« パンツかぶって女性の体触る 尼崎の男逮捕(9日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2016年3月 9日 (水)

【伊勢志摩サミット】主会場周辺で厳戒態勢 海上ルートでの侵入に備え強める警備(9日)産経

 5月26、27両日に三重県で開かれる伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)開催まで2カ月半となった。一連の関係閣僚会合のうち広島での外相会合開催まで、10日で1カ月に迫り、国内の警備当局は、テロリズムを防止するためすでに厳戒態勢に入っている。サミットを控える三重県の篠原英樹県警警備部長は8日の記者会見で、海上ルートのテロリスト侵入に備え、「海上保安庁と緊密な連携を取る必要があり、顔の見える関係作りを進めている」と強調した。
 サミットの主会場となる賢島(志摩市)周辺はリアス式海岸で視界が届きにくく、水深が浅く岩礁も多い。篠原氏は「志摩市の人口は約5万人で、生活の場で開催されるといってもいい。ここが北海道洞爺湖サミットとは違う点だ」と指摘。さらに「ボートでの着岸や、雑木林に不審者が隠れていることを想定しながら警備計画を立てる必要がある」とも強調した。
 各国首脳らは中部国際空港(愛知県常滑市)に到着後、ヘリコプターで賢島に向かう予定だが、悪天候の場合は約195キロの陸路で移動する。
 篠原氏は「危険箇所の把握が大事だ。どこにも漏れがないよう警察官を配置して調べる。不審な人、物がないよう対策する」と述べた。
 鈴木英敬知事は「すべてを治安当局でやるのはなかなか難しい。地域の正常な状態を一番良く知っているのは地域住民だ」と述べ、「官民一体の日本型テロ対策」を掲げ、テロの未然防止に努める考えだ。http://www.sankei.com/affairs/news/160309/afr1603090013-n1.html

« パンツかぶって女性の体触る 尼崎の男逮捕(9日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63321684

この記事へのトラックバック一覧です: 【伊勢志摩サミット】主会場周辺で厳戒態勢 海上ルートでの侵入に備え強める警備(9日)産経:

« パンツかぶって女性の体触る 尼崎の男逮捕(9日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »