« 農作物荒らすサル撃退実習、主婦らエアガン連射(2日)読売 | トップページ | 川崎の中1殺害 18歳無職少年が起訴内容認める(2日)朝日 »

2016年3月 2日 (水)

GPS捜査 令状なし「重大な違法とは言えず」…大阪高裁(2日)毎日

裁判所の令状なく捜査対象者の車両にGPS(全地球測位システム)発信器を取り付けた捜査手法を、大阪地裁が「違法」と判断した連続窃盗事件の控訴審判決が2日、大阪高裁であった。横田信之裁判長は、今回の大阪府警のGPS捜査について「重大な違法とは言えない」として、1審とは逆の判断を示した。ただ、懲役5年6月とした1審判決は支持し、被告側の控訴を棄却した。
 GPS捜査を巡る高裁の判断は初めて。
 大阪府門真市の自営業、岩切勝志被告(44)は知人らと共謀し2012〜13年、大阪など6府県で事務所荒らしなどを繰り返し、計約416万円相当の物品を盗んだ窃盗などの罪で起訴された。
 昨年6月の地裁決定は、GPS捜査は令状が必要な「強制処分」に当たると判断。約半年にわたって被告らの車やバイク計19台に無断で発信器を取り付け、行動を監視した大阪府警の捜査を「プライバシーを侵害し、違法」とした。そして、捜査資料の一部を証拠から外した。
 控訴審で弁護側は「違法捜査を基にした起訴は退けるべきだ」と訴え、有罪でも量刑を考慮すべきだと主張。一方、検察側は「GPS捜査は令状のいらない任意捜査だ」と違法性を否定していた。
 高裁判決で、横田裁判長は当時の捜査について「尾行、張り込みだけでなくGPSを用いた捜査の必要性が認められる状況だった」と指摘。プライバシーの侵害についても「程度は大きくない」とした。また、「GPS捜査が強制捜査であるという司法判断が定着していない時期だった」とし、当時の令状なしのGPS捜査は「重大な違法ではない」と判断した。
 GPS捜査を巡っては、名古屋地裁(昨年12月)と水戸地裁(今年1月)が、ともに窃盗事件の審理の中で、同様に違法と判断している。【三上健太郎】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160302/k00/00e/040/206000c

« 農作物荒らすサル撃退実習、主婦らエアガン連射(2日)読売 | トップページ | 川崎の中1殺害 18歳無職少年が起訴内容認める(2日)朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63289044

この記事へのトラックバック一覧です: GPS捜査 令状なし「重大な違法とは言えず」…大阪高裁(2日)毎日:

« 農作物荒らすサル撃退実習、主婦らエアガン連射(2日)読売 | トップページ | 川崎の中1殺害 18歳無職少年が起訴内容認める(2日)朝日 »