« 2016年3月17日 | トップページ | 2016年3月19日 »

2016年3月18日

2016年3月18日 (金)

【栃木女児殺害公判】裁判員も涙…「遺骨とディズニーランドに」 父「歯食いしばって娘の無残な姿見た」(18日)産経

「いつものように、何度も振り返って見えなくなるまで手を振っていました。有希は道を横切り、物陰に入ってから、もう一度私が見える所に戻って手を振って学校に行きました。私もずっと手を振りました。それが最後のお別れになってしまいました」
 この日の法廷では、殺人容疑で勝又拓哉被告が逮捕された約1カ月後に作成された吉田有希ちゃんの両親の調書が読み上げられ、母親は有希ちゃんが行方不明になった平成17年12月1日の朝をこう振り返っていた。
 有希ちゃんの母親は事件発生後、何度も手記で真相究明を訴え、裁判でも被害者参加制度を利用することを望んでいたが、昨年5月に47歳で病死した。女性裁判員は目元をハンカチで押さえ、傍聴席からもすすり泣く声が漏れた。
 母親の調書と同日に作成された父親の調書には「遺骨を納める前に、有希が大好きだったディズニーランドに行き、遺骨になった有希とパレードや花火を見ました」と書かれていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホに身代金要求ウイルス 愛知県警、感染を初確認(18日)西日本

愛知県警は18日、画面操作をできなくして金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」と呼ばれるウイルスの感染をスマートフォンで確認したと明らかにした。警察庁や情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」によると、スマホへの感染例は全国初で、注意を呼び掛けている。
 サイバー犯罪対策課によると、愛知県岡崎市の40代男性から、今月14日「スマホの画面が突然ロックされ『1万円を支払え』という画面が出現した」と相談があった。インターネットを閲覧中に、ウイルスが組み込まれたスマホ用アプリをインストールしたことが原因で、電子マネーなどを購入するよう要求されるという。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/232389

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮の弾道ミサイルを警戒 防衛省に迎撃ミサイル(18日)NHK

北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す可能性があるとして、政府が破壊措置命令を出したことから、自衛隊は東京の防衛省に、迎撃ミサイルの部隊を展開させるなどして北朝鮮に動きがないか警戒することにしています。
東京・市ヶ谷の防衛省には、午後8時すぎから、航空自衛隊の迎撃ミサイル、PAC3の発射機などを搭載した大型車両が次々と到着しました。防衛省の敷地内では、このあと迎撃ミサイルの発射機などの組み立て作業が行われ、万が一の場合に備えることになっています。
北朝鮮は今月10日に続き、18日朝も、日本海に向けて弾道ミサイルを発射していて、政府は、今後も発射を繰り返す可能性があるとして、破壊措置命令を出しています。このため自衛隊は部隊の展開を進めていて、PAC3のほかに、高性能レーダーを備えた海上自衛隊のイージス艦を日本の周辺海域に派遣するなどして北朝鮮に動きがないか警戒することにしています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160318/k10010448831000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

タンザニアで邦人会社員死亡 警視庁が殺人事件として捜査(18日)産経

タンザニア最大の都市、ダルエスサラームで、同国駐在の会社員、浅原雅史さん(56)が死亡しているのが見つかり、首に圧迫されたような痕があることから、警視庁組織犯罪対策2課が殺人容疑で捜査を始めたことが18日、捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、8日午前、会社事務所で浅原さんが倒れているのを同国籍の従業員が発見した。病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。
 現場の状況に不審な点があったことから、遺体を日本に移送して警視庁が司法解剖した結果、死因は首を圧迫したことによる窒息死とみられることが判明した。同課は会社関係者から話を聞いているほか、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて現地の捜査当局から情報収集をすることも視野に入れている。
 浅原さんは東京都中央区の情報機器販売会社から、タンザニアの現地法人に責任者として出向。パソコンの中古販売などを手掛けていた。http://www.sankei.com/affairs/news/160318/afr1603180033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR東 連続不審火事件、男に懲役7年求刑 (18日)TBS

