« 2016年4月7日 | トップページ | 2016年4月9日 »

2016年4月8日

2016年4月 8日 (金)

甘利氏事務所問題 東京地検特捜部 URなど強制捜査(8日)NHK

甘利前経済再生担当大臣の事務所が、UR=都市再生機構と補償交渉をしていた建設会社側から口利きの見返りに現金を受け取っていたとして、告発された問題で、東京地検特捜部は、事実関係を解明するため、これまでに甘利氏の元公設秘書から任意で事情を聴くとともに、URや建設会社などを捜索し、強制捜査に乗り出しました。
   捜索を受けているのは、千葉県印西市にあるUR=都市再生機構の千葉業務部や、千葉県白井市の建設会社「薩摩興業」などです。
この問題は、甘利氏の事務所が平成25年から26年にかけてURと補償交渉をしていた千葉県白井市の建設会社の元総務担当者から現金を受け取っていたもので、先月、東京の弁護士の団体が、口利きの見返りに報酬を受け取ることを禁じた、あっせん利得処罰法違反の疑いがあるとして、東京地方検察庁に告発状を提出しています。
東京地検特捜部は、URの担当者や建設会社の元総務担当者から任意で事情を聴くなどして捜査を進めていましたが、関係者によりますと、これまでに新たに甘利氏の元公設秘書からも任意で事情を聴いたということです。
さらに、事実関係を解明するため、URなどの関係先を捜索し、強制捜査に乗り出しました。
この問題で、甘利氏の元公設秘書は平成25年8月に建設会社の元総務担当者から現金500万円を受け取っていたことが分かっているほか、ほかの元秘書らとともに甘利氏の事務所などでURの担当者らと12回にわたって面会し、補償交渉などについてやり取りしていたことが、URが公表した資料で明らかになっています。
特捜部は元秘書が現金を受け取った際の詳しい状況や補償交渉の経緯などについて捜査を進めるものとみられます。
ことし1月に甘利氏が行った会見によりますと、元秘書は「補償金額の交渉には介入していない」などと口利きを否定していたということです。
甘利氏の事務所は、先月告発された際にコメントを出し、「あっせん利得処罰法に当たるような事実はない。早期に解決していただくよう、真摯(しんし)に捜査に協力していく」などとしています。
URは「捜査に協力していることは事実ですが、それ以上はお答えできません。今後も引き続き捜査に協力してまいります」とコメントしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組系組長、中国から偽造印紙200万円分を密輸 国際宅急便を悪用、大阪府警が逮捕(8日)産経

200万円分の偽造収入印紙を中国から密輸したとして、大阪府警捜査2課は8日、印紙犯罪処罰法違反の疑いで、指定暴力団山口組系組長、大塚仁士容疑者(58)=大阪市鶴見区横堤=を逮捕した。
 逮捕容疑は2月16日、偽造収入印紙200万円分を国際宅配便で、中国・上海から那覇空港まで密輸入したとしている。
 同課によると、偽造印紙は中国側で「文書」として申告。送り先は大阪市中央区のマンションで、受取人として大塚容疑者の氏名が書かれていた。那覇空港の税関職員が気づいた。
 大塚容疑者は山口組直系「豪友会」(高知市)傘下組織の組長。府警は8日、豪友会事務所など関係先数カ所を家宅捜索した。
 大阪府内の複数のコンビニでは昨年9月、男が偽造印紙を店員に渡し、計約18万円をだまし取る事件が発生しており、府警は関連を調べる。http://www.sankei.com/west/news/160408/wst1604080060-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京五輪・パラの新エンブレム、最終4案を公表 (8日)日経

