« 2016年3月11日 | トップページ | 2016年3月13日 »

2016年3月12日

2016年3月12日 (土)

【劇団員女性殺害】昨春「年下の彼女と結婚する」同僚に告げ… 戸倉容疑者、事件前“転職”の意味は(12日)産経

加賀谷理沙さんを殺害した疑いで逮捕された戸倉高広容疑者は、昨年春まで都内の会社で働いていた。同僚だったという男性は「(戸倉容疑者は)年下の彼女と結婚すると言って仕事を辞めた。殺人なんてしそうにない、おとなしい性格だったが」と驚く。
 関係者によると、戸倉容疑者は、福島県矢吹町出身で祖父の代から会計事務所を営む裕福な家庭に生まれたという。高校卒業後に上京。都内のカラオケ店やゴミ収集の仕事を転々とし、平成25年に男性の勤務する会社に入社した。
 会社では営業を担当していた。性格は真面目だったが、「親しみやすい雰囲気ではなかったので、成績は悪かった。上司に怒られると動揺してしまうこともあった」。文句を口にすることなどはなかったが、業務に悩んでいた様子だったといい、深夜まで接客練習をする様子が見かけられていたという。
 趣味はパチンコで、「長い期間、剣道をやっていた」とも話していた。昨年春ごろになって、「長く付き合っていた年下の彼女と結婚するので仕事を辞める」と申し出たという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

車のフロントガラス割られる 山口組分裂抗争か 宇都宮(12日)朝日

12日午前1時30分ごろ、宇都宮市駅前通り2丁目の駐車場で、止めてあった暴力団神戸山口組系の組関係者の乗用車のフロントガラスなどが割られた、と宇都宮東署が同日発表した。指定暴力団山口組の分裂に絡んだ抗争の可能性があるとみて、器物損壊容疑で捜査している。
 署によると、同日午前1時40分ごろ、駐車場近くの住人から「誰かが車を壊している」と110番通報があった。署員が駆けつけたところ、乗用車のフロントガラスや窓ガラスが割られていた。所有者は現場にはいなかったという。
 宇都宮市内では今月3日早朝、山口組系の組事務所1階にトラックが突っ込んでいるのが見つかっており、栃木県警は警戒を強めていた。

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASJ3D3669J3DUUHB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

虐待児ら一時保護、過去最多2・2万件…昨年度(12日)読売

親から虐待を受けた子どもらが施設で一時保護されるケースが増えている。
 相談・通報を受けて一時保護所が保護した件数は2014年度に過去最多の2万2005件となった。都市部の保護施設は飽和状態で、施設内の生活環境の悪化も懸念されており、政府は4月から、子どもを一時的に養育する「里親」を増やすための対策など、新たな取り組みを始める。
 厚生労働省によると、虐待、養育困難、家出や暴力などの非行を理由に子どもが一時保護所で保護された件数は04年度、1万8885件だった。10年度に初めて2万件を突破し、その後はほぼ毎年増えている。里親などへの預かり委託も、14年度は1万3169件に達し、10年前の2倍以上に増えた。

2016年03月12日 16時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

劇団員女性殺害 逮捕の男との接点確認されず(12日)NHK

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、これまでの調べで、殺人の疑いで逮捕された男と女性との接点は確認されていないということで、警視庁は事件のいきさつを調べています。調べに対し、男は容疑を否認しているということです。
この事件は、去年8月、東京・中野区のマンションで、アルバイト店員で劇団員としても活動していた加賀谷理沙さん(当時25)が殺害されているのが見つかったものです。
警視庁は、当時現場近くに住んでいた福島県矢吹町の戸倉高広容疑者(37)が、加賀谷さんの首を絞めて殺害したとして、12日朝、殺人の疑いで逮捕し、自宅を捜索するなどして捜査を進めています。
警視庁は、遺体から検出されたDNAの型を基に、交友関係者や近所の人など1000人以上を調べたものの一致せず、事件後に引っ越した人物にも範囲を広げた結果、戸倉容疑者のものと一致したということです。
警視庁によりますと、事件当時、戸倉容疑者は現場から300メートルほどのマンションに住んでいましたが、これまでの調べで、加賀谷さんとの接点は確認されていないということです。
警視庁は、戸倉容疑者が一方的に知っていた可能性もあるとみて、事件のいきさつや動機などを調べています。
警視庁によりますと、調べに対し、戸倉容疑者は「加賀谷さんについては全く知らず、殺していない」などと供述し、容疑を否認しているということです。

