« 2016年4月12日 | トップページ | 2016年4月14日 »

2016年4月13日

2016年4月13日 (水)

築地市場で販売の有毒魚「バラハタ」、中華蒸し料理で提供済みだった 客6人、健康被害なし(13日)産経

築地市場(東京都中央区)の仲卸店が食中毒を起こす恐れがある有毒魚「バラハタ」を誤って販売した問題で、都は13日、購入した同区内の中華料理店がすでに客6人に提供していたと発表した。体調不良などの訴えはなかったという。
 都によると、販売されたバラハタ1匹は12日夜、蒸し料理にして、2グループ計6人に提供された。バラハタが含むシガテラ毒は摂取後1~8時間で発症するとされ、今後、健康被害が出る可能性は低いという。
 バラハタは別の魚と勘違いした仲卸店が12日午前に販売。食べると手足のしびれなどの神経症状が出る恐れがあり、都で販売先の特定を急いでいた。http://www.sankei.com/affairs/news/160413/afr1604130023-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡・掛川で乗用車が路線バスと衝突、7人けが (13日)TBS

路線バスの乗客5人を含む7人がけがをしました。
 13日午後1時20分ごろ、静岡県掛川市の市道で74歳の男性が運転する乗用車と、対向車線から来た路線バスが衝突する事故がありました。この事故で、バスに乗っていた40代から80代の乗客5人と双方の運転手、合わせて7人が首や胸を打つなどの軽傷を負って病院へ運ばれました。
 現場の状況から74歳男性の運転する乗用車が対向車線にはみ出したとみられていて、警察が事故の原因を調べています。(13日21:55)

2009_1229_211958annlogo1_7
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2748949.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

追い出し行為に賠償命令 家賃滞納で家財処分は「窃盗罪」 東京地裁(13日)産経

 家賃滞納を理由に、玄関ドアに錠を取り付けて入れなくするなどしたのは不当な「追い出し行為」だとして、東京都の40代男性が山口県岩国市の家賃保証会社「ラインファクトリー」に330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、同社に55万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は平成21年1月、同社を連帯保証人として神奈川県海老名市のアパートに入居。仕事を辞め、昨年3、4月の家賃計8万円を滞納したところ、同社は錠を取り付けた上、家財を無断で処分し、男性は9日間公園やファストフード店で過ごした。
 戸室壮太郎裁判官は、こうした行為が「窃盗や器物損壊罪にあたる」と指摘。処分された家財の損害を30万円と算定し、ホームレス状態を強いられた慰謝料20万円など計55万円の賠償を命じた。ラインファクトリーは「担当者がおらずコメントできない」とした。http://www.sankei.com/affairs/news/160413/afr1604130015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

プロバスケ選手を逮捕、香川県警 大麻所持容疑(13日)西日本

香川県警は13日、大麻を所持したとして大麻取締法違反容疑で、プロバスケットボールTKbjリーグ「高松ファイブアローズ」選手で、米国籍のニノ・ディアンジェロ・ジョンソン容疑者(23)=高松市高松町=を逮捕した。
 逮捕容疑は13日、自宅で若干量の大麻を所持した疑い。県警によると「知らない」と容疑を否認している。
 県警が情報提供を受けて捜査していた。自宅マンションを家宅捜索したところ、乾燥大麻と吸引器具を見つけた。入手経路などを調べる。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/237736

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸山口組、15日に指定暴力団に 官報公示で効力発生 (13日)日経

国内最大の暴力団山口組(神戸市)から分裂して発足した神戸山口組(兵庫県淡路市)の暴力団対策法に基づく指定暴力団への指定について、15日に官報に公示されて効力が発生することが13日、兵庫県警への取材で分かった。
 公示により、組員による不当要求行為への中止命令といった規制が可能になる。指定の有効期間は3年間。
 国家公安委員会の通知を受け、兵庫県公安委が7日、指定暴力団とすることを決定していた。
 県警によると、15日午前8時半ごろ、国立印刷局のホームページで公示。神戸山口組の名称や事務所の所在地、代表者の氏名などの情報が掲載される。県公安委は公示を受け、神戸山口組に指定を通知する予定。
 一方、12日午後11時25分ごろ、大阪市浪速区元町2の神戸山口組系組事務所が入る3階建てビルで、1階出入り口のインターホンが壊されているのを通報を受けた大阪府警浪速署員が確認した。同署は分裂を巡るトラブルが背景にあるとみて、器物損壊容疑で調べている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H2X_T10C16A4CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩き続け物色?18歳少年ら43歳男性を暴行、現金奪う(13日)テレビ朝日

