« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 4カ所一斉に、3時間半…“ごみ屋敷”に行政代執行(26日)テレビ朝日 »

2016年3月26日 (土)

大阪 八尾空港で小型機墜落 4人死亡(26日)NHK

26日夕方、大阪・八尾市の八尾空港で小型機が墜落し、乗っていた男性4人が死亡しました。警察や消防などが当時の詳しい状況を調べています。
26日午後4時半前、大阪・八尾市の八尾空港で、「4人が乗った小型機が墜落した」と、空港から市の消防本部に連絡がありました。
警察によりますと、この事故で小型機に乗っていた男性4人が死亡しました。NHKのヘリコプターが上空から撮影した映像では、八尾空港の2本ある滑走路のうちA滑走路の中央よりやや西側に墜落した小型機の機体があり、青いシートに覆われているのが確認できます。
国土交通省によりますと、墜落した小型機は「ムーニー式M20C」という単発のプロペラ機で、午後4時3分に神戸空港を離陸し、八尾空港のA滑走路の東側から進入し、午後4時19分に事故が起きたということです。
この直前に小型機の機長から管制官に対し、「着陸をやり直す」と連絡があり、着陸をやり直そうと飛行していた際に墜落したとみられるということです。また、空港事務所に事前に提出された書類には4人が搭乗すると書かれ、機長の名前が「Y・NISHIMOTO」とアルファベットで書かれていたということです。年齢など詳しいことは分かっていないということです。
国土交通省によりますと、事故直後の午後4時21分の観測で、八尾空港の天候は、西の風3.5メートルで視界はよく、離陸や着陸には問題ない天候だったということです。警察や消防などが当時の詳しい状況を調べています。

目撃者「斜めになりながら落ちてきた」

八尾空港の近くに住む小型機の様子を目撃した71歳の女性は「上から斜めになりながら落ちてくるのを見ました。機体を立て直そうとしていましたができずに落ちていました」と話していました。また墜落したときの様子について、「ドンという音がして煙とともに火が出て燃えていました」と話していました。

また、事故当時八尾空港から北に500メートルほど離れた地点にいたという19歳の男性は、「飛行機が進行方向から見て右側に傾いて下降しているのを見ました。下降するにつれて傾く角度が急になり、最終的には地面に対し90度くらいになり、建物の陰に隠れたあと、ドーンとものすごい音が聞こえました」と話していました。

    八尾空港の過去の事故
八尾空港ではこれまでも、小型機やヘリコプターによる事故が起きています。平成18年5月には、パイロットの養成訓練をしていた航空運送会社の小型機が、機体から車輪が出ないまま八尾空港に胴体着陸し、滑走路を外れる事故がありました。けが人はいませんでした。
平成14年7月には、機体整備のため八尾空港に着陸しようとしたヘリコプターが滑走路脇に墜落し、機長と整備士の2人が死亡しました。平成10年5月には、整備が終わって試験飛行をしようとした小型機が離陸に失敗して墜落し、機長が死亡、同乗者2人がけがをする事故が起きています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160326/k10010457561000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 4カ所一斉に、3時間半…“ごみ屋敷”に行政代執行(26日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪 八尾空港で小型機墜落 4人死亡(26日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 4カ所一斉に、3時間半…“ごみ屋敷”に行政代執行(26日)テレビ朝日 »