« 【五輪バド金候補闇カジノ賭博】桃田選手は無期限出場停止 田児選手は無期限登録抹消(10日)産経 | トップページ | 乗用車が道路脇の斜面に転落炎上 2人死亡 島根(10日)NHK »

2016年4月10日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
軽犯罪が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011704 刑法犯の認知件数が減っているのに対して特別法犯の送致件数が増加している。
 警察庁によると今年2月までの送致件数は1万0845件で、なんと前年同期に比べて1155件も増加した。
 増加した主なものは軽犯罪法で送致件数は1441件の+208件。さらに覚醒剤取締法が1965件で+177件、大麻取締法が422件で+129件、迷惑防止条例が1385件で+107件、不正アクセス禁止法が144件で+106件と続いた。
 これに対して減少したのは売春防止法が55件で-39件。医薬品医療機器等法は147件で-28件など。
 増加のトップの軽犯罪法とはどんなものか具体的に分かるかな???
 合い鍵やのみ、ガラス切りをもっていれば該当してしまいますよ。勿論ドライバーやペンチ、やすり、ハンマー、スパナまでは分かりますが、なんと「合い鍵」ばかりでなく「懐中電灯」も軽犯罪法の対象となるので注意しましょう。但し、正当な理由があれば対象にはなりません。
 「軽犯罪法」というぐらいだから「軽い」ものよと思ったら大間違いです。違反者は全て拘留または科料がつきます。特に拘留は1日以上30日未満になります。罰則はそうですが、これらは住居不定や出頭に応じないなどの事情がない限り、基本的には身柄を拘束されることはありません。
 職務質問などが立件の契機になるが、立件されてしまうと前科・前歴が付いてしまうので「軽く」みてはなりません。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【注意】 全国春の交通安全運動期間中なのに交通死亡事故が多すぎる

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 【五輪バド金候補闇カジノ賭博】桃田選手は無期限出場停止 田児選手は無期限登録抹消(10日)産経 | トップページ | 乗用車が道路脇の斜面に転落炎上 2人死亡 島根(10日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63467093

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 【五輪バド金候補闇カジノ賭博】桃田選手は無期限出場停止 田児選手は無期限登録抹消(10日)産経 | トップページ | 乗用車が道路脇の斜面に転落炎上 2人死亡 島根(10日)NHK »