去年、JR東日本の施設で不審火が相次いだ事件で、威力業務妨害などの罪に問われた自称ミュージシャン、野田伊佐也被告(43)に対し、検察側は「公共インフラに対する悪質なテロ行為」だとして懲役7年を求刑しました。
 野田被告は「ばく大な電力を使用しているJRへの抗議活動で無罪だ」などと主張していて、18日の裁判でも、「野田伊佐也の直訴行為が正当か、JRさんの大規模な国民主権詐取が正当か」などと書面を読み上げました。(18日16:17)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2728498.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

通帳だまし取り現金引き出した疑い、21歳の男逮捕(18日)朝日

 北九州若松区の70代女性が2014年、うその内容の電話で約1億1千万円をだまし取られた事件で、福岡県警は18日、女性名義の通帳で現金をATMから引き出して盗んだとして、福岡市東区若宮5丁目の配管工、岡本啓太容疑者(21)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。
 若松署によると、岡本容疑者は何者かと共謀し、同年11月、女性からだまし取った通帳を使い、福岡市博多区内のATMから41万6千円を引き出した疑いがある。容疑を認めているという。署は岡本容疑者は現金の引き出し役で、組織的に繰り返し現金を女性からだまし取ったとみている。
 女性は金融庁職員などを名乗る電話を信じ込み、自宅に来た男に自分名義の通帳を渡したり、現金を渡したりしてだまし取られた。15年1月に被害に気付き署に通報。同年10月に別の引き出し役の男が逮捕され、今年2月に福岡地裁小倉支部で懲役2年執行猶予4年の有罪判決を受けた。(宮野拓也)

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ3L65QMJ3LTIPE03D.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中高生の自殺、343人…昨年31人増で最多(18日)読売

 内閣府と警察庁は18日、2015年の全国の自殺の状況を発表した。
 自殺者数は前年と比べて1402人(5・5%)減少し、2万4025人となった。6年連続の減少で、自殺者が2万5000人を下回ったのは1997年以来18年ぶり。中高年男性の経済的な理由での自殺が減った一方、中高生は前年比31人増の343人で、現在の集計方法になった2007年以降最多となった。
 内閣府は自殺者数の減少について、「景気回復に加え、地域で取り組む自殺対策の成果が出ているのではないか」としている。
 性別では、男性が1万6681人で約7割を占めた。遺書などで自殺理由が特定できた1万7981人を原因・動機別(複数計上)で見ると、健康問題が最多の1万2145人(前年比6・0%減)。経済・生活問題4082人(同1・5%減)、家庭問題3641人(同0・1%減)などが続いた。

2016年03月18日 17時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

認識なく東名3キロ逆走 88歳男性、病院行こうと…(18日)テレビ朝日

88歳の男性は、病院に向かおうとして高速を逆走したとみられています。
 18日午前2時50分ごろ、静岡県浜松市の東名高速道路で、88歳の男性が運転する軽自動車が上り線を逆走して中央分離帯に衝突しました。男性にけがはありませんでした。静岡県警によりますと、男性は当初、上り線を通常通り走行し、浜松インターチェンジでいったん下りたものの、料金所の手前でUターンし、同じ上り線を逆走したとみられます。男性は3キロにわたって逆走し、事故を起こしました。男性は長野県に住んでいて、「病院に向かっていた」と話していて、逆走している認識はなかったということです。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070668.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日単位・レベル)
加害者は10人10色
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011640_3 平成27年に全国の警察が把握したストーカー事件は2万1968件。検挙は2549件だったことが警察庁のまとめで分かった。
 このうち刑法犯が1872件でストーカー規制法が677件。全国の警察は事件を把握した場合に加害者に対してカウンセリングなど専門的なアドバイスを行う制度を行っている。
 ストーカー被害の中で最も悲惨な殺人事件−
 平成23年に千葉県習志野市でストーカー行為を受けた女性が警察に相談していたにも係わらず、女性の実家の長崎県で、被害者の家族2人が殺害され、平成25年には東京・三鷹市で女子高生がストーカーに殺害される事件が発生した。
 長崎の事件では被害女性が男に監禁されるなどのストーカー行為を受けていることから千葉県警に相談。受けた警察は男を任意同行し「二度と近づかない」との誓約書を書かせて帰している。
 三鷹の事件では相談を受けた三鷹署員がストーカー規制法に基づき、男の携帯電話に3回電話をかけたが電話に出なかったため、連絡するよう留守番電話に入れただけだった。 これら事件の共通点は「警察に相談していた」だ。にも関わらず相談を受けた警察官は警告などで終わっている。
 これではストーカー規制法の制定のきっかけとなった埼玉県・桶川女子大生ストーカー殺人事件以降、なんの進歩も見られない。
 平成27年の事件に話しを戻すが、事件で最も多かったのは脅迫362件、住居侵入315件、傷害197件で、幸い殺人事件はなかった。
 事件を認知した警察は被害者に防犯指導をしたのは1万9703件。加害者に警告したのが9858件だった。
 勿論、警察はストーカー規制法制定以来、様々な対策を講じている。それにも関わらず何故?長崎や三鷹のような事件が起きるのかだ。
 加害者は10人10色。性格をふくめ凶暴性が全てことなる。
 私も扱ったことがあるが、大事なのは「加害者はどれだけ危険性があるのか」を如何に読み取るかだ。危険性があるとすれば警察本部長の援助を活用することもできる。
 「加害者のカウンセリング」などと言っているが、激昂型の加害者は被害者が警察に相談しただけで命をかけてくる。
 それをどう読みとるか…相談を受けた担当者の判断が全てを左右する。それだけ難しい事件である。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

集団登校事故で7千万円賠償命令 亀岡、元少年らに京都地裁(18日)西日本

京都府亀岡市で2012年4月、集団登校中の児童らに車が突っ込み、10人が死傷した事故で、亡くなった小学生2人の遺族が運転者の元少年(22)=懲役5年以上9年以下の不定期刑が確定=や同乗者ら計11人に計約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は18日、元少年ら5人に計約7400万円の支払いを命じた。
 原告は小学2年の小谷真緒さん=当時(7)=と3年の横山奈緒さん=同(8)の遺族。元少年以外にも、事故当時の同乗者2人と、元少年に車を貸した知人にも事故の責任があると主張していた。
 事故は12年4月23日朝、亀岡市の府道で起きた。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/232285

| コメント (0) | トラックバック (0)

「奴隷」発言で丸山和也氏を厳重注意処分 自民参院(18日)産経

自民党の伊達忠一参院幹事長は18日の記者会見で、丸山和也議員を党参院執行部として厳重注意処分にしたと明らかにした。丸山氏が、オバマ米大統領に対し「奴隷」との表現で人種差別と受け取られかねない発言をした上、党に無断でテレビ番組に出演し自らの発言を弁解したため。処分は17日付。
 伊達氏によると、丸山氏は始末書を提出したほか、「反省している。申し訳なかった」と陳謝した。
 丸山氏は2月中旬の参院憲法審査会で「米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」などと発言。今月11日放映のテレビ番組では「意図は正しいのに言葉尻を捉えられた」と述べた。党の通知に反し、テレビ出演前に届け出を行わなかった。http://www.sankei.com/affairs/news/160318/afr1603180026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法逮捕で240万円賠償命令=警察官への暴行否定-東京地裁(18日)時事

駐車違反の取り締まりを行っていた女性警察官に暴行を加えたとして公務執行妨害容疑などで現行犯逮捕され、起訴猶予となったすし店経営二本松進さん(67)が、東京都と国に計約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(松村徹裁判長)は18日、暴行は認められず逮捕は違法と判断し、都に240万円の支払いを命じた。
 松村裁判長は、女性警察官らの供述調書について、「看過できない変遷や食い違い、不自然な部分を多く含んでいる」と指摘。「暴行を受けたとの認識は漠然としたものに過ぎなかったのに逮捕した」と述べた。
 判決によると、二本松さんは2007年10月、東京都中央区の築地市場近くの路上で、女性警察官に暴行したとして逮捕された。2週間余り拘束されたが、起訴猶予となった。
 警視庁の話 主張が認められず残念。判決内容を検討した上で対応を決める。(2016/03/18-16:46)