「逮捕に驚いている」

戸倉容疑者の実家の近くに住む男性は、「地元の高校を卒業したあと、就職して東京で住んでいた。半年くらい前に仕事を辞めて実家に帰ってきていて、こちらで仕事を探していると家族から聞いた。おとなしくて真面目な感じの子だったので、逮捕されたと聞いて驚いている」と話していました。

 関係者によりますと、戸倉容疑者は、去年春まで都内の会社で働いていました。
当時の上司の男性によりますと、まじめな働きぶりだったということです。男性は「3年前から2年ほど一緒に仕事をしていました。黙々と仕事をこなすタイプで、営業成績はあまりよくなかったですが、接客の練習をするなどして、頑張ろうとしていました。退職する際には、近く結婚する予定だと話していたので、逮捕されたと聞いて本当に驚いています」と話していました。

加賀谷さんの交際相手「この日が来るのを信じていた」

加賀谷理沙さんが事件当時交際していた男性は、「きのうが亡くなって200日の日だったので、仙台の彼女のお墓参りに行っていました。けさも彼女の墓を訪れ、『逮捕されたよ。長い間待たせてごめんね』と報告しました」と話しました。
そのうえで、「事件が発生してからは、犯人が誰だか分からないなかで、友達や周囲の人に対しても疑心暗鬼になってしまい、このまま解決しないのではないかという恐怖心と戦ってきました。しかし、絶対に事件が解決すると、この日がいつか来るのを信じていました」と思いを語りました。
一方で、男性は「彼女がなぜ事件に巻き込まれたのか、まだ何も分かっていません。本当のことが語られ、裁判で判決が出るまで、これからが戦いです」と話していました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160312/k10010441091000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“潰しの捜査”引っ越した容疑者が…女性劇団員殺害(12日)テレビ朝日

去年8月に東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、37歳の男が逮捕されました。戸倉高広容疑者の身柄がある警視庁本部から報告です。

 (社会部・力石大輔記者報告)
 取り調べに対し、戸倉容疑者は「加賀谷理沙さん(25)のことは知らない」と一貫して容疑を否認しています。また、先月、任意で話を聞いた際には「去年6月に仕事を辞めて引っ越した」と説明していました。警視庁は12日、実家を家宅捜索しましたが、今のところ加賀谷さんの部屋からなくなっていたバッグや衣服などは見つかっていません。
 (Q.戸倉容疑者は、どういった形で捜査線上に浮上してきたのか?)
 警視庁は当初、加賀谷さんと知人との間に何らかのトラブルがなかったかを重点的に調べてきましたが、事件に結び付くようなものはありませんでした。そのため、加賀谷さんの知人や周辺の人など、これまでに1000人以上のDNA型を採取し、遺体に残されたものと照合するいわゆる“潰しの捜査”を行ってきました。そのなかで事件直後に付近から引っ越していた戸倉容疑者が浮上し、先月中旬、任意でDNA型の提出を受けました。その際の戸倉容疑者の様子は、特段、慌てることなく素直に応じたということです。今のところ、2人の接点は分かっていません。警視庁は、犯行の動機とともに防犯カメラの映像を精査するなどして、当日の戸倉容疑者の行動を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070213.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)
こんな裁判でいいの
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011539 平成17年12月、栃木県今市市で小学1年女児が殺害され、遺体が茨城県内で発見された事件の裁判−
 被告人は犯行を否認しているばかりか、母親宛てに書いた謝罪の手紙は「看守に言われるままに書き直した」と述べたり、「黙秘すると警察官に平手打ちされた」。
 さらに、別件で勾留中だった時には「有希ちゃんを殺しましたと言うまで寝かせないぞ」「殺してごめんなさいと50回言わないと晩飯抜きだ」と迫られたなど、強引な取り調べを訴え続けている。
 裁判では7時間以上に及ぶ取り調べの録音録画が再生され、その中には部分的に「覚えていない」と答える様子なども録画されていたという。
 ここまで証言されては極めて違法な取調をしたように思えてならない。
 一方で、録音録画には事件のことを聞かれると終始、体を震わせ、泣きながら答えているシーンもあり、謝罪の手紙については「『とんでもないことをやった。ごめんね』と伝えたい」などと自ら話している映像もある。
 さらに被害者を車に乗せたシーンでは「『お父さんに頼まれてお母さんが大変』と言ったら乗ってくれた」と具体的に答えるなどの様子が記録されており、必ずしも被告の言う「取調官の横暴さ」だけではなさそうだ。
 NHKの報道によると元検事の弁護士は、「すべての過程が録音・録画されているわけではなく、密室での取り調べの部分は水掛け論になるのでは…」と語っている。
 ここまでくると、裁判官、裁判員がどう判断するかだが、「言った」「言わない」「やった」「やっていない」など法廷内で水掛け論を展開する裁判なんてなにかがおかしい。
 事件は「自供した」「否認している」「強引な取り調べだ」などは二の次。要するにしっかりした証拠堅めをしているか否か、捜査力なのであろう。
 調べ室での「自供」も、言い逃れができないほど、徹底的に落とす。それは単なる言葉のやりとりではなく、「ぐうの音も出ない」ほど被告人の心の底から述懐させることだ。それには、やはり昭和の時代の調べ官のような技術が必要だ。
 「組織捜査の時代」だが、個性のある刑事はいないものか?幹部と議論するほどの熱血漢は生まれないものだろうか…無試験で警視になるほどの猛者はいいなのだろうか。
 ついでに言えば「プライバシー」や「人権」で被疑者は守られているが、被害者の人権はどうする。

