇で34歳の男が妻の首を絞めて殺害し、遺体を放置したとして、警察に逮捕された事件で、宇都宮地方検察庁は22日、妻から同意を得たうえで殺害したなどとして、男を承諾殺人と死体遺棄の罪で起訴しました。

起訴されたのは、大阪・西区の無職、羽野克志被告(34)です。
起訴状などによりますと、羽野被告は先月17日、日光市小代の林道脇で、妻の志津加さん(40)の同意を得たうえで首をロープで絞めて殺害し、その場に遺体を放置したとして、承諾殺人と死体遺棄の罪に問われています。
羽野被告は、先月から今月にかけ、殺人と死体遺棄の疑いで逮捕されましたが、調べに対し、「肺の病気で自分は体が弱く、妻と2人で死のうと思った。一緒にロープを購入し、そのロープで妻の首を絞めた」と供述したことから、警察は、さらに事件のいきさつを調べていました。
その結果、羽野被告と志津加さんが宇都宮市内のホームセンターの防犯カメラに、犯行に使われたとみられるロープを購入する様子が映っていたほか、殺害現場から志津加さんが書いたとみられる遺書のようなものが見つかったということで、宇都宮地方検察庁は、妻の同意を得たうえで殺害したとして、承諾殺人の罪を適用し起訴しました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1094431551.html?t=1461365517570

| コメント (0) | トラックバック (0)

横断歩道の男児 ひかれ重体、千葉・市川市(23日)TBS

22日、千葉県市川市で横断歩道を渡っていた男の子が軽トラックにはねられる事故があり、男の子は意識不明の重体です。
 22日午後6時半すぎ、市川市富浜の市道で、男の子が横断歩道を渡っていたところ、横から来た軽トラックにはねられました。警察によりますと、はねられたのは、近くに住む4歳くらいの男の子で、頭を強く打っていて、意識不明の重体です。
 警察は、軽トラックを運転していた小島敏容疑者(49)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。小島容疑者は「ブレーキを踏んだが、間に合わなかった」などと、容疑を認めているということです。
 事故が起きた現場は、東京メトロ東西線の「妙典駅」近くにある信号機が付いた横断歩道で、警察は事故の原因を詳しく調べています。(23日01:13)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2756842.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

都のイベント参加者443人分のアドレス流出 全員のアドレス見える状態でメール送信(23日)産経

都港湾局は21日、海の森公園予定地で行われた植樹会に参加した都民らが登録している「海の森友の会」会員にイベントの告知メールを送る際、誤って全員のアドレスが見えるような状態で送信し、443人のメールアドレスを流出させたと発表した。流出による影響は今のところ出ていないという。
 同局によると、メールは午後6時すぎ、3回に分けて送信。午後6時半ごろ、会員から指摘があり、流出に気づいた。本来は上司らがチェックする手はずだったが、「4月に異動があり、徹底が図られていなかった」(担当者)という。http://www.sankei.com/affairs/news/160422/afr1604220043-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

J-WAVEでも不正アクセス 個人情報64万件流出か 日本テレビに続き(23日)産経

 FMラジオ局「J-WAVE」は22日、同社のホームページ(HP)が不正アクセスを受け、聴取者の個人情報約64万件が流出した可能性があると発表した。流出したのは平成19年以降に同社HPを通じて番組にメッセージを送った聴取者の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど。これまでに流出情報の悪用は確認されていないという。
 同社によると不正アクセスがあったのは21日未明。流出経緯を確認中で、警察などへ届け出るという。
 同社は「今後このような事態を招かないよう、さらなる情報セキュリティー強化の徹底に努めてまいります」としている。
 不正アクセスをめぐっては、日本テレビが21日に約43万件の個人情報が流出した可能性を公表している。http://www.sankei.com/affairs/news/160422/afr1604220052-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「きずな隊」が避難所訪問=女性警官が被災者支援-阿蘇市・熊本地震(23日)時事

熊本地震の避難者支援のため、警視庁の女性警察官を中心に組織された「きずな隊」が22日、同県阿蘇市の避難所「農村環境改善センター」を訪問した。心のケアや防犯のアドバイスが目的で、避難生活の状況を聞いたり、空き巣への注意を呼び掛けるチラシを配布したりした。
 生後3カ月の赤ちゃんと身を寄せる荒木アキエさん(26)は、夜は自宅に戻るが、日中のほとんどを避難所で過ごしている。きずな隊から空き巣が頻発している現状を聞き、「しっかり戸締まりして気をつけます」と話した。
 河崎安代さん(79)は、エコノミークラス症候群を防ぐため身体を動かすようアドバイスされた。「避難生活は分からないことばかりで毎日不安。優しく話し掛けてくれて安心しました」と笑顔を見せた。
 きずな隊の宮永千草巡査部長(42)は「避難者と話すことで、不安や困っていることを少しでも解消できれば」と話した。(2016/04/22-21:52)

| コメント (0) | トラックバック (0)