2016/03/18-16:46

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛・今治市 アパートに遺体、母親殺害容疑で53歳息子逮捕 (18日)TBS

17日、愛媛県今治市のアパートで女性の遺体が見つかり、警察は事情を聴いていた53歳の息子を、18日未明、殺人の疑いで逮捕しました。
 逮捕されたのは、今治市広紹寺町の無職・藤原直樹容疑者(53)です。調べによりますと、藤原容疑者は16日、自宅アパートの居間で同居する母親で無職の白石千津子(80)を殺害した疑いが持たれています。
 調べに対し、藤原容疑者は容疑を認め、「布団で横になっていた母親の首を前から両手で絞めて殺した」と供述しているということです。
 事件は、藤原容疑者が警察に通報したことから発覚しましたが、これまでの調べに、藤原容疑者は「このまま母を放って置くことはできず、逃げるわけにもいかず通報した」と話しているということです。また、白石さんの遺体はやせ細った状態で見つかっていて、警察では、18日、遺体を司法解剖し死因の特定を進めるとともに、殺害の動機についても調べる方針です。(18日13:40)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2728353.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

立ち乗り型電動二輪を無免許運転…院生書類送検(18日)読売

電動立ち乗り式二輪車を無免許で運転したとして、兵庫県警宝塚署は17日、大阪府豊中市の男子大学院生(29)を道交法違反(無免許運転など)の疑いで地検伊丹支部に書類送検した。
 容疑を認めているという。同署によると、電動二輪車の運転者の摘発は県内初という。
 発表では、大学院生は3月4日午後11時15分頃、宝塚市山本野里の市道で、セグウェイ型の電動二輪車を無免許で運転するなどした疑い。阪急山本駅から同市内の親類宅に向かう途中で、巡回中のパトカーが発見した。
 国土交通省によると、同型の電動二輪車を公道で運転することは原則、認められていない。

2016年03月18日 13時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

追突したトラック運転手を逮捕 広島トンネル事故(18日)テレビ朝日

000070635_64012人が死亡した広島県の山陽道トンネル多重事故で、警察は追突したトラックの運転手を逮捕しました。
 最初の衝突を起こしたのは埼玉県の運送会社のトラックで、今のところ、現場からはブレーキの跡は見つかっていません。警察は、この運転手を自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕しました。

                       

| コメント (0) | トラックバック (0)

小1女児誘拐殺人事件で死刑判決 神戸地裁(18日)NHK

おととし、神戸市で小学1年生の女の子が遺体で見つかった事件で、殺人や誘拐などの罪に問われた49歳の被告に、神戸地方裁判所は、求刑どおり死刑を言い渡しました。
神戸市長田区に住んでいた無職の君野康弘被告(49)は、おととし9月、小学1年生の女の子に声をかけ、自宅に連れ込んで殺害して遺体を雑木林に遺棄したとして、殺人や誘拐などの罪に問われました。
検察が「極めて残虐、執ような方法で犯行に及んでおり、更生は困難だ」として死刑を求刑したのに対し、弁護士は「被害者が1人の、ほかの殺人事件と比較しても、死刑がやむをえないとは考えられない」と主張していました。
判決の言い渡しは神戸地方裁判所で午後3時すぎに始まり、佐茂剛裁判長は判決の理由から読み上げていましたが、先ほど、君野被告に死刑を言い渡しました。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160318/k10010448241000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地裁、自白の供述調書採用 任意性認める 栃木小1殺害(18日)朝日