男性を見つけるまでの間、数時間にわたって歩き続けていました。
 逮捕・送検されたのは、名古屋市の小川龍容疑者(20)と18歳の少年ら2人の合わせて3人です。警察の調べによりますと、3人は先月23日、路上で藤川順一さん(43)に暴行を加えたうえ、現金2700円余りを奪った疑いです。藤川さんは現在も意識不明の重体です。その後の警察への取材で、3人は帰宅途中の藤川さんを見つけるまでの間、数時間にわたって歩き続けていたことが分かりました。取材に対し、小川容疑者の父親は「被害者に本当に申し訳ない」と話しています。

2009_1229_211958annlogo1_6
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072462.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士などによる後見人不正 過去最悪の37件に(13日)NHK

認知症の人などの財産を管理する後見人に選ばれた、弁護士や司法書士などが横領などの不正を行った件数は、去年、過去最悪の37件に上ったことが分かりました。後見人を選定している裁判所は、「監督を強化し、不正の防止に努めたい」としています。
 認知症など判断能力が十分でない人は、家族が家庭裁判所に財産の管理を申し立てると、裁判所に選ばれた親族や弁護士、司法書士などが後見人や保佐人になりますが、認知症の高齢者が増えるなか、不正も相次いでいます。
最高裁判所のまとめによりますと、去年、弁護士や司法書士などの「専門職」が横領などの不正を行った件数は、前の年から15件、率にして70%近く増え、過去最悪の37件となりました。これらの不正による被害の額は1億1000万円でした。
一方、親族なども含めた全体の不正の件数は521件、被害額は29億7000万円で、件数、額ともに6年前に最高裁が調査を始めてから、初めて前の年より減りました。
最高裁によりますと、16年前に制度が始まった当初は、後見人の多くが親族でしたが、不正が相次いだため「専門職」を選ぶようになり、現在は後見人の5割以上が「専門職」だということです。
最高裁判所は「専門職の数が増えた結果、不正も増えたのは問題だ。家庭裁判所が財産の状況をこまめに確認するなど監督を強化し、不正の防止に努めたい」としています。

不正相次ぎ対策も

後見人による不正が相次いでいることを受けて、弁護士や司法書士の団体は対策に取り組んでいます。

詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/k10010477561000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)
あ~ おやじ狩り
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011706 歩いている老人を狙った強盗事件を繰り返していた少年2人が4月に入って、警視庁に逮捕された。2人は3月に東京・練馬区で散歩中の81歳の男性に暴行を加えて現金を奪った容疑。「おやじ狩り」と称して同様の犯行を繰り返しており被害者は7人に及ぶという。
 「おやじ狩り」--懐かしい事件名だ。平成9年に小欄が警察庁を担当しているころ話題になった。某通信者の記者が「昨日、帰るときおやじ狩りに遭ってさ…」など笑えない話しもある。
 この「おやじ狩り」の事件名が初めて警察白書に登場したのは平成9年版。同8年に殺人や強盗など凶悪犯で検挙された少年は1496人にのぼり前年に比べて15.9%も増加するなど凶悪化傾向にあった。
 平成8年には千葉県警が7人の男子高校生を「おやじ狩り」を働いていたとして検挙している。7人はゲーム代などの遊ぶ金欲しさから、「おやじ狩り」と称して、通行中の中年男性に因縁を付け、逃げられないように取り囲んで殴る、蹴るの暴行を加え現金などを奪うというもの。
 白書にあるように当時は少年の凶悪な犯罪が増加していたが、今、そのような傾向がチラっと出ている。
 警察庁によると今年3月までの刑法犯で検挙された少年は8183人で前年同期に比べて1859人も減少した。ところが強盗、殺人などの凶悪犯が166人も検挙され前年より26人も上回った。
 その他では粗暴犯が1123人で-80人。窃盗犯が6186人で-1380人、知能犯が182人で-15人となっている。
 凶悪犯の中でも強盗犯が前年同期を27人上回り、検挙者数は112人にのぼった。
 少年も含め犯罪の認知件数が減少傾向にある中での強盗犯の増加-早期対策が望まれる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【注意】 全国春の交通安全運動期間中なのに交通死亡事故が多すぎる

