« 認知症事故訴訟、家族に賠償責任なし JR東海の逆転敗訴が確定 最高裁判決(1日)産経 | トップページ | 豚1100頭が焼け死ぬ 盛岡市の農場で豚舎全焼(1日)テレビ朝日 »

2016年3月 1日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位レベル)
減少傾向にあるのだが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011566 29日夜、東京・日野市の路上で男性が中学3年生の少年に包丁で刺される事件があった。通報で駆けつけた警察官が拳銃1発を発砲し少年を現行犯逮捕した。
 昔、「おやじ狩り」という少年犯罪があった。警察庁を担当している時、某新聞社の記者が「昨夜、おやじ狩りに遭ったよ」と笑っていたことを思い出した。この犯罪も路上などが現場。ひったくりや自動販売機荒らしなどと同じように街頭犯罪だ。
 警察庁によると平成27年の少年による街頭犯罪の検挙人員は8992人で前年に比べて2234人の減少。しかも、平成18年に2万6797人を検挙した以降、過去10年間で最も少なく、しかも初めて1万人を割った。
 このように少年による街頭犯罪は減少傾向にあるのだが、警察庁はそれでも成人を含めた全検挙人員の50、0%に当たることから注意を呼びかけている。
 警視庁は少年犯罪対策官を配置。検挙した少年が反省し、少しでも多くの少年が更生の道へと向かう対策も行っている。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 認知症事故訴訟、家族に賠償責任なし JR東海の逆転敗訴が確定 最高裁判決(1日)産経 | トップページ | 豚1100頭が焼け死ぬ 盛岡市の農場で豚舎全焼(1日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63286376

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 認知症事故訴訟、家族に賠償責任なし JR東海の逆転敗訴が確定 最高裁判決(1日)産経 | トップページ | 豚1100頭が焼け死ぬ 盛岡市の農場で豚舎全焼(1日)テレビ朝日 »