 2005年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた無職勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判は、18日も宇都宮地裁で続いた。松原里美裁判長は、被告が捜査段階で自白した内容をまとめた供述調書5通を証拠採用する決定を出した。凶器や女児の遺留品など物的証拠が見つからないなか、自白調書の採否は大きな焦点となっていた。
 決定は裁判官3人の合議によるもので、裁判員は加わっていない。調書には任意性があり、証拠能力があると判断した。
 被告は14年6月の検事の取り調べで、殺害などを認める内容の調書5通にサインした。検察側は「不当な身体拘束はなく、違法な取り調べも一切ない」とこれら5通の調書を証拠として調べるよう請求。一方、無罪を主張する弁護側は「被告は同年1月に商標法違反容疑で『別件逮捕』されて以降、不当に長期間身柄を拘束され、脅迫や暴行を受けて意思に反する自白をさせられた」と証拠採用に反対していた。残り:338文字/全文:750文字http://www.asahi.com/articles/ASJ3L3C8VJ3LUTIL007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

サミットまで2カ月…日本橋・三越でテロ対応訓練(18日)テレビ朝日

東京・日本橋の三越に爆発物が仕掛けられた想定で、テロへの対応訓練が行われました。
 訓練は、三越日本橋本店に「日本橋を地獄にしてやる」との爆破予告の電話が入った想定で行われました。まず、三越の社員が館内を捜索して不審な「ぬいぐるみ」を発見し、警察官が買い物客を避難させました。さらに、ぬいぐるみを金属探知機で調べ、爆発物処理班がぬいぐるみを装った爆発物として安全に処理しました。伊勢志摩サミットを2カ月後に控え、警視庁は、大勢の人が集まり、警備の手薄なソフトターゲットを狙ったテロへの対策を強化しています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070626.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

去年の自殺者は2万4000人余 70%以上が中高年(18日)NHK

去年1年間に自殺した人は、全国で2万4000人余りで、40代以上の中高年が全体の70%以上を占めたことが分かりました。
警察庁と内閣府によりますと、去年1年間に自殺した人は、全国で2万4025人で、前の年よりも1402人、率にして5.5%減りました。
自殺した人は、平成10年から14年連続で年間3万人を超えていましたが、平成24年からは3万人を下回り、今回18年ぶりに2万5000人を下回りました。
年代別では、40代が4069人と最も多く、次いで50代が3979人、60代が3973人などと40代以上の中高年が全体の74.6%を占めています。
遺書などから3つまで推定できる原因や動機別では、うつ病などの「健康問題」が1万2145人、生活苦などの「経済・生活問題」が4082人、家族間の不仲などの「家庭問題」が3641人などとなっています。
一方、東日本大震災が影響したとみられる自殺者は23人でした。県別では、福島県が4人増えて19人になったほか、岩手県が3人、宮城県が1人でした。
各地の自治体は掛かりつけの医師や民生委員など身近にいる人たちが自殺のサインを見逃さずに声をかけて、自殺を防ぐ「ゲートキーパー」の養成を進めるなど、自殺防止対策にさらに取り組んでいくことにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160318/k10010447811000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大学生2人に大けがさせた疑い 男を逮捕 静岡(18日)NHK

静岡市の路上で、2人の女子大学生を棒のようなもので殴り骨を折る大けがをさせたとして、近くに住む26歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。男は2人の学生とは面識がなかったと話しているということです。
逮捕されたのは、静岡市駿河区の自称、建設業の小田祐也容疑者(26)です。
警察の調べによりますと、小田容疑者は16日午前5時すぎ、静岡市駿河区の路上で、21歳の女子大学生の頭などを棒のようなもので数回殴って、右腕の骨を折るなどの大けがを負わせた疑いが持たれています。
また、この現場から300メートルほど離れた場所で、同じ日の午後9時すぎ、19歳の女子大学生を棒のようなもので殴って首の骨を折る大けがをさせた疑いが持たれています。
警察は、この地域でことしに入ってから若い女性が暴力を受ける事件が相次いだことから捜査を進めた結果、防犯カメラの映像などから、近くに住む小田容疑者が2つの事件に関わった疑いが強まったとして、18日未明に殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、小田容疑者は容疑を認めたうえで、2人の女子大学生とは面識がなかったと話しているということです。
警察は、犯行の状況や動機などを詳しく調べるとともに、ほかにも関わった事件がないか捜査することにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160318/k10010447991000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャーナリスト拘束】足取りと接触者の解明焦点 警察当局も情報収集(18日)産経