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガールズバー店員、半数が“JK世代” 韓国籍経営者を逮捕「若い方が客よく来る」 大阪府警(13日)産経

ガールズバーで16歳の少女に接待行為をさせたなどとして、大阪府警生活安全特捜隊などは13日、風営法違反(年少者雇用・無許可営業)の疑いで、大阪府東大阪市足代新町のガールズバー「Basara」を摘発し、経営者で韓国籍の鄭開喜(ていかいき)容疑者(32)=大阪市北区同心=ら男2人を逮捕したと発表した。
 同隊によると、店が雇っている女性従業員約15人のうち、半数が現役高校生を含む15~17歳だったという。鄭容疑者は「若い子のほうがお客さんがよく来てくれるので雇っていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は12日午後10時~10時20分ごろ、店内で16歳の少女2人に18歳未満と知りながら酒の提供など客の接待をさせ、無許可で風俗営業をしたとしている。http://www.sankei.com/west/news/160413/wst1604130073-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無許可で楽曲使い演奏した疑い、クラブ経営者ら逮捕 (13日)TBS

東京・新宿区歌舞伎町のクラブで、無許可で楽曲を使い、カラオケやピアノの生演奏をしていたなどとして、経営者の男らが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは新宿区歌舞伎町のクラブ経営・大賀義久容疑者(67)ら2人で、去年6月、楽曲の著作権を管理している「JASRAC」に申請せずに「ブルー・ライト・ヨコハマ」など楽曲3曲を、クラブでカラオケやピアノの生演奏で客に歌わせたなどの疑いが持たれています。
 大賀容疑者らは30年ほど前から無許可で演奏を繰り返していて、使用料や違約金あわせておよそ1000万円を払っていなかったということです。取り調べに対し、大賀容疑者は「店の営業を続けるために、やむなくやってしまった」と容疑を認めているということです。(13日11:46)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2748719.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

水害直後、避難者宅に侵入し金品盗んだ疑い 5人逮捕(13日)朝日

昨年9月10日の水害発生直後に茨城県常総市内の避難者宅に侵入し金品を盗んだとして、茨城、埼玉、神奈川の3県警は、川崎市内の男2人と少年3人を窃盗と住居侵入の疑いで逮捕したと13日、発表した。
 茨城県警捜査3課によると、逮捕されたのは建設会社長草間清隆(23)=川崎市川崎区観音1丁目=、無職大高岳陽(たかはる、33)=同区南町=の両容疑者と、いずれも川崎市内に住む19歳の少年2人と18歳の少年。大高容疑者は容疑を否認、他の4人は認めているという。
 5人は共謀して、常総市鬼怒川が決壊した昨年9月10日夜から翌11日昼ごろまでの間、常総市原宿の会社員の男性(59)方に侵入。現金10万円のほか、腕時計とネックレス(総額18万円相当)を盗んだ疑いがある。男性方は床上浸水し、10日午後6時ごろに無施錠のまま避難したあとは無人だったという。
 草間容疑者がニュースで水害の映像を見て犯行を思いつき、知人の大高容疑者と、会社の従業員だった少年3人を誘った。5人は被災地で怪しまれないように川崎市内のホームセンターで長靴やカッパを買い、車で常総市へ向かったという。
 常総市内では被災住宅などを狙った窃盗事件の被害届が39件あった。草間容疑者は10件以上に関与したとほのめかしているという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ4F5D4LJ4FUJHB00N.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

エレベーターと床に挟まれ、37歳女性社員死亡(13日)読売

13日午前8時半頃、北海道富良野市花園町の食品加工会社「西川食品」で、同市東麻町の社員前田美由紀さん(37)がエレベーターと床に挟まれた。
 前田さんは搬送先の病院で死亡が確認された。
 道警富良野署によると、前田さんは総菜の調理工程を担当していた。総菜の容器が入った段ボール箱を載せた業務用エレベーターが1階から2階へ上昇する途中で停止した。前田さんが2階からエレベーターに体を乗り入れたところ、エレベーターが落下し、エレベーターの天井と2階の床に体を挟まれたという。同署で事故の原因を調べている。

