« 山口組弘道会本部に家宅捜索、三重県警 (21日)TBS | トップページ | 相模原・女性遺体、秋山被告の手紙入手「私だって被害者」 (21日)TBS »

2016年3月21日 (月)

【今市事件裁判員裁判】22日に論告求刑公判 自白信用性などが争点(21日)共同

2005年、吉田有希(よしだゆき)ちゃん=当時(7)=が殺害された今市事件で、殺人罪に問われた鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉(かつまたたくや)被告(33)の宇都宮地裁(松原里美(まつばらさとみ)裁判長)の裁判員裁判は、3週目(14~18日)を終えた。地裁は殺害自白の「任意性」を認め、自白調書の証拠採用を決定。焦点は自白の「信用性」や状況証拠の判断に移る。22日には論告求刑、弁護側の最終弁論が行われ、15日間の審理が終了する。
 「有希ちゃんを殺したのは君だね」「…はい」。15日の第11回公判で再生された14年6月11日の阿部健一(あべけんいち)検事による調べ映像。
 裁判で任意性が争われたのは、この阿部検事に対する自白内容だ。弁護側は、阿部検事に先行して行われた別の検事や警察官の調べも問題視。「長期間の身柄拘束や威圧的取り調べで自由にものを言えなくなっていた」として、調書の採用を反対していた。
 14日の公判では、違法性を指摘された警察官3人が出廷。被告が証言した平手打ちや被害者への謝罪の強要、利益誘導の発言をいずれも強く否定した。
 18日の公判の冒頭、松原裁判長は調書について「採用することにして、取り調べます」と決定。理由の説明はなかった。
 被害者参加制度によって公判を見守ってきた有希ちゃんの父親と祖母の意見も朗読された。情状証人の伯母は、昨年亡くなった母親の思いも代弁した。
 有力な物証がない中、自白の任意性が認められたことから、今後は自白の信用性が大きな争点となる。
 審理は22日を残すのみ。検察側の論告求刑の後、遺族の代理人弁護士が意見と求刑を述べるとみられ、弁護側は無罪を訴える。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160321/2271988

« 山口組弘道会本部に家宅捜索、三重県警 (21日)TBS | トップページ | 相模原・女性遺体、秋山被告の手紙入手「私だって被害者」 (21日)TBS »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【今市事件裁判員裁判】22日に論告求刑公判 自白信用性などが争点(21日)共同:

« 山口組弘道会本部に家宅捜索、三重県警 (21日)TBS | トップページ | 相模原・女性遺体、秋山被告の手紙入手「私だって被害者」 (21日)TBS »