« フェンス突き破り線路脇に…女性「スピード出た」(2日)テレビ朝日 | トップページ | 拳銃のようなもので市議殴る、殺人未遂容疑逮捕(2日)読売 »

2016年3月 2日 (水)

女児に付着の毛「DNA型 被告の猫と同グループ」(2日)NHK

平成17年、栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生の女の子が連れ去られて殺害され、殺人の罪に問われている男の裁判員裁判で、女の子の体に付いていた猫の毛を鑑定した専門家が証人として出廷し、「付着していた猫の毛のDNA型は、71あるグループの中で、当時、被告が飼っていた猫と同じグループと確認された」と証言しました。
平成17年、今の日光市で小学1年生だった吉田有希ちゃん(当時7)が下校途中に連れ去られ、茨城県の山林で遺体で見つかり、栃木県鹿沼市の勝又拓哉被告(33)が殺人の罪に問われています。
2日の裁判では、有希ちゃんの体に付いていた猫の毛のDNA鑑定を行った大学教授が検察側の証人として法廷に立ち、「自分たちの研究では、猫の毛のDNA型は71のグループに分かれるが、被害者の体に付着していた猫の毛のDNA型は、当時、被告が飼っていた猫と同じグループと確認された」と証言しました。
一方、弁護側は初公判で、「同じグループの猫と分かっただけで、被告が飼っていた猫と同一ということではない」と反論しています。
裁判で、勝又被告は無罪を主張しています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160302/k10010428911000.html

« フェンス突き破り線路脇に…女性「スピード出た」(2日)テレビ朝日 | トップページ | 拳銃のようなもので市議殴る、殺人未遂容疑逮捕(2日)読売 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63290679

この記事へのトラックバック一覧です: 女児に付着の毛「DNA型 被告の猫と同グループ」(2日)NHK:

« フェンス突き破り線路脇に…女性「スピード出た」(2日)テレビ朝日 | トップページ | 拳銃のようなもので市議殴る、殺人未遂容疑逮捕(2日)読売 »