« 空き巣容疑でペルー国籍の男3人を逮捕 同種事件50件に関与か 警視庁(11日)産経 | トップページ | “来週だけ”当日の申し込み可能 皇居の一般参観(11日)テレビ朝日 »

2016年4月11日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)
しっかりしろ宮城県警
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011703 戦後最低の数字となった昨年の刑法犯認知件数は3月に入っても依然として減少記録を更新している。
 警察庁によると今年3月までの全国の刑法犯認知件数は23万0928件で前年同期より2万0332件も減少した。8574件も減らした非侵入盗の効果によるものと見られる。
 認知件数が最も多かったのは東京で3万1761件。続いて大阪の2万8309件、愛知の1万6731件、埼玉の1万5920件、神奈川の1万3725件と続いた。
 抑止力が最高だったのは大阪で-3192件。さらに東京の-2169件、福岡の-2055件、愛知の-1621件、兵庫の-1297件の順だった。
 これに対して抑止力が弱く増加したのは宮城の341件を頭に青森の91件、岩手の87件と続き、6県警の東北管区警察局管内では福島が44件減らし山形-3件、秋田-2件。その結果、東北管区管内で470件の増加となってしまった。
 対照的なのは近畿管区警察局管内の減少。3192件も減らした大阪を筆頭に、近畿管区の6府県警で計5779件も減らしている。その他5の管区警察局も減少しており、増加したのは東北管区だけだった。
 全国で最も増加した宮城県警では窃盗犯が287件も増えるなど凶悪犯、粗暴犯、窃盗、知能犯とあらゆる分野で増加している。
 震災で地域社会に変化が出て、人間関係が希薄になったことも要因だろうが、こんな時こそ、東北人の意地を見せてほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
【注意】 全国春の交通安全運動期間中なのに交通死亡事故が多すぎる

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 空き巣容疑でペルー国籍の男3人を逮捕 同種事件50件に関与か 警視庁(11日)産経 | トップページ | “来週だけ”当日の申し込み可能 皇居の一般参観(11日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63471571

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 空き巣容疑でペルー国籍の男3人を逮捕 同種事件50件に関与か 警視庁(11日)産経 | トップページ | “来週だけ”当日の申し込み可能 皇居の一般参観(11日)テレビ朝日 »