« サミットまで2カ月…日本橋・三越でテロ対応訓練(18日)テレビ朝日 | トップページ | 小1女児誘拐殺人事件で死刑判決 神戸地裁(18日)NHK »

2016年3月18日 (金)

地裁、自白の供述調書採用 任意性認める 栃木小1殺害(18日)朝日

 2005年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた無職勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判は、18日も宇都宮地裁で続いた。松原里美裁判長は、被告が捜査段階で自白した内容をまとめた供述調書5通を証拠採用する決定を出した。凶器や女児の遺留品など物的証拠が見つからないなか、自白調書の採否は大きな焦点となっていた。
 決定は裁判官3人の合議によるもので、裁判員は加わっていない。調書には任意性があり、証拠能力があると判断した。
 被告は14年6月の検事の取り調べで、殺害などを認める内容の調書5通にサインした。検察側は「不当な身体拘束はなく、違法な取り調べも一切ない」とこれら5通の調書を証拠として調べるよう請求。一方、無罪を主張する弁護側は「被告は同年1月に商標法違反容疑で『別件逮捕』されて以降、不当に長期間身柄を拘束され、脅迫や暴行を受けて意思に反する自白をさせられた」と証拠採用に反対していた。残り:338文字/全文:750文字http://www.asahi.com/articles/ASJ3L3C8VJ3LUTIL007.html

« サミットまで2カ月…日本橋・三越でテロ対応訓練(18日)テレビ朝日 | トップページ | 小1女児誘拐殺人事件で死刑判決 神戸地裁(18日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地裁、自白の供述調書採用 任意性認める 栃木小1殺害(18日)朝日:

« サミットまで2カ月…日本橋・三越でテロ対応訓練(18日)テレビ朝日 | トップページ | 小1女児誘拐殺人事件で死刑判決 神戸地裁(18日)NHK »