2016年04月13日 13時18分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

「白い袋が置かれている」 病院に赤ちゃんの遺体(13日)テレビ朝日

岐阜市の病院で13日朝、生まれた直後とみられる女の子の遺体がポリ袋に入った状態で発見されました。警察は死体遺棄事件として捜査しています。
 午前8時50分ごろ、岐阜市の村上記念病院の警備員から、「白い袋が置かれているから見に来てほしい」と警察に通報がありました。警察によりますと、病院の通路に置かれたポリ袋の中からタオルにくるまれた生まれた直後とみられる女の子の遺体が見つかったということです。警察は、死体遺棄事件として周辺の防犯カメラを解析するなどして捜査を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_5

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072439.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新宿ゴールデン街火災 66歳男を逮捕 建物に侵入容疑(13日)NHK

12日、東京・新宿歌舞伎町のゴールデン街で起きた火事で、警視庁は火元とみられる建物に侵入した疑いで66歳の無職の男を逮捕しました。警視庁は火事との関連についても調べることにしています。
 12日午後、東京・新宿歌舞伎町のゴールデン街にある飲食店の2階付近から火が出て燃え広がり、木造の建物3棟が焼け、女性1人が煙を吸って軽いけがをしました。
警視庁は火が出た原因を調べるとともに、直前に火元とみられる建物に出入りする男の姿が近くの防犯カメラに写っていたことから行方を捜査していました。その結果、12日の午後4時ごろに、現場近くで警察官が職務質問した男と特徴が似ていることが分かり、13日、新宿区内で見つけて逮捕しました。
逮捕されたのは、住所不定で無職の春名弘容疑者(66)で、正当な理由がないのに建物の2階に通じるドアから内部に立ち入った建造物侵入の疑いがもたれています。
これまでの調べによりますと、春名容疑者は火が出る直前の12日午後1時18分から5分ほどの間、無施錠のドアから侵入したということです。
また、春名容疑者は路上で生活していたとみられ、12日、職務質問を受けた際には酒に酔った様子だったということです。
警視庁によりますと、調べに対し春名容疑者は、建物に侵入した容疑を認めているということです。
警視庁は当時の行動や火事との関連についても調べることにしています。

建物に出入りする男 防犯カメラで確認

火事が起きた新宿ゴールデン街の新宿三光商店街振興組合の石川雄也理事長(42)は、火事の直前に火元とみられる建物に出入りする男の姿が写っていた防犯カメラの映像を確認したということです。
その映像について、「火事の直前にリュックを背負った中年くらいの男が道路ををふらついている様子が防犯カメラに写っていた。男はいろいろな店のドアを触って、開いている店がないか探しているようだった。火が出た建物にも入っていく様子が写っていて、すぐに出てきてまたどこかに立ち去っていた」と話していました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/k10010477381000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

新宿ゴールデン街火災 出火直前に男性が出入り(13日)NHK

12日、飲食店が密集する東京・新宿歌舞伎町のゴールデン街で起きた火事で、火が出る直前に火元とみられる建物の2階に出入りしていた男性がいたことが分かり、警視庁は火事との関連を調べるとともに、消防と合同で現場検証をして原因を調べています。
 12日午後、東京・新宿歌舞伎町のゴールデン街にある2階建ての飲食店の2階付近から火が出て、飲食店などが入った木造の建物3棟、合わせておよそ300平方メートルが焼け、女性1人が煙を吸って軽いけがをしました。
この火事で、警視庁は13日午前中から東京消防庁と合同で現場検証を進めています。
これまでの調べで、火元とみられる建物の2階は空き店舗になっていて、12日午前中は改装工事のため工事関係者が訪れていたということですが、その後の調べで、出火の直前に2階に出入りしていた男性がいたことが警視庁への取材で分かりました。
近くの防犯カメラに映っていたということで、男性は帽子をかぶりリュックサックを背負っていたということで、警視庁は火事との関連を調べています。また、現場を詳しく調べて火元や出火原因の特定を進めています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/k10010477171000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

店舗、住宅密集地で4棟焼ける 火元の1人逃げ遅れか(13日)テレビ朝日

12日夜、石川県羽咋市で住宅など4棟を焼く火事がありました。出火元の家から1人の遺体が見つかり、警察と消防はこの家に住む女性とみて調べています。
 午後9時20分ごろ、羽咋市の住宅から火が出ているのを近所の住民が見つけ、通報しました。火はこの住宅と隣接する店舗など合わせて4棟を焼き、約2時間後に消し止められました。この火事で、出火元の焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察と消防は、この家で一人暮らしだった89歳の女性が逃げ遅れたとみて身元を調べています。現場はJR羽咋駅の近くの商店街の一角で、店舗や住宅が密集していました。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072423.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【ベルギー同時テロ】ドイツが「憲法」改正を検討、治安維持に軍投入も(13日)産経