 【逮捕】昨年8月、東京都中野区のマンションで劇団員の女性(25)が殺害された事件で警視庁は12日、近くに住んでいた37歳の男を逮捕した。被害者の爪の中の微物のDNA型が男と一致したものだが、「被害者を全く知らないし、殺してもいません」と否認しているという。
 警視庁だから栃木県警と同じ轍を踏むことはないと思うが、最近は否認ボシ(犯人)が多すぎる。この辺でスキッと決めてほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性巡査が拳銃自殺=署内トイレで-神奈川県警(12日)時事

12日午前8時25分ごろ、横浜市泉区にある神奈川県警泉署1階の男性トイレ個室で、同署地域課の男性巡査(25)が口から血を流して倒れているのを署員が見つけた。巡査は搬送先の病院で死亡が確認された。
 同署によると、個室は施錠され巡査の拳銃が落ちており、自殺を図ったとみて調べている。遺書などは見つかっていない。巡査は13日朝までの当直勤務で、12日朝に通常通り出勤したという。(2016/03/12-17:48)

2016/03/12-17:48

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行容疑で追送検 巡査部長、女性に手錠かける 岡山県警、暴行容疑で追送検(12日)共同

 交際中の女性を無料通信アプリLINE(ライン)上で脅して自分に電話をかけさせたとして、強要罪で起訴された岡山西署刑事2課巡査部長、木村泰典被告(34)=岡山市中区=が同じ女性に対し警察業務に使う手錠をかけた疑いが強まり、県警が暴行容疑で追送検していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。
 9日に岡山地裁で開かれる予定だった木村被告の初公判は23日に延期された。暴行容疑についての岡山地検の処分を待ち、起訴されれば強要罪と併合審理するためとみられる。
 捜査関係者によると、木村被告は女性に別れ話を持ちかけられて立腹。ことし1月、県内で、車に同乗した女性の片手に手錠をかけた疑いが持たれている。手錠はすぐに外され、女性にけがはなかった。
 起訴状では1月20日朝から翌21日昼までの間、女性に「電話かけてこい」「全ての写真 男関係 全部ぶちまける準備もある」などとするラインのメッセージを送り、電話をかけさせたとされる。 http://www.sanyonews.jp/article/313445/1/

2010_0123_11120247newslogo1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

【劇団員女性殺害】福島県の37歳男「殺してもいません」 逮捕容疑を否認(12日)産経

東京都中野区のマンションの一室で昨年8月、アルバイト店員で劇団員の加賀谷理沙さん(25)が殺害されているのが見つかった事件で、警視庁中野署捜査本部は12日、殺人容疑で、福島県矢吹町中町の職業不詳、戸倉高広容疑者(37)を逮捕した。「被害者を全く知らないし、殺してもいません」と容疑を否認している。
 捜査本部によると、加賀谷さんの爪の中の微物などから検出された男のDNA型が、戸倉容疑者のものと一致した。戸倉容疑者は事件当時、マンションの近くに住んでいたといい、捜査本部は戸倉容疑者が加賀谷さんを知っていた可能性があるとみて、詳しい動機や経緯などを調べる。
 逮捕容疑は、平成27年8月25日午前0時半ごろ~翌26日午後10時ごろまでの間、中野区弥生町の加賀谷さんのマンションで、首を圧迫するなどして窒息死させたとしている。
 事件は8月26日午後10時ごろに発覚。加賀谷さんが前日夜のアルバイトを無断欠勤したことを不審に思った同僚が中野署に相談し、同署員が遺体を発見した。遺体は、玄関奥に全裸の状態であおむけに倒れ、顔にタオルケットがかけられていた。首にひもで絞められたような痕があり、死因は窒息死だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

