« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警察官が風呂場のぞき懲戒処分(14日)NHK »

2016年3月14日 (月)

逮捕直後の映像「間違いありません」 夜には一転否認(14日)NHK

平成17年、栃木県の旧今市市、今の日光市で、小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、殺人の疑いで逮捕された日の取り調べの様子の映像と音声が再生され、被告が逮捕直後に「間違いはありません」と容疑を認めたものの、その日の夜には一転して否認する場面などが公開されました。
14日の法廷では、勝又拓哉被告(33)が殺人の疑いで逮捕された、おととし6月3日以降の警察官の取り調べの様子を録画した映像と音声が公開されました。
映像の中で勝又被告は、逮捕された直後に警察官から殺人の容疑について弁解や間違いはないか聞かれたのに対し、「弁解することはありません。事実に間違いはありません。今言えるのはごめんなさいだけ」と小さな声で答えていました。しかし、その日の夜の調べでは、「殺していない」と一転して殺害を否認し、警察官から供述が変わった理由を聞かれると、「警察官に『逮捕されたから逃げられないよ』と言われ、怖くなったから自白した」と説明していました。
また、14日は、殺人の疑いで逮捕される前のおととし2月、別の事件で起訴されたあとに取り調べを行った警察官が証人として法廷に立ちました。勝又被告は裁判で、「警察官から『有希さんにごめんなさいと50回言わないと晩ご飯抜きだ』と言われた」と主張していますが、警察官は「そのようなことはありませんでした」と否定し、取り調べの中で強制や暴力行為などはなかったと述べました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160314/k10010442961000.html

News_pic1_2

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警察官が風呂場のぞき懲戒処分(14日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕直後の映像「間違いありません」 夜には一転否認(14日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警察官が風呂場のぞき懲戒処分(14日)NHK »