« 北朝鮮が飛翔体5発発射、2百キロ飛び日本海落下 新型多連装ロケット砲か(21日)産経 | トップページ | 山口組弘道会本部に家宅捜索、三重県警 (21日)TBS »

2016年3月21日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
外国人検挙人員が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011615 昨年訪日した外国人は1970万人を超えた。そして話題になっているのが爆買の一行。   
 日本はこれから花見シーズンに入る。21日の産経新聞の「産経抄」によると、「日本にしかない」といわれる花見は今では、世界で広く知られるようになった。外国人観光客のお目当ての一つでもある」という。
 「爆買」ならぬ「爆見」集団までやって来るという。
 不法就労目的の虚偽申請などで法務省から平成27年に日本上陸を拒否された外国人は4612人で前年に比べて1032人も増加しているという。なかでもインドネシアは901人と前年に比べて22倍に増えている。こうした外国人による国内での犯罪はどれほどあるのだろうか?
 警察庁によると今年2月までに刑法犯で検挙された外国人は903人で前年同期に比べて71人も増加している。
 最も多かったのは東京の268人、愛知の114人、神奈川と埼玉が各62人、大阪が43人の順だった。増加したのは愛知の40人、新潟の14人、東京の12人など。
一方、覚醒剤などの特別法犯の検挙者は511人で4人の減少。最多は東京の155人、神奈川の71人、愛知の47人と続いた。
 殺人や強盗などの重要犯罪での検挙者数は中国が最も多く13人、韓国・朝鮮が7人、ベトナムが6人の順だった。
 外国人と言えば思い出すのが「爆窃団」。中国人の窃盗団で壁を破って店舗に侵入して、ショウケースをたたき壊し、数分間で宝石などを根こそぎ盗む集団。「人殺し以外はなんでもする集団」として恐れられた。
 そして今は「爆買」そしてこれから「爆見」か…恐ろしい時代を迎えたことよ…
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 北朝鮮が飛翔体5発発射、2百キロ飛び日本海落下 新型多連装ロケット砲か(21日)産経 | トップページ | 山口組弘道会本部に家宅捜索、三重県警 (21日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63377517

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 北朝鮮が飛翔体5発発射、2百キロ飛び日本海落下 新型多連装ロケット砲か(21日)産経 | トップページ | 山口組弘道会本部に家宅捜索、三重県警 (21日)TBS »