« 2016年4月8日 | トップページ | 2016年4月10日 »

2016年4月9日

2016年4月 9日 (土)

空自機墜落 6人の遺体を埼玉・入間基地に搬送(9日)毎日

航空自衛隊の飛行点検機「U125」が鹿児島県鹿屋市の御岳(おんたけ)山中に墜落した事故で、空自は9日、山中から見つかった空自の搭乗隊員6人とみられる遺体を輸送機で海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県)から隊員の所属部隊がある入間基地(埼玉県)に搬送した。
 御岳より低い高度のまま山に激突しており、空自の航空事故調査委員会は、現場から回収したフライトレコーダーやボイスレコーダーを解析するなど本格的な調査を始める。【町田徳丈】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160410/k00/00m/040/009000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺グループのアジトはスイートルーム!? 容疑で男6人逮捕…3000人分の名簿押収(9日)産経

 埼玉県警は9日、高齢者に嘘の電話をかけ、現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いで、いずれも住所、職業不詳の福富孝行容疑者(27)と野々口富也容疑者(27)ら男6人を逮捕した。
 県警によると、6人は電話をかける役目とみられ、関東地方のホテルのスイートルームを転々として活動していた。
 6人の逮捕容疑は、仲間と共謀し、4月8日、埼玉県北部のホテルの一室から千葉県船橋市の無職女性(81)に孫や上司を装って「かばんをタクシーに置き忘れた。仕事で損失が出る」などと電話をかけ、300万円を詐取しようとしたとしている。
 別の詐欺未遂事件の関係先として、8日午後、ホテルを家宅捜索。約3千人分の名簿や携帯電話約20台を押収して、女性の被害が発覚した。http://www.sankei.com/affairs/news/160409/afr1604090030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ?中央道を歩いて横断の大学生、はねられ死亡 長野、軽を道路脇に止めて…(9日)産経

9日午前4時35分ごろ、長野県諏訪市湖南の中央自動車道下り線で、車線を歩いて横断していた同県松本市村井町北、大学生、鹿角直樹さん(20)が、富山市月岡町の運転手、沢勝利さん(47)の大型トラックにはねられ、全身を強く打って死亡した。
 長野県警高速隊によると、現場は片側2車線のほぼ直線。鹿角さんは乗ってきた軽乗用車を道路脇に止め、中央分離帯に向かって歩いていた。トラックにはねられた後、車数台にひかれた可能性があり、後続の運転手からも事情を聴いている。
 鹿角さんの車はエンジンがかかったままで、故障や事故を起こした形跡はなかった。高速隊は横断した理由を調べる。
 影響で中央道下り線は、周辺の一部区間で6時間45分にわたり通行止めとなった。http://www.sankei.com/affairs/news/160409/afr1604090037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遊具事故の施設、今度は電動SL脱線 けが人なし(9日)朝日

 9日午後0時45分ごろ、神奈川県小田原市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」で、電動遊具のSL型列車「なかよし号」(3両編成)の先頭車両の前輪2輪が脱線した。2、3両目の客車(定員36人)は家族連れなどでほぼ満席だったが、けが人はなかった。同園では3月30日、空気で膨らませる滑り台が風で倒れて子どもら13人がけがをした。
 市から公園事業の委託を受けている小田原市事業協会によると、Y字形のポイントを左に進むはずが直進し、先頭がポイントを約2メートル過ぎた所で止まった。原因がわかるまで運転を見合わせる方針。9日朝に車体と線路の安全点検をした際には、異常はなかったという。関連ニュース

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ4962W2J49ULOB00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2日前に選任…交通安全協会前会長が“飲酒運転”(9日)テレビ朝日