96958a9e93819695e2ea9ae6838de2eae2e
2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会のエンブレム委員会(委員長・宮田亮平文化庁長官)は8日、大会の新エンブレムの最終候補の4作品を発表した。ホームページに公開し、17日まで国民からインターネットとはがきで意見を募り、25日の最終審査で決定する。
 最終審査ではエンブレム委の委員21人が投票し、過半数を得た作品を選定する。国民の意見は「参考にする」(宮田委員長)とした。
 昨年7月に発表された旧エンブレムは盗用疑惑を指摘され、同9月に白紙撤回。選考が閉鎖的だったとの批判から応募資格を緩和して同11月に一般公募され、1万4599作品が集まった。デザイン審査などで高い評価を受けた作品から、商標登録の有無などで問題がなかった4作品を公開した。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H4Q_Y6A400C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

車いす女性から財布を盗んだ容疑で男を逮捕、犯行の一部始終 (8日)TBS

車いすの女性から財布を盗んだとして逮捕された男がいます。その盗みの一部始終です。
 兵庫県尼崎市のパチンコ店で、車いすの女性の後ろにたたずむパーカー姿の男。次の瞬間、女性がひざの上に置いていたトートバッグから財布を盗んで逃走しました。財布には現金6万2000円が入っていたということです。
 7日、窃盗の疑いで逮捕されたのは無職の佐藤尚希容疑者で、「自分がやった」と容疑を認めているということです。(08日18:13)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2745319.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

田児選手1000万円、桃田選手は50万円負け(8日)読売

違法カジノ店で賭博をしていたバドミントン男子で世界ランキング2位の桃田賢斗選手(21)と、ロンドン五輪で日本代表だった田児賢一選手(26)が8日、東京都内で記者会見し、「支援してくださった皆さんを裏切ってしまい、深く反省している」と謝罪した。
 両選手の説明によると、2014年10月、田児選手が東京都墨田区の路上で違法カジノ店の関係者に声をかけられ、店に出入りするようになった。田児選手はその後、桃田選手を誘い、一緒にバカラと呼ばれるトランプゲームをするようになった。
 桃田選手は15年1月までに計6回程度、田児選手はこの店と経営者が同じ横浜の店と合わせて計60回程度、違法カジノ店を訪れた。
 両選手は、1回に数万~数十万円程度を賭け、桃田選手は約50万円、田児選手は約1000万円負けた。田児選手は賭博資金などにあてるため、一時期、チームメートから1150万円の借金があったという。

2016年04月08日 20時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年立ち直り担当の警部補逮捕 少女にわいせつ行為か(8日)NHK

非行を繰り返すなどした少年の立ち直りの支援を担当していた茨城県警察本部の警部補が去年11月、支援対象の当時15歳の少女とホテルでわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、つくば中央警察署の生活安全課少年係の係長で警部補の間中健一容疑者(45)です。
警察によりますと、間中警部補は去年11月、土浦市内のホテルで当時15歳の少女にわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いが持たれています。
間中警部補は当時、非行を繰り返すなどした少年の立ち直りを支援する業務を担当していて、少女とはこの業務を通じて知り合い、相談に応じるなどの支援にあたっていたということです。
警察は去年12月に少女から「間中警部補からメールや電話が頻繁に来て困っている」と相談があったことから、間中警部補を少女の担当から外していましたが、先月になって別の警察官が少女から相談を受けて、今回の件が発覚したということです。
調べに対し、間中警部補は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
県警察本部の荒瀬伸郎警務部長は「被害者をはじめ、県民の皆さんに深くおわび申し上げます。今後の捜査を踏まえ、厳正に対処します」とコメントしています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160408/k10010472101000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
ひったくり被害者の多いのは何歳
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011685 作日は重要犯罪について記したが、今度は重要窃盗犯の被害者、被疑者の年齢別を見てみよう。
 警察庁によると今年2月までに発生した重要窃盗犯の認知件数は1万5000件でうち侵入盗は1万1699件。このうちの被害者で最も多かったのは法人・団体の2653件、以下40歳代、50歳代と続いた。
 自動車盗の被害者も法人・団体が1位で、以下、40歳代、50歳代の順。
 但し、ひったくりになると被害者で最も多いのは意外に20歳代だ。続いて40歳代、70歳代の高齢者と続く。すりは20歳代、30歳代、40歳代の順。
 これに対して検挙された被疑者を見ると窃盗犯全体の検挙人員は1246人。年齢別では20歳代、30歳代、40歳代。 
 侵入盗では1089人を検挙しているが、やはり窃盗犯全体と同じで20歳代、30歳代、40歳代の順で多い。
 自動車盗ではちょっと違って、14歳から19歳の若者が最も多く32人が検挙されている。以下は30歳代、20歳代と続いた。
 ひったくりは20歳代が最多で、2位は14歳から19歳の若者と続いた。すりは20歳代、30歳代、40歳代の順となっている。
 自動車盗やひったくりは若者に多いが、民家などに泥棒に入るとなるとやはり20歳代から40歳代の働き盛になるようだ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム立ち入り、15年は24施設 公安調査庁 (8日)日経

