« オウム立ち入り、15年は24施設 公安調査庁 (8日)日経 | トップページ | 少年立ち直り担当の警部補逮捕 少女にわいせつ行為か(8日)NHK »

2016年4月 8日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
ひったくり被害者の多いのは何歳
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011685 作日は重要犯罪について記したが、今度は重要窃盗犯の被害者、被疑者の年齢別を見てみよう。
 警察庁によると今年2月までに発生した重要窃盗犯の認知件数は1万5000件でうち侵入盗は1万1699件。このうちの被害者で最も多かったのは法人・団体の2653件、以下40歳代、50歳代と続いた。
 自動車盗の被害者も法人・団体が1位で、以下、40歳代、50歳代の順。
 但し、ひったくりになると被害者で最も多いのは意外に20歳代だ。続いて40歳代、70歳代の高齢者と続く。すりは20歳代、30歳代、40歳代の順。
 これに対して検挙された被疑者を見ると窃盗犯全体の検挙人員は1246人。年齢別では20歳代、30歳代、40歳代。 
 侵入盗では1089人を検挙しているが、やはり窃盗犯全体と同じで20歳代、30歳代、40歳代の順で多い。
 自動車盗ではちょっと違って、14歳から19歳の若者が最も多く32人が検挙されている。以下は30歳代、20歳代と続いた。
 ひったくりは20歳代が最多で、2位は14歳から19歳の若者と続いた。すりは20歳代、30歳代、40歳代の順となっている。
 自動車盗やひったくりは若者に多いが、民家などに泥棒に入るとなるとやはり20歳代から40歳代の働き盛になるようだ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« オウム立ち入り、15年は24施設 公安調査庁 (8日)日経 | トップページ | 少年立ち直り担当の警部補逮捕 少女にわいせつ行為か(8日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63457664

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« オウム立ち入り、15年は24施設 公安調査庁 (8日)日経 | トップページ | 少年立ち直り担当の警部補逮捕 少女にわいせつ行為か(8日)NHK »