福岡県みやま市の交通安全協会の会長が酒を飲んで車を運転したとして、警察から事情を聴かれていることが分かりました。
 みやま市交通安全協会の大田黒誠之前会長(61)は先月30日夜、みやま市山川町の市道で、酒を飲んで軽トラックを運転した疑いが持たれています。ガードレールに接触する事故を起こし、警察官が吐いた息を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されました。警察は任意で事情聴取を行っていて、容疑が固まり次第、書類送検する方針です。大田黒前会長は事故の2日前に会長に選任されたばかりで、翌日、辞表を提出しました。取材に対し、「弁解の余地はなく、申し訳ない気持ち」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1_6http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072212.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)
永遠の課題
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011690 自白の信用性をめぐって争われていた栃木の女児殺害事件の裁判員裁判で、被告に無期懲役が言い渡された。意外な結果に驚いた。  
 かつて警視庁捜査1課で「落としの金七」とコンビを組んでいたやはり名人がこんな事を言っていたのを思い出す。
 「調べ室は調べ官と被疑者の真剣な戦いの場だ。被疑者にとって落ち(自供する)てしまえば死刑になるか刑務所人生を送るかが勝負。だから素直に認める者なんていない。激しい鬩ぎ合いとなる。だから落ちる時は顔面が蒼白になり震えだしたり、鬼のような形相になる者もいる。苦しんで苦しんで、堪えられなくなり観念した時の表情だ。これで俺たちは『落ちた』と確証が持てる。ところが、中途半端に落としてしまうと、後に『自白を強要された』と言うものだ」
 可視化は調べ室での調べ官と被疑者の虚々実々の戦いが録音・録画されているとなると、どうしても大声を出さなければならない時などで調べ官に不利になるのではという懸念があった。
 ところが今回は、録画されている被疑者の行動が逆に決め手になったのである。
 ところが、それで新たな問題も出てきた。それは「完全黙秘」である。調べ官はこれがやっかいものと言う。
 「逃れるためありとあらゆる嘘を並べて抵抗する被疑者こそ、落としやすい」というのだ。しかし黙秘となるとそうはいかなくなる。
 要するに調べ官にとって「調べの技能」は、永遠の課題なのかも知れない。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳園児を洗濯機内に放置…50代の女性保育士に「不適切な行為」と市が指導 三重・名張(9日)産経

三重県名張市の私立保育園で1月、50代の女性保育士が、1歳7カ月の女児を園内に設置された全自動洗濯機の中に放置していたことが9日、市への取材で分かった。女児にけがはなかったが、市は不適切な行為だとして再発防止を指導している。
 市によると、1月26日午後5時ごろ、女性保育士が沐浴室に何度も行こうとする女児を止めようとして、縦型の全自動洗濯機の中に入れ、約1分後に自分で女児を取り出した。洗濯機に電源や水は入っておらず、ふたも閉められていなかった。
 同僚が目撃し、上司に報告。園側の聞き取りに保育士は「女児の動きを止めようとして、とっさにやった。洗濯機に園児を入れたのは初めてだった」と話したという。
 保育園は保護者に謝罪し、この保育士を保育担当から外した。「事態の深刻さを受け止め、再発防止に取り組む」としている。
 保育園は平成22年4月に民営化。4月1日時点で定員は150人、生後6カ月から就学前の児童が入所している。http://www.sankei.com/west/news/160409/wst1604090041-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“54万円”支払い拒否の客に暴行の疑い、元店員ら3人逮捕 (9日)TBS

東京・赤坂のキャバクラ店で、54万円の飲食代金の支払いを拒否した男性客に殴る蹴るの暴行を加え重傷を負わせたとして、元店員らが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは港区赤坂にあったキャバクラ店の元店員・小室光央容疑者(35)ら3人です。小室容疑者らは去年6月、54万円の飲食代金の支払いを拒否した男性客(55)に対し、「飲んだら払うのは当たり前だろ」などと羽交い締めにして殴る蹴るの暴行を加え、ろっ骨を骨折させるなど全治2か月の重傷を負わせた疑いが持たれています。
 小室容疑者は「覚えていない」と容疑を否認していますが、この店ではおととし1月から去年7月にかけて「ぼったくり」などの料金トラブルが32件相次いでいて、警視庁が詳しいいきさつを調べています。(09日10:27)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2745885.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビル隙間5センチ、子ネコが…パイプ外し救出(9日)読売

甲府市の中心街で8日、ビルの隙間から出られなくなった子ネコの救出劇があり、無事に助け出された子ネコが「ニャー」と元気よく鳴くと、見守った人たちから拍手が起こった。
 場所は、甲府市丸の内にある洋服リフォーム店「甲府リフォーム駅前店」が入居するビルの脇。隣接するビルとの5センチほどの隙間から、ネコの鳴き声が聞こえたため、店員が正午過ぎ、119番した。
 甲府地区消防本部中央消防署のポンプ隊がまもなく現場に到着したが、隙間はガスを通すパイプで塞がれていた。このため、ガス業者を呼び、パイプを外してもらった。その後、隊員らは壁を覆っていた木材の一部をノコギリで切ってスペースを確保。「おいで」と呼びかけたり、魚の切り身を見せておびき寄せたりしても、警戒しているのか、子ネコはなかなか近づいてこない。隊員は棒で近くに誘導するなど、根気よく救出活動を続け、午後1時半頃、子ネコを捕まえた。
 子ネコは体長約20センチ。灰色で、首輪がなく飼い主はいないとみられる。リフォーム店のオーナー、斉藤勝美さんは「声が小さく、心配だったけれど、助かってよかった」と胸をなで下ろしていた。
 子ネコは県動物愛護指導センターが保護。同センターによると、病気やけがの有無などを調べ、譲渡が可能と判断すれば、ホームページなどを通じて飼い主を募集するという。

2016年04月09日 12時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で男性刺した疑い ハイヤー運転手を逮捕(9日)NHK

去年12月、東京・大田区の路上で会社員の男性を刃物で刺すなどしたとして、近くに住む40歳のハイヤー運転手が殺人未遂の疑いで警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・大田区大森中のハイヤー運転手、川井浩史容疑者(40)です。
警視庁の調べによりますと、川井容疑者は去年12月、大田区大森西の路上で27歳の会社員の男性と口論になり、腹部を刃物で刺したうえ、顔を殴るなどしたとして殺人未遂の疑いが持たれています。
会社員の男性は全治6か月以上の大けがをし、「知らない男に刺された」と話していました。
警視庁が付近の防犯カメラを解析するなどした結果、被害者と口論になった川井容疑者がいったん自転車に乗って立ち去ったあと、再び戻ってくる様子が写っていたということです。
警視庁によりますと、調べに対し、川井容疑者は「被害者とけんかをして、頭にきて自宅にあった包丁を持ち出して刺したことは間違いない」と容疑を認めているということです。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160409/k10010473191000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院の駐車場でドアミラー“損壊” 21歳男逮捕(9日)テレビ朝日

東京・小平市の駐車場で、車のドアミラーを壊したとして21歳の男が現行犯逮捕されました。この駐車場では同様の被害が8件あり、警視庁が余罪を調べています。
 無職の五十嵐大起容疑者は6日午後、小平市の病院の駐車場で、乗用車のドアミラーを蹴って壊した疑いが持たれています。この駐車場では先月からドアミラーやボンネットが壊される被害が8件相次いでいて、張り込んでいた捜査員が五十嵐容疑者が犯行に及んだのを確認して現行犯逮捕しました。五十嵐容疑者は「証拠はあるのか、防犯カメラはあるのか」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1_5http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072195.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の顔見るため車で8キロ追う 容疑で男を書類送検(9日)共同

 運転中の女性をしつこく追い掛けたとして北方署は八日、池田町の会社員の男(49)を県迷惑防止条例違反(執拗(しつよう)な付きまとい行為)の疑いで岐阜区検へ書類送検したと発表した。署によると、この容疑での条例違反の適用は県内初。
 送検容疑では、二月十三日、本巣市内で軽自動車を運転中、別の軽自動車を運転していた県内のパート従業員の女性(35)を見かけ、瑞穂市内まで八キロにわたって軽自動車で付きまとったとされる。
 北方署によると男は「きれいだったので、しっかり顔を見ようと後を付けた」と容疑を認めているという。女性が車線を変えたり、スピードを緩めたりしても付いてきたため、瑞穂市の穂積交番に駆け込んだ。条例では従来、付きまとい行為を繰り返さないと摘発できなかったが、二〇一四年に改正され、執拗ならば一回でも適用できるようになった。2010_0123_11120247newslogo1http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160409/CK2016040902000030.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

殉職3警官の遺志継ぐ…津波被災の交番再建(9日)読売

東日本大震災の津波にのまれ、3人が殉職した岩手県警大船渡署高田幹部交番が、同県陸前高田市高田町の市役所仮庁舎近くに再建され、7日に業務を開始した。
 交番前で行われた開所式には遺族らが出席し、殉職者に思いをはせた。
 市中心部にあった交番は津波で全壊。震災後は高田町や竹駒町に仮設の交番を設け、業務を行ってきた。犠牲になった大船渡署員は6人で、うち3人が高田幹部交番に勤務していた。

 殉職者の一人、小林

しん

警視(当時38歳)は、パトカーで巡回中に津波に襲われた。開所式に出席した父の光伸さん(68)は「息子は私の誇り。そう思わないとやっていられない」と胸の内を明かした。
 小さい頃から相撲や柔道が得意なスポーツマンだった。正義感が強く、震災時も車で住民に避難を呼びかけていた。震災翌日、パトカーの車内で見つかった。
 「復興するまちを息子と一緒に見届けたい」。光伸さんは遺影を持ち、自宅のある八幡平市から年3回は陸前高田の復興現場に足を運んできたという。「復興は確実に進んでいると感じる。息子も今日という日を喜んでいると思う」と交番の再建をかみしめた。

 交番内には、殉職者6人の遺影と共に、津波で被害を受けた交番の旭日章が飾られた。震災当時、交番の所長だった高橋俊一警視長(当時60歳)が生前に

のこ

した「元気出して前進だ。失敗もまた前進だ」という言葉も遺影と一緒に飾られた。震災直後、「ここからが俺の本当の仕事」と部下に言い残し、交番にとどまって無線で指揮を執っていたという。

 開所式には、堀誠司県警本部長や戸羽太市長ら約40人が出席。高橋仁署長は「職務を全うした6名の

たま

と旧庁舎を

に忘れず、遺志を後世まで引き継いでいく」とあいさつした。

 交番には11人が勤務する。三島木達也所長は「殉職者の死を無駄にしないためにも、津波の恐れがあれば、浸水区域には行かず、高台で避難誘導を行う」と語る。幅

ゆう

巡査(24)は「殉職者の方々に恥じないよう、仕事に励んでいきたい」と決意を新たにしていた。(徳山喜翔)2016年04月09日 10時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20160407-OYT1T50157.html

| トラックバック (0)

住宅街で8棟焼ける火災 1人死亡 東京・大田区(9日)テレビ朝日

東京・大田区の住宅街で8棟が焼ける火事があり、男性1人が死亡しました。
 8日午後6時半ごろ、大田区西糀谷にある木造2階建てのアパートから火が出て、周りの住宅などに燃え広がりました。合わせて8棟が焼け、アパートの1階から男性1人の遺体が見つかりました。2階に住む男性(63)も煙を吸って軽傷です。警視庁は、遺体はアパートに住む88歳の男性とみて身元の確認を急ぐとともに、火元は燃え方が激しいこの男性の部屋とみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072177.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上強盗女性重傷少年3人逮捕(9日)NHK静岡

ことし1月掛川市の路上で65歳の女性を転倒させて大けがを負わせた上、およそ100万円相当の指輪が入ったバッグを奪ったとして、高校生を含む17歳の少年3人が強盗傷害の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのはいずれも県西部に住む17歳の少年で、高校生2人と建設作業員1人のあわせて3人です。
警察の調べによりますと、3人はことし1月31日の夜、掛川市成滝の路上で歩いていた65歳の女性を後ろから蹴って転倒させ鎖骨を骨折するなど全治6週間の大けがを負わせた上、およそ100万円相当の指輪が入ったバッグを奪ったとして、強盗傷害の疑いがもたれています。
警察によりますと、3人は友人どうしで現場近くの防犯カメラの映像などから事件に関わった疑いがあるとして8日までに逮捕されました。
調べに対して、3人はいずれも容疑を認めているということです。
警察は事件の詳しいいきさつについて、調べを進めています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3034352801.html?t=1460156565899

| コメント (0) | トラックバック (0)

古物店窃盗 不審な2人目撃 (9日)NHK北海道

旭川市にある古物店から金の延べ板や車など3000万円分が盗まれた事件で、被害に遭ったとみられる時間帯に店の外で不審な若い男2人が目撃されていたことがわかり、警察が関連を捜査しています。
旭川市神居にある貴金属を扱う古物店では今月5日、金の延べ板や腕時計、それに外に止めてあった乗用車とトラックなどあわせておよそ130点、金額にして3000万円分が盗まれているのが見つかりました。
このうち盗まれたトラックは、およそ2キロ離れた旭川市内の住宅の敷地に乗り捨てられていました。
店内が無人になっていた4日の朝から5日の昼過ぎまでの間に被害に遭ったとみられていますが、警察や近所の人の話によりますと、同じ時間帯に店の前の車をのぞき込むなど不審な行動をする2人組の若い男が目撃されていたということです。
警察は事件との関連を調べるとともに、引き続き、盗みの疑いで捜査を進めています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160408/4357271.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【栃木・今市女児殺害】“もろ刃の剣”の取り調べ録音・録画 可視化時代の審理への課題に(9日)産経

勝又拓哉被告に無期懲役を言い渡した宇都宮地裁の裁判員裁判判決は、車の走行記録や遺体の付着物などの状況証拠を慎重に検討した上で、殺害などに関する被告の自白に「具体性、迫真性がある」として被告の無罪主張を退けた。
 決め手となる物証がない中で、検察側は被告と犯人を結び付ける事情を多角的に示そうとしたが、状況証拠による立証に課されたハードルは高い。
 最高裁は大阪母子殺害放火事件をめぐる平成22年4月の決定で「状況証拠で認められる事実の中に、被告が犯人でないなら合理的に説明できない事実関係が含まれていることが必要」との基準を示した。判決はこれを踏まえ、車の走行記録や遺体に付着した猫の毛などの状況証拠は被告が犯人である可能性を示すものの、犯人と認定することまではできないと判断した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

紙袋に爆弾見え隠れ=「凝ってる」「二度見した」-テロ対策ポスター好評・警視庁(9日)時事

よくある紙袋だが、角度を変えて見ると「爆弾」が中に-。不審物への注意を呼び掛ける警視庁のテロ対策ポスターが好評を得ている。昨年11月のパリ同時テロの直後から東京都内に掲示されると、ツイッターに「凝っている」「二度見した」とコメントが相次いだ。書き込みは4月も続き、気に入って持ち帰った海外の治安関係者もいるという。
 ポスターは伊勢志摩サミットや2020年東京五輪・パラリンピックを見据え作成した。「テロを許さない街づくり」などをテーマに昨年5月、広告代理店のコンペを実施。紙袋のイラストに「何?」の文字をあしらったデザインが最高評価を得た。
 これに警備部の警察官が一工夫を加えた。見る角度によって中に隠された爆弾の絵が浮き上がるよう「チェンジング」という特殊な加工を施した。
 「さわらない、ふまない、けとばさない」。不審物を発見した際の注意点を簡潔に記し、「迷わず警察に通報してください」と呼び掛ける。
 ポスターは6500枚余りを印刷。11月中旬以降、駅や集客施設に掲示した。たまたまパリ同時テロの1週間後だったこともあり、直後から評判を呼んだ。
 ツイッターでは、「二度見しちゃいました!実にタイムリー」「凝ってるな。通り過ぎてから振り向いてしまった」とのコメントが写真と一緒に掲載された。好意的な書き込みは4月に入っても続いている。JR東京駅で8日、ポスターを眺めていた会社員の女性(26)は「3Dのようでいい。立ち位置を変えて見てしまいました」と話した。(2016/04/09-04:59)

     

【記事一覧へ】

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路に「ナンバリング」導入へ向け初会合 (9日)TBS

高速道路に番号を割り当てる「高速道路ナンバリング」の検討委員会が初会合を開きました。
 去年、日本を訪れた外国人旅行者はおよそ1973万人で、レンタカーの利用者も年々、増加しています。こうした外国人旅行者にも分かりやすく表示し、利便性が高まると期待される「高速道路ナンバリング」の検討委員会が8日、国土交通省で初会合を開きました。
 「ナンバリング」は、高速道路に番号を割り当てるもので、アメリカやヨーロッパの主要国では既に導入されています。
 検討委員会は、夏までに報告をまとめる予定で、国土交通省は、準備が整った路線から順次、実施していく考えです。(08日20:53)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2745338.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

G7控え、広島テロ厳戒…4300人態勢で警備(9日)読売

広島市で10、11日に開かれる先進7か国(G7)外相会合に向け、警察や海上保安庁は厳戒な警備態勢を敷く。
 ベルギーの連続テロ事件など世界的にテロの脅威が高まる中での開催だけに、県警は全国から応援を得て約4300人態勢で警備にあたる。核兵器保有国の現職外相らが初めて訪れる平和記念公園内でも、受け入れ準備が進む。
 「伊勢志摩サミットや全国10か所での関係閣僚会合の先陣を切って開催される会合。県民の協力を得ながら完璧な警備を実施する」。7日、県警本部で記者会見した宮園司史本部長は意気込みを述べた。
 会合の主会場となる広島市南区の「グランドプリンスホテル広島」は宇品島にあり、市街地とは島北側の1本の橋のみでつながっている。警備がしやすいとの理由から、一昨年の非核保有国12か国による「軍縮・核不拡散イニシアチブ外相会合」などでも利用された。
 今回、外相らは10日に世界遺産・厳島神社(廿日市市)、11日には原爆死没者慰霊碑への献花などのため、平和記念公園を訪れる。県警は検問や、外相らの移動に合わせて通行規制を実施する。
 ホテル周辺の瀬戸内海にはカキを養殖するいかだが多数浮かび、プレジャーボートなどの小型船も行き交う。広島海上保安部は両日、巡視船によるパトロールを強化し、周辺を航行するフェリー業者にも不審物があれば通報するよう協力を要請。宇品島南東部の沿岸から約250メートルのエリアで、航行自粛を呼びかける。
 小型無人機(ドローン)への警戒も強める。飛行禁止の規制がなかった厳島神社周辺では廿日市市が今月、飛ばさないよう警告する看板を設置した。
 広島市は、昨年12月から耐震工事を行っている原爆ドームがよく見えるように工事用足場を撤去。また、外相らが広島平和記念資料館を見学に訪れる11日は同館と国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の一般向けの開館時間を午後1時に遅らせ、午前中の平和記念公園内への立ち入りも制限する。(松田祐哉、山本美菜子)

2016年04月09日 07時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡視船が防波堤に衝突 複数がけが 沖縄・宮古島沖(9日)NHK

8日夜、沖縄県宮古島市の沖合にある防波堤に海上保安署の巡視船が衝突し、乗っていた海上保安官15人が病院に搬送され、骨折や打撲などのけがをしました。命に別状はないということです。
 第11管区海上保安本部によりますと、8日午後9時ごろ、宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」が、宮古島市の平良港の沖合にある防波堤に衝突しました。
この事故で巡視船に乗っていた15人の海上保安官全員が病院に搬送され、このうち3人が骨折したり、骨折の疑いがあるほか、残りの12人も打撲やねんざなどのけがをしたということです。いずれも命に別状はないということです。
巡視船「のばる」は、ふだん平良港に停泊していて、8日夜は周辺海域のパトロールから戻る途中だったということです。
「のばる」の船首部分は防波堤の突端に衝突し、自力での航行が不可能な状態だということで、海上保安本部が事故の原因や当時の状況を調べています。
宮古島地方気象台によりますと、事故当時の宮古島周辺の海域は、波の高さが1メートル、風速は5メートルほどで穏やかでしたが、もやがかかり、やや視界が悪い状態だったということです。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160409/k10010472741000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

慶応大生が“万引き” もみ合った警備員けが(9日)テレビ朝日

東京・新宿区で、慶応大学の学生が書店で本を万引きしたところを見つかり、警備員の胸を踏み付けたとして逮捕されました。
 警視庁によりますと、慶応大学経済学部通信教育課程2年生の土屋遼容疑者(20)は7日午後0時20分ごろ、新宿区西新宿の書店で、書籍6冊、8100円相当の代金を払わずに店を出たところ、男性警備員(55)に見つかりました。土屋容疑者は警備員ともみ合いになり、胸を踏み付けるなどしたということです。その後、土屋容疑者は警備員に取り押さえられ、強盗の疑いで現行犯逮捕されました。警備員は、全身を打撲するなど2週間のけがをしました。取り調べに対し、「お金が足りなさそうなので万引きした」と供述し、容疑を認めています。警視庁は、容疑を強盗傷害に切り替えて送検することにしています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072181.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

事前に防犯カメラの向きを変えて強盗か 千葉(9日)テレビ朝日

千葉県野田市で、パチンコ店の景品交換所に2人組の男が押し入り、店員を刃物で切り付け、115万円余りを奪って逃走しました。事件の2時間前に防犯カメラの向きを変える男らが目撃されていました。
 警察によりますと、8日午後8時すぎ、野田市木間ケ瀬で、パチンコ店の景品交換所に男2人が押し入り、60代の女性店員を包丁のような刃物で切り付けました。男らは現金115万円余りを奪い、走って逃げました。女性は右手の指を切られ軽傷です。切り付けた男は20代で、身長155センチから160センチくらいでした。事件の約2時間前、女性は交換所の外で防犯カメラの向きを変える2人の男を見つけ、本社に連絡しました。その後、交換所の外から「大丈夫ですか」と声を掛けられ、警備員が来たと思ってドアを開けたところ、男らが押し入ってきたということです。警察は、男らが綿密に計画を立てていたとみて捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072182.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月8日 | トップページ | 2016年4月10日 »