政府は8日、公安調査庁が団体規制法に基づき、2015年の1年間に全国15都道府県にあるオウム真理教関連の24施設を立ち入り検査したと国会に報告した。
 報告によると、教団の15年末時点の国内信者は、「アレフ」と改称した主流派と、上祐史浩元幹部が設立した「ひかりの輪」を合わせて約1650人。ロシアにも約160人の信者がいるとしている。
 松本智津夫死刑囚(麻原彰晃)の写真を祭壇に掲げたり、生誕祭を開催したりしていることから「依然として松本死刑囚が絶対的ともいえる影響力を持っている」と指摘。花見など宗教色を感じさせないイベントやインターネット上の会員制交流サイト(SNS)を通じて新規の信者を獲得しているという。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H06_Y6A400C1CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

出入りの店、警視庁が摘発=バドミントン桃田選手ら、バカラ賭博(8日)時事

桃田賢斗(21)、田児賢一(26)両選手が通っていたカジノ店は、警視庁が昨年4月に摘発していた。店では違法にバカラ賭博が行われており、会社側の調査に両選手も賭博行為を認めた。現行犯でなければ客の立件は難しいとされるが、警視庁は今後、両選手から任意で事情を聴き、事実確認を進めるとみられる。

【詳報】バドミントン男子 桃田、田児両選手記者会見

 同庁は昨年4月25日、東京都墨田区江東橋の雑居ビル一室にあった同店を摘発。賭博開帳図利などの疑いで、経営者の男(47)=有罪確定=らを逮捕した。客7人も単純賭博容疑で現行犯逮捕したが、その後釈放した。店は閉鎖された。
 捜査関係者によると、バカラ賭博は「バンカー」と「プレーヤー」に配られたトランプの数字の大小を客が予想する。1回の賭け金が1万円以上に設定されることが多く、数十万円を賭ける客もいる。1分ほどで勝敗が決まるため、1日で数十万~数百万円の損得が出るなどギャンブル性が高いとされる。両選手も1回に数万~数十万円を賭け、田児選手は計約1000万円負けたという。
 店側は警察の摘発を逃れるため、数カ月で場所を変え、入店する客を防犯カメラで確認するなどしている。紹介がないと入れない場合が多いが、客引きが見極めて連れてくる店もあるという。
 警視庁によると、摘発した時点でこの店の会員は380人おり、2カ月間で約1億円を売り上げていた。同庁は売り上げの一部が暴力団の資金源になっていたとみている。 (2016/04/08-17:08)

| コメント (0) | トラックバック (0)

六本木の路上で…ガーナ人男 大量コカイン“所持”(8日)テレビ朝日

東京・六本木の路上で、コカインを大量に所持していたとしてガーナ人の男が逮捕されました。
 ラテイ・エルビズ・アナン容疑者(45)はおととし10月、港区六本木の路上で、麻薬であるコカイン約100グラム、600万円相当を所持していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、警察官がラテイ容疑者を職務質問したところ、ズボンのポケットから白い粉が見つかり、鑑定でコカインと分かりました。ラテイ容疑者は職務質問を受けたその日に出国していましたが、6日に入国管理局を訪れたことから逮捕に至りました。「拾ったもので、自分のものではない」と容疑を否認しています。警視庁は営利目的でコカインを所持していたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072121.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・室蘭市 車がビルに突っ込む、運転の女性搬送(8日)TBS

