« 東京発の一番列車が発車 北海道新幹線 開業(26日)NHK | トップページ | 甘利氏疑惑、特捜部が元総務担当から任意聴取(26日)読売 »

2016年3月26日 (土)

3火山の警戒レベル、判定の基準を明示(26日)読売

気象庁は25日、御嶽山(長野・岐阜県境)、桜島(鹿児島県)、浅間山(群馬・長野県境)について、噴火の危険度を5段階で評価する「噴火警戒レベル」の判定基準を改定し、ホームページ上に初めて公表した。
 火山性地震の回数や噴煙量などの数値基準をレベルごとに明示したもので、同庁は「気象庁の発表する観測データと照らし合わせれば、登山者や自治体が噴火の危険性を判断しやすくなる」と期待する。
 噴火警戒レベルは、1(活火山であることに留意)~5(避難)に分かれる。多くの地元自治体は、レベルごとに決められる「警戒範囲」に応じて立ち入り規制をする。
 2014年にレベル1の状態で噴火し、戦後最大の噴火災害が起きた御嶽山の新基準では、「1日50回の地震」「1日6回の微動」などのいずれかが確認されれば、レベル2に引き上げることなどが明示された。

2016年03月25日 21時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

« 東京発の一番列車が発車 北海道新幹線 開業(26日)NHK | トップページ | 甘利氏疑惑、特捜部が元総務担当から任意聴取(26日)読売 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3火山の警戒レベル、判定の基準を明示(26日)読売:

« 東京発の一番列車が発車 北海道新幹線 開業(26日)NHK | トップページ | 甘利氏疑惑、特捜部が元総務担当から任意聴取(26日)読売 »