安田純平さんを名乗る男性の映像が公開されたことを受け、日本の警察当局は動画の内容の分析を開始した。分析を通じて現在の居場所を探るとともに、安田さんの足取りや接触した人物の特定など、情報収集を進める方針だ。
 直前まで連絡を取っていたという複数の友人によると、安田さんは昨年5月18日以降に日本から出国。北欧でシリア難民を取材後、トルコへ入国した。
 シリア国境近くの都市アンタキヤに数日間滞在した後、シリアへ入ったとみられる。
 日本時間6月22日午後9時ごろ、安田さんは、シリア国境のトルコの村から友人男性にSNSのメッセージ機能で「これからシリアへ向かう」と送信。この後消息不明になり、足取りは判明していない。
 国外で邦人が巻き込まれる事件では、警察庁の国際テロリズム緊急展開班(TRT-2)が派遣される。要員は、情報収集や人質交渉などの能力が高く、現地当局との捜査協力にも当たる。情報収集の結果、安田さんが拘束された疑いが強まったと判断されれば、派遣される見通しだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

現金授受、広島・楽天・ロッテでも 計7球団に (18日)日経

プロ野球選手が自軍の勝敗に絡んで現金のやり取りをしていた問題で、広島、楽天、ロッテの3球団でも、公式戦の試合前の円陣での「声出し」を巡り現金のやり取りがあったことが17日、分かった。これで巨人、阪神、西武、ソフトバンクと合わせ7球団となった。
 広島は野手のみで行われ、5連勝で現金のやり取りが発生。連勝が止まるまで続いていた。2014年までは1人当たりの拠出は千円だったが、該当ケースが少ないため昨年は1万円に上がったという。鈴木清明球団本部長が明らかにした。
 楽天は14年のセ・パ交流戦の期間中、野手から1人当たり千円を集め、勝った場合、円陣で声出しをした選手が受け取った。その後選手会の会費に回され、個人での使用は確認できなかったという。安部井寛チーム統括本部長が明らかにした。
 ロッテは声出しを担当した野手が順番に1万円をプールし、最長の連勝を記録した声出し担当の所属する「内野手会」や「外野手会」がオフに懇親する際の費用として使っていたと発表した。13年途中から昨年前半まで行われていた。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO98587080Y6A310C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー3年連続2万件超 更生、再発防止手探り(18日)共同