8日午前、北海道室蘭市のビルに乗用車が突っ込み、運転していた70代くらいの女性が病院に運ばれました。
 車の前の部分がビルの出入り口にすっぽりはまり、後ろのタイヤが宙に浮いています。8日午前10時過ぎ、室蘭市宮の森町4丁目のJR東室蘭駅近くのビルで出入り口に乗用車が突っ込みました。
 「一瞬、ドーンとすごい音がした」(ビルの2階にいた人)
 この事故で、運転していた70代くらいの女性が病院に運ばれましたが、意識はあるということです。車が突っ込んだ出入り口の横の宅配ピザ店では、2人が開店の準備をしていましたが、けがはありませんでした。
 乗用車は道路向かいのカー用品店を出た直後にビルに突っ込んだということで、警察が原因を調べています。(08日13:50)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2745126.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国会にナイフ投げ入れる 容疑の27歳男逮捕、警視庁(8日)産経

国会議事堂の敷地内に果物ナイフ2本を投げ入れたとして、警視庁麹町署は8日、偽計業務妨害の疑いで、埼玉県蕨市錦町、パート従業員、井川伸男容疑者(27)を再逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年8月28日、千代田区永田町1丁目の国会議事堂脇の歩道から衆院敷地内に果物ナイフ2本を投げ入れた上、参院宛てに「ナイフを投げ入れた」という内容のメールを送るなどして、警察官らに警戒させて業務を妨害した疑い。けが人はなかった。
 麹町署によると、井川容疑者は今年3月18日、参院の受付でサバイバルナイフ2本を所持したとして、銃刀法違反容疑で同署に逮捕された。その後の調べに、昨年8月のナイフの投げ入れも認めたという。同署が動機などを調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/160408/afr1604080018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【栃木・今市女児殺害】勝又被告に無期懲役判決(8日)産経

平成17年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判の判決公判が8日、宇都宮地裁で開かれた。松原里美裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。被告は商標法違反罪などの区分審理でも有罪の部分判決を受けており、これを踏まえた量刑。
 被告は捜査段階で殺害を自白したが、公判では無罪を主張。直接証拠がない中、捜査段階の自白の信用性や状況証拠の評価が争点だった。勝又被告は17年12月2日午前4時ごろ、茨城県常陸大宮市内の林道で、吉田有希ちゃん=当時(7)=の胸をナイフで多数回刺し、失血死させたとして起訴された。
 検察側は「自白は具体的で迫真性がある」と主張。自宅方面と遺体発見現場方面を往復した車の走行記録や、遺体に付着した猫の毛の鑑定結果が被告の当時の飼い猫と矛盾しないことなどから「被告と犯人を結びつける客観的事実が多数存在する」としていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き家から古銭盗んだ疑いで男逮捕 群馬・富岡(8日)産経

空き家から現金や古銭を盗んだとして、群馬県警富岡署は8日、建造物侵入と窃盗の疑いで、同県富岡市下丹生、無職、松本賢三容疑者(64)を逮捕した。
 逮捕容疑は3月7日ごろ~4月5日ごろ、同県藤岡市の男性(62)が管理する同県上野村の空き家に侵入し、現金約15万円のほか、古銭や日本刀など計約290万円相当を盗んだ疑い。
 富岡署によると、松本容疑者は男性から空き家の改修工事を請け負っており、作業の合間に盗んだとみられる。7日、出頭してきたという。http://www.sankei.com/affairs/news/160408/afr1604080013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