37歳男を殺人容疑で逮捕 中野区女性劇団員殺害(12日)テレビ朝日

去年8月、東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、警視庁は当時、現場の近くに住んでいた37歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

 (社会部・力石大輔記者報告)
 発覚から半年が経過し、事件は急展開しました。男は12日午前7時すぎ、福島県の実家にいたところを警視庁の捜査員に確保され、そのまま逮捕されました。福島県矢吹町の戸倉高広容疑者は去年8月、中野区のマンションで、劇団員だった加賀谷理沙さん(25)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、戸倉容疑者は当時、現場から300メートルほどのアパートに住んでいましたが、事件の数日後に実家に引っ越していました。警視庁が事件直後に現場近くから引っ越した人を探すなかで戸倉容疑者が浮上し、先月、DNA型の任意提出を受けていました。加賀谷さんの爪の間からは犯人のものとみられる皮膚片が採取されていて、これが戸倉容疑者のDNA型と一致したということです。取り調べに対し、戸倉容疑者は「被害者のことは全く知りません。被害者の家に行った記憶もないし、殺してもいない」と容疑を否認しています。現段階で戸倉容疑者と加賀谷さんの間には面識がなかったとみられていて、警視庁は動機などを詳しく解明する方針です。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070194.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【栃木女児殺害公判】「言うまで寝かさない」「ごめんなさい50回言え」(12日)産経

平成17年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判第9回公判が11日、宇都宮地裁(松原里美裁判長)で開かれた。被告人質問で勝又被告は、警察官から吉田有希ちゃん=当時(7)=の殺害を認めるように追及され、精神的に追い詰められて供述したと証言した。
 被告人質問で勝又被告は、商標法違反事件で勾留中だった26年2月19日、警察官に「有希ちゃんを殺しましたと言うまで寝かせないぞ」と言われ、「最後の最後で言った。言わないと解放してもらえないと思った」と述べた。別の日には「殺してごめんなさいと50回言わないと晩飯抜きだ」と迫られ、30回ぐらいで全身がけいれんし中断。約1時間後に再開したという。
 この日も10日に続き、取り調べの録音・録画を再生。殺害は直接認めていないが、同年3月2日の取り調べでは「(殺害で返り血を浴び)洗う必要があったんじゃないか」と問われ、「公衆トイレに寄った」と答えた。同28日には、有希ちゃんに性的ないたずらをしたことを明かした。http://www.sankei.com/affairs/news/160311/afr1603110045-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性刺した容疑で住民の男逮捕 江南の民家(12日)共同

11日午後7時45分ごろ、愛知県江南市東野町西神田の民家から119番があり、駆けつけた救急隊員が玄関で血まみれになった男性を発見した。江南署は殺人未遂の疑いで、この家に住む自称無職榊間巌容疑者(76)を現行犯逮捕した。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡した。
 同署によると、男性は60代くらい。胸などに複数の刺し傷があり、近くに包丁が落ちていた。榊間容疑者は酒に酔っており、当初は犯行を認めたが、その後は否認しているという。
 榊間容疑者は1人暮らしで、発見時は家に70代くらいの女性もいた。榊間容疑者は男性について「家に来る前に店で一緒に飲んでいた。知らない人」と話しているといい、署で身元の確認を急いでいる。 (中日新聞)http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016031290011327.html

2010_0123_11120247newslogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

都内マンションで空き巣の疑い、モンゴル人窃盗団 4人逮捕(12日)TBS

東京都内のマンションで、盗みを繰り返していたとみられるモンゴル国籍で留学生の男ら4人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのはモンゴル国籍のトゥムルバータル アビルメド容疑者(20)ら4人で、先月13日の未明、港区六本木のマンションの一室に忍び込み、財布などが入ったキャリーケースを盗んだ疑いが持たれています。
 4人は同じ日本語学校に通う留学生で、取り調べに対し3人は「生活のためにやった」などと容疑を認め、1人は否認しているということです。
 警視庁は4人が去年9月以降、都内のマンションの鍵がかかっていない部屋を狙っておよそ10件、50万円相当の盗みを繰り返していたとみて詳しく調べています。(11日12:50)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2723296.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国人窃盗団、空き巣64件繰り返したか (12日)TBS

神奈川県内を中心に被害総額2700万円を超える空き巣を繰り返していたとみられる、韓国人窃盗団の男ら3人が逮捕されました。
 逮捕されたのは、チョ・ヒョンホ容疑者(47)ら韓国人窃盗団の男3人で、去年10月、川崎市の住宅に忍び込み、現金1万円を盗んだ疑いがもたれています。
 3人はガラスをガスバーナーなどであぶって割る“焼き破り”と呼ばれる手口で、去年2月から11月にかけて、神奈川や東京などで64件、総額2700万円相当の空き巣を繰り返していたとみられています。
 3人は11日、福岡空港から韓国に向けて出国する直前に逮捕され、チョ容疑者の靴下の中から盗んだとみられる貴金属が見つかったということです。3人は容疑を否認していますが、警察は、短期滞在ビザを使い、空き巣目的で繰り返し入国していたとみて追及しています。(12日04:11)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2723814.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高知市長を書類送検 選挙運動員買収の疑い(12日)朝日

 昨年11月の高知市長選で4選した岡﨑誠也市長の陣営が高知県議と市議にポスター貼りの労務費を支払ったのは選挙運動員の買収に当たるとして、県警は11日、岡﨑市長や県議、市議、陣営の出納責任者ら計8人を公職選挙法違反(買収など)の疑いで高知地検に書類送検した。
 市民オンブズマン高知は今年2月、岡﨑陣営が県議2人、市議3人に労務費計約3万4千円を支払ったのは選挙運動員の買収に当たると県警に告発していた。岡﨑市長は2月2日の市議会で「選挙事務所の法令解釈の誤りがあった」と陳謝した。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ3C7S05J3CPLPB00V.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の予備校生刺殺、入院していた19歳を逮捕(12日)読売

福岡市西区の路上で予備校生北川ひかるさん(19)が刺殺された事件で、福岡県警は11日、同じ予備校に通っていた少年(19)を殺人容疑で逮捕した。
 容疑を認めているという。少年は両手を深く切って入院していたが、同日退院した。
 発表によると、少年は2月27日夜、同区姪の浜の路上で、北川さんの顔や首などを刃物で刺して殺害した疑い。少年は目撃者の110番から約10分後、近くの交番に「北川さんを刺した」と出頭した。
 捜査関係者によると、現場からは、血が付いたナイフ2本と小型のおの1本が見つかった。現場付近には少年のリュックもあり、トレーナーとタオルが入っていた。血の付いたコートが近くの川に脱ぎ捨てられており、県警は少年が事件後の着替えを用意していた可能性もあるとみている。

2016年03月11日 21時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知73歳女性殺害 窓ガラス割り侵入か…(12日)テレビ朝日

杉浦加津代さん(73)。首を絞められたことによる窒息死だった。
 長男と一緒に遺体を発見した近所の住民:「(隣の部屋に)引きずったように線になっていたので、『畳にこの汚れはおかしいよね』と言って奥の部屋をのぞいたら足が見えた」「(Q.それは血痕?)えんじ色のものでしたので多分そうかなと」「(Q.他に気になったことは?)顔の上にポリ袋が載せてあった」
 近所の住民:「いい人だよ。可哀想で」
 9日朝、長男の妻が加津代さんと会っているが、その後、出張先から自宅に電話しても誰も出なかったという。長男も出張中だった。9日の夕方には、近所の人が加津代さんを見掛けている。
 近所の住民:「(車庫に)車を置いて向こうに行った」「(Q.特に変わった様子はなかった?)ない」
 玄関や勝手口は施錠されていたが、裏手の窓ガラス1枚が割られていた。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070175.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

劇団員女性殺害事件 30代の男に逮捕状(12日)NHK

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた当時25歳の女性が殺害された事件で、30代の男のDNA型が現場に残されたものと一致したことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は殺人の疑いで男の逮捕状をとり、近く逮捕する方針です。
この事件は、去年8月、東京・中野区のマンション2階の部屋で、この部屋に住むアルバイト店員で、劇団員としても活動していた加賀谷理沙さん(当時25)が、首を絞められて殺害されているのが見つかったものです。
これまでの調べで、加賀谷さんは遺体で発見される前の日の去年8月25日の未明に帰宅した直後に殺害されたとみられ、自宅からはバッグなど十数点が持ち去られていました。加賀谷さんの爪には、抵抗した際についたとみられる犯人の男の皮膚の一部が残され、警視庁は付近の防犯カメラの解析を進めるとともに、交友関係や現場周辺の人物を中心にDNAを調べていました。その結果、30代の男のDNA型と現場に残されたものが一致したことが警視庁への取材で分かりました。
警視庁は、この男が事件に関わった疑いがあるとして殺人の疑いで逮捕状をとり、近く逮捕する方針です。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160312/k10010440621000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月11日 | トップページ | 2016年3月13日 »