« 貸金業者装い「返済能力見極める」と現金詐取 詐欺グループ11人逮捕・警視庁(20日)産経 | トップページ | 3月の訪日外国人200万人突破 月間で過去最高(20日)NHK »

2016年4月20日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
最も遅いペース
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011793 15人が死亡した今年1月15日の長野県軽井沢町のスキーバス事故。国土交通省が全国で貸し切りバスの抜き打ちで街頭監査を実施したところ、なんと全体の35.5%に違反が見つかったというから、恐ろしい話しである。
 この事故の死者数も含めて今年4月7日に交通事故死者数が1000人を突破したという。
 警察庁によると7日に全国で12人が死亡。この結果、同日現在の死者数は1004人となった。1000人台となったのは昨年より4日遅く、昭和45年以降で最も遅いペースだ。
 年間を通しても交通事故死者数は減少傾向にあるが、今年に入り、死者数が増加したのは長野の+30人を頭に茨城の+14人、徳島の+9人、福井の+7人、岩手、岐阜、熊本の3県がそれぞれ+6人の順。
 逆に減らしたのは大阪の-16人をトップに鹿児島と神奈川の-14人、佐賀、京都の-10人など。
 最近は、当人が事故に遭わないようにいくら注意しても、〝貰い事故〟が多いので注意しようがない。どうか、ハンドルを握る時は常に「事故は自分だけでない。他人の生命も預かっている」という気遣いを持ってほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 貸金業者装い「返済能力見極める」と現金詐取 詐欺グループ11人逮捕・警視庁(20日)産経 | トップページ | 3月の訪日外国人200万人突破 月間で過去最高(20日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63513457

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 貸金業者装い「返済能力見極める」と現金詐取 詐欺グループ11人逮捕・警視庁(20日)産経 | トップページ | 3月の訪日外国人200万人突破 月間で過去最高(20日)NHK »