記念撮影のため枝折り、トイレも汚し「マナー悪すぎや」…中国人客ら大挙、〝爆花見〟に波紋 大阪城公園 (8日)産経

日本で桜の花見を楽しむ外国人観光客が増え、中国人客らのマナー違反の振る舞いが波紋を広げることも多い。記念撮影のために枝を折ったり、トイレを汚したり、とまさに「爆買い」ならぬ「爆花見」といった様相を呈している。言語や文化の違いを超え、誰もが楽しめる花見のあり方を探る必要がありそうだ。
   枝を折って記念撮影
 関西随一の花見の名所として知られ、今春も大型観光バスに乗った中国人客らが押し寄せた大阪市中央区の大阪城公園。
 ボキッ。5日夕、園内の桜並木に鈍い音が響いた。「イー、アール、サン(イチ、ニ、サン)」。折ったばかりの桜の枝を手にした3人組の若い女性がポーズを決め、同年代の男性が掛け声とともにカメラのシャッターを切る。
 女性らは枝を髪飾りのようにさして満面の笑みを浮かべ、さらなる暴挙に出た。記念の一枚に“演出”を加えようとしたのか、木を揺すると花びらがハラハラと舞った。
 「枝や花を取ったらあかん。マナー悪すぎや」
 一部始終を見ていた日本人の男性がたまりかねて声を掛けたが、一行は振り返らずに立ち去り、中国人ツアーのバスに駆け込んだ。
    訪日客は過去最高
 中国語が飛び交う園内では、たこ焼きなどをほお張りながら金属棒の先端にスマートフォンを取り付けた「自撮り棒」で写真撮影する姿が各地でみられる。
 なぜ、わざわざ日本で花見をするのだろうか。
 中国黒竜江省からのツアーを案内した中国人ガイドの20代男性は「中国にも桜はあるが、日本のようにまとまって咲いている場所はない。日本の桜の美しさはテレビやインターネットでとても有名なので、ひと目見たい人が多い」と語る。
 日本政府観光局によると、平成27年に日本を訪れた外国人客は過去最多の約1973万人。最も多い中国人客は約499万人で、4月の花見シーズンは前年同月比2倍超の約40万人だった。27年、大阪を訪れた中国人客は過去最多の約272万人で、大阪城公園は屈指の人気スポットだ。

前へ 1 2 次へ

http://www.sankei.com/west/news/160408/wst1604080028-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年2100万円分指輪窃盗か (8日)NHK

東京・町田市の貴金属店に忍び込みおよそ2100万円分の指輪などを盗んだとして、18歳の少年2人が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・町田市に住むいずれも無職の18歳の少年2人です。
警視庁の調べによりますと、2人は、ことし1月、町田市内の貴金属店に忍び込み、指輪やネックレスなどあわせて128点、およそ2100万円分を盗んだとして窃盗などの疑いが持たれています。
これまでの調べで、2人は店の裏口の扉をドライバーでこじ開けて侵入し、盗んだ貴金属は相模原市内の質店で売却したということです。
警視庁によりますと、調べに対し2人は容疑を認め「遊ぶ金がほしかった」と供述しているということです。
警視庁は、別の窃盗事件で逮捕された18歳の少年とともに、去年10月以降、ほかにも7件、美容室やタイヤの販売店などで盗みを繰り返していたとみて調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160408/4332541.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗 会社役員宅から380万円奪われる…茨城・石岡(8日)毎日

8日午前5時半ごろ、茨城県石岡市府中3の会社役員の男性(67)から「強盗に入られた」と110番があった。県警石岡署によると、居間などに置いていた現金計380万円と腕時計二つ(10万円相当)が奪われ、強盗事件として捜査している。けが人はいなかった。

 同署によると、同5時ごろ男性方の1階窓の鍵が開けられ、複数の男が侵入したとみられる。男性は妻(62)と2人暮らし。ともに1階寝室で就寝中に押し入られ、粘着テープのようなもので手足を縛られたという。現場はJR石岡駅から北西に約500メートルの住宅街。【加藤栄】

