« 安保法成立から半年 東京で反対する集会(19日)NHK | トップページ | 運転日報など110点押収=山陽道トンネル事故-広島県警(19日)時事 »

2016年3月19日 (土)

学生ときどき消防団、増えてます(19日)読売

 地域の防災活動を担う消防団に入る学生が増えている。全消防団員は減り続ける中、学生は昨年初めて3000人を超え、総務省消防庁が統計を取り始めた2006年の2・4倍になった。自治体も、熱心に取り組んだ学生の就職を支援する仕組みを作るなど、勧誘に知恵を絞っている。
 「前方よし」「ホース延長」。神戸・ポートアイランドの神戸学院大キャンパスで2月末、学生消防団員12人が、放水や心肺蘇生などの自主訓練を行った。応急処置の技能を身に付ける市民救命士講習も受けるなどして本番に備える。
 神戸学院大は神戸市から消防団協力事業所に認定されている。社会貢献に積極的な組織としてお墨付きを与える制度で、10年に対象を大学にも広げた。現在、市内4大学が認定を受ける。
 また、市外から通う大学生も入団できるよう条例を改正した。神戸学院大の団員(22)は兵庫県加古川市から通う。「大学は第2の古里。地域の役に立ちたかった」と話す。
 神戸市内の学生団員は計87人で、市消防局の担当者は「平日の昼間は地域から出てしまうサラリーマン団員が多い中、地域で長い時間を過ごす学生は貴重な力になる」と期待する。
 松山市は昨年、消防団活動で地域へ貢献した学生を認証する制度を設けた。団長の推薦を受けて審査し、就職活動でアピール材料に生かせる認証状を出す。
 これまでに6人が認証された。その一人、松山大4年生(22)は地元の香川県丸亀市消防本部に就職が内定した。「評価されたことが自信になり、面接でも活動の経験を堂々と話せた」と振り返る。
 消防庁によると、京都市や広島県東広島市など全国36自治体(15年9月現在)が同様の制度を設ける。
 消防団の活動は平時の啓発から非常時の消火や避難誘導と幅広い。負担を減らして入団しやすくしようと消防庁は05年、特定の活動だけを行う機能別消防団の制度を新設した。福井大医学部は、これに沿った学生消防団を09年に結成した。
 負傷者の応急手当てに特化した消防団で、現在45人が所属する。医学科5年生(24)は「災害医療の現場も勉強したいと思って参加した。訓練では三角巾の巻き方も身に付けられ、勉強になる」と話す。
 元消防庁消防研究センター所長の室崎益輝・神戸大名誉教授の話「近年、災害が多発する中、何か活動したいと思う若者が増えていることが、学生消防団増加の背景にあるのだろう。現状の団員数では地域の安全を守るのに限界があり、若者の存在は大きな力になる」
 ◆消防団=消防組織法に基づき各市町村に設置された組織。団員は非常勤の特別職地方公務員で、報酬と出動手当が出る。1950年代に200万人いた団員は高齢化などで減少を続け、昨年は約86万人。職業別では2014年時点で、会社員72%、自営業21%、学生・無職など7%。
2016年03月19日 17時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 安保法成立から半年 東京で反対する集会(19日)NHK | トップページ | 運転日報など110点押収=山陽道トンネル事故-広島県警(19日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63367891

この記事へのトラックバック一覧です: 学生ときどき消防団、増えてます(19日)読売:

« 安保法成立から半年 東京で反対する集会(19日)NHK | トップページ | 運転日報など110点押収=山陽道トンネル事故-広島県警(19日)時事 »