« 警視がパチンコ店のガラス壊す 玉投げつけ穴あける(11日)テレビ朝日 | トップページ | サンデー毎日報道で稲田氏が敗訴 判決で在特会との関係指摘 大阪地裁(11日)産経 »

2016年3月11日 (金)

父に懲役9年、母に懲役4年…男児ケージ監禁死(11日)読売

東京都足立区の自宅で次男(当時3歳)をウサギ用のケージに監禁し、死亡させたとして監禁致死と死体遺棄罪に問われた父親の皆川忍(31)、母親の朋美(29)両被告の裁判員裁判で、東京地裁は11日、忍被告に懲役9年(求刑・懲役12年)、朋美被告に懲役4年(求刑・懲役7年)を言い渡した。
 稗田雅洋裁判長は「約2か月間、劣悪な環境に置かれた次男は、多大な苦痛を受けて命を絶たれ、同種事案の中で最も悪質性が高い」と述べた。

 判決によると、両被告は2012年12月下旬頃から、次男の

玲空斗

ちゃんをウサギ用ケージ(高さ46センチ、縦40センチ、横57センチ)に監禁。13年3月3日頃、くわえさせたタオルの両端を後頭部近くで結び窒息死させ、その後、遺体を遺棄した。遺体は見つかっていない。
 公判で忍被告は監禁と死亡の因果関係を否定。朋美被告は監禁罪のみの成立を主張した。これに対し、判決は「次男は監禁とタオルを結ばれたことが相互に作用し、死亡した。タオルを結ぶ行為は、両被告が次男の行動を制限する目的で行っていた監禁行為の一環だった」とし、両被告とも監禁致死罪の成立を認定した。

2016年03月11日 20時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 警視がパチンコ店のガラス壊す 玉投げつけ穴あける(11日)テレビ朝日 | トップページ | サンデー毎日報道で稲田氏が敗訴 判決で在特会との関係指摘 大阪地裁(11日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63331692

この記事へのトラックバック一覧です: 父に懲役9年、母に懲役4年…男児ケージ監禁死(11日)読売:

« 警視がパチンコ店のガラス壊す 玉投げつけ穴あける(11日)テレビ朝日 | トップページ | サンデー毎日報道で稲田氏が敗訴 判決で在特会との関係指摘 大阪地裁(11日)産経 »