Logo_mainichi_s1_2

http://mainichi.jp/articles/20160408/k00/00e/040/170000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城の資産家宅で380万円強盗 夫婦を縛り逃走(8日)テレビ朝日

茨城県石岡市の住宅に強盗が入り、住人の夫婦を縛ったうえ、現金約380万円を奪って逃走しました。
 8日午前5時ごろ、石岡市の住宅に複数の男が押し入り、1階の寝室で寝ていた会社役員の67歳の男性を「金はどこだ」などと脅しました。男らは男性と妻の手足を粘着テープで縛り、自宅に保管されていた現金約380万円を奪って逃走しました。警察によりますと、被害者の男性は「犯人は少なくとも2人いた」などと話しています。いずれも目出し帽で顔を隠し、凶器などは持っていなかったということです。警察は複数犯による強盗事件とみて捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072105.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自衛隊機の乗員か 2人を心肺停止で発見 計6人に(8日)NHK

6日、鹿児島県の山中に自衛隊機が墜落した事故で、防衛省は8日午前、乗員とみられる2人を新たに発見したと発表しました。見つかったのは合わせて6人となりましたが、いずれも心肺停止の状態で、自衛隊は身元の確認を進めています。
  6日、鹿児島県にある海上自衛隊鹿屋基地を離陸した航空自衛隊のU125飛行点検機が基地の北の山中で消息を絶ち、7日、乗員とみられる4人が心肺停止の状態で見つかりました。
自衛隊は、レーダーから機影が消えた御岳の付近で8日朝から捜索を再開し、防衛省は、午前9時25分ごろ乗員とみられる1人を発見したのに続いて、午前9時50分ごろさらに1人を発見したと発表しました。いずれも心肺停止の状態だということです。見つかったのは合わせて6人となり、自衛隊は身元の確認を進めています。
また、自衛隊はこれまでに2人をヘリコプターで鹿屋基地に運んだということです。
午前6時半ごろには御岳の山頂から東におよそ600メートル付近で、飛行点検機の機体の一部とみられる破片が広範囲にわたって飛散した状態で見つかりました。破片は飛行点検機と同じ赤と白の塗装が施されていて、およそ200メートルから300メートル四方の範囲にわたって飛散しているということで、自衛隊が引き続き現場の確認を進めています。

詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160408/k10010471631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

金塊など3000万円分盗難 (8日)NHK北海道

旭川市で、貴金属を扱う古物店が何者かに荒らされて、腕時計や金塊など、金額にして3000万円分が盗まれたことが分かり、警察が捜査しています。
窃盗の被害に遭ったのは、旭川市神居の貴金属を扱う古物店で、5日、経営者の男性が室内が荒らされていることに気づいて110番通報しました。
警察が調べたところ、出入り口のドアノブが工具のようなもので壊されていたうえ、室内にあった腕時計や金塊、それに外に止めてあった車2台など、合わせておよそ130点、金額にして3000万円分が盗まれたということです。
古物店の経営者は、今月4日から5日にかけて仕事のため出かけていて、店は無人の状態だったということで、警察は、この間に何者かが侵入したとみて、窃盗事件として捜査しています。
被害に遭った経営者は、「突然のことで驚いています。
室内はめちゃくちゃにされていて犯人が憎いです」と話していました。
 

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160407/4341101.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋田の合板工場火災、鎮火は8日か 国内トップ級生産に打撃(8日)産経