全国の警察が二〇一五年に把握したストーカー被害は二万一千九百六十八件で、前年に比べて八百五十五件(3・7%)減ったものの、三年連続で二万件を超えたことが、警察庁のまとめで分かった。同庁は加害者の更生や事件の再発防止のため、一六年度から警察官が精神科医の助言を受ける制度を導入する。ただ都道府県警の一部では、精神科医に謝礼を支払う予算の枠組みが整わないなど、手探りのスタートになる。 (北川成史)
 警察庁によると、加害者の摘発件数は高止まりし、脅迫容疑など刑法や特別法による摘発は千八百七十二件と、前年比四十五件(2・3%)の減少にとどまった。また、ストーカー規制法違反容疑での摘発は六百七十七件で、六十四件(10・4%)増えた。
 対策として新たに導入する精神科医の助言は、加害者側に目を向けた制度。つきまといや待ち伏せなどを繰り返す犯行形態が、専門的なアドバイスや治療で改善することを狙う。
 加害者の同意を得た上で、警察官が精神科医に状況を説明し、治療が必要と判断されれば本人に伝えて診察を受けるよう促す。治療が始まれば、警察官が医師から治療方針や加害者の変化などについて説明を受けるほか、終了時には再発を防ぐ対応方法などについて助言をもらう。
 ストーカーに詳しい精神科医によると、加害者は自分の欲求を整理できない状態にある。カウンセリングで加害者の言い分を聴いたり、別の目標を立てさせるようにすると、数カ月程度でストーカー行為をやめられるようになるケースが多いという。
 新制度に向けて、警察庁は都道府県警が精神科医に支払う謝礼の半額を補助するため、一六年度予算案に約四百七十万円を計上。しかし、首都圏一都六県の警察本部に本紙が取材したところ、警視庁と千葉県警は予算案に謝礼の項目を盛り込まなかった。
 警視庁と千葉県警によると、制度の導入について警察庁から連絡があった昨夏時点で予算編成が進み、新規の枠を作れなかった。一七年度予算案への計上を検討し、一六年度は、警視庁では警察活動の協力者に払う「報償費」を使う。
 新規に予算を設けた警察にも懸念が残る。栃木県警は、精神科医への謝礼などとして約六十万円を盛り込んだが、助言を依頼したのは医師一人。担当者は「県内は広いので、医師会と折衝して各地域で助言をもらえるようにしたい」。
 約七十万円を計上した群馬県警の担当者は「加害者を治療につなぐには、警察との信頼関係が重要。医師に依頼し、手探りでもやってみて改善したい」と話している。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201603/CK2016031702000263.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“押し花ビジネス”詐欺、公開手配の顧問の男を逮捕 (18日)TBS

押し花ビジネスへの出資名目で現金をだまし取ったとして会社社長の女らが逮捕された事件で、警視庁は、公開手配していた会社顧問の男を逮捕しました。
 逮捕されたのは、フラワーアート製作会社の顧問・柳雅人容疑者(57)で、既に逮捕されている社長の村田多恵子被告(58)と共に、主婦らに対し、押し花のレンタル商品を購入すれば、毎月、配当金を支払うなどとうそを言って、あわせて8900万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁は逃走していた柳容疑者を公開手配し、行方を追っていましたが、17日、大阪で発見し、身柄を確保しました。
 柳容疑者は押し花ビジネスの指示役とみられ、警視庁は、2012年以降、主婦を中心に42億円をだまし取っていたとみて詳しく調べています。(18日01:10)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2728127.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生徒18人に昆虫用ゼリー食べさせる…教諭懲戒(18日)読売

東京都教育委員会は17日、昆虫用のゼリーを生徒18人に食べさせたとして、多摩地域の中学校男性教諭(32)を戒告の懲戒処分とした。
 発表によると、男性教諭は昨年9月、中学1年の英語の授業で、目を閉じて口に入れたものが何かを英語で答えるクイズを行い、カブトムシやクワガタに食べさせるゼリーを使った。健康被害はなかったが、都教委は、不適切な指導にあたると判断した。男性教諭は「楽しく、インパクトのある授業をしたかった」と説明しているという。
 また、自宅前で下半身を露出した大田区立小学校の男性教諭(25)と、勤務先の児童の保護者と性的関係を持った多摩地域の小学校男性教諭(28)の2人をいずれも懲戒免職とした。

2016年03月18日 07時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅近くのスーパーに“強盗” 73歳の男逮捕(18日)テレビ朝日

東京・足立区で、自宅近くのスーパーに強盗に入った疑いで73歳の男が逮捕されました。
 無職の岡野滉男容疑者は7日午後5時ごろ、自宅から約300メートル離れた所にある足立区のスーパーで店員に刃物を突き付けて約35万円を奪った疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、岡野容疑者は事件後、逃走先でパチンコをしていたとみられ、愛知県内で逮捕された際、所持金は数千円でした。岡野容疑者は容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070601.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組系事務所の駐車場に火炎瓶… 分裂抗争か(18日)テレビ朝日