凶器のDNA、被告と一致せず 大阪・平野母子殺害(23日)朝日

2002年に大阪市平野区で起きた母子殺害事件で死刑判決を受け、最高裁で破棄された後に無罪とされた大阪刑務所職員・森健充(たけみつ)被告(58)の差し戻し後の控訴審で、検察による凶器のDNA型鑑定の結果、被告と完全に一致する型は検出されなかったことがわかった。大阪高裁は22日、鑑定のため約3年間中断していた審理を6月に再開することを明らかにした。「新証拠」を求めた検察は厳しい立証を迫られそうだ。
 差し戻し後の控訴審は13年7月に高裁で始まった。被害女性(当時28)の絞殺に使われた犬の散歩用のひもなどの遺留品は起訴後に裁判所に保管され、検察は裁判所職員らが触った可能性があるとみて見送っていた鑑定が有罪立証のため不可欠と判断。ひものほか、女性と長男(当時1)の着衣、室内のソファ、バスマットのDNA型鑑定を高裁に請求し、認められた。
 関係者によると、検察側の依頼を受けた法医学者が鑑定した。その結果、凶器のひもからは性別が男性であることを示すDNA型が検出されたものの、森被告のものとは完全に一致せず、そのほかの遺留品も同様だったという。
 高裁の第2回公判は6月23日。鑑定人は今回の結果を鑑定書にまとめ、検察側が証拠提出する。検察はこの内容を踏まえ、公判で意見を示すとみられる。(阿部峻介)
     ◇
 〈大阪市平野区の母子殺害事件〉 2002年4月、マンション一室が全焼して女性と長男の遺体が見つかった。11月、女性の義父の森被告を大阪府警が逮捕。マンションの階段踊り場の灰皿にあったたばこの吸い殻72本のうち1本から被告のDNA型と一致する唾液(だえき)成分が検出され、一審の無期懲役、二審の死刑判決の決め手とされた。残る吸い殻は府警が紛失して問題に。最高裁は10年4月、吸い殻が事件以前に捨てられた可能性があるとして審理を差し戻し、大阪地裁は12年3月に無罪を言い渡した。

Logo2

http://www.asahi.com/articles/ASJ4Q5QK2J4QPTIL012.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バス乗り場に白い粉、防護服姿で消防出動し騒然(23日)読売

22日午前9時35分頃、茨城県つくば市吾妻のつくばセンターバス乗り場で、ベンチの近くに白い粉が落ちていると110番があった。
 つくば中央署員らが駆けつけ、4番乗り場のベンチ近くの地面で白い粉約100~150グラムが確認された。市消防本部の化学隊4人が防護服姿で出動するなど、周辺は一時騒然となった。
 同署によると、粉に毒性はなく、放射性物質は含まれていなかった。県警では事件性はないとみているが、成分について科学捜査研究所で詳しく調べる方針。
 関東鉄道自動車部によると、バスは4番乗り場の発車便を5番乗り場に振り替えた。首都圏新都市鉄道によると、つくばエクスプレス(TX)つくば駅構内では一時、多機能トイレを閉鎖した。いずれも運行に影響はなかった。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160423-OYT1T50006.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2台の車が正面衝突し転落 2人死亡3人重軽傷(23日)NHK

23日未明、岐阜県瑞穂市の堤防道路で、軽乗用車と普通乗用車が正面衝突したあと2台とも河川敷に転落し、軽乗用車に乗っていた男女2人が死亡、双方の車の3人が重軽傷を負いました。
 23日午前2時すぎ、岐阜県瑞穂市大月の揖斐川の堤防道路で、若い男女4人が乗った軽乗用車と普通乗用車が正面衝突し、2台ともおよそ20メートル下の河川敷に転落しました。
この事故で、軽乗用車に乗っていた18歳の少年と20歳の女性の2人が頭を強く打つなどして死亡しました。
また、軽乗用車に乗っていた10代後半の少年2人と、普通乗用車を運転していた34歳の男性の3人が重軽傷を負いました。
現場は、瑞穂市郊外にあるセンターラインのない直線の堤防道路で、当時は交通量も多くなかったということです。
警察が詳しい事故の状況を調べています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160423/k10010495171000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

10代の少女誘拐の疑いで県職員の男逮捕 静岡(23日)テレビ朝日

静岡県で10代の少女を誘拐したとして、26歳の県の職員の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、静岡県沼津市に住む、静岡県立あしたか職業訓練校の技師・吉田成輝容疑者です。吉田容疑者は去年8月上旬、県内に住む飲食店店員の10代後半の少女を未成年であることを知りながら誘拐した疑いが持たれています。警察の調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めています。吉田容疑者は家出した少女を自宅アパートの部屋まで車に乗せて連れて行き、約8カ月間にわたり、一緒に暮らしていたということです。少女に監禁されたような痕はなく、健康状態にも問題はありませんでした。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073294.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「おばあちゃん金貸して」詐欺の疑いで組幹部を逮捕(23日)テレビ朝日

「おばあちゃん、お金貸して」などと嘘の電話を掛け、85歳の女性から150万円をだまし取ったとして32歳の暴力団幹部の男が逮捕されました。  指定暴力団住吉会系組幹部の渡辺佳太容疑者は、おととし6月、千葉県の女性に孫を装って「電車にかばんを忘れた。会社に損害を出してしまう。おばあちゃん、お金貸して」などと嘘の電話を掛け、150万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、渡辺容疑者は現金の受け取り役から現金を回収する役だったとみられますが、「全く身に覚えがない」と容疑を否認しています。警視庁は、だまし取った金が暴力団に流れていたとみて、東京・新宿区の組事務所を家宅捜索するなどして調べています。

2009_1229_211958annlogo1

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073296.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月22日 | トップページ | 2016年4月24日 »