南ドイツ新聞は12日、ドイツ政府がパリ同時多発テロやベルギー同時テロを受け、連邦軍を国内の治安維持に投入するための基本法(憲法)改正を検討していると報じた。安全保障政策に関する2016年版白書の草案を入手したという。
 ドイツではナチス時代の反省から、国内の治安維持はあくまでも警察の役割。連邦軍の出動は大規模災害などの「非常事態」に限られている。連立与党内には、テロ対策は警察の増員で対応するべきだとの声もあり、論議を呼びそうだ。
 草案は、イスラム過激派によるテロへの懸念が強まっていることを念頭に「連邦軍による国内外の脅威からの防衛を、明確な法的根拠で可能にする必要がある」と指摘。海外派遣については国連や北大西洋条約機構(NATO)など、現行の基本法が条件にしている「相互的集団安全保障制度」下に限らず、有志国連合の下で行われる作戦でも可能にするべきだとしている。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/160413/afr1604130002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【だまされるな特殊詐欺・電話音声付き】「明日返してくれんだべ」「信じてるからな」…被害者との通話実録初公開、警視庁(13日)産経

産経新聞とニッポン放送は息子を装うオレオレ詐欺の実際の電話記録を入手した。警視庁が実録電話を公開するのは初めて。“劇場型”と呼ばれる手口で、「上司役」「遺失物センター役」から次々と電話がかかり、真実だと追い込んでいく様子がわかる。
 《最初に「息子役」から「1千万円の小切手と携帯電話が入ったかばんをなくし、今日中に500万円なんとなからないか」と被害者に電話。その後、息子役がかけ直してきたところから記録は始まる》
 息子役「もしもし、上司にうちは320(万円)で協力するっていったから。そんなにないもんおれ。だから320借りても大丈夫かなあ」
 被害者「大丈夫よ」
 息子役「上司まだ電話中だから、終わったらすぐそっちに電話させるから」
 被害者「明日返してくれんだべ」
 息子役「明日の午前中には返せるから。もう1回こっちから電話するよ」
 被害者「わかったよ」
 《その後、息子役から再び電話がかかる》
 息子役「ちょっとね、今上司が電話終わったから、お世話になってる上司だからね。直接話したいっていうから、今代わるから、今上司の携帯借りて電話してるから、こっちのミスでこうなっちゃってるから、ちょっとそっちから謝ってほしいんだ」

↓↓↓↓↓問題の音声がこちら↓↓↓↓↓

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市でまた不審火=府警(13日)時事

12日午後6時35分ごろ、大阪市北区太融寺町の駐車場で、自動販売機のそばで紙が燃えているのを通行人の男性が見つけ、110番した。
 大阪府警曽根崎署によると、A4サイズの紙3、4枚の一部が燃えており、110番した男性が付近の店から持ってきたバケツの水で消火した。けが人はいなかった。(2016/04/12-22:59)

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊急性低い患者の転院 “救急車控えて” 消防庁が要請(13日)NHK

救急車の出動件数が過去最多を更新するなか、緊急性の低い患者が転院する際の搬送に救急車が使われるケースもあるとして、総務省消防庁などは、こうした場合には救急車を利用しないよう各地の病院などに要請しました。
 総務省消防庁によりますと、去年1年間に全国の救急隊が救急車で出動した件数は速報値で605万件余りと6年連続で過去最多を更新しています。
このうち、転院の搬送はおよそ51万件と全体の1割近くを占め、出動件数が増えている要因の1つになっていて、中には病院側の入院患者数の調整や患者の要望などを理由に緊急性の低い患者で救急車が出動するケースもあるということです。
また、全国の消防本部のトップでつくる「全国消防長会」が去年行った調査では全国の751の消防本部のうち、8割近い586の本部が転院の搬送に「問題がある」と回答したということです。
総務省消防庁と厚生労働省は、こうした状況が続けば、重症患者の救命にも影響が出るおそれがあるとして、緊急性の低い患者の転院の搬送には救急車を利用しないよう全国の都道府県を通じて各地の病院などに要請しました。
そのうえで、緊急性が低い場合は病院の車やタクシーなどの利用を促すとともに、地域の実情に合ったルールを各地の医師会と協議して取りまとめるよう求めました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/k10010476831000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

| コメント (0) | トラックバック (0)