水戸市にある指定暴力団山口組系の事務所の駐車場に、火炎瓶が投げ込まれているのが見つかりました。警察は、山口組の分裂を巡る抗争の可能性があるとみています。
 17日正午ごろ、水戸市元吉田町にある指定暴力団山口組の三次団体の関係者から「事務所の駐車場に割れた火炎瓶がある」と警察に通報がありました。警察官が駆け付けると、駐車場には瓶の他に焼け焦げた紙が落ちていて、辺りは油の臭いがしていたということです。けが人はいませんでした。事務所は16日の夜から無人で、17日の朝に事務所に来た組員が瓶を見つけました。警察は、一連の山口組の分裂を巡る抗争の可能性があるとみて警戒を強めています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070597.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トンネル事故 ぶつかりながら50m以上走行か(18日)NHK

17日、広島県東広島市の山陽自動車道のトンネルで、渋滞中の車の列にトラックが突っ込み2人が死亡、67人がけがをした事故で、警察が現場を確認した結果、トラックは車にぶつかりながら50メートル以上、進んだとみられることが分かりました。警察はトラックが十分に減速せずに突っ込んだ可能性があるとみて、事故の原因を調べています。
17日午前7時半ごろ、広島県東広島市にある山陽自動車道の八本松トンネルの下り線で、渋滞中の車の列にトラックが突っ込み、乗用車など11台が巻き込まれトラックを含む5台が炎上しました。
この事故で追突された車に乗っていた1人が死亡したほか、軽乗用車を運転していた広島県竹原市の会社員、丸岡節枝さん(65)が頭を強く打って死亡しました。
また、当時、トンネル内では53台の車が走っていて、避難する際に煙を吸うなどしてトラックの運転手を含め男女67人がけがをしました。
当時、現場付近の区間は、別の事故の影響で制限速度が50キロに規制されていました。
警察によりますと、トラックは数台の車にぶつかって隣の車線に押しやったあと、さらに進んで乗用車に追突した格好で止まりましたが、警察が現場を確認した結果、トラックは車にぶつかりながら50メートル以上にわたって進んだとみられるということです。
警察はトラックが十分に減速せずに車の列に突っ込んだ可能性があるとみて、18日、現場検証を本格的に行うとともに入院しているトラックの運転手の回復を待って事情を聞き、事故の原因や火が燃え広がった状況などを調べることにしています。

2人が死亡した状況

警察によりますと、死亡した広島県竹原市の会社員、丸岡節枝さんは、トラックが最初にぶつかった数台の車のうちの1台を運転していて事故に巻き込まれたとみられています。
乗っていた軽乗用車は大きく壊れ、丸岡さんは頭を強く打っていたということです。
また、トラックは数台の車にぶつかって隣の車線に押しやったあとさらに進み、乗用車に追突した格好で止まりましたが、死亡したもう1人はこの乗用車に乗っていたということです。
乗用車は大きく壊れ、この乗用車とトラックを含む5台の車が炎上しました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160318/k10010447431000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮 日本海に向けミサイル1発を発射(18日)NHK

韓国軍の関係者によりますと、北朝鮮は18日午前5時55分ごろ、西部のピョンアン南道から日本海に向けて、弾道ミサイル1発を発射したということです。また、韓国の通信社、連合ニュースによりますと、北朝鮮が18日午前6時前、日本海に向けてミサイル1発を発射しました。ミサイルはおよそ800キロ飛行し、日本海に着弾したということで、韓国軍が詳しく分析しています。
日本政府の複数の関係者によりますと、北朝鮮が18日未明、ミサイルを1発発射したということで、防衛省は確認を急いでいます。
政府の複数の関係者によりますと、北朝鮮が18日午前6時前、ミサイルを1発発射したということです。
北朝鮮は、今月10日にも弾道ミサイル2発を、北朝鮮西岸のナンポの付近から東北東に向けて発射しており、防衛省では、中谷防衛大臣や河野統合幕僚長ら幹部が集まり、日本への影響がないかなどについて確認を急いでいます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月17日 | トップページ | 2016年3月19日 »