« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁・遺失物センターの作業員が…落し物“盗む”(11日)テレビ朝日 »

2016年3月11日 (金)

殺人事件の証拠品“廃棄” 紛失時期は特定できず(11日)テレビ朝日

未解決の殺人事件の証拠品の一部を誤って廃棄していたことが分かりました。
 問題の証拠品は、京都府警南警察署管内で20年前に発生し、いまだ解決していない事件の資料で、去年9月、南署が新庁舎に移転する際、本来の保管場所ではない物置から見つかりました。この物置には、日常的に出し入れするものなどが置かれていたということで、160ある証拠品のうち、タイヤのホイールとプラスチック片を紛失していることが分かりました。京都府警は、紛失時期も特定できないまま誤って廃棄されたものと判断しました。京都府警は、今後は「適正な保管・管理に努める」としています。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070173.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁・遺失物センターの作業員が…落し物“盗む”(11日)テレビ朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63331646

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人事件の証拠品“廃棄” 紛失時期は特定できず(11日)テレビ朝日:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁・遺失物センターの作業員が…落し物“盗む”(11日)テレビ朝日 »