« 「大変な事件起こしてしまった」レシート裏にメモ(30日)テレビ朝日 | トップページ | 強風で300キロの滑り台倒れる、児童ら11人けが (30日)TBS »

2016年3月30日 (水)

救急車と医療機関、デジタル無線で連絡…茨城(30日)読売

デジタル無線と光回線ネットワークを利用して、救急車から救急医療機関に直接やり取りする新システムが、4月から茨城県内で導入される。
 救急車からの連絡は一般的に携帯電話を使うが、つながらない場合もスムーズに連絡を取って搬送先を決めることができる。全国初のシステムとみられ、災害時の救急搬送などへの活用が期待される。
 県防災・危機管理課によると、救急車からの連絡は県と市町村、消防本部、防災組織など283機関を高速の光回線などで結ぶ「県防災情報ネットワーク」を利用する。県内34市町が共同整備を進める「消防救急デジタル無線」を受ける水戸市の「いばらき消防指令センター」を通じて、同ネットワーク経由で病院と連絡が取れる仕組みだ。
 デジタル無線は電話のように双方向の会話が可能で、救急隊員は直接、病院担当者と話すことができる。救急車には同ネットワークに接続する94か所の救急医療機関名が表示できるカーナビゲーションを取り付け、医療機関を選ぶだけでつながるようにするという。
 災害で光回線も使えなくなった事態に備え、県内18か所の災害拠点病院には、県の中継局を通じてデジタル無線だけで連絡をとれる体制も整備する。
 県内の消防本部は、アナログからデジタル無線への切り替えを進めてきた。このうち、日立市とつくば市、「ひたちなか・東海広域消防本部」「稲敷広域消防本部」を除く県内20消防本部33市町では、同ネットワークを利用した救急車からの連絡システムを利用できるようになる。

2016年03月30日 15時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 「大変な事件起こしてしまった」レシート裏にメモ(30日)テレビ朝日 | トップページ | 強風で300キロの滑り台倒れる、児童ら11人けが (30日)TBS »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63417210

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車と医療機関、デジタル無線で連絡…茨城(30日)読売:

« 「大変な事件起こしてしまった」レシート裏にメモ(30日)テレビ朝日 | トップページ | 強風で300キロの滑り台倒れる、児童ら11人けが (30日)TBS »