教え子女子中学生に“わいせつ” 学習塾校長を逮捕(13日)テレビ朝日

群馬県で、当時13歳だった教え子の女子中学生の体を触るなどしたとして、学習塾校長の36歳の男が逮捕されました。
 学習塾の校長・加藤礼昭容疑者は去年5月、みどり市の自宅で、教え子だった女子中学生の体を触ったり、スマートフォンで写真を撮るなどした疑いが持たれています。警察によりますと、加藤容疑者のスマートフォンにはこの女子中学生が映った写真のデータが複数、保存されていたということです。事件の約半年後、女子中学生が両親に相談したことから発覚しました。加藤容疑者は容疑を認めています。警察は余罪がないか調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072410.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“本人確認なし”で携帯貸し出し 男ら2人逮捕(13日)テレビ朝日

本人確認をせずに携帯電話の通話に必要なSIMカードを貸し出したとして、会社役員の男ら2人が逮捕されました。
 携帯電話レンタル会社「Bネットワークス」役員の山口恒介容疑者(29)は、携帯電話のSIMカード2枚を本人確認をせずに中山徹男容疑者(71)に貸し出した疑いが持たれています。警視庁によりますと、山口容疑者は中山容疑者が提示した免許証の顔写真が本人と違うにもかかわらず、カードを貸し出していました。逮捕容疑について、山口容疑者は否認し、中山容疑者は認めています。警視庁は、山口容疑者が中山容疑者に貸し出した電話番号が振り込め詐欺に使われていた可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072412.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

危険踏切58カ所を初指定 国交省、立体化・道の色分け義務 (13日)日経

国土交通省は12日、今月1日に施行された改正踏切道改良促進法に基づき、事故が起きる危険性が高く「改良すべき踏切」として58カ所を指定したと発表した。初の指定で、鉄道会社と道路管理者の自治体に必要な安全対策を実施するよう義務付ける。同省は2020年度までに全国で約千カ所の踏切を指定し、迅速な対策を促す方針。
 今回指定したのは17都道府県の踏切58カ所。うち25カ所が東京都世田谷区と杉並区にまたがる…

電子版トップ速報トップ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99584310S6A410C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、野球賭博問題で高木元投手を任意聴取 (13日)TBS

プロ野球・巨人軍の野球賭博問題で、警視庁が新たに関与を認めた高木京介元投手(26)から任意で事情聴取したことが分かりました。
 賭博を始めたいきさつや賭けた金額などについて聴いたとみられ、警視庁は賭博罪にあたるかどうか慎重に調べる方針です。
 警視庁は、笠原将生元投手ら3人からもすでに任意で事情を聴いています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2748365.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の認可外保育施設で男児死亡、昼寝中に心肺停止 (13日)TBS

今月4日、大阪市淀川区にある認可外保育施設「たんぽぽの国」では、1歳2か月の男の子が昼寝中に心肺停止となりその後、死亡していたことが分かりました。
 大阪市によりますと、男の子は昼寝を始めておよそ1時間後の午後3時半ごろ、うつぶせになっているのを保育士が発見し、病院に搬送されましたが死亡したということです。
 男の子は、この日初めて施設に預けられていました。男の子の死因はわかっておらず、警察が施設を立ち入り調査して事故の原因を調べています。(13日00:06)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2748501.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

うつぶせ寝で男児死亡、都が運営会社に改善指導(13日)読売

 認可外保育施設「キッズスクウェア日本橋室町」(東京都中央区)で3月、うつぶせの状態で寝かされていた1歳2か月の男児が死亡し、東京都は12日、同施設の安全対策が不十分だったとして、運営会社「アルファコーポレーション」(京都市)に改善を求める指導を行ったと発表した。
 都によると、同施設は近隣企業の従業員用に設けられた「事業所内保育施設」で、男児は3月11日午後2時過ぎ、うつぶせで呼吸が止まっている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。
 国の保育指針などでは、乳幼児が睡眠中などに死亡する「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の予防のため、うつぶせ寝で放置しないよう求めている。
 都の調査では、同施設は男児を2時間以上うつぶせの状態で寝かせ、その間、呼吸や顔色の確認をきちんとしていなかった。男児は他の子供とは別の部屋で1人で寝かされていたが、職員らがいない時間帯もあり、都はSIDSの予防が不十分だったと判断した。

2016年04月12日 21時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月12日 | トップページ | 2016年4月14日 »