合板製造大手、秋田プライウッド(秋田市)の向浜第2工場(同市向浜)で6日午後6時半ごろ発生した火災で、市消防本部は7日午後3時半、拡大の危険がなくなった「鎮圧」状態になったと発表した。鎮火は8日午前になる見込みとしている。
 秋田中央署や市消防本部によると、この火事で鉄骨造り一部2階建ての第2工場約1万8600平方メートルが全焼し、第1工場約2万1700平方メートルも一部が焼けた。第2工場の木材乾燥設備付近が火元とみて、出火原因を調べる。
 秋田プライウッドは合板生産量が国内トップクラスで、向浜第1、第2のほか男鹿工場(秋田県男鹿市)で合板を生産している。同社の担当者は「向浜第2工場の復旧の見通しは立たず、生産に相当なダメージだ」と話している。http://www.sankei.com/affairs/news/160407/afr1604070044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童虐待への対応 弁護士との連携考える(8日)NHK

児童相談所が虐待のおそれがある子どもを保護する際などに法的な問題が起きないように、行政と弁護士との連携について考えるシンポジウムが7日夜、東京で開かれました。
 東京弁護士会が東京・霞が関で開いたシンポジウムには、弁護士や児童福祉司などおよそ80人が参加しました。一部の児童相談所では、虐待のおそれがある子どもを保護する際などに、法的に問題がないか速やかに判断するため弁護士を配置する動きがあり、シンポジウムでは、行政と弁護士との連携について意見を交わしました。
この中で、東京・豊島区の児童虐待の担当者は「弁護士に親への対応を考える会議に参加してもらったり、家庭訪問に同行してもらったりしているので助かっている」と述べました。一方、別の自治体の参加者からは「専門知識がない弁護士との連携では意味がないので、児童虐待に詳しい弁護士に来てもらいたい」という要望が出ました。
シンポジウムを企画した東京弁護士会の川村百合弁護士は「現状では、弁護士と自治体の連携は不十分だと感じている。虐待の専門知識を身につけた人材を確保し、行政との連携を進めていきたい」と話していました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160408/k10010471271000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性刺され死亡 同居の女を殺人未遂容疑で逮捕(8日)NHK

8日未明、東京・豊島区のマンションで40代の男性が同居していた女にナイフで刺され、その後、死亡しました。女は殺人未遂の疑いでその場で逮捕され、調べに対し「暴力をふるわれたので刺した」などと供述していることから、警視庁が詳しいいきさつを調べています。
 8日午前3時すぎ、東京・豊島区池袋本町のマンションから、女の声で「男性を刺した」と通報がありました。警察官や救急隊員が現場に駆けつけたところ、マンションの部屋で40代の男性が胸をナイフで刺されて倒れていて、病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。
警視庁は、その場にいた男性の同居相手の自称、無職の野口みゆき容疑者(49)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。警視庁によりますと、調べに対し、野口容疑者は容疑を認めたうえで、「男性に暴力をふるわれたので刺した」などと供述しているということです。
警視庁は、亡くなった男性の身元の確認を急ぐとともに、当時の状況や事件が起きるに至った詳しいいきさつを調べています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160408/k10010471481000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

パイプなどで“殺人未遂”鎌で“強盗”も 茨城(8日)テレビ朝日

茨城県つくば市で、60代の男性を水道管のパイプで殴ったうえ、車ではねるなどしたとして40代の男が逮捕されました。
 つくば市の無職・大塚和則容疑者(42)は7日、63歳の男性を水道管のパイプで殴り、車ではねた後、さらにバールのようなもので殴るなどして殺害しようとした疑いが持たれています。男性は首の骨を折り、全治2カ月の重傷です。警察によりますと、大塚容疑者は男性と酒を飲んでいたところ、口論になり、突然、近くにあった水道管のパイプで男性に殴り掛かったということです。その30分後には70代の男性が男に鎌で腕を切り付けられ、現金を奪われる別の事件がありました。大塚容疑者は午後6時ごろになって1人で警察署に出頭し、2つの事件への関与を認めているということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072095.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

現場付近、過去にも事故=千メートル級の山連なる-空自機事故(8日)時事

航空自衛隊のU125飛行点検機が墜落したとみられる鹿児島県の御岳を含む高隈山系では、1972年にも自衛隊機が墜落、7人が死亡する事故が発生している。現場付近は標高千メートル級の山が連なっており、海自鹿屋航空基地(同県鹿屋市)では「衝突の危険があるため、通常の飛行ルートから外していた」という。
 鹿屋基地などによると、72年7月、同基地を目指していた7人乗り哨戒機が高隈山中腹の斜面に衝突、全員が死亡した。事故機は本来、基地と高隈山系の間で、基地のある南に向かって方向転換する予定だったのに、北方向に転進した。悪天候で視界が悪く、飛行ルートを誤ったという。(2016/04/07-21:32)

     

【記事一覧へ】

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京23区の路上生活者、実際は2~3倍? 東工大院生ら推計 (8日)日経

東京23区内の路上生活者の数が、自治体の調査の2~3倍に上るとの推計結果を東京工業大学などの研究者グループが7日までにまとめた。グループの代表者は「支援策を考えるうえで、実態に即した調査が必要だ」と指摘している。
 東工大の大学院生を中心とする調査グループ「ARCH」が1月中旬、新宿、渋谷、豊島の3区で深夜に路上生活者の数を調べたところ、約670人だった。
 東京都と区が2015年の冬季に昼間に実施…

電子版トップ速報トップ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99417280X00C16A4CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

精神科、患者拘束1万人超す…10年間で2倍に(8日)読売

 精神科で身体拘束を受ける患者の数が、2013年の調査日に1万人を超え、10年間で2倍に増えたことが厚生労働省の調査で分かった。
 閉鎖した個室に隔離される患者も1万人に迫り、増加を続けている。
 調査は、精神保健福祉資料作成のため、毎年実施している。精神科がある全国の病院から6月30日時点の病床数や従業者数、在院患者数などの報告を集計、今年は13年分がまとまった。
 患者の手足や腰などを専用の道具でベッドにくくり付ける身体拘束や、保護室と呼ばれる閉鎖個室に入れる隔離は、本人や他人を傷つける行為を防ぐため、精神保健指定医の資格を持つ医師の判断で行う。12時間以内の隔離は指定医資格を持たない医師でも行える。

2016年04月08日 03時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学生誘拐 容疑者、事件直前に免許取得 車も入手(8日)毎日

埼玉県朝霞市で行方不明になった当時中学1年の少女(15)が約2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐容疑で逮捕された寺内樺風(かぶ)容疑者(23)が、少女が行方不明になった直前の2014年3月上旬に車の運転免許を取得し、軽乗用車を入手したとみられることが捜査関係者などへの取材で分かった。県警は、車の取得も誘拐の準備だった可能性があるとみて調べている。

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/articles/20160408/k00/00m/040/129000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

13歳少女を誘拐容疑、25歳男と同居の母を逮捕(8日)朝日

 富山県に住む女子中学生を誘い出して自宅に連れ込んだとして、県警は8日、山形県新庄市住吉町のスーパーアルバイト店員、渡辺遼容疑者(25)と同居の母でコンビニ店アルバイトの佳恵容疑者(48)を未成年者誘拐容疑で逮捕し、発表した。少女は両容疑者宅で無事保護された。両容疑者は容疑を認めているという。
 富山県警によると、遼容疑者は4月上旬、県西部の中学生の少女(13)が未成年であることを知りながら、スマートフォンの無料通信アプリを通じて「こっちに来るか」「俺に甘えろ」などと誘い、4日に佳恵容疑者とともに富山県に電車で少女を迎えに来て、7日まで自宅に誘拐した疑い。
 少女は4日外出し、メールで母親と連絡を取った後、夜になっても帰らないことから家族が同県警に届け出た。駅の防犯カメラの映像や携帯電話の位置情報などから両容疑者を特定。山形県警の捜査員が、両容疑者宅で佳恵容疑者と一緒にいた少女を保護した。遼容疑者は仕事に出かけていた。遼容疑者は、佳恵容疑者、祖母との3人暮らしという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/SDI201604083281.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月7日 | トップページ